光回線はNTT回線とそれ以外で何が違う?3種類の回線の違いをわかりやすく解説

NTTは光回線の元祖提供者として古くからサービスを提供しており、光回線サービス名は『フレッツ光』です。

しかし、現在では複数の光回線が登場し、NTT以外にもお得な光回線が多数あるため、NTTのフレッツ光にこだわる必要はありません。

むしろ結論をいうと、NTTの光回線はそれほどお得ではないので、別の光回線がおすすめです!

この記事では、「NTTの光回線と他社光回線で何が違うのか」、「どの光回線に契約すれば一番お得になるのか?」という疑問についてわかりやすく解説します。

光回線は選び方を間違えると、途中解約による違約金が発生する可能性があるため、損しないためにも記事を読んで自分にとってお得な光回線を契約してください。

NTT回線とそれ以外の回線の違いとは?

NTT回線とそれ以外の回線の違いとは?

光回線提供者は大きく分けて下記の3つがあります。

  • NTT回線
  • 光コラボ
  • 独自回線

この3つの回線を整理して理解しておくと、光回線を選ぶ際に迷うことが少なくなります。

上記の3種類の回線について、それぞれ簡潔に紹介するので、契約前の知識として覚えておきましょう。

NTT回線の特徴

「NTT」とは日本電信電話株式会社の総称で、NTT東日本やNTT西日本などの通信事業を中心に展開する企業集団である「NTTグループ」として知られています。

光回線においてはNTT東日本やNTT西日本がそれぞれ『フレッツ光』というサービスを提供しており、日本全国の都道府県で利用できるシェア率トップの光回線です。

ただし、光回線を提供するNTTとは別にプロバイダと呼ばれる、インターネットに接続する業者との契約が別途必要になるといった特徴がある点も覚えておきましょう。

光コラボの特徴

「光コラボ」とは、NTT東西のフレッツ光回線を借りて、各光コラボ事業者が提供している光回線サービスです。

光コラボとして有名なサービスとして『ドコモ光』や『ソフトバンク光』、『楽天ひかり』などがありますが、つまりこれは「ドコモやソフトバンク、楽天がフレッツ光回線を借りてサービスを提供している」ということになります。

光コラボとNTT東西が提供する光回線の主な違いは、下記のとおりです。

  • 独自の月額料金を設定している
  • 独自の特典やキャンペーンを提供している
  • プロバイダとセットで契約できるものが多い
  • サービス提供エリアはNTT東西(フレッツ光)と同じ
  • 光回線の質もフレッツ光と大きくは変わらない

ユーザー側にとって特に大きなメリットとなるのは、特典やキャンペーンが多い点でしょう。

例えば『ドコモ光』であればドコモのスマホと一緒に利用すると、スマホの月額料金が割引になるといった特典があります。

そのほか、工事費用無料キャンペーンなど、本家の『フレッツ光』にはない特典が多いため、メリットが多いという点が特徴的です。

フレッツ光回線の日本国内シェア率は約64%と非常に高い数字になっていますが、これには『フレッツ光』以外にも『ドコモ光』や『ソフトバンク光』、『楽天ひかり』などの光コラボも含まれているためです。

独自回線の特徴

「独自回線」とは、簡潔にいうとフレッツ光回線以外の回線を提供している光回線のことを指します。

その名のとおり、自社で回線を保有し、光回線サービスを提供しているということです。

独自回線として有名な光回線には『auひかり』や『NURO光』があり、サービス提供エリアは地域によって限定される場合がありますが、通信速度の質では『フレッツ光』を上回ることがあります。

プロバイダもセットで契約できたり、光コラボのようにお得な特典が多数ついているという点も特徴のひとつです。

NTTの「フレッツ光」はデメリットが多い?

