WiFiルーターの寿命はどれくらい?寿命を迎えたときの症状や目安を解説!

「WiFiルーターに接続しているけど通信の切断が増えてきた」「WiFiルーターの調子が悪くなってきた気がする」このようなお悩みをお持ちの人は多いのではないでしょうか。

WiFiルーターはパソコン周りやインターネットに詳しくない人だと買い換える機会が少ないかもしれません。

ですが、WiFiルーターには寿命があり、定期的に買い換えないと通信速度が遅くなったりセキュリティ面で不安が出てきます。

この記事ではWiFiルーターの寿命やWiFiルーターを買い換えるタイミングを紹介していきます。

現在使っているWiFiルーターが不調な人や、WiFiルーターを買い換えるか迷っている人は参考にしてください。

WiFiルーターの寿命

まずはWiFiルーターの寿命から説明していきます。

  • WiFiルーターの本体寿命
  • WiFiルーターの規格寿命
  • WiFiルーターのセキュリティ寿命

WiFiルーターには、主に上記3つの寿命があります。上記の寿命について知っていくことで、自分の使っているWiFiルーターは寿命なのか判断できるため見ていきましょう。

WiFiルーターの本体寿命

WiFiルーターの機種本体の寿命は4~5年程度だと言われています。ですが、WiFiルーターは頑丈に作られていることもあり、10年程度使い続けられることも多いです。

長く使えるからこそ、WiFiルーターの寿命に気が付かないケースもありますが、実際には徐々に性能などは劣化しています。

本体寿命と言われる4~5年が経過すると、徐々に通信速度が遅くなる、通信が切断されるなどの症状が出やすくなるため覚えておきましょう。

WiFiルーターの規格寿命

WiFiルーターには「規格」と言われるものがあります。WiFiルーターの性能は規格で表されていて、新しい規格ほど通信速度が速くなっています。

そのため、新しい規格のWiFiルーターが出たら規格寿命だと判断して良いです。

無線 有線
規格 IEEE 802.11ax:9.6Gbps
IEEE 802.11ac:6.9Gbps
IEEE 802.11n:600Mbps
IEEE 802.11g:54Mbps
IEEE 802.11b:11Mbps
IEEE 802.11a:54Mbps
10GBASE-TX:10Gbps
1000BASE-T:1Gbps
100BASE-TX:100Mbps
10BASE-T:10Mbps

2021年6月現在のWiFiルーター規格をまとめた表が上記になります。表の上にあるほど新しい規格のため、最大通信速度が速くなっていますよね。

2021年6月現在の最新の無線規格は「IEEE 802.11ax」ですが、さらに新しい規格が出た場合、規格寿命を迎えたといえます。

新しい規格が出るタイミングは不定期ですが、2~6年程度が目安となります。特に性能にこだわりがない場合は、新しい規格が出てもすぐに乗り換える必要はありません。

ですが、オンラインゲームなど通信速度が必要な趣味を持っている場合は、規格寿命に注意しましょう。

WiFiルーターのセキュリティ寿命

WiFiルーターは、インターネットに接続するために必要な機器ですが、電波を通じて通信する際のセキュリティ対策も行っています。

セキュリティ対策は2~5年程度で新しい規格が登場するため、安全にインターネットに接続したい人は新しい規格が登場した段階で乗り換えたほうが良いでしょう。

暗号化方式 認証方式
AES WPA3 Personal
WPA2 Personal
WPA Personal
TKIP WPA2 Personal
WPA Personal
WEP WEP(128bit)
WEP(64bit)

WiFiルーターのセキュリティ規格は上記のとおりです。セキュリティ規格として優れているものは、表の上部にあるWPA3 Personal(AES)やWPA2 Personal(AES)です。

WPA2 Personal(TKIP)やWEPは安全性が低いと言われているため、これらのセキュリティ規格を利用している場合は寿命だと考えましょう。

WiFiルーターが寿命のときの症状

ここからは、WiFiルーターが寿命のときの症状を説明していきます。

  • 通信速度の低下
  • WiFi接続が途切れる

WiFiルーターが寿命を迎えている場合、上記の症状が見られます。それぞれの確認方法や、判断方法を紹介していくので見ていきましょう。

通信速度の低下

インターネットに接続していて、急に動画の読み込みが遅くなったり、Webサイトの表示が遅くなった場合はWiFiルーターが寿命を迎えた可能性があります。

ただし、通信速度の低下はWiFiルーターの寿命以外に様々な理由が考えられるため、WiFiルーターが原因だと特定しにくいです。そのため、以下の手順に沿って対処してみましょう

