初心者でもわかるポケットWiFiの使い方!デバイスごとの接続方法も徹底解説

ポケットWiFiを使ったことがない人の中には「使い方が難しそう」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、ポケットWiFiは電源を入れ、デバイス側で接続設定をすれば簡単に使えるため、初心者の方でも心配する必要はありません。

この記事では、ポケットWi-Fiの使い方と、iPhone、Android、Mac、WindowsなどメジャーなデバイスでポケットWiFiに接続する手順を紹介します。

はじめてポケットWiFiを使う方で「難しそう」と不安を感じているのであれば参考にしてください。

基本的なポケットWiFiの使い方・知識

基本的なポケットWiFiの使い方・知識

ポケットWiFiを提供している会社は複数あり、サービスや機種によって異なることがありますが、基本的な使い方は下記のとおりです。

  1. ポケットWiFiに申し込む
  2. ポケットWiFiのルーターとSIMカードが届く
  3. ポケットWiFiのルーターにSIMカードを挿し込む
  4. ポケットWiFiのルーターの電源をONにする
  5. WiFiに接続したいデバイスの通信設定を開く
  6. ポケットWiFiのSSIDを選ぶ
  7. ポケットWiFiのパスワードを入力
  8. 接続完了

上記のように、簡単な手順で接続できます。

なお「ポケットWiFi」という名称は、もともとY!mobileというソフトバンクの子会社が提供しているサービスで、持ち運び可能なWiFiは「モバイルWiFi(モバイルWiFiルーター)」と呼びます。

また、ポケットWiFiを探しているときに「WiMAX」という名称のサービスをよく見かけると思いますが、このあたりの名称による違いについても抑えておくと良いでしょう。

ポケットWiFiにおいて混同されやすい名称をそれぞれ簡潔に紹介すると以下のとおりです。

名称 概要
ポケットWiFi Y!mobileの『PocketWiFi』というサービスの名称
一般的にすべてのモバイルWiFiを指して使う代名詞的なものになっている
モバイルWiFi
(モバイルWiFiルーター)
持ち運び可能なWiFiサービスや、WiFiと通信するための機器全般を指して使われる
「ポケットWiFi」とほぼ同じ意味で使われることが多い
WiMAX UQ WiMAXというauの子会社が提供している回線
WiMAX回線を利用したポケットWiFiサービス全般を指して使われることが多い名称

デバイス別ポケットWiFiの使い方

デバイス別ポケットWiFiの使い方

ポケットWiFiに接続するデバイスは人によってそれぞれですが、一般的に使われることが多い下記のデバイスへの接続方法を簡単に紹介します。

  • iPhone
  • Android
  • Mac
  • Windows

iPhoneでの接続方法

iPhoneでポケットWiFiに接続する方法は以下のとおりです。

  1. ホーム画面から「設定」をタップ
  2. 「Wi-Fi」をタップ
  3. Wi-FiがONになっていることを確認
  4. 「ネットワーク」をタップ
  5. 契約しているポケットWiFiのSSIDをタップ
  6. ポケットWiFiのパスワードを入力
  7. 接続完了

Androidでの接続方法

AndroidでポケットWiFiに接続する方法は以下のとおりです。

  1. メニュー画面から「アプリケーションボタン」をタップ
  2. 「設定」をタップ
  3. Wi-FiがONになっているかを確認
  4. 契約しているポケットWiFiのSSIDをタップ
  5. パスワードを入力
  6. 接続完了

Macでの接続方法

Appleが販売するパソコンであるMacシリーズでポケットWiFiに接続する方法は、以下のとおりです。

  1. アプリケーションから「システム環境設定」を選択
  2. 「ネットワーク」を選択
  3. Wi-FiがONになっているか確認
  4. 「ネットワーク名」から契約したポケットWiFiのSSIDを選択
  5. パスワードを入力
  6. 接続完了

