ポケットWiFiのおすすめは?WiMAXとの違いと5つの人気サービスを比較解説!

場所を選ばず高速通信を可能にしてくれるポケットWiFi。便利なので利用を検討している方も多いかと思います。

しかし、ポケットWiFiサービス選びは複雑すぎて迷ってしまいますよね。

「どのサービスがおすすめ?」「どのプランがおすすめ?」「速度制限がある?」「どのキャンペーンが一番オトク?」

この記事では上記のような疑問に答えるべく、おすすめのポケットWiFiについて紹介していきます。

ポケットWiFiの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ポケットWiFiとWiMAXの違い

ポケットWiFiとWiMAXの違い

同じWiFiのサービスのなかでも、ポケットWiFiの他に、WiMAXを耳にしたことも多いかと思います。ポケットWiFiとWiMAXの違いはどこにあるのでしょうか?

  • ポケットWiFi:ワイモバイル社が提供しているWiFiサービス
  • WiMAX:UQコミュニケーションズ社が提供しているWiFiサービス

そもそもポケットWiFiは、上記のようにワイモバイル(ソフトバンク)の提供しているWiFiサービスを指します。多くの人が携帯できるWiFi端末のことをポケットWiFiと呼んでいるかと思いますが、この端末は実際はモバイルWiFIルーターと呼びます。

WiMAXは「WiMAX2+」と呼ばれる専用回線を使用するUQコミュニケーションズ社が提供するモバイルWiFiルーターの一種です。青いガチャピンやムックのキャラクターでおなじみのサービスですね。UQコミュニケーションズはau系列の会社が運営しており、全国的に安定した回線接続が特徴です。

本来であれば、ポケットWiFiの正確な意味は上記で説明したとおりですが、この記事ではモバイルWiFiルーター全般を指す言葉としてポケットWiFiを定義します。そのため、この記事ではWiMAXも含めた携帯できるWiFiサービスを紹介しているので注意してください。

ポケットWiFiと光回線・ホームルーター!おすすめはどれ?

ポケットWiFiと光回線・ホームルーター!おすすめはどれ?

ここまではポケットWiFiの定義について紹介してきました。モバイルWiFiルーター以外にもWiFiに接続できるサービスはあるので、こちらも理解しておきましょう。

ポケットWifi以外でWifiが利用できるのは下記の2つです。

  • 光回線
  • ホームルーター

ここでは、ポケットWiFiと光回線、ホームルーターを比較した上で、それぞれのメリットやデメリットについて紹介します。

そもそも、ポケットWiFiと光回線、ホームルーターの特徴にはどのような違いがあるのでしょうか。まずは下の表にそれぞれの概要をまとめます。

ポケットWiFi WiFi端末の持ち運びが容易で、初期設定なども必要なく手軽に使用することができます。
光回線 通信速度が速く、安定したインターネット環境が構築できます。自宅などの屋内でよく利用されています。
ホームルーター WiFi端末がコンパクトで、収納場所に困りません。工事不要で屋内でのインターネット環境が構築できます。

このように、同じWiFiサービスでもご自身の環境に応じて端末を選ぶことができるため、用途にマッチしたインターネット環境を構築することができます。

次に、ポケットWiFi、光回線、ホームルーターのメリットとデメリットをまとめます。

メリット デメリット
ポケットWiFi ・手軽に持ち運べて、外でも利用できる
・手のひらサイズでコンパクト
・使用エリアが限定される
・エリアによっては通信回線が不安定
光回線 ・屋内に特化したインターネット回線
・高速の通信速度が確保できる
・設置の際、工事が必要
ホームルーター ・WiFi端末がコンパクトで設置場所に困らない
・持ち運びが可能
・通信回線がやや不安定

上表のように、ポケットWiFi、光回線、ホームルーターには、それぞれにメリットやデメリットが存在します。しかし、営業などで外出する機会の多いビジネスマンや出張の多い企業に勤めている会社員などはインターネット環境の確保に困るケースも少なくありません。そのようなときに、WiFiを持ち運べたら便利ですよね。

ポケットWiFiなら外出時のインターネット環境の構築に困らないうえに、海外で使用できる端末も存在します。海外出張でインターネット環境が必要な場合は手放せませんね。また、レンタルできるWiFiサービスもありますので、なるべく安くで抑えたいならこちらもおすすめです。

逆にネットゲームや高画質で動画をバンバン視聴したいという人はポケットWiFIの使用は向きません。自分の利用目的に応じて、使用するサービスを選びましょう。

厳選!ポケットWiFiのおすすめサービスを5つ比較解説!

