Chat WiFiは本当にお得?プラン料金を徹底比較!メリット・デメリットまとめ

近年次々に新登場している格安SIM。競争が激しいなか、2019年3月に登場したのが「Chat WiFi(チャットWi-Fi)」です。

格安SIMとしては珍しく、最大データ容量200GBの大容量プランを展開しています。

100GBのSIMのみプランでは月額3,380円という格安な価格も実現しています。

2年契約などの縛りもなく、解約にあたっての違約金も0円という特徴・メリットがある反面、初期費用が高額というデメリットもあるので契約を検討している方はしっかり理解しておきましょう。

サービス開始から間もない無名なWi-Fiのため、口コミなどの情報が少ないですが、この記事ではChat WiFiについて徹底的にまとめました。

他社のSIM・モバイルルーターサービスの月額料金とも比較して、どちらがお得なのかもハッキリと提示しているので、契約を考えている方は参考にしてください。

Chat WiFiの運営会社は?

Chat WiFiは2019年1月に設立された、株式会社LIBAROCUS(リバロクス)という会社が取り扱っているサービスです。

Chat WiFi自体は、会社が設立された翌々月の2019年3月からスタートしたサービスなので、2020年9月末現在の運営実績としては1年半ということになります。

運営会社の詳細を表にまとめると下記のとおりです。

項目 概要
名称 株式会社LIBAROCUS
代表者 中野 鷹人
設立年月日 2019年1月23日
事業内容 移動通信機器レンタル・販売事業
資本金 100万円
住所 大阪府寝屋川市打上元町21-13

最近では格安SIMやポケットWi-Fiのサービスが多く登場していますが、Chat WiFiもその中のひとつです。

運営開始から間もないこともあり、口コミが少なかったり独自サービスが少ないことが目立ちます。

2020年3月に1周年を迎え、キャンペーンをおこなっていたため、今後の発展に期待したいWi-Fiサービスです。

Chat WiFiは契約するべき?4つのメリットについて

Chat WiFiのメリットについて解説していきます。

Chat WiFiのメリットをまとめると、下記のとおりです。

  • ソフトバンクの本回線を利用した通信
  • 100GBで月額3,380円の格安プラン
  • 1日あたりの通信制限なし!データ上限まで使える
  • 縛りなし・解約金0円でいつでも解約できる

上記のメリットについて、ひとつずつ解説していきます。

1.ソフトバンクの本回線を利用した通信!

Chat WiFiで提供されている回線は、ソフトバンクの4G LTEのメイン回線(本回線)です。

一般的な格安SIMや、ポケットWi-Fiでは、auやドコモ、ソフトバンクのサブ回線を借りて提供している会社が多いです。

サブ回線はメイン回線よりも混雑しやすく、混雑時には速度制限がかかってしまいます。

一方でメイン回線はキャリアが提供している本回線なので、サクサクとネットを利用できるのが特徴とされています。

Chat WiFiが提供するのはソフトバンクのメイン回線のため、Chat WiFi利用中はソフトバンクの機種と契約しているようにソフトバンク回線を使えるということになります。

回線の対応エリアも、ソフトバンクの対応エリアであれば問題なく使えます。

Chat WiFiに申込みを検討しているのであれば、ソフトバンクの公式サイトの「サービスエリアマップ」で、自分の自宅が対応エリアかどうかを確認することができます。

2.100GBで月額3,380円の格安プラン!

Chat WiFiには、モバイルルーター(ポケットWi-Fi)をレンタルするプランと、SIMカードのみを契約するSIMプランがあります。

詳しいプラン内容については後述しますが、Chat WiFiではデータ容量100GBという大容量のSIMカードを月額3,380円という格安価格でレンタルすることができます!

無制限プランではないものの、100GB以内/月に納まるのであれば他社の無制限プランを契約するよりも安い月額料金でSIMカードを利用することができる可能性があります。

100GB/月は30日で割ると1日3.3GBほどなので、「1日3.3GB以下のデータ通信で納まるか」を基準に考えるといいでしょう。

また、モバイルルーターをレンタルするプランでは、ポケットWi-Fi業界では珍しい200GBのプランを提供しているため、大容量のデータ通信ができるWi-Fiを探している方にはおすすめです。

3.1日あたりの通信制限なし!データ上限まで使える!