前述のとおりNTT東西が提供する光回線のサービス名は『フレッツ光』です。

日本国内のシェア率は2021年3月時点で64.4%と非常に高いため「やっぱりフレッツ光がいいのか?」と迷う方もいるかもしれません。

しかし、フレッツ光を契約する前には、以下のようなデメリットについて理解しておきましょう。

  • キャンペーンが少ない
  • 月額料金が高い
  • 通信速度はそこまで速くない
  • プロバイダ別は解約に手間がかかる

それぞれについて詳しく紹介します。

キャンペーンが少ない

NTTのフレッツ光は、光コラボや独自回線と比べて特典やキャンペーンが少ないといったデメリットがあります。

例えば、2021年11月現在、NTT東日本のフレッツ光にて公式で開催されているキャンペーンを紹介すると下記のとおりです。

特典・キャンペーン 条件 内容
ギガ・スマート割 フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプに2年の自動更新で契約 戸建:412.5円×24ヵ月割引
マンション:275円××24ヵ月割引
にねん割 提供プランに2年の自動更新で契約 戸建:770円×24ヵ月割引
マンション:110円×24ヵ月割引
単身&かぞく応援割 2回線契約し、支払いをひとつにまとめる 戸建+マンションの場合:最大330円×24ヵ月割引
マンション+マンションの場合:最大110円×24ヵ月割引

上記のように、割引特典はあるものの、金額が少ないためそれほど大きなメリットではありません。

他社光回線であれば、下記のような特典・キャンペーンがついていることがほとんどです。

  • 工事費用無料キャンペーン
  • 月額500〜1,000円ほどの割引
  • 高額なキャッシュバック
  • WiFiルーター無料レンタル
  • 特定のスマホキャリアとのセット割

お得に契約するのであれば、基本的にNTT以外での契約がおすすめです。

月額料金が高い

NTTは光回線の元祖提供者のような会社ですが、月額料金が特別安いというわけでもありません。

有名光回線5社と比較すると下記のとおりです。

光回線 月額料金
戸建 マンション
フレッツ光(NTT) 5,940円+プロバイダ別 3,355〜4,455円+プロバイダ別
※同一マンション内の契約者数による
ドコモ光 5,720円 4,400円
auひかり 5,610円 4,180円
ソフトバンク光 5,720円 4,180円
NURO光 5,700円 5,700円
楽天ひかり 5,280円 4,180円

上記のように、NTTのフレッツ光は月額基本料金が高く、さらにプロバイダ別でおよそ+1,100円ほどとなるため、他社比べると1,000円以上高くなります。

通信速度はそこまで速くない

NTTが提供しているフレッツ光回線は、光コラボでも利用できるため、通信速度が他社よりも特別速いというわけでもありません。

月額料金で比較した前述の5社それぞれの通信速度を比較すると下記のとおりです。

※2021年11月時点、直近3ヵ月の平均

光回線 Ping 下り 上り
フレッツ光(NTT) 21.39ms 269.98Mbps 205.03Mbps
ドコモ光 21.08ms 265.84Mbps 205.95Mbps
auひかり 16.53ms 406.7Mbps 355.69Mbps
ソフトバンク光 17.23ms 313.39Mbps 211.82Mbps
NURO光 13.88ms 504.58Mbps 447.16Mbps
楽天ひかり 27.94ms 205.33Mbps 176.03Mbps