厳選!ポケットWiFiのおすすめサービスを5つ比較解説!

ポケットWiFiには、さまざまなプロバイダが存在しますが、どれを選べばよいのか分からないですよね。ここでは、ポケットWiFiでおすすめのサービスを比較解説していきます。今回、比較するWiFiサービスはこちら。

  • Broad WiMAX
  • Y!mobile
  • カシモWiMAX
  • GMOとくとくBB
  • Mugen WiFi

どれも知名度の高いポケットWiFiサービスですので、1度は耳にしたことのある方もいることでしょう。しかし、特徴や料金、システムなど、それぞれに異なるところが存在します。詳細を説明する前に、上記5つのポケットWiFiの特徴を表にまとめます。

プロバイダ サービスの特徴
Broad WiMAX お得なキャンペーンを活用すれば、実質月額料金3,392円でポケットWiFiが実質無制限で利用できます。
Y!mobile 親会社であるSoftbankの通信回線を使用しているため、通信速度が著しく低速化しないことが特徴。2019年10月から契約期間の縛りがないプランが導入されたため、いつ解約しても違約金がかからないのは魅力です。
カシモWiMAX 業界最安値の1,380円/月から利用できます。カシモWiMAXのような月額料金がリーズナブルなプロバイダでも、品質的には何も心配する必要はありません。
GMOとくとくBB GMOとくとくBBでは、キャッシュバックキャンペーンを大々的に実施しています。ユーザーにとってお得なサービスを展開しているトップクラスの顧客満足度を誇るプロバイダといってもよいでしょう。
Mugen WiFi Mugen WiFiの最大の特徴は、30日間のお試し期間があることです。申し込みから30日以内であれば、いつ解約しても違約金や月額料金、初期費用を含めた全額を返金してくれます。ただし、機器購入ができず、レンタルしか対応していません。

それぞれのサービスについて、詳しく解説します。

Broad WiMAX

Broad WiMAX

月額料金の安さがピカイチの「Broad WiMAX」。取り扱っているキャンペーンの内容は、主に次の3つが挙げられます。

  • 初期費用0円Web割キャンペーン
  • 端末無料キャンペーン
  • 違約金負担キャンペーン

これらのお得なキャンペーンなどを活用すれば、実質月額料金3,392円でポケットWiFiが実質無制限で利用できます。ちなみに、Broad WiMAXで使える機種は、次の4つです。

  • WX06
  • W06
  • HOME01
  • L02

そのなかでも、バッテリーが長持ちして室内でも繋がりやすい機種といえば「WX06」です。申し込み方法は、下記の手順を参考にしてください。ちなみに、公式サイトでエリア判定をして「◯」であれば申込みが可能です。

  1. データ端末を選択する
  2. プランを選択する
  3. オプションを選択する
  4. 支払い方法を決定する
  5. ユーザー情報を入力する

上記の5つの手順で進めていきます。3日間で10GBを超えた場合、実質無制限の「ギガ放題プラン」では通信量に制限がかかってしまいます。また、月間7GBを超えたら通信量制限がかかる「ライトプラン」も存在します。

プラン内容 通信量に制限がかかる条件
ギガ放題プラン 3日間で10GBを超えた場合
ライトプラン 月間7GBを超えた場合

Broad WiMAXでは、上記プランのうち、どちらかを選ぶことができます。

Y!mobile

Y!mobile

Y!mobile」のポケットWiFiは、独自の通信回線に加え、親会社であるSoftbankの通信回線を使用しているため、通信速度が著しく低速化しないことが特徴です。また、2019年10月から契約期間の縛りがないプランが導入されたため、いつ解約しても違約金がかからないのも魅力ですよね。