Chat WiFiは1日あたりの通信制限がありません。データ容量のプラン上限まで原則として速度制限なしで利用可能です。

無制限プランや大容量のデータプランを提供している格安SIMやポケットWi-Fiでは「1日3GBまでで速度制限」や「3日で10GB使うと速度制限」といった速度制限のルールがありがちです。

せっかく無制限プランや大容量のデータプランに契約しても、結局は速度制限がかかってしまうという残念な面があります。

Chat WiFiはプランの上限まで原則速度制限なしで利用できるため、ストレスなくデータ通信をおこなうことができます!

ただし、どの回線でもおなじように適用される、回線混雑時の速度制限や、著しくネットワークを占有するレベル大容量通信があった場合は速度制限の対象となるので注意しましょう。

4.縛りなし・解約金0円でいつでも解約できる!

Chat WiFiには「2年間契約」のような、契約期間による縛りがありません。契約期間による縛りがないため、解約による違約金もありません。

そのため、1カ月などの短期間でも気軽に利用することができるSIM、Wi-Fiサービスです。

「2年間契約にすると月額料金が安いけど、契約更新月以外での解約で違約金がかかる」というSIM、Wi-Fiサービスが多いですが、違約金を気にせず解約できるのはChat WiFiのメリットといえます。

ただし、後述していますがChat WiFiは契約の初期費用が高いため、短期間の利用はあまりおすすめできません。

ある程度長期間利用する方で、なおかついつでも違約金なしで解約したい方にはChat WiFiはおすすめです。

Chat WiFiのユーザーからの評判・評価は?

続いてChat WiFiのユーザーからの評判や評価について紹介します。

結論からいうと、Chat WiFiは2019年3月からスタートされたサービスであり、運営会社も2019年1月設立のスタートアップ企業のため、全体的にユーザー含め口コミが少なめです。

「チャットWi-Fi」という検索ワードでTwitterを検索してみると、Chat WiFiに関する話題がヒットします。

大データ容量と月額料金の安さが評価されている印象です。

Chat WiFiはデータ通信プランのみで、電話プランがないため、他社電話プランスマホ+Chat WiFiのSIMという組み合わせで利用している方もいるようです。

通信速度に関してもソフトバンクのメイン回線を使っているためか、悪い印象の口コミは見当たりませんでした。

Chat WiFiの6つのデメリット・注意点

次にChat WiFiのデメリットと注意点について解説します。

Chat WiFiのデメリットと注意点をまとめると下記のとおりです。

  • 会社の知名度が低い
  • ルーターの弁済代金が25,000円と高額
  • 音声通話なしのデータ通信プランのみ
  • 初回申込時はオプション加入が必須で初期費用が高い
  • 海外での利用料金が高い
  • 支払方法はクレジットカードのみ

サービスが開始されて間もないためか、デメリットが目立つ印象です。

ひとつずつ解説するので、契約するにあたり、デメリットと注意点についてはよく理解しておきましょう。

1.会社の知名度が低い

Chat WiFiは最初に紹介したように、2019年1月に設立された会社が2019年3月にはじめた格安SIM、Wi-Fi提供サービスです。

LINEモバイルや楽天モバイルのような知名度はなく、まだまだスタートアップの状態のため、大手のような特典や機能、サービスでユーザーを惹きつけるといったことが難しいようです。

Chat WiFiの公式サイトはリンク切れのものや、そもそもの商品紹介ページが2〜3ページと少なく、Chat WiFiに関しての情報や詳細がわかりにくいというデメリットもあります。

この辺のデメリットは今後の改善や発展に期待したいところですね。

2.ルーターの弁済代金が25,000円と高額

Chat WiFiのモバイルルーターやSIMカードはレンタル扱いです。

購入ではないため、端末代金の分割払いなどがないというメリットがある反面、解約時には返却するという手間があります。※返却時の送料は自己負担です

また、故障や紛失、盗難などでレンタル品に損害が出た場合は弁済金が必要になります。

種類 弁済金(税抜き)
SIMカード故障・紛失水没 5,000円
ルーター端末紛失 25,000円

たとえば、ルーターが水没により端末とSIMカードがすべて故障した場合などは弁済金として30,000円の支払いが必要になります。

故障や水没が不安な場合はサポートプラン(Chat補償)に加入しましょう。※初月は強制加入です

サポートプランである「Chat補償」の内容は下記のとおりです。

項目 内容
基本料金 月額500円
本体 補償範囲内
背面カバー 補償範囲内
電池パック 申込みから6ヵ月以内
盗難・紛失 補償範囲内(一度まで)
SIMカード 補償対象外

