5GとWiFiの違いはなに?5G回線を使うメリットや注意点を紹介

最近「5G」という言葉を耳にする方も多いのではないでしょうか。

今後は5Gがスタンダードになっていくことが予想されるので、「WiFiとは何が違うのか」「5Gの特徴は何か」と疑問に思っているのであれば、解消しておくことをおすすめします。

結論からいうと、「5G」とは回線のことであり、「WiFi」とは通信技術のことです。そのため、ポケットWiFiなどでも5G対応のサービスがあります。

この記事では5GとWiFiの違いや、5Gを使用する際のメリットと注意点をわかりやすく紹介するとともに、5Gに対応しているおすすめのサービスも紹介します。

5GとWiFiの違いがわからない方は、どのようなメリット・デメリットがあるか理解できるので参考にしてください。

5G回線の特徴は3つ

5Gとは「5th Generation」の略であり、従来の3Gや4Gといった通信技術を上回る次世代の通信システムです。

5Gの特徴は主に下記の3つがあるとされています。

特徴 概要
高速大容量 理論上の最大通信速度は20Gbpsとされており、4Gの最大1Gbpsを大きく上回る
高信頼・低遅延通信 最速約1ms(0.001秒)のレスポンス速度で、4G最速約10msよりも大幅に遅延が改善され、ストレスのない通信が可能になる
多数同時接続 4Gで10万デバイス/㎢だった同時接続数が5Gでは100万デバイス/㎢となり、ひとつの基地局から多くのデバイスをインターネットに接続できるようになる

簡潔にいうと、5Gでは今までの4G回線よりも大幅にインターネット環境が改善されるということです。

上記のような特徴によって、インターネットを利用する人にどのようなメリットがあるかについては後述しているのでそちらを参考にしてください。

5GとWiFiの違いは?

では、5GとWiFiでは何が違うのでしょうか。まず、5GとWiFiはどちらとも無線でインターネットと接続できる点では共通しています。

しかし、厳密にいうと5Gは4G回線のような携帯電話回線であり、WiFiは通信技術(方式)のことを指します。

つまり5Gは「回線を指す言葉」であるのに対し、WiFiは「仕組みを指す言葉」ということです。

そのためWiFiの仕組みを利用して5G回線に接続することも可能で、実際にポケットWiFiの中には5Gに接続できるサービスもあります。

5G回線の登場で4Gや光回線は必要なくなるのか

5G回線は4Gや光回線の性能を大きく上回るため、一部では「5Gが登場したら他の回線は必要なくなる」という話もあります。

実際に5G回線が使用できるようになった現在では、4G回線や光回線は必要ないのでしょうか。

結論をいうと、2021年12月の段階では5G回線は光回線に劣っている部分があるため、まだ完全に他の回線が不要になっているわけではありません。

現段階では、5G回線のデメリットとして下記のようなものがあります。

  • サービス提供エリアが限定されている
  • 5G回線が使用できる端末が限られている
  • 一定の使用により速度制限がかかる
  • 5G回線使用時のバッテリー消耗が激しい

このようにまだ5G回線が他の回線に比べて劣っているポイントは複数あるため、完全に5Gが優勢というわけではありません。

今後、これらのデメリットが改善されれば4G回線や光回線が不要になるかもしれません。

5G回線を使うメリット

5Gを使用するメリットとしては、主に下記のようなものがあります。

  • 無線通信で大容量通信が可能になる
  • 複数の端末に同時接続できる
  • 遅延が少なくなりネット利用が快適になる

前述した「高速大容量」「高信頼・低遅延通信」「多数同時接続」を踏まえ、具体的なメリットを紹介します。

無線通信で大容量通信が可能になる

5Gの最大速度は20Gbpsといわれています。

光回線の一般的な最大速度は1Gbpsのため、光回線よりもハイスピードな大容量通信が可能になるということです。

光回線では使用にあたり開通工事が必要になりますが、5Gの場合は無線通信なので開通工事が必要ない点もメリットです。

外出時でも光回線を大きく上回る通信でのネット利用が可能になるため、高画質の動画視聴や重いデータ通信でも快適にできるようになることが期待できます。

複数の端末に同時接続できる

5Gは、理論上では4Gの10倍のデバイスに同時接続できるとされています。

そのため、5Gは従来よりも多数同時接続が可能で、混雑による速度低下などが少なくなります。

ひとつの基地局で多くの端末をカバーできるほか、スマホやタブレットだけではなく、将来的には家電などにも接続できるようになるとされており、さまざまなものがインターネットに接続されるといわれています。