  1. IPv6接続を行っているか確認する(していない場合は行う)
  2. ONUとWiFiルーターを再起動する
  3. LANケーブルの規格を確認して古い場合は交換する
  4. WiFiルーターを交換する
  5. プロバイダを変更する
  6. 光回線を変更する

光回線の通信速度が遅い場合は、上記の手順で対処してみると余計な出費を抑えて通信速度が改善されます。

WiFiルーターが原因だと特定する前にIPv6接続の確認やLANケーブルの交換を行うことで、安い金額で改善される可能性がると覚えておきましょう。

また、WiFiルーターの交換まで行っても通信速度が改善されない場合、光回線やプロバイダの混雑が原因と考えるため乗り換えを検討してください。

WiFi接続が途切れる

インターネットへの接続が急に途切れるようになった場合や、頻繁に途切れる場合はWiFiルーターが寿命を迎えた可能性があります。

ただし、WiFiルーターの寿命以外に、周波数帯の影響やWiFiルーターへの接続台数などが原因になっている可能性も考えられます。

  • WiFiルーターの周波数帯(2.4Ghz/5Ghz)を切り替える
  • WiFiルーターに接続する端末数を減らす
  • WiFiルーターとの距離を近づけて接続する
  • 電子レンジ利用時など特定のタイミングに途切れているか確認する

WiFiルーターの寿命か判断するために、上記の方法を試してみてください。特にWiFiルーターと端末を無線(2.4Ghz)で接続している場合、電子レンジの利用時に通信が切断される可能性があります。

電子レンジ以外にも2.4Ghzの周波数帯を利用する機器がある場合は、切断の可能性があるため確認してみましょう。

寿命以外のWiFiルーターの買い替えタイミング

WiFiルーターが寿命を迎えた場合は、買い換えるべきタイミングですが、寿命以外にも買い換えるべきタイミングは複数あります。

  • 契約中のネット回線の最大通信速度が変わったとき
  • スマホやタブレットを買い替えたとき
  • WiFiルーターに接続する端末が増えたとき
  • 使うデータ容量が増えたとき
  • 引っ越しを行うとき
  • 新しい通信規格が出たとき

WiFiルーターを買い換えるタイミングは上記の6つです。それぞれの理由を詳しく解説していくので見ていきましょう。

契約中のネット回線の最大通信速度が変わったとき

WiFiルーターは、規格によって最大通信速度が異なります。そのため、光回線の最新プランの最大通信速度が、WiFiルーターの規格の最大通信速度を上回った場合はWiFiルーターを買い換えないといけません。

光回線のプラン 対応する無線規格 対応する有線規格
最大通信速度10Gbpsのプラン IEEE 802.11ax(9.6Gbps) 10GBASE-TX(10Gbps)
最大通信速度5Gbpsのプラン IEEE 802.11ax(9.6Gbps)
IEEE 802.11ac(6.9Gbps)
10GBASE-TX(10Gbps)
最大通信速度1Gbpsのプラン IEEE 802.11ax(9.6Gbps)
IEEE 802.11ac(6.9Gbps)
10GBASE-TX(10Gbps)
1000BASE-T(1Gbps)

上記は光回線の最大通信速度を活かしきれるWiFiルーターの無線規格と有線規格をまとめた表です。

ほとんどの光回線は最大通信速度1Gbpsプランですが、一部の光回線や一部のエリアでは最大通信速度5~10Gbpsのプランが選べることがあります。

最大通信速度5~10Gbpsのプランを選ぶ場合は、WiFiルーターも最新の規格でないと通信速度が活かしきれないため注意しましょう。

スマホやタブレットを買い替えたとき

新しいスマホやタブレットを購入した場合、最新の無線規格が採用されていることが多いです。スマホやタブレットなどの端末の規格が最新の場合、WiFiルーターも合わせて最新の規格のものに買い替えたほうが通信速度が速くなります。

例えば、スマホがIEEE 802.11axの無線規格に対応していたとしても、WiFiルーターの無線規格がIEEE 802.11acの場合は、スマホの無線規格が活かしきれません。

また、光回線の最大通信速度に合わせてスマホの無線規格を選んでいたとしても、WiFiルーターの無線規格が古い場合は活かしきれないため注意しましょう。

ただし、購入するスマホやタブレットによっては、持っているWiFiルーターと規格が一致している可能性があります。無線規格が一致している場合は、買い換える必要はないため確認してみましょう。