SIMカードはChat補償の対象外なため、大事に扱いましょう。

なお、自然故障の場合は無償での交換が可能です。

3.音声通話なしのデータ通信プランのみ

Chat WiFiは、どのプランもデータ通信プランのみです。そのため、キャリアメールやキャリア回線を利用した通話はできません。

データ通信を利用するLINE通話など、アプリを利用する場合であれば問題なく利用できます。

普通の電話として使う場合は適していないので、仕事や家族との連絡手段、その他電話がどうしても必要な場合は通話プランがある他社にするか、別で通話プランの格安スマホを契約しましょう。

4.初回申込時はオプション加入が必須で初期費用が高い

Chat WiFiはプラン料金は100GBで3,380円と同業他社と並ぶ価格帯です。

しかし、初回申込時にはオプションサービスへの加入が必須、事務手数料が高額などで初期費用が高くなりがちです。

事務手数料は3,980円と、一般的な格安SIMの事務手数料3,000円と比べても割高です。

その他、セキュリティサービスと補償サービスは各月額500円ですが、初月は必ず加入しなければいけません。※セキュリティサービスは初月無料です

さらに「デバイス登録料」という費用4,500円がかかるので、合計するとかなりの金額になります。

項目 金額
事務手数料 3,980円
デバイス登録料 4,500円
補償サービス(Chat補償) 500円
(強制加入)
セキュリティサービス(Chatセキュリティ) 初月無料
(強制加入)
プラン料金
※SIMだけプラン100GBの場合
3,380円
(日割りなし)
合計 12,360円

上記のように、初月だけで12,360円という金額が発生します。

補償サービスとセキュリティサービスは翌月以降解約ができますが、初月は強制加入なので注意しましょう。

この初期費用が高額な結果、プラン料金が安くても1年の合計金額はChat WiFiの方が、他社格安SIMよりも割高な場合もあります。

※他社との料金比較は後述しています

Chat WiFiは違約金がないのでいつでも解約できるというメリットがありますが、1カ月などの短期間で解約すると初期費用の高さにより損をするので注意しましょう。

5.海外での利用料金が高い

Chat WiFiのモバイルルータープランでは、海外でも利用可能なことをひとつのメリットとして売りにしています。

海外でネット通信をする場合、通常であればSIMカードや別途Wi-Fiをレンタルするのが一般的ですが、Chat WiFiのモバイルルーターはそのまま海外でも利用することができます。

たしかにレンタルWi-FiやSIMカードを購入する手間は省けますが、Chat WiFiの海外利用時の金額が高額です。

海外利用時にはパッケージデータを購入する必要があり、他社と比べてもかなり割高です。

データ容量 料金
1GB 5,000円
3GB 10,000円
6GB 16,000円
10GB 21,250円
12GB 23,750円
24GB 43,500円

上記に加えて毎月の基本月額料金も発生するので、かなり高額になります。

他社であれば1GB=980円といった海外データパッケージもあるため、Chat WiFiを海外で利用することはおすすめできません。

6.支払方法はクレジットカードのみ

Chat WiFiの支払法方は、クレジットカードのみです。

他社格安SIMでは、クレジットカード決済に加え、口座振替や、コンビニ払いに対応している場合もあるので、決済法方に関しては他社の方が便利といえるでしょう。

ただし、クレジットカード払いの場合はクレジットカードポイントがもらえるので、どの格安SIMを契約するにしても基本的にクレジットカード払いがおすすめです。

Chat WiFiの2つのプランをわかりやすく解説

続いてChat WiFiのプランについて紹介します。

Chat WiFiには、「モバイルルータープラン」と「SIMのみプラン」の2種類があり、それぞれのデータ容量プランがあります。

それぞれのプランについて解説していきます。

SIMのみプラン

SIMのみプランとは、SIMカードのみをレンタルするプランです。

レンタルしたSIMカードは、自分で用意したスマホなどに差し込んで利用します。

データ容量 100GB 25GB
月額基本料金 3,380円 2,980円
対応端末 SIMフリー端末
SIMサイズ マルチSIM(標準/micro/nano)
対応バンド ・Band 1:2.1GHz
・Band 3:1.7/1.8GHz
・Band 8:900MHz
・Band 11:1.5GHz
・Band 28:700MHz
・Band 41:2.5GHz

