Trip WiFiの特徴は?口コミや評判・メリットなども解説!

Trip WiFiの特徴や口コミ・評判が知りたいですよね。

Trip WiFiは、2020年8月から登場した国内外で利用できるクラウド型のWiFiサービスの1つです。IpT事業やインターネット事業、トラベル事業などを展開しているギミット株式会社が運営しているため、安心して滞在先のインターネット環境が確保できます。

また、基本料金が無料で世界中どこでも使えることもあり、WiFiサービス業界のなかでも注目を浴びています。

今回は、Trip WiFiの特徴をテーマに詳しく解説しています。さらに、特徴やメリット・デメリットなども紹介していますので、ぜひ選ぶ際の参考にしてください。

Trip WiFiの特徴とは?口コミや評判も紹介!

Trip WiFiの特徴とは?口コミや評判も紹介!

Trip WiFiは、国内だけでなく海外でも利用することができるWiFiサービスです。海外滞在者向けにレンタルWiFiなどのサービスも存在しますが、Trip WiFiなら「どこでも」「使いたいときに」「使いたい分だけ」利用することができます。

また、au・docomo・Softbankなどの大手キャリアの回線を使ってインターネット環境を構築し、エリアによって回線を最適化してくれるため安定していることも魅力的ですよね。

ここでは、そんなTrip WiFiの特徴をまとめました。

  • 国内外どこでも使えるWiFiサービス
  • 手続き不要

また、Trip WiFiに関する口コミや評判も紹介していますので、じっくりとご覧ください。

参照URL
https://tripwifi.jp/
https://twitter.com/search?q=Trip%20WiFi&src=typed_query

国内外で使えるクラウドWiFiサービス

Trip WiFiの特徴の1つに、エリアを気にせずWiFiが使えるということが挙げられます。基本的に、Trip WiFiも他大手キャリアが販売しているモバイルWiFi端末と用途はほとんど変わりません。しかし、大きな違いは海外でも使えるということです。

例えば、営業の仕事で中国に滞在することになった場合、Trip WiFiさえあれば、海外でもインターネット環境が整うということです。

しかも、インターネット事業やトラベル事業を展開しているギミック株式会社が運営しているWiFiサービスですので、常に安定したインターネット接続を実現していることは大きな魅力ですよね。

さらに、使いたいときに使いたいだけアプリでチャージするだけですので、国内外問わず便利に活用することができます。

使用する際の手続きが不要

Trip WiFiは、購入すればその時点で個人の所有物として使い続けることができます。そのため、事務的な手続きは、購入時のみ。それ以降の手続きは基本的には不要です。

ただし、Trip WiFiを使い続けるためにはデータ通信料をチャージしなければなりません。購入時の手続きでダウンロードしたアプリを活用して、手順に沿って使いたい分だけ購入するだけですのでお得ですよね。月額料金制ではなく、課金制というのも大きな特徴です。

ちなみに、WiFiのレンタルを提供している企業からサービスを受ける場合、次のような手順で手続きしなければなりません。

  1. レンタルWiFiを取り扱っている企業に問い合わせる
  2. WiFi端末をレンタルするための事務手続きを行う
  3. 端末が届くまで数日間待つ
  4. WiFiが届いたら、所有しているモバイル端末と接続設定を行う
  5. 使用したデータ通信料を支払う

レンタルWiFiを取り扱っている企業のサービス内容にもよりますが、おおよそ上記のような手順で進めていく必要があります。しかも、レンタル時に毎回同じような流れで手続きしていきます。これは面倒ですよね。

Trip WiFiなら、レンタルWiFiのように複雑な手続きは不要ですので、購入後は手軽に扱えるのは魅力的ですね。具体的な、Trip WiFiを利用するまでの手順については後述します。

Trip WiFiの口コミ・評判まとめ

現代社会では、インターネット環境の年間契約や一定期間の使用を強制されるサブスク化の傾向がみられますよね。しかし、Trip WiFiは「使いたいときに」「使いたい分だけ」をテーマに、利用者へインターネット環境を届けています。