Windowsでの接続方法

Microsoftが販売するパソコンであるWindowsシリーズでポケットWiFiに接続する方法は以下のとおりです。

  1. 「ネットワークアイコン」を選択
  2. Wi-FiがONになっているかを確認
  3. ネットワークから契約したポケットWiFiのSSIDを選択
  4. パスワードを入力
  5. 接続完了

中古のポケットWiFiの使い方

中古のポケットWiFiの使い方

ポケットWiFiでは、既存のサービスに新規で契約する方法のほかに、ネットオークションやフリマアプリなどで中古のモバイルWiFiルーターを購入して使う方法があります。

以下は、中古のモバイルWiFiルーターに格安SIMなどで契約したSIMを入れて使う方法です。

  1. 格安SIMなどで任意のプランのSIMカードを契約する
  2. 届いたSIMカードをポケットWiFiの端末に挿し込む
  3. ポケットWiFiのルーターの電源を入れる
  4. APN設定を行う(不要な場合もある)
  5. デバイス側で接続設定を行う

基本的には上記の手順で利用可能ですが、モバイルWiFiルーターの端末によっては作動しなかったり、中古端末のため、保証サービスやサポートサービスはない点には注意しましょう。

海外で使えるポケットWiFiの使い方

無制限ポケットWiFiおすすめサービス10選

海外でポケットWiFiを使いたい場合、下記の3つの方法があります。

  • 方法1.海外で使えるSIMカードを入れて使う
  • 方法2.海外で使えるレンタルのポケットWiFiを使う
  • 方法3.海外でも使えるポケットWiFiを使う

空港などでは、渡航先で使えるポケットWiFiをレンタルできる場合があります。また、空港や現地などで手に入るSIMカードを使うことで海外でも通信ができます。

もし、レンタルやSIMカードの準備が面倒であれば、日本国内で提供されているポケットWiFiの中で、海外対応のものを選びましょう。

海外で利用できるポケットWiFiを選ぶ際には、以下の点に注意してください。

  • 海外でのデータ通信利用時の料金を確認しておく
  • 使える国を確認しておく
  • 海外で使える端末を選ぶ

とくに、海外で利用すると追加の通信費が発生するポケットWiFiも多いので、それぞれの内容については事前に確認しておきましょう。

ポケットWiFiを使うことのメリット

ポケットWiFiを使うことのメリット

ポケットWiFiを使うメリットには以下のようなものがあります。

  • スマホのデータ通信を節約できる
  • 外出先でもWiFiが使える
  • モバイルバッテリーで充電できる
  • 工事不要ですぐに利用できる
  • 複数の端末に接続できる
  • 海外で使えるポケットWiFiもある