上記に加えて初期費用には「事務手数料(3,980円)」、「デバイス登録料(4,500円)」、「補償サービス(500円)」の費用がかかります。

契約期間による縛りはなし、解約にともなう違約金や、レンタル品の送料も無料です。

モバイルルータープラン

モバイルルータープランは、SIMカードと一緒にモバイルルーター(ポケットWi-Fi)をレンタルするプランです。

Chat WiFiはデータ通信専用なので、モバイルルーターはChat WiFi、通話プランは他社格安スマホなどという組み合わせもおすすめです。

データ容量 100GB 200GB
月額基本料金 3,680円 4,480円
レンタル可能機種 ・U2s
・FS030W
・607HW
・U2s

100GBプランでは、3つのモバイルルーターから機種を選べるのが特徴的ですね。

ただし、FS030Wや607HWは2016年・2017年に利用されていた機種なので、性能的には一世代前のものとなっています。

契約するのであれば2019年に提供が開始されたU2sがおすすめです。

それぞれの性能は下記のとおりです。

機種 U2s FS030W 607HW
最大ダウンロード速度 150Mbps 112.5Mbps 150Mbps
最大アップロード速度 50Mbps 37.5Mbps 50Mbps
バッテリー容量 3,500mAh 1,500mAh 3,060mAh
連続通信時間 13時間 5.5時間
(省電力設定エネON時)
20時間
重さ 約151g 約81g 約128g
デバイスポート マイクロUSB マイクロUSB マイクロUSB
同時接続台数 5台 10台 15台

Chat WiFiの通信速度は速い?遅い?

次にChat WiFiの通信速度について解説します。

Chat WiFiはソフトバンクのメイン回線を使っているため、比較的通信速度は安定しやすいと考えていいでしょう。

ただし、Chat WiFiの公式ページにも記載がありますが、通信状況によっては速度低下する場合もあるので注意しましょう。

また、どの回線でも同じですが、電波の届きにくい建物内などでは通信状況が悪くなることがあります。

Chat WiFiでは「1日●GB以上使うと速度制限」といったルールがないので、基本的にはプラン上限までは原則として速度制限なしで使えると考えて問題ありません。

速度制限時は128Kbpsまで低下

Chat WiFiで契約したデータ容量のプラン上限に達すると、速度制限により128Kbpsまでに低下します。

128Kbpsまでに通信速度が低下すると、「ネットが完全に利用できなくなる」というほどではありませんが、ほぼネットは使えない状態と考えてもいい通信速度です。

メールやLINEなどのテキストベースの通信は可能ですが、アプリダウンロードや画像・動画送信、動画視聴、ネット閲覧などは不可能と考えた方がいいです。

この128Kbpsまで通信速度が低下する仕様は、格安SIMでよくある仕様ですね。

速度制限がかかった場合、解除されるのは翌月1日です。

Chat WiFiは入会キャンペーン・特典がある?

2020年9月現在、Chat WiFiでは入会キャンペーンはおこなわれていません。

クーポンコードが提供されている場合があり、申込時にクーポンコードを入力することで割引が適用されることがあります。

クーポンコードを持っている場合は入力してから申込みましょう。

Chat WiFiの申込手順・流れ

Chat WiFiの申込みはWEBからのみおこなえます。電話や店舗などでの申込みは受け付けていません。

格安SIMがプラン料金を抑えられる理由のひとつとして、店舗コストや人件費を抑えてWEB限定のサービス提供をおこなっているからという面があります。

プラン料金が格安なChat WiFiも、WEBからの申込みによりコストカットを実現しているのでしょう。

Chat WiFiへの申込み手順としては下記のとおりです。

  1. Chat WiFiの申込ページへアクセスする
  2. 契約者情報の入力
  3. 本人確認書類のアップロード
  4. プラン選択
  5. クレジットカード情報の入力
  6. 申込情報の確認・送信
  7. モバイルルーター(もしくはSIM)の到着

当月利用で申込んだ場合は、申込みから3営業日までにレンタル品が発送されます。

翌月利用で申込んだ場合は、翌月1日〜4日以前にレンタル品が発送されます。

Chat WiFiの解約手順・流れ

Chat WiFiは解約もWEBからおこないます。

Chat WiFiのマイページからの「お問い合わせフォーム」から解約の旨を伝えることで解約することができます。

解約までの流れを紹介すると下記のとおりです。

  1. Chat WiFiのマイページにアクセスする
  2. お問い合わせフォームから解約の旨を伝える
  3. Chat WiFi担当者からの返信を待つ
  4. 指示にしたがって解約の手続きを進める
  5. レンタル品を返送する

Chat WiFiの解約の締切日は毎月21日です。21日を過ぎると翌月分の両料金が発生するので、当月に解約したい場合は21日までに手続きを完了しましょう。

また、レンタル品一式の返送は解約月の28日まで利用できますが、解約した月末までに返送する必要があります。

返還方法はレターパック、ネコポス、その他追跡可能な手段に限られています。

返送先は下記のとおりです。※レンタル品の返送費用は自己負担です

郵便番号 572-0858
住所 大阪府寝屋川市打上元町21-13 リンガフランカ201
宛先 株式会社LIBAROCUS Chat Wifi 宛

Chat WiFiは解約による契約解除料が0円!