そんなTrip WiFiですが、株式会社ギミットを運営元とし、2020年8月に正式リリースされた比較的新しいWiFiサービスです。そのため、口コミや評判はほとんど寄せられていないのが現状。しかし、そのような現状のなか、寄せられた口コミや評判のなかからいくつかピックアップして紹介していきます。

ここで紹介する口コミ・評判はこちら。

  • 「空港でレンタルWiFi端末を受け渡しするのが面倒」
  • 「月額料金がかからないのでお得」
  • 「海外での滞在先でエリアが変わって損をした」

良い口コミ・悪い口コミを紹介していきますが、内容には個人差があります。あくまでも参考程度に留めてください。

それでは、詳しくみていきましょう。

参考URL
https://www.risingsun-hotel.com/#toc5

空港でWiFi端末をレンタルしなくて済む

口コミ

20代・女性
海外へ出張する機会が頻繁にあり、空港でWiFiをレンタルすることも多々あります。レンタルWiFiの空港での受け渡しが面倒で、いつも苦痛に感じていました。Trip WiFiを購入してからは、そのような面倒な手続きをしなくてもよいので、快適に出張できています。

この口コミを投稿した方と同じように、レンタルWiFiを空港で受け渡しする方もいることでしょう。しかし、毎回同じ手続きを行うことに面倒さを感じていますよね。

また、いざレンタルしたいと思っていても、在庫がなかったり時間的な都合でレンタルが難しかったりする場面も珍しくありません。あらかじめTrip WiFiを購入しておけば、わざわざWiFiをレンタルするという手間を省けますので、時間的にも余裕が持てますよね。

月額料金がかからないためお得に感じる

口コミ

30代・男性)
WiFiサービスといえば月額料金がかかるイメージですが、Trip WiFiは月額料金制ではなく課金制ですので、お得に感じます。

一般的に、大手キャリアが提供しているWiFiサービスは、月額料金や一定期間の使用が義務付けられていますよね。Trip WiFiなら、初期費用の19,580円(税込み)だけで、維持費にかかる月額費用はかかりません。

使いたい分のデータ使用料をアプリで事前購入するだけですので、お得に感じる方もいるようです。

滞在しているエリアが変わって損をした

口コミ

40代・男性
Trip WiFiを購入して海外のエリアプランに申し込みました。海外での滞在期間がそれぞれの国で短く、データ使用料をすべて使い切らないうちに別エリアの海外に滞在することに。もったいないと感じました。

Trip WiFiは、国内だけでなく海外でも便利に利用できるWiFiサービスです。しかし、海外エリアプランは国ごとに分類されており、エリアが異なる国でTrip WiFiを利用したい場合は、使いたい分のデータ使用料を別途アプリでチャージしなければなりません。

海外プランのエリア変更で、損をしたと感じる利用者もいるようですね。

Trip WiFiのメリット・デメリットを紹介!

Trip WiFiのメリット・デメリットを紹介!

Trip WiFiは、これまでの大手キャリアが打ち出す最安値の月額料金や月額固定額という概念ではなく、使う分のデータ使用料をチャージするという新しいスタイルのWiFiサービスです。

そんなTrip WiFiにもメリットやデメリットも存在しますが、具体的にどのような点でメリット・デメリットを感じるのか知りたいですよね。ここでは、Trip WiFiのメリットとデメリットについて、詳しく解説していきます。

今回紹介するTrip WiFiのメリット・デメリットはこちら。

  • 基本料金が無料
  • 世界中どこでも使える
  • 最大7GBまで対応

また、Trip WiFiは従来のレンタルWiFiや大手キャリアが運営しているWiFiサービスとも違い、WiFi端末を購入する必要があります。

それでは、詳しくみていきましょう。

参照URL
https://tripwifi.jp/

お得過ぎる!基本料金が無料のWiFiサービス

前述した口コミ・評判でも紹介していますが、Trip WiFiのメリットは基本料金が無料だということです。基本料金とはいっても月額料金という意味ではなく、Trip WiFiの場合、使いたい分のデータ使用料をあらかじめチャージする必要があるということです。つまり、使う必要がないときはチャージする必要もなく、基本料金もかかりません。