現在、Ymobileで使用できるポケットWiFiの機種は、次の3つです。

  • 803ZT
  • 801HW
  • 701UC

なかでも、おすすめは最新機種の「803ZT」です。Ymobileの申し込みはワイモバイルショップ・取扱店かオンラインストアで可能。下記の手順を参考にしてください。

  1. データ端末とSIMカードのサイズを選択する
  2. 契約方法【(新規契約、のりかえ(MNP)、機種変更(契約変更)】を選択する
  3. プランを選択する
  4. オプションを選択する
  5. 支払い方法を決定する
  6. ユーザー情報を入力する

Ymobileのプランは、7GBプランの「Pocket WiFiプラン2」と「海外データ定額プラン」があり、Pocket WiFiプラン2でアドバンスオプションに加入することで、実質無制限で利用できるようになります。

カシモWiMAX

カシモWiMAX

初期費用が安いうえに契約月とその翌月の月額料金が0円なのは大きな魅力といっても過言ではありません。そのため、業界最安値1,380円/月から使用できる「カシモWiMAX」。その後の月額料金も3,380円ですので、業界内でも比較的安価でポケットWiFiを利用することができます。

WiMAXは、どのプロバイダを選んでも品質にそれほど差はありません。そのため、カシモWiMAXのような月額料金がリーズナブルなプロバイダでも品質的には何も心配する必要はないでしょう。

カシモWiMAXの主なプランは、次の2つから選べます。

  • 無制限プラン
  • 7GBプラン

これらのプランは、実質無制限での使用が可能です。また、カシモWiMAXで使用できる機種は、次の4つです。

  • WX06
  • W06
  • HOME02
  • HOMEL02

なかでも、おすすめはWiMAXモバイルルーター初のWiFi 2.4GHz/5GHzの同時通信をサポートしている2020年1月下旬から発売を開始した「WX06」です。申し込み方法は、公式サイトから可能で、以下の手順で進めていけば簡単に申し込むことができます。

  1. プランを選択する
  2. 機種を選択する
  3. オプションを選択する
  4. 付属品を選択する
  5. ユーザー情報を入力する

カシモWiMAXでは、キャッシュバックキャンペーンは実施していません。しかし、業界最安値の低コストでWiFiの通信回線が利用できることは、大きな魅力といってもよいでしょう。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBドコモ光をお申し込みの方限定の15,000円キャッシュバックキャンペーンや、2020年10月31で終了した最大31,000円キャッシュバックキャンペーンなどが大きな特徴です。このように、GMOとくとくBBでは、キャッシュバックキャンペーンを大々的に実施しています。

GMOとくとくBBなら、WiMAX本家の「UQ WiMAX」で契約するよりも安い月額料金で利用できるでしょう。また、20日以内であれば、違約金を支払うことなく契約のキャンセルが簡単にできることは魅力的ですよね。このように、ユーザーにとってお得なサービスが多いトップクラスの顧客満足度を誇るプロバイダといっても過言ではありません。

さらに、使用できる機種も8種類と多いことも特徴の1つです。以下の機種が、GMOとくとくBBで使用できます。

  • W06
  • WX06
  • WX05
  • W05
  • L02
  • HOME 02
  • HOME 01
  • L01s

なかでも、おすすめは最新機種の「WX06」です。また、据え置きタイプがよい方は「HOME 02」を選ぶとよいでしょう。申し込み方法の手順は、下記を参考にしてください。

  1. 公式サイトで対応エリアを確認する
  2. Webやお電話で申し込みします(キャンペーン時には専用のページがあり、特典を受け取るには専用ページから申し込む必要があります)
  3. 機種を選択する
  4. 契約年数を選択する
  5. クレードル(充電台)の有無を選択する
  6. 料金プランを決定する
  7. 端末カラーを選択する
  8. 端末保証サービスを申し込む
  9. オプションを選択する
  10. GMO ID・お名前IDなどのユーザー情報を入力する