遅延が少なくなりネット利用が快適になる

5Gでは4Gよりも遅延が10分の1になるといわれています。

インターネットの接続では、通信速度と別に通信時のレスポンス速度の快適さが必要となります。

たとえば、オンラインゲームをしているときに映像がカクカクしたり、ライブ配信など視聴していると実際の時間よりも少し遅れて視聴者に届くといった「ラグ(レスポンスによる遅延)」が発生します。

5Gではこのラグが少なくなることにより、さらなるリアルタイム性が実現できるとされています。

ゲームやライブ配信視聴でストレスがなくなるほか、将来的に安全性が確認されれば遠隔手術などにも応用されるといわれています。

5G回線を使う際の注意点

一方で、現段階での5G回線を使用する際の注意点をまとめると下記のとおりです。

  • 5G対応プランへの契約が必要
  • 5G対応端末が必要
  • サービス提供エリアはまだ広くない
  • データ容量に制限がある
  • プラン料金は従来のプランより高め
  • バッテリーの消耗が激しい場合がある

それぞれについて、下記で詳しく紹介します。

5G対応プランへの契約が必要

現在は4G(LTE)回線から5G回線へ移行しているタイミングのため、スマホやポケットWi-Fiでは4Gプランと5Gプランに分かれている場合があります。

もし5G回線を使用したい場合、5G回線に対応したプランに加入する必要があることは覚えておきましょう。

プランによっては別途オプション料金にて5G回線が利用できるようになるなど、提供会社によって仕様が異なる場合もあります。

5G対応端末が必要

5G回線を使用するにあたっては、5G回線が使用できるプランに加入すると同時に「5G回線に対応した端末」も必要です。

すべてのスマホが5G回線に接続できるわけではない点には注意してください。

たとえば、iPhoneシリーズではiPhone12以降であれば5G回線対応となっています。

サービス提供エリアはまだ広くない

5G回線を使用するには、5G回線のサービス提供エリアに住んでいる・入っている必要があります。

5Gの基地局を広げているのは主にスマホ大手キャリアのドコモ、au、ソフトバンクなどですが、現在基地局を増やしている段階です。

人口が集まっている地域を中心にエリアを広げていますが、地方を含めまだ多くの場所では5G対応エリアになっていないため注意しましょう。

サービス提供エリアでなければ、5G対応プランと5G対応端末を使用していても5G回線には接続できません。

データ容量に制限がある

光回線に劣る点として、現段階では5G回線がデータ容量無制限で高速通信できるわけではないという点があります。

プランごとのデータ容量の上限に達したり、「3日間で15GB以上のデータ通信をすると1Mbpsに速度制限」などのルールがあるため注意しましょう。

2021年12月現在、データ容量無制限かつ高速通信が可能なサービスは光回線のみです。

プラン料金は従来のプランより高め

5G対応プランの月額料金は、従来の4G(LTE)プランなどよりも高めに設定されています。

完全に5G対応プランに移行しているサービスもありますが、やはり従来の料金設定より若干高めになっているため契約前によく確認しておきましょう。

5G対応プランは光回線の一般的な月額料金よりも安い場合が多いですが、速度制限がかかるというデメリットを含めると高額に感じることがあります。

バッテリーの消耗が激しい場合がある

5G回線を使用するとバッテリーの消耗が激しい場合があります。

5G回線は大容量で高速かつ低遅延なデータ通信が可能な反面、それに伴いバッテリーの消耗速度も速くなる可能性があるため注意しましょう。

たとえば、5G回線を使用して他のデバイスにテザリングをした場合などには、スマホバッテリーの消耗が激しくなるという声もあります。

5G回線を使用するのであれば、モバイルバッテリーなどを持っておいた方が良いでしょう。

5G回線が使えるWiFiサービス4選

ここまで5G回線の特徴やメリット、注意点について紹介してきましたが、ポケットWiFiで5G回線に対応しているおすすめサービスを紹介します。

  • GMOとくとくBB WiMAX
  • Broad WiMAX