例えば、本店から県外の支店に出張する際、滞在先でインターネット環境を確保するために大手キャリアのWiFiサービスに申し込んだとします。その後、1ヶ月が経過して本店に帰社して数ヶ月が経過した場合、その期間のWiFiの基本料金は無駄になってしまうことは言うまでもありません。

Trip WiFiなら、このような無駄な基本料金がかかりませんので、お得に活用することができます。ただし、Trip WiFiの基本料金は0円ですが、端末の購入費用として19,580円(税込)がかかるのと、使うデータ使用料をあらかじめチャージするための費用はかかります。

とはいえ、このように月額の固定費がかからないこと、解約時の違約金も発生しないことは大きなメリットですね。

海外に対応!世界中で使えるWiFi端末

Trip WiFiはマルチキャリアに対応していますので、海外滞在時でも自動的にその国のWiFi電波をキャッチしてくれます。そのため、世界中で安定したインターネット環境を確保することができます。

ただし、地球に存在するすべての国に対応しているということではありません。Trip WiFiが対応している国についての詳細は後述しますので、そちらをご覧ください。

Trip WiFiを1台持っておくだけで、国内外問わずどこでもインターネット環境を確保できることは魅力的ですよね。ちなみに、海外でも同じエリアであれば、追加料金が発生することもなく、同額の料金設定でチャージすることができます。これは、他のWiFiサービスにはない特徴ですので、Trip WiFiの大きなメリットといえるでしょう。

デメリットはこれだけ!最大7GBまでしか対応していない

Trip WiFiの料金プランは、最大7GBまでしか対応していません。そのため、8GB以上のプランをまとめて購入することができません。しかも、7GB制限があるのは国内プランのみで、海外プランでは1GBごとの買い切りという料金設定です。

また、1回チャージするごとに30日間の有効期限が付与されますが、その期間を過ぎてしまうと失効してしまいます。さらに、アジアやヨーロッパなどの世界各地でチャージ料金が異なるため、支払いの際には十分注意しなければなりません。

これでは、せっかくTrip WiFiを購入しても意味がないと感じている方もいますよね。しかし、海外の滞在先でインターネット環境を確保するためには、滞在先でWiFiサービスを新規契約するか、あらかじめ国内のレンタルWiFiを利用するしかありません。それだと、どうしても基本料金や違約金の発生などで、結果的に支払う料金が高くついてしまいます。

その点、Trip WiFiなら7GBという制限はあるものの、データ使用量の範囲で留めておけば、便利に活用できるでしょう。ちなみに、国内プランと海外プランの詳細については、後述しますので、そちらをご覧ください。

Trip WiFiを利用するときの手順は?3ステップで解説!

Trip WiFiを利用するときの手順は?3ステップで解説!

Trip WiFiを利用するためには、初回で手続きしなければならない項目がいくつかあります。なかには、手続きが面倒だと感じる方もいることでしょう。しかし、Trip WiFiも他のWiFiサービスも同じような手続きを行わなければ、そもそも利用することはできません。

ここでは、Trip WiFiを利用するときの手順を紹介していきます。3ステップで誰でも簡単にお申込みできますので、ぜひ参考にしてください。

まずは、Trip WiFiを利用するときの手順を紹介します。

  1. Trip WiFiの端末を購入する
  2. スマホとTrip WiFi端末を連動させる
  3. 料金プランを選んでチャージする

それでは、詳しくみていきましょう。

参照URL
https://tripwifi.jp/

手順1 Trip WiFi端末を購入

Trip WiFiの端末は、公式ホームページから購入することができます。具体的な手順は、次のとおりです。

  1. 公式ホームページを開く。
  2. 赤色のボタン「WiFi端末の購入はこちら」を選ぶ。
  3. 購入フォームで「氏名」「住所」「電話番号」「支払い方法」などの基本情報を入力。
  4. 同意して送信する。

このように、公式ホームページから簡単に購入することができます。なお、端末購入の費用として19,580円(税込)がかかりますので、留意しておきましょう。また、支払い方法は、基本的にクレジットカードですのでご注意ください。