GMOとくとくBBは、とにかくお得なキャッシュバックキャンペーンが実施されていますが、期間限定であることがほとんどです。期間内に利用するかどうか、しっかり検討して申し込みましょう。

Mugen WiFi

Mugen WiFi

ポケットWiFiが月額料金3,150円で利用できる「Mugen WiFi」の最大の特徴は、30日間のお試し期間があることです。

申し込みから30日以内であれば、いつ解約しても違約金や月額料金、初期費用を含めた全額を返金してくれます。そのため、使ってみて思っていたのと違うと感じた場合でも費用の負担はありません。しかし、返却処理手数料1,000円と返却時の送料はかかりますので、注意しましょう。

Mugen WiFiのポケットWiFiには、次の2つの機種が存在します。

  • G4
  • U2s

しかし、選ぶプランによって機種が決まっています。また、機種購入はできずレンタルのみとなっています。おすすめは、アドバンスプランで月100GB使用できる機種の「G4」。実質無制限で使えますし、端末に翻訳&充電機能がついていることは大きな魅力といえるでしょう。

申し込みの手順は以下の流れです。

  1. 公式サイトへアクセスする
  2. 「30日間お試しで体験してみる」ボタンをクリックする
  3. 端末を選択する
  4. オプションを選択する
  5. ユーザー情報を入力する

Mugen WiFiの最大の魅力といえば、30日間のお試し期間です。ぜひ、この機会にお試しください。

ポケットWiFiの選び方ポイントを5つ紹介!

ポケットWiFiの選び方ポイントを5つ紹介!

ポケットWiFiにはさまざまな種類があるため、利用するプロバイダはどれにしたらよいのか迷いますよね。ポケットWiFiを選ぶ際は、下記の5つをポイントに、ご自身にマッチしたプロバイダサービスを選ぶとよいでしょう。

  • データ容量
  • 対応エリア
  • 通信速度
  • 速度制限
  • 月額料金

それでは、詳しくみていきましょう。

データ容量

ポケットWiFiのデータ容量には上限があり、一定の容量を超えると通信制限がかかってしまいます。ポケットWiFi各社のプランには、月間50GBや月間7GBなどと記載されていますよね。それがデータ容量のことで、月間50GBなら月に50GBまで通信制限がかからずに使用できますが、データ容量が多いプランの月額料金が高くなります。

ポケットWiFiのなかには無制限プランを提供しているサービスがありますが、現在はデータ容量の上限がない完全無制限のポケットWiFiは、ほとんどのプロバイダが提供を停止しています。そのため、2020年10月現在、実質無制限のポケットWiFiが主流を占めているといっても過言ではありません。

実質無制限のポケットWiFiでは、月間ではなく日間単位で利用できるデータ容量が設定されており、WiMAXのギガ放題プランだと3日間で10GBまでなら通信制限なく利用できます。また、4GB/日と5GB/日などの1日で通信制限なく利用できるデータ容量が設定されているポケットWiFiのプランも存在します。

対応エリア

対応エリアとは、そのポケットWiFiが利用できるエリアのことです。そもそも、ポケットWiFiには、通信できるエリアと通信できないエリアが存在します。

対応エリアが広いポケットWiFiは、主に3大キャリア(SoftBank/DoCoMo/au)の回線を利用しているポケットWiFiですが、対応エリア外だと当然ながら利用できません。また、エリア内でも最大速度が遅いエリアの場合、最新のポケットWiFiを利用しても、そのスペックを活かしきれないでしょう。

契約したけれど、繋がらなかった…ということがないように事前に対応エリアは必ず確認しておくようにしましょう。契約前にお試しで利用できるサービスもあるので、積極的に活用することをおすすめします。

通信速度

ポケットWiFiのプランに、下り1,237Mbpsや上り50Mbpsと記載されていることがありますよね。これが通信速度で、Mbps(megabits per second)は、1秒間でどれだけのパケット通信量を送信できるかを示す数値です。