  • カシモWiMAX
  • UQ WiMAX

上記のポケットWiFiは、それぞれ5G回線と「WiMAX」と呼ばれているポケットWiFiに特化した回線の両方が使えるサービスです。

5G回線が使用できる便利なポケットWiFiを探している方は、これらのサービスから選ぶことをおすすめします。

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX

1つ目はGMOとくとくBB WiMAXで、特徴は下記のとおりです。

  • 月額料金がずっと割引
  • 端末代金無料
  • 高額キャッシュバック特典あり

2021年12月時点で、GMOとくとくBB WiMAXは5G対応のポケットWiFiとしては最安値級です。

通常月額料金は5,302円ですが、現在契約すると契約期間中は月額料金が割引され続け、37ヶ月目以降でも4,444円で5Gプランが利用できます。

さらに13,000円のキャッシュバック特典と端末代金0円という特典により、他の5G対応ポケットWiFiよりもお得に契約しやすいサービスです。

※キャッシュバックの金額は時期によって異なる場合があります。

5G対応のポケットWiFiを探しているのであれば、まずGMOとくとくBB WiMAXへの契約を検討することをおすすめします。

項目 内容
契約期間 3年間
月額基本料金 1〜2ヶ月目:2,079円
3〜36ヶ月目以降:4,389円
37ヶ月目以降:4,444円
端末代金 0円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
契約解除料 1~12ヶ月以内:20,900円
13~24ヶ月以内:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円
速度制限の条件 直近3日間に通信量合計15GB以上で1Mbpsに制限

Broad WiMAX

Broad WiMAX

2つ目はBroad WiMAXで、特徴は下記のとおりです。

  • 3年プランと2年プランが選べる
  • 初期費用20,743円は特典により無料にできる
  • 36ヶ月目までの月額料金が安い

Broad WiMAXは、36ヶ月目までの月額料金が2,090〜3,894円と他社と比べて安いというメリットがあります。

ただし、端末代金無料特典がない点と、初期費用において事務手数料3,300円とは別に20,743円が発生する点は注意しましょう。

20,743円の初期費用は、クレジットカード払いとオプションサービス2つ(月額605円+998円)へ加入するという2つの条件を満たすことで無料にできます。

オプションサービス2つをつけると月額料金が+1,603円になるため注意が必要ですが、このオプションは加入後すぐに解除しても問題ないため、初期費用無料特典適用後にすぐ解除しましょう。

お得に利用するために手間はかかりますが、約3年間の間は月額料金が他社より安めなためお得に5G対応のポケットWiFiを使いたい方におすすめです。

項目 内容
※3年プランの場合
契約期間 3年間
月額基本料金 1〜2ヶ月目:2,090円
3〜36ヶ月目以降:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
端末代金 21,780円
初期費用 事務手数料:3,300円
初期費用:20,743円
契約解除料 12ヶ月以内:20,900円
13~24ヶ月以内:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円
速度制限の条件 直近3日間に通信量合計15GB以上で1Mbpsに制限

カシモWiMAX

カシモWiMAX

3つ目はカシモWiMAXで、特徴は下記のとおりです。

  • 月額料金が一定でわかりやすい
  • 特別な割引がなくても月額料金が安い
  • 端末代金無料

カシモWiMAXは他のポケットWiFiに比べて料金がわかりやすいのが特徴です。

他のポケットWiFiでは利用月によって月額料金が変動するため、お得かどうかわかりにくいのですが、カシモWiMAXは初月を除いてずっと4,455円なので料金を支払う側としては把握しやすいというメリットがあります。