Chat WiFiは契約期間などの縛りもなく、端末代金の支払いなどもないので、解約にともなう契約解除料は0円です。

他社では2年間契約などで、契約更新月以外に解約すると9,500円などの違約金が発生する場合があるので、これはChat WiFiのメリットといえます。

1カ月からの短期利用にも向いていますが、初期費用が高いので、解約する場合はある程度の期間利用してからの解約がおすすめです。

Chat WiFiはどんな人におすすめ?他社と比較してみた結果

Chat WiFiは、契約解除料が0円なので、「2年間縛り」などの契約期間を設けた契約をしたくない方におすすめです!

また、モバイルルータープランの200GBという大容量は、他社でもほとんど取扱いのないプランなので、「100GBを超える大容量のプランを利用したい」という方にはおすすめです。

しかし、Chat WiFiはサービス開始から間もないためか、大手他社と比べると独自メリットやサービスが少なく、初期費用などが高いというデメリットも多いのが本音です。

公式サイトの情報も少なく、解約方法なども公式サイトでは見つけにくいですし、数行の説明だけで具体的な方法が明記されていませんでした。

Chat WiFiの大きなメリットである「縛りなし、契約解除なし」も、Chat WiFiだけのメリットではないので、同業他社と比べたうえでChat WiFiも申込みを検討しましょう。

Chat WiFiと他社格安SIMの比較

では実際に他社と比べた結果を紹介します。

格安SIMやモバイルルーターを提供している、他社サービスの100GBで比較してみました。

比較結果は下記のとおりです。

サービス名
(プラン)
Chat WiFi
(SIM)
FUJI Wifi
(SIM)
どこよりもWi-Fi
(ルーター)
ゼウスWi-Fi
(ルーター)
それがだいじWi-Fi
(ルーター)
月額基本料金 3,380円 3,400円
(デポコミコース)
3,180円 2,980円
(1〜3カ月目)
3,480円
(4カ月目〜)
3,250円
初期費用
(事務手数料)
3,980円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
その他初期費用 5,000円 なし なし なし なし
契約期間 なし なし 2年 2年 2年
音声通話 なし なし なし なし なし
2年間の合計金 90,100円 84,600円 79,320円 85,020円 81,000円

上記のとおり、Chat WiFiの月額料金もなかなか安いですが、競合他社の方が安いプランを提供しています。

もちろんオプションプランの追加などによって料金は異なりますが、Chat WiFiは最初にかかる初期費用が大きく影響していますね。

また、格安SIMやモバイルルーターサービスは、2年縛りなどの期間契約の場合は月額料金が安くなる傾向にあります。

「2年契約でも問題ない」という方は、他社のサービスを利用することをおすすめします。

Chat WiFiの問い合わせ先

Chat WiFiで何かわからないことがあった場合の問い合わせ先を紹介します。

Chat WiFiはメールのみの問い合わせの対応です。

大手他社では、電話、チャット、メールなど幅広く対応しているので、これもChat WiFiのデメリットの一つですね。

何か疑問があったときに電話で直接問い合わせできないのは残念です。

一応電話番号はホームページの特定商取引法の欄に掲載されていますが、「電話での対応は受け付けておりません」となっています。

何かわからないことがあった場合は、「お問い合わせフォーム」から問い合わせましょう。

まとめ

Chat WiFiはサービス開始からまだ間もないサービスのため、同業他社と比べると独自メリットやサービスに欠けます。

100GBのSIMだけプランや、200GBのモバイルルータープラン、契約期間なしで違約金なしというメリットがある反面、初期費用が高いというデメリットもあります。

月額料金も100GBで3,380円と安いですが、それ以上に安いプランが他社で提供されているため、競争力に欠ける部分があります。

また、問い合わせ方法として電話に対応していないのもちょっとしたデメリットですね。今後改善されることを期待したいです。

ただし、200GBのプランは他社ではほとんどないので、大容量のデータプランを利用したい方にはおすすめです!