それぞれのメリットについて詳しく紹介します。

スマホのデータ通信を節約できる

ポケットWiFiを契約しておけば、スマホのデータ通信を節約できます。

スマホで動画を見すぎたり、ネット閲覧しすぎると通信制限がかかり、翌月まで低速でしか使えなくなることがあります。

ポケットWiFiがあれば、モバイル通信をOFFにして、常時WiFiに接続しておくことでスマホ側のデータ容量を消費せずにネット通信を楽しめます。

外出先でもWiFiが使える

ポケットWiFiはコンセント不要で利用できるため、外に持ち運びながら使えます。

大きさもスマホほどなので、バックに入れて旅行先や出張先に持ち運ぶことができて便利です。

ただし、山間部や地下など電波が届きにくい場所では使えないことがあるため、使う場所には注意しましょう。

モバイルバッテリーで充電できる

ポケットWiFiは充電式のため、スマホのようにUSBケーブルを使って充電できます。

キャンプなどのアウトドアでも、モバイルバッテリーがあれば充電しながら使えるため、バッテリーが切れても問題ありません。

工事不要ですぐに利用できる

ポケットWiFiはルーターが届けば電源を入れてすぐに使用できます。

光回線のような開通工事が不要なため、工事ができない場所に住んでいる方や、今日中や明日中などすぐにWiFiを使いたい方に便利なサービスです。

街中に店舗があるポケットWiFiであれば、その日の中にルーターが手に入るため、即日利用開始も可能です。

複数の端末に接続できる

ポケットWiFiは端末にもよりますが、同時に10台以上の端末に接続できたりします。

ルーターの近くにいる家族や友達などとWiFiをシェアしながら使えるというメリットがあります。

ただし、一つのWiFi通信をシェアして使う形になるので、接続台数が多くなるほど通信速度が落ちやすく点は注意しましょう。

海外で使えるポケットWiFiもある

ポケットWiFiの中には海外で使えるものもあります。

現地のWiFiサービスや、空港でのレンタルWiFiなどを借りる手続きが不要で海外でもWiFiが使えるため便利です。

海外利用にあたっては、前述したように以下の点に注意してポケットWiFiを選びましょう。

  • 海外でのデータ通信利用時の料金を確認しておく
  • 使える国を確認しておく
  • 海外で使える端末を選ぶ

ポケットWiFiを使うことのデメリット

ポケットWiFiを使うことのデメリット

ポケットWiFiにはメリットがある一方で、以下のようなデメリットもあります。

  • 対応エリア外では通信できない
  • 無制限プランでも通信制限がある
  • 無制限プランでも速度制限がある
  • 光回線ほど通信速度はでない
  • 解約の際に違約金がかかる場合がある

それぞれのデメリットについて詳しく紹介します。

対応エリア外では通信できない

ポケットWiFiは持ち運び可能ですが、各サービスによって対応エリアがあります。以下のケースでは注意しましょう。

  • 5G回線の使用を使用する場合
    (5G回線提供エリアでしか使えない)
  • 山間部や地下室など圏外になりやすい場所での使用
  • コンクリートなどで囲まれた電波が届きにくい場所での使用

なお、通信エリア外であれば自宅でも通信が安定しないため、事前に契約するポケットWiFiの対応エリアは確認しておきましょう。

無制限プランでも速度制限がある

ポケットWiFiのサービスでは「無制限プラン」という名称のプランがありますが、無制限プランでも一定の条件によって速度制限がかかります。

例えば、ポケットWiFiとして有名な『WiMAX』の無制限プランでは、下記のような条件で速度制限がかかります。

利用回線 速度制限の条件
ハイスピードモード
(Wi-Fi)
直近3日間で10GB以上の利用
ハイスピードプラスエリアモード
(4G LTE)
月間7GB以上の利用
5G回線 直近3日間で15GB以上の利用

光回線では完全無制限で24時間拘束通信が可能ですが、2021年10月時点では完全無制限で使えるポケットWiFiはないので注意しましょう。

光回線ほどの通信速度はでない

ポケットWiFiの通信速度はスマホ回線と同じか少し遅いくらいの速度です。

光回線よりはかなり遅いため、一部のオンラインゲームなど重いデータ通信には向いていません。

「みんなのネット回線速度(みんそく)」を参照にして各回線タイプの平均値を紹介すると以下のとおりです。

※2021年10月時点の平均速度(直近3ヶ月)

回線タイプ Ping 下り 上り
ポケットWiFi 86.0ms 36.6Mbps 10.4Mbps
光回線 27.2ms 309.9Mbps 236.1Mbps
携帯キャリア 58.4ms 83.9Mbps 16.6Mbps