さらにWiFiルーターの端末代金通常25,000円は特別な条件などなく無料になるため、初期費用も抑えられるというメリットがあります。

GMOとくとくBB WiMAXと同じように、契約しやすく月額料金が安いポケットWiFiです。

項目 内容
契約期間 3年間
月額基本料金 初月:1,408円
1ヶ月目以降:4,455円
端末代金 0円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
契約解除料 0~12ヶ月以内:20,900円
13~24ヶ月以内:15,400円
25~36ヶ月目以降:10,450円
速度制限の条件 直近3日間に通信量合計15GB以上で1Mbpsに制限

UQ WiMAX

UQ WiMAX

4つ目はUQ WiMAXで、特徴は下記のとおりです。

  • WiMAX提供元の安心できるサポート
  • 契約解除料が1,100円と安い
  • 街中に専門のショップがある

UQ WiMAXはauのサブブランドであり、WiMAXの提供元です。

前述のGMOとくとくBB WiMAXやカシモWiMAX、Broad WiMAXはプロバイダですが、UQ WiMAXは運営元のため安心したサポート体制が期待できます。

たとえば、街中には「UQスポット」と呼ばれる店舗があり、在中しているスタッフに相談・質問しながらWiMAXの契約ができます。

ただし、他社プロバイダのようにキャッシュバック特典や端末代金無料特典がないほか、月額料金も特別安いわけではない点には注意しましょう。

UQ WiMAXは「短期間利用なので契約解除料が安いサービスが良い」「街中の店舗でスタッフに質問しながら契約したい」という方におすすめです。

項目 内容
契約期間 2年間
月額基本料金 1〜24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,818円
端末代金 21,780円
初期費用 事務手数料:3,300円
初期費用:20,743円
契約解除料 1,100円
速度制限の条件 直近3日間に通信量合計15GB以上で1Mbpsに制限

自宅で使える5G対応のホームルーター3種類

学割で安く契約できる格安SIMはどこ?学生におすすめな格安SIM9選

5Gを使用する方法として「ホームルーター」もあります。

ホームルーターとは、ルーターをコンセントに繋ぐだけでインターネットが利用できるサービスで、基本的に自宅に置いて使うタイプのサービスです。

5Gタイプのサービスとしては主に「WiMAX」「ソフトバンクエアー」「home 5G」があり、それぞれの料金は下記のとおりです。

項目 WiMAX
(BIGLOBE WiMAX)
ソフトバンクエアー
(モバレコAir)
※端末購入の場合
home 5G
月額料金 24ヶ月目まで:4,378円/月
25ヶ月目以降:4,928円/月
1〜2ヶ月目:2,167円
3〜24ヶ月目:3,679円
25ヶ月目以降:5,368円
4,950円/月
事務手数料 3,300円 3,300円 3,300円
※オンラインの場合無料
端末代金 21,912円 59,400円
※特典により実質無料
39,600円
※特典により実質無料
キャンペーン
(2021年12月現在)
・最大15,000円キャッシュバック
・UQ-mobileのスマホセット割
・月額料金割引(2年間合計43,560円割引)
・他社からの乗り換えで違約金最大10万円負担
・ソフトバンクのスマホセット割
・月々サポート(1,100円×36ヶ月割引)
・ドコモとのスマホセット割

ホームルーターにおいても速度制限のルールがあるサービスや、一定の利用で速度制限がかかる場合などがあります。

ホームルーターは基本的に自宅に置いて使用するサービスで、外に持ち歩きができないため、自宅でインターネットを使用することを目的とするならば少し料金が高くても光回線がおすすめです。

「工事の許可が降りなかった」「契約できる光回線がなかった」という場合にのみホームルーターを検討しましょう。

まとめ

5Gは光回線のように無制限での高速通信はできませんが、大手キャリアは5Gの対応エリア拡大に力を入れているため今後普及していくことはほぼ間違いないでしょう。

2021年12月現在ではサービス内容が光回線には及びませんが、全国に普及すれば光回線が不要になる可能性もあります。

各サービスも徐々に5G対応プランを提供しはじめているため、最終的には5Gがスタンダードになることも十分に考えられます。

現在スマホなどが5G対応の端末であり、サービス対応エリア内にお住まいならば、今から5G対応のプランを使い始めるのも良いでしょう。

今回紹介した下記の5G対応ポケットWiFiサービスに契約し、5Gを使用してみてください。