手順2 スマホとTrip WiFi端末を連動させる

Trip WiFiのお申し込みが完了して端末代を支払った後、約1週間で指定の住所に届きます。無事にWiFi端末が届いたら、本体に付属しているQRコードからスマホに専用アプリをインストールしましょう。また、こちらからもインストールできます。

ちなみに、スマホにTrip WiFiの専用アプリをインストールする際は、インターネット環境が必要ですので注意してください。

手順3 料金プランを選んでチャージ

Trip WiFiの料金プランは、基本的に使い切りのシステムです。日本国内ならどこでも利用できる「国内プラン」と海外で利用できる「海外プラン」の2つの料金プランが設定されています。

国内プランであれば「1GBプラン」「3GBプラン」「7GBプラン」の3つから選べ、海外プランであれば国ごとにプランを選ぶことができるため用途に応じて購入できますね。ただし、海外プランはエリアごとに料金設定が異なりますので注意しましょう。具体的な料金プランについては次章で解説しますので、そちらをご覧ください。

Trip WiFiはスマホと連動させた後、プランを選んでアプリでデータ使用料金をクレジット決済するだけです。たったこれだけで、簡単にすぐ利用できます。

Trip WiFiの利用料金は?国内・海外別にプラン解説!

Trip WiFiの利用料金は?国内・海外別にプラン解説!

Trip WiFiの特徴やメリット・デメリットについては十分ご理解いただけたことでしょう。前述のなかでも度々登場するTrip WiFiの料金設定ですが、国内プランと海外プランで金額に差があります。ここでは、Trip WiFiの利用料金について、国内プラン・海外プランを具体的に解説していきます。その前に、概要を説明しますので、こちらをご覧ください。

  • 国内プランの料金:1GB、3GB、7GBの3種類
  • 海外プランの料金:アジア、ヨーロッパ、アメリカ・中南米、オセアニア、アフリカの5つのエリア

Trip WiFiでは、上記の料金プランが設定されていますが、どのプランも利用するためにかかる料金が異なります

それでは、詳しくみていきましょう。

参照URL
https://tripwifi.jp/

国内プランの料金

Trip WiFiは基本的に使い切りの料金プランですので、「使いたいとき」「使いたい分だけ」事前にチャージするだけで、自分だけのインターネット環境が確保できます。しかも、専用アプリを通じてクレジット決済するだけ。とても簡単にインターネット環境が確保できますので、ビジネスシーンでも大人気です。

ところで、Trip WiFiの国内プランは、次の3つに分類されます。

  • 1GB:500円(30日間)
  • 3GB:980円(30日間)
  • 7GB:1,980円(30日間)

もう少し、詳しく掘り下げてみていきましょう。

例えば、東京に本社がある企業の社員が、九州の福岡支店に出張する際にTrip WiFiを活用するケースです。この場合、国内ですので上記の3つの料金プランから、用途に応じた内容を選びますよね。しかし、福岡支店での滞在が長引いたことから、事前購入した7GBを使い切りそうになったとします。この場合、スマホから専用アプリで追加購入するだけで、継続して利用することができます。

上記の例のように、ビジネスシーンでインターネット環境を確保する場合、あらかじめどのくらいのデータ通信料を使用するのか把握しやすいですよね。Trip WiFiでは、追加購入したい場合も用途に応じて選ぶことができるため、無駄なデータ通信量を減らすことができます。

ただし、国内プランで購入後、30日間の有効期限がありますので注意してください。

海外プランの料金

Trip WiFiの海外プランも国内プラン同様、クレジットカードでの支払いが原則です。しかし、国内プランとは違い、海外プランではエリアごとに料金設定が異なりますので、よく確認してクレジット決済する必要があります。Trip WiFiの海外プラン(5つのエリア)の概要はこちら。

  • アジア:500円プラン・700円プラン・1000円プラン・1,400円プラン(1GB7日間)
  • ヨーロッパ:1,000円プラン・1,300円プラン・1,700円プラン(1GB7日間)
  • アメリカ・中南米:1,000円プラン・1,200円プラン・1,900円プラン・2,500円プラン(1GB7日間)
  • オセアニア:1,100円プラン(1GB7日間)
  • アフリカ:1,000円プラン・1,200円プラン・2,500円プラン(1GB7日間)