契約するサービスや通信するエリアによって異なる場合はありますが、基本的に光回線よりは通信速度が遅いことは理解しておきましょう。

解約の際に違約金がかかる場合がある

ポケットWiFiはサービスごとに1〜3年の契約期間が決められていることが一般的です。

中には契約期間なしといったサービスもありますが、契約期間内があるサービスでは契約更新月以外での解約で違約金が発生するため注意しましょう。

また端末代金を分割で払っている場合、解約の時点で払い終わっていない端末代金があれば残債を一括で支払うことになるため注意が必要です。

ポケットWiFiを初めて使う方におすすめな4社を紹介

ポケットWiFiを初めて使う方におすすめな4社を紹介

ポケットWiFiを初めて使うなら、下記の4社がおすすめです。

  • GMOとくとくBB WiMAX2+
  • UQ WiMAX(Try WiMAX)
  • Mugen WiFi
  • 縛りなしWiFi

それぞれのサービスがなぜポケットWiFi初心者におすすめなのかについて紹介します。

GMOとくとくBB WiMAX2+

1つ目のおすすめは「GMOとくとくBB WiMAX2+」で、特徴は下記のとおりです。

  • ポケットWiFiの中でも通信速度が安定して速い
  • 3万円近くの高額キャッシュバック特典
  • ルーター端末代金0円で契約可能
  • 申し込みから最短即日発送
  • 20日以内なら違約金なしでキャンセルOK
  • auスマホ、UQ-mobileセット割りがある

UQ WiMAXが提供元である『WiMAX』はポケットWiFiの中でも通信速度が安定して速いと評判の回線です。

WiMAXを提供しているサービスは多いですが、その中でも「GMOとくとくBB WiMAX2+」は毎月3万円近い高額キャッシュバックキャンペーンを開催しているため、お得にポケットWiFiを契約したい方におすすめです。

ルーター端末代も0円のため、初期費用もほぼかかりません。

契約期間が3年間と長いですが、長期でポケットWiFiの契約を考えている方にはおすすめのサービスです。

項目 内容
契約期間 3年
初期費用 3,300円
端末代金 0円
月額基本料金 ギガ放題 1〜2カ月目:3,969円
3カ月目以降:4,688円
7GBプラン 3,969円
速度制限の条件 ギガ放題 3日間で10GB以上利用
7GBプラン 月間7GB以上利用
速度制限の速度 ギガ放題  1Mbps
7GBプラン  128Kbps
キャッシュバック 最大31,000円
(2021年10月時点)
契約解除料
(解約月以外での解約)
24カ月以内:27,280円
25カ月目以降:10,450円

UQ WiMAX(Try WiMAX)

2つ目のおすすめは「UQ WiMAX」のTry WiMAXで、特徴は下記のとおりです。

  • 15日間完全無料でWiMAXを試せる
  • WiMAXの運営元でサポート体制が充実
  • 街中に店舗がありスタッフに質問・相談可能
  • UQ WiMAXは途中解約の違約金が1,100円と安い

WiMAXの提供元であるUQ WiMAXは、15日間完全無料でWiMAXが試せる「Try WiMAX」というサービスを提供しています。

Try WiMAXの申し込み条件は以下のとおりです。

【Try WiMAXの申し込み条件】

  • 日本国内に在住の20歳以上の方(実際にご利用される方も20歳以上であること)
  • お申し込み者ご本人様名義のクレジットカードをご登録いただける方(デビットカードはご利用いただけません)
  • 過去180日間以内に本サービスのご利用履歴がない方、また貸出機器の未返却履歴のない方
  • その他「本サービス利用規約」に同意いただける方

出典:Try WiMAX ルーターを無料お試し|UQ WiMAX(ルーター)【公式】

「ポケットWiFiを使ってみたいけど、はじめて契約するから通信の安定性などに不安がある」という方は一度Try WiMAXで試してみるのも良いでしょう。

Try WiMAXを使い終わったあと、便利と感じればそのままWiMAXを契約し、不便と感じれば別のサービスを契約しましょう。

なお、Try WiMAXにはUQ WiMAXの広告が同封されてきますが、以下の表で紹介するとおり、基本的にUQ WiMAXの料金は『GMOとくとくBB WiMAX+2』ほどお得ではありません。