上記のように、フレッツ光回線を利用している光コラボとNTTのフレッツ光ではそれほど大きな差はありません。

一方で、独自回線でサービスを提供している『auひかり』や『NURO光』は、フレッツ光回線よりも高い数値を記録しています。

これは、独自の技術を使用していることや、一部地域に限定してサービスを提供していることによって混雑しにくいといった理由が考えられます。

プロバイダ別は解約に手間がかかる

光回線は、回線を提供する「光回線事業者」と、インターネットを回線と接続する「プロバイダ(ISP)」の2つによって利用可能になります。

光回線の中には、契約すると自動的にプロバイダにも契約できるサービスがありますが、NTTのフレッツ光はプロバイダ別のため、契約・解約の手間がかかります。

例えば解約時にプロバイダの解約を忘れると、プロバイダの月額料金だけ引き落とされ続けるため注意しましょう。

光回線選びに迷った時の損しない選び方

光回線を選ぶ際には、下記のポイントに注目して選びましょう。

  • 入会キャンペーンの内容で選ぶ
  • スマホとのセット割で選ぶ
  • 月額料金で選ぶ
  • 通信速度の速さで選ぶ

それぞれについて、詳しく紹介します。

入会キャンペーンの内容で選ぶ

入会キャンペーンの内容は光回線や時期によって異なりますが、一般的には下記のようなものがあります。

  • 工事費用無料キャンペーン
  • 月額料金割引
  • 高額なキャッシュバック
  • WiFiルーター無料レンタル
  • 特定のスマホキャリアとのセット割

ただし、キャンペーンの中には「オプション加入必須」、「特定のプラン限定」などの条件が定められている場合があります。

条件を満たすために不要なオプションなどに加入すると、かえって月額料金が高くなったりするため、入会キャンペーン適用時には条件をよく確認してから適用しましょう。

スマホとのセット割で選ぶ

光回線の中には特定のキャリアのスマホを利用していると、セット割引としてスマホの月額料金が割引になる特典があります。

有名な光回線では、それぞれ下記のようなセット割があるため覚えておきましょう。

光回線 キャリア スマホセット割
ドコモ光 ドコモ 最大1,100円/月×利用台数割引
auひかり au 最大1,100円/月×利用台数割引
ソフトバンク光 ソフトバンク 最大1,100円/月×利用台数割引
NURO光 ソフトバンク 最大1,100円/月×利用台数割引
楽天ひかり 楽天モバイル 1年間月額料金無料

上記のようなセット割があるため、自分が利用しているスマホキャリアにあわせた光回線を選ぶと、どの光回線よりもお得に使える可能性が高くなります。

月額料金で選ぶ

月額料金は光回線各社で異なります。

格安SIMユーザーなど、前述のスマホセット割が適用できない方はシンプルに月額料金で選ぶのも良いでしょう。

ただし、光回線各社によって契約期間が異なったり、割引特典によって月額料金が通常よりも安くなるなどして変化するため、契約前にチェックしておくことをおすすめします。

通信速度の速さで選ぶ

光回線はサービスごとに通信速度が異なります。

住んでいる建物や場所によっても異なる場合がありますが、一般的にはフレッツ光回線よりも独自回線の方が速いとされています。

光回線 Ping 下り 上り
フレッツ光(NTT) 21.39ms 269.98Mbps 205.03Mbps
ドコモ光 21.08ms 265.84Mbps 205.95Mbps
auひかり 16.53ms 406.7Mbps 355.69Mbps
ソフトバンク光 17.23ms 313.39Mbps 211.82Mbps
NURO光 13.88ms 504.58Mbps 447.16Mbps
楽天ひかり 27.94ms 205.33Mbps 176.03Mbps

フレッツ光でも問題なくネットは利用できますが、高速通信を望むなら10Gbpsといった超高速プランや、独自回線との契約を検討しましょう。

NTTのフレッツ光以外でおすすめの光回線5社

NTT以外のおすすめ光回線は下記の5社です。

  • ドコモ光|フレッツ光回線
  • auひかり|独自回線
  • ソフトバンク光|フレッツ光回線
  • NURO光|独自回線
  • 楽天ひかり|フレッツ光回線

それぞれの特徴や、どんな人におすすめかについて紹介します。

ドコモ光|フレッツ光回線

ドコモ光|フレッツ光回線

1つ目はドコモ光です。

ドコモ光の特徴としては下記のようなものがあります。

  • ドコモスマホとのセットで最大1,100円×利用台数分割引
  • 工事費無料特典あり
  • プロバイダが選べる
  • フレッツ光回線を使用しているため全国で申し込める