このように、Trip WiFiには世界中のさまざまな国で利用できる料金プランが設定されています。しかし、国内プラントは違い、1GBごとの買い切りで有効期限も7日間と短めに設定されていますので注意しましょう。

ここからは、海外プランの5エリアについて、さらに詳しく解説していきます。

「アジア」エリアの料金設定

アジアの料金プラン(1GB7日間)で該当する国は次のとおり。

中国・韓国・香港・台湾・インドネシア・ベトナム・マレーシア・シンガポール・マカオ・タイ・フィリピン・カンボジア・ラオス・ミャンマー・パキスタン・スリランカ・カザフスタン・イスラエル・バーレーン・サウジアラビア・インド・アラブ首長国連邦・カタール・ヨルダン・バングラディッシュ・モンゴル・ネパール

以上の27ヵ国です。それぞれの国の料金設定の詳細については、下表をご覧ください。

料金プラン サービスを提供している国
500円プラン 中国・韓国・香港・台湾・インドネシア・ベトナム・マレーシア
700円プラン シンガポール・マカオ・タイ・フィリピン・カンボジア・ラオス
1,000円プラン ミャンマー・パキスタン・スリランカ・カザフスタン・イスラエル・バーレーン・サウジアラビア
1,400円プラン インド・アラブ首長国連邦・カタール・ヨルダン・バングラディッシュ・モンゴル・ネパール

「ヨーロッパ」の料金設定

ヨーロッパの料金プラン(1GB7日間)で該当する国は次のとおり。

フランス・スペイン・オランダ・ベルギー・オーストリア・ロシア・ハンガリー・デンマーク・スウェーデン・アイルランド・トルコ・リトアニア・ラトビア・キプロス・スロベニア・バチカン・ポルトガル・アランド(オラン諸島)・イタリア・イギリス・ドイツ・スイス・チェコ・ギリシャ・ポーランド・フィンランド・クロアチア・アイスランド・ルーマニア・エストニア・ブルガリア・スロバキア・ウクライナ・モナコ・サンマリノ・ノルウェー・セルビア・ルクセンブルク・リヒテンシュタイン・マルタ・アルバニア

以上の41ヵ国です。それぞれの国の料金設定の詳細については、下表をご覧ください。

料金プラン サービスを提供している国
1,000円プラン フランス・スペイン・オランダ・ベルギー・オーストリア・ロシア・ハンガリー・デンマーク・スウェーデン・アイルランド・トルコ・リトアニア・ラトビア・キプロス・スロベニア・バチカン・ポルトガル・アランド(オラン諸島)・イタリア・イギリス・ドイツ・スイス・チェコ・ギリシャ・ポーランド・フィンランド・クロアチア・アイスランド・ルーマニア・エストニア・ブルガリア・スロバキア・ウクライナ・モナコ・サンマリノ
1,300円プラン ノルウェー・セルビア・ルクセンブルク・リヒテンシュタイン
1,700円プラン マルタ・アルバニア

「アメリカ・中南米」の料金設定

アメリカ・中南米の料金プラン(1GB7日間)で該当する国は次のとおり。

アメリカ・ハワイ・グアム・サイパン・パナマ・プエルトリコ・カナダ・メキシコ・コロンビア・ベネズエラ・ウルグアイ・ブラジル・アルゼンチン・ペルー・チリ・コスタリカ・ボリビア・エクアドル・ドミニカ共和国・グアテマラ・ニカラグラ・エルサルバドル

以上の22ヵ国です。それぞれの国の料金設定の詳細については、下表をご覧ください。

料金プラン サービスを提供している国
1,000円プラン アメリカ・ハワイ・グアム・サイパン・パナマ・プエルトリコ
1,200円プラン カナダ・メキシコ・コロンビア・ベネズエラ・ウルグアイ・ブラジル・アルゼンチン
1,900円プラン ペルー・チリ・コスタリカ・ボリビア・エクアドル
2,500円プラン ドミニカ共和国・グアテマラ・ニカラグア・エルサルバドル