この数字が大きいほど通信速度は速く、上りの回線速度が高いポケットWiFiはデータ送信や投稿に掛かる時間が短く、下りの回線速度が高いポケットWiFiはインターネットを閲覧したり、動画を視聴したりする際のデータを読み込む速度が速いです。

通信速度についての概要は、下表にまとめます。

通信回線 通信速度 概要
上り 速い アップロードに短時間で完了する
遅い アップロードに長時間かかる
下り 速い Webに表示される時間が短い
遅い Web表示に長時間かかる

ただし記載されている内容は最大速度であり、実際の通信速度ではありません

インターネット接続において、通信速度は十分満足できるレベルではありますが、ポケットWiFiの通信速度は、下記の時間帯で回線が不安定になります。

  • 12~13時
  • 19~21時

これらの時間帯は、アクセスが集中して回線の状態が不安定になりやすく、通信速度が落ちてしまいます。また自身が利用するエリアによって速度も変わってくるので、参考程度に見ておきましょう。

速度制限

前述しましたが、設定されたデータ容量を超えた場合、速度制限がかかりますが、どれぐらいの速度制限がかかるのかについては、ポケットWiFiの種類やプランによって異なります。例えば、WiMAXのギガ放題プランだと速度制限がかかると、速度制限時の速度は下り最大1Mbpsとなりますが、7GBプランだと速度制限時の通信速度は128Kbpsです。

WiMAXのプラン 速度制限時の通信速度(下り最大)
ギガ放題プラン 1Mbps
7GBプラン 128Kbps

また、速度制限がかかる期間もポケットWiFiの種類やプランによって異なります。例えば、次に挙げる2つのプランです。

  • 速度制限が一時的なプラン
  • データ容量を使い切ると月末まで速度制限がかかるプラン

ただし、月末まで速度制限がかかるポケットWiFiのプランには、追加料金を支払えば速度制限が解除できるプランも存在しますので、考えながら使用しましょう。

月額料金

ポケットWiFiのプランには、毎月支払うことになる月額料金が記載されていますが、ポケットWiFiの料金は少し複雑で、月額料金の金額が実質月額料金ということではありません。月額料金だけでなく初期費用や契約月数、キャンペーンによる割引やキャッシュバックのことも考えておきましょう。

ポケットWiFiの実質月額料金は、下記の計算式で算出されます。

(初期費用+月額料金×契約月数-割引・キャッシュバック)÷契約月数=実質月額料金

ポケットWiFiの種類やプランによっては、月額料金が高いほど、実質月額料金が安いこともあるため、単に月額料金だけで選ばず、実質月額料金で判断することがポイントです。

ポケットWiFiに関するよくあるQ&Aを一挙紹介!

ポケットWiFiのQ&Aを一挙紹介!

ポケットWiFiに関して、まだまだ分からないこともあることでしょう。ここでは、実際に問い合わせの多いQ&Aについて紹介します。

Q、ネットと店舗どちらで買うほうが良いですか?

A、ネットで買うのがおすすめです。

ポケットWiFiは家電量販店や携帯ショップなどでも売られていますが、取り扱っていない種類があります。そのため、豊富な種類のなかから選びたいという方は、ネットで買うことをおすすめします。

また、ポケットWiFiのプロバイダのなかには、ネットからでなければ契約できないプロバイダも存在するため、契約プロバイダが限定されてしまうことも珍しくありません。実店舗より、ネットの方がポケットWiFiの種類だけでなく契約するプロバイダの選択肢も増えるため、おすすめです。さらに、ネットの方が、キャッシュバックや月額割引などのお得なキャンペーンが充実していますので、魅力的に感じる方もいることでしょう。

Q、ポケットWiFiの初期設定は難しくありませんか?