スマホキャリアとしても有名なドコモが提供しているドコモ光は、ドコモのスマホと一緒に利用するとお得です。

工事費無料特典もあるため、初期費用が安く抑えられる点や、プロバイダが複数の中から選べるといったメリットがあります。

使用しているのはフレッツ光で、月額料金は一般的な水準のため、基本的にドコモユーザーの方におすすめの光回線です。

項目 内容
契約期間 2年間
※「契約期間なし」も選択可能
回線速度 最大1Gbps
※10Gbpsプランあり
月額基本料金 戸建てプラン:5,720円
マンションプラン:4,400円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
工事費用 戸建てプラン:19,800円
マンションプラン:16,500円
契約解除料 戸建てプラン:14,300円
マンションプラン:8,800円

auひかり|独自回線

auひかり|独自回線

2つ目はauひかりです。

auひかりの特徴としては下記のようなものがあります。

  • auスマホとのセット割で最大1,100円×利用台数分割引
  • 独自回線のため通信速度が安定して速い
  • 電話サービスとセットだと工事費用分割引
  • 他社から乗り換えで最大30,000円還元

auひかりはKDDIが独自で提供する回線を使った光回線で、通信速度はフレッツ光や光コラボと比べて高速です。

auスマホや格安SIMのUQモバイルとのセット割があるため、それぞれセットで利用することでお得に契約できます。

独自回線のため、契約できる地域が限定されており中部、関西、沖縄エリアではauひかりが契約できませんが、それぞれのエリアには地域限定の独自回線があります。

しかも、それぞれの独自回線でauスマホとのセット割もあるため、auユーザーは基本的にスマホセット割が利用できると考えて良いでしょう。

高速な通信を求める方にもおすすめの光回線です。

項目 内容
契約期間 3年間
※マンションプランは2年
回線速度 最大1Gbps
※10Gbpsプランあり
月額料金 戸建てプラン:5,610円
マンションプラン」4,180円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
工事費用 戸建てプラン:41,250円
マンションプラン:33,000円
契約解除料 戸建てプラン:最大16,500円
マンションプラン:最大10,450円

ソフトバンク|フレッツ光回線

ソフトバンク|フレッツ光回線

3つ目はソフトバンク光です。

ソフトバンク光の特徴としては下記のようなものがあります。

  • ソフトバンクスマホとのセット割で最大1,100×利用台数分割引
  • 乗り換えで最大10万円の違約金負担
  • 乗り換えで最大24,000円キャッシュバック
  • フレッツ光回線のため全国で申し込める

ソフトバンク光もフレッツ光回線を使用した「光コラボ」のひとつです。

ソフトバンク光はソフトバンクスマホとのセット割があるほか、他社からの乗り換えで契約する方にお得な特典を多数提供しているという特徴があります。

一方でソフトバンク以外のスマホユーザーや、新規ユーザーにはそれほどお得ではない点には注意しましょう。

「ソフトバンクスマホを利用している」「他社からの乗り換えを検討している」という方におすすめの光回線です。

項目 内容
契約期間 2年間
回線速度 最大1Gbps
※10Gbpsプランあり
月額基本料金 戸建てプラン:5,780円
マンションプラン:4,180円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
工事費用 26,400円
契約解除料 戸建てプラン:最大16,500円
マンションプラン:最大10,450円

NURO光|独自回線

NURO光|独自回線

4つ目はNURO光です。

NURO光の特徴としては下記のようなものがあります。

  • ソフトバンクスマホとのセット割で最大1,100×利用台数分割引
  • 毎月の割引により実質工事費無料
  • 独自回線で最大通信速度が一般プランでも2Gbpsと速い
  • 43,000円のキャッシュバック特典あり
  • 1年間980円キャンペーンあり

NURO光はSONYのグループ会社が提供する、独自回線を使用した高速通信可能な光回線です。

併用できるものが限られていますが、「1年間980円」や「43,000円キャッシュバック」、「工事費実質無料」などの複数の特典が利用できるため、お得かつサービスの満足度が高い光回線となっています。