「オセアニア」の料金設定

オセアニアの料金プラン(1GB7日間)で該当する国は、オーストラリア・ニュージーランド・フィジーの3ヵ国です。それぞれの国の料金設定の詳細については、下表をご覧ください。

料金プラン サービスを提供している国
1,100円プラン オーストラリア・ニュージーランド・フィジー

「アフリカ」の料金設定

アフリカの料金プラン(1GB7日間)で該当する国は次のとおり。

エジプト・ケニア・モロッコ・西サハラ・南アフリカ・ガーナ・アルジェリア・ザンビア・モーリシャス・ナイジェリア・チュニジア・タンザニア・アンゴラ

以上の13ヵ国です。それぞれの国の料金設定の詳細については、下表をご覧ください。

料金プラン サービスを提供している国
1,000円プラン エジプト・ケニア・モロッコ・西サハラ
1,200円プラン 南アフリカ・ガーナ・アルジェリア・ザンビア
2,500円プラン モーリシャス・ナイジェリア・チュニジア・タンザニア・アンゴラ

Trip WiFi端末のおすすめの購入方法は?

Trip WiFi端末のおすすめの購入方法は?

Trip WiFiの端末を購入したい場合、次の2つの手段があります。

  • 大手通販サイトから購入する
  • Trip WiFi公式ホームページから購入する

Trip WiFiのサービス提供は2020年8月から始まったこともあり、大手通販サイトに出品されているWiFi端末はほんの一部です。また、将来的にみても、公式ホームページで最新情報が更新されていきますので、最新スペックの端末を求めている場合は公式ホームページから購入することをおすすめします。

しかし、価格面でいえば大手通販サイトの方が安い場合もありますよね。利用する場面、購入費用など総合的にみて判断してください。

それでは、大手通販サイトから購入する場合と公式ホームページから購入する場合について、詳しくみていきましょう。

参照URL
https://tripwifi.jp/

大手通販サイトからTrip WiFi端末を購入する場合

Trip WiFiの端末は、次の大手通販サイトでも購入することができます。

これらの大手通販サイトで販売しているTrip WiFiは、公式と比較しても安価で販売されている傾向がみられます。しかし、通販サイト独自の返金保証はあっても、故障時などのトラブルには対応していません。そのため、「使い方のサポートを受けたい」「故障時の返品保証が付属していないと不安」という方は、公式ホームページから購入することをおすすめします。

Trip WiFi公式ホームページから端末を購入する場合

Trip WiFiを公式ホームページで購入する場合は、基本的に定価での購入費用がかかります。しかし、故障した際のトラブル対応や使い方の問い合わせなど、困ったときの対応については十分なサポートを受けられます

また、修理保証や紛失時のアカウント停止などにサポートが受けられるのは利用者にとっても安心ですよね。さらに、公式ホームページでは、Trip WiFiの最新機種の取扱いや情報が発信されています。そのため、Trip WiFiを購入するなら、やはり大手通販サイトよりも公式ホームページがおすすめだといえるでしょう。

ちなみに、支払い方法はクレジット決済のみ取り扱っています。対応しているクレジットカードはこちらです。

  • VISA
  • JCB
  • Mastercard
  • DinersClub
  • AmericanExpress

そして、公式ホームページはこちら。

()

Trip WiFiのまとめ

Trip WiFiのまとめ

国内外問わず、安定したインターネット環境を確保できることは、ビジネスシーンでも大きく活躍することでしょう。Trip WiFiは基本料金が無料のWiFiサービスですので、月額料金もかからずお得に使えます。

しかも、購入してスマホと連動させたら、あとは使いたい分をチャージするだけ!

大手キャリアの販売するWiFi端末と比べても、手続きが簡単で手間がかかりません。とにかく安くでTrip WiFiを購入したいなら大手通販サイトでも販売していますが、やはりおすすめは最新機種が揃っている公式サイトです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。本記事が今後、Trip WiFiの導入を検討されている方の参考になれば幸いです。