そのため、Try WiMAXをUQ WiMAXで試し、気に入ればGMOとくとくBB WiMAX2+で契約するという流れがおすすめです。

項目 内容
契約期間 2年
初期費用(事務手数料) 3,300円
端末代金 16,500円
月額基本料金 ギガ放題プラス(5G対応プラン) 25カ月間:4,268円
26カ月目以降:4,818円
ギガ放題 4,268円
7GBプラン
キャッシュバック なし
速度制限の条件 ギガ放題プラス(5G対応プラン) 3日間で15GB以上利用
ギガ放題 3日間で10GB以上利用
7GBプラン
速度制限の速度 ギガ放題プラス(5G対応プラン) 1Mbps
ギガ放題 1Mbps
7GBプラン
契約解除料
(解約月以外での解約)
1,100円

Mugen WiFi

3つ目のおすすめは「Mugen WiFi」で、特徴は下記のとおりです。

  • 縛りプランに限り30日間お試しあり
  • 100GBまで速度制限なし
  • 端末代金0円で初期費用を抑えられる
  • キャッシュバック最大13,500円
  • 午前12時までのお申し込みで最短翌日から使える

Mugen WiFiはひと月100GBまでなら制限なしで使えるポケットWiFiで、契約期間2年間の縛りありプランを選んだ場合に限り30日間のお試し特典が利用できます。

契約して通信速度に不満などがあれば30日以内に解約することで、違約金なしで解約できます。

前述のTry WiMAXとあわせて「ポケットWiFiを試しに使ってみたい」という方におすすめです。

ただし、Try WiMAXは15日のお試し期間が終了すると必ず端末を一度返却する必要がありますが、Mugen WiFiは30日を経過するとそのままプラン料金が発生するようになるので注意しましょう。

項目 内容
契約期間 2年
データ容量 100GB/月
初期費用(事務手数料) 3,300円
端末代金 0円
月額基本料金 3,718円
キャッシュバック 13,500円
契約解除料
(解約月以外での解約)
初月~12ヶ月:9,900円
13~24ヶ月:5,500円

縛りなしWiFi

4つ目のおすすめは「縛りなしWiFi」で、特徴は下記のとおりです。

  • 4つのプランからデータ容量を選べる
  • いつ解約しても違約金なし
  • 1年、3年の縛りプランもあり

縛りなしWiFiは契約期間なしで使えるポケットWiFiで「ポケットWiFiを少しの期間だけ試したい」、「短期間だけで使えるポケットWiFiを探している」、「光回線の工事が完了するまでの間だけ使いたい」といった方におすすめのポケットWiFiです。

1年、3年の縛りプランもあり、月額料金は縛りなしプランより安めですが、契約期間中の解約では違約金がかかる点には注意しましょう。

一時的な利用を検討している方におすすめのポケットWiFiです。

項目 内容
契約期間 なし
初期費用(事務手数料) 3,300円
端末代金
※端末レンタル
月額基本料金
(縛りなしプラン)
40GB/月 3,366円
50GB/月 3,575円
60GB/月 3,630円
100GB/月 4,730円
キャッシュバック 13,500円
契約解除料
(解約月以外での解約)
なし

お手軽にWiFiが使いたいならポケットWiFiがおすすめ!

ポケットWiFiの使い方を再度紹介すると下記のとおりです。

  1. ポケットWiFiに申し込む
  2. ポケットWiFiのルーターとSIMカードが届く
  3. ポケットWiFiのルーターにSIMカードを挿し込む
  4. ポケットWiFiのルーターの電源をONにする
  5. WiFiに接続したいデバイスの通信設定を開く
  6. ポケットWiFiのSSIDを選ぶ
  7. ポケットWiFiのパスワードを入力
  8. 接続完了

使い方自体は難しくなく、簡単に利用できるため初心者の方でも心配する必要はありません。

ポケットWiFiの大きなメリットは「持ち運びできる」という点と「工事不要ですぐに使える」という2点です。

外出先でWi-Fiを使いたい方や、光回線の工事待ちの方、光回線の工事ができない家に住んでいる方などにおすすめです。