また、ソフトバンクスマホとのセット割である「おうち割」も適用できるため、ソフトバンクユーザーにもおすすめです。

NURO光は一部地域限定のサービスのため、ソフトバンクユーザーは一度NURO光を検討し、サービス提供エリア外であればソフトバンク光を検討しましょう。

NURO光は、お得な特典が多く通信速度が多いため、他社でもスマホセット割が適用できない格安SIMユーザーや「高速なネット回線を契約したい」という方におすすめです。

項目 内容
契約期間 2年間
回線速度 最大2Gbps
※10Gbpsプランあり
月額基本料金 戸建て:5,700円
マンションプラン:5,700円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
工事費用 戸建て:44,000円
マンションプラン:44,000円
※割引により実質無料
契約解除料 10,450円

楽天ひかり|フレッツ光回線

楽天ひかり|フレッツ光回線

5つ目は楽天ひかりです。

楽天ひかりの特徴としては下記のようなものがあります。

  • 楽天モバイルユーザーは1年間無料
  • 楽天モバイル以外のユーザーでも1年間2,200円割引
  • 楽天市場でポイント+1倍
  • フレッツ光回線のため全国で申し込める

楽天ひかりは楽天が提供するフレッツ光回線を利用した「光コラボ」です。

フレッツ光回線のため、ドコモ光やソフトバンク光と通信速度の質はそれほど変わりませんが、楽天モバイルユーザーであれば1年間月額料金無料といったインパクトのある特典を提供しています。

また、楽天モバイルユーザーではなくても1年間2,200円割引となり、戸建てでは3,080円、マンションでは1,980円で光回線を利用できます。

1年間経つと特典が終了するため、他社にくらべて継続的なお得さはありませんが、はじめて光回線を契約する方にとっては非常に申し込みやすい内容となっています。

楽天モバイルユーザーはもちろんのこと、はじめて光回線を契約する方におすすめです。

項目 内容
契約期間 2年間
回線速度 最大2Gbps
※10Gbpsプランあり
月額基本料金 戸建て:5,280円
マンションプラン:4,180円
初期費用
(事務手数料)
880円
工事費用 戸建て:19,800円
マンションプラン:16,500円
契約解除料 10,450円

光回線は基本的にNTT以外がおすすめ!

結論をまとめると、光回線の元祖ともいえるNTTの『フレッツ光』は、現在では他社に比べてメリットが少なくそれほどお得ではありません!

特別な理由がない限り、光コラボや独自回線の他社光回線がおすすめです。

基本的に、自分が利用しているスマホキャリアとのスマホセット割が適用できる光回線がお得なためおすすめです。

スマホセット割を適用できる光回線がない格安SIMユーザーや、利用したい光回線がサービス提供エリア外だった場合には、下記の表を参考にして契約する光回線を選んでください。

光回線 月額料金 特徴
戸建 マンション
フレッツ光(NTT) 5,940円+プロバイダ別 3,355〜4,455円+プロバイダ別
※同一マンション内の契約者数による
・プロバイダ別
・フレッツ光回線の提供元
ドコモ光 5,720円 4,400円 ・ドコモスマホユーザーにお得
・工事費無料特典あり
・フレッツ光回線で全国対応
auひかり 5,610円 4,180円 ・auスマホユーザーにお得
・電気サービスと同時加入で工事費無料
・独自回線で通信速度が速い
ソフトバンク光 5,720円 4,180円 ・ソフトバンクスマホユーザーにお得
・乗り換え時の特典多数
・フレッツ光回線で全国対応
NURO光 5,700円 5,700円 ・ソフトバンクスマホユーザーにお得
・工事費実質無料
・新規契約でお得な特典多数
・独自回線で通信速度が速い
楽天ひかり 5,280円 4,180円 ・楽天モバイルユーザーは1年間無料
・一般ユーザーでも1年間2,200円割引
・フレッツ光回線で全国対応