A、ポケットWiFiの初期設定はとても簡単です。

WiFi端末のなかには初期設定が複雑で難しい機種もありますが、一般的なポケットWiFiの初期設定はとても簡単です。手順は、下記の3ステップ。

  1. SIMカードを挿入する
  2. 電源オン
  3. セキュリティキー(SSIDとパスワード)の入力

まずは、ルーターに同封されていたSIMカードをルーターに挿入して電源を入れます。そして、パソコンやスマホで無線LAN接続画面を開き、同封されていたセキュリティキーを入力するだけで初期設定が完了します。また、初期設定に戸惑う場合には、公式サイトを参考にすれば解決しますし、サポートセンターに連絡すれば丁寧に説明してくれるのは大きな魅力ですね。

ただし、ポケットWiFiのプロバイダのなかには、サポートセンターへの連絡が有料の場合がありますので注意しましょう。

Q、ポケットWiFiの契約でスマホとのセット割引はありますか?

A、スマホとのセット割引があるポケットWiFiが存在します。

WiMAXであればスマホとのセット割引があります。WiMAXはauの子会社であるの「UQコミュニケーションズ」が運営するポケットWiFiサービスですので、auユーザーであればスマホとのセット割が適用できます。ただし、WiMAX契約ができるプロバイダは20社以上ありますが、auスマホとWiMAXのセット割があるのは、以下の会社だけ。

  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE WiMMAX
  • Broad WiMAX
  • GMOとくとくBB
  • So-net WiMAX

ご自身の環境や用途にマッチしたプロバイダを選ぶようにしましょう。

Q、クーリングオフは適用されますか?

A、クーリングオフは適用されます。

ポケットWiFiは、クーリングオフが可能です。以前、WiFiなどの電気通信サービスはクーリングオフの対象外でした。しかし、スマホやポケットWiFiなど、家庭用のネット接続サービスの通信回線契約を巡ってトラブルや苦情が多発しました。このことから、現在では電気通信サービスにもクーリングオフが導入されています。

ちなみに、利用開始から8日以内に契約したプロバイダに連絡し、ポケットWiFi端末を返送すればクーリングオフができます。

Q、ポケットWiFiは海外でも使用できますか?

A、使用できる端末と使用できない端末があります。

国内で利用できるポケットWiFiのなかには、海外には対応していない端末もあるため、すべての端末が海外に対応しているということではありません。また、海外で使用できるポケットWiFiであっても、海外でのデータ定額プランが用意されていないサービスであれば、通信料がかなり割高になってしまいます。

海外でのポケットWiFiの利用を考えているのなら、

  • 契約前に海外で使えるのか?
  • データ定額プランがあるのか?

をしっかり確認しておきましょう。

ポケットWiFiのまとめ

ポケットWiFiのまとめ

ポケットWiFiの最大のメリットは、持ち運びが容易で初期設定の必要がないことや工事不要でインターネット環境が構築できることです。しかし、回線環境は不安定になりがちなため、安定したインターネット環境を構築したい方には、少々扱いにくいかもしれません。

また、お得なスマホとのセット割やプロバイダのキャンペーンを活用すれば、比較的安価でサービスを利用することができることは大きなメリットですよね。さらに、ポケットWiFiなら海外でも使用できる端末もありますので、魅力的に感じる方もいることでしょう。わざわざレンタルWiFiの面倒な手続きや、海外先でも手間のかかるWiFi契約をしなくてもよい手軽さは利用者にとってもありがたいですよね。

最後に、本記事で紹介したおすすめのポケットWiFiサービスを改めてまとめます。

  • Broad WiMAX:お得なキャンペーンを活用すれば、実質月額料金3,392円でポケットWiFiが実質無制限で利用できる
  • Y!mobile:親会社であるSoftbankの通信回線を使用しているため、通信速度が著しく低速化しない
  • カシモWiMAX:業界最安値の1,380円/月から利用でき、通信品質も安定している
  • GMOとくとくBB:トップクラスの顧客満足度を誇るプロバイダで、キャッシュバックキャンペーンを大々的に実施している
  • Mugen WiFi:申し込みから30日以内であれば、いつ解約しても違約金や月額料金、初期費用を含めた全額を返金してくれる

本記事が、ポケットWiFiのことについて詳しく知りたい方の参考になれば幸いです。