WiFiルーターに接続する端末が増えたとき

WiFiルーターは、推奨接続台数が決められています。推奨接続台数を超えて接続すると、通信が安定しなくなったり通信速度が低下する可能性があるため、WiFiルーターに接続する端末が増えてきたときも、WiFiルーターを買い換えるタイミングになります。

5~10年程度前は、WiFiルーターに接続する端末はパソコンやスマホしかありませんでした。

ですが、2021年現在はパソコンやスマホだけでなく、テレビやスマートスピーカー、IoTデバイスなど様々な端末をWiFiルーターに接続しています。

便利な家電を購入していると、いつの間にか推奨接続台数を超えていることもあるため、買い換えるべきなのか確認しておくと良いでしょう。

使うデータ容量が増えたとき

2021年に入り、自宅で過ごす時間が増えた人は多いでしょう。自宅で過ごす時間が増えて、高画質での動画視聴やオンラインゲームが趣味になった人もいるのではないでしょうか。

高画質での動画視聴やオンラインゲームを今まで行っていなかった人は、使うデータ容量が一気に増加しているためWiFiルーターを買い替えても良いでしょう。

今までインターネットを使う時間が少なかった人は、古いWiFiルーターを使っている可能性があるため、最新の規格ではない可能性が高いです。

古い規格のWiFiルーターだと、高画質動画の視聴やオンラインゲームを満足に楽しめなかったり、動画が止まったりゲームのラグに苦しむ可能性があります。

引っ越しを行うとき

WiFiルーターは、引っ越しを行うときも買い替えのタイミングとして最適です。

WiFiルーターの電波は距離や壁の位置などで届きやすさが変わってきます。そのため、今の部屋のより広い部屋に引っ越す場合は買い替えたほうが良いかもしれません。

ただし、使っているWiFiルーターが最新の場合や、広い範囲に届く場合は買い換えなくて問題ありません。

使っているWiFiルーターが古い場合や、狭い範囲にしか届かない場合は買い替えをおすすめします。

新しい通信規格が出たとき

WiFiルーターの新しい通信規格が出た場合、買い替えを検討しても良いでしょう。特にセキュリティ規格が新しくなった場合は、インターネットへ接続するリスクが減るため買い替えをおすすめします。

ただし、無線規格や有線規格の場合は状況が若干異なります。

2021年6月現在、無線規格は「IEEE 802.11ax」有線規格は「10GBASE-TX」が最新の規格です。無線規格は最大通信速度が9.6Gbpsのため、10Gbps以上のものが出た場合は買い替えても良いかもしれませんが、ほぼ10Gbps出ているため買い換えなくても良いでしょう。

また、2021年6月現在、光回線の最大通信速度はNURO光の20Gbpsプランです。ですが、このプランは選べるエリアが非常に限られていますし、20Gbpsが必要な状況もありません。

つまり、2~3年程度の間に新しい規格が出たとしても、20Gbps以上の光回線プランが一般的にならない限りは買い換えなくても大丈夫です。

買い替えるWiFiルーターを選ぶポイント

WiFiルーターを買い換えるタイミングが分かった後は、買い換えるWiFiルーターの選び方を知っていきましょう。

  • 部屋の間取りに合わせて選ぶ
  • 接続可能台数を確認する
  • 通信規格を確認する
  • メッシュWiFi機能を確認する
  • 機能面が優れているか確認する

WiFiルーターを新しく購入するときは、上記5つのポイントを抑えることで失敗しにくくなります。それぞれのポイントを詳しく解説していくのでご覧ください。

部屋の間取りに合わせて選ぶ

WiFiルーターとデバイスを無線で接続する場合は、部屋の間取りに合わせてWiFiルーターを選ぶと通信が安定しやすくなります。

また、WiFiルーターの外部にアンテナが装着されている場合、デバイスを使う方向にアンテナを向けることで、電波強度が安定します。

一人暮らしの場合などは特に気にする必要はありませんが、部屋の数が多かったり2階建ての家の場合などは注意しましょう。

接続可能台数を確認する

WiFiルーターの推奨接続台数は、製品によって大きく変わります。比較的新しいWiFiルーターは、30台以上接続可能になっていることも多いですが、古いWiFiルーターだと10~20代しか接続できないこともあります。

WiFiルーターの推奨接続台数を超える端末を接続する場合、通信速度の低下や通信の安定性の低下などが考えられます。そのため、使う端末数より推奨接続可能台数が多いWiFiルーターを選びましょう。

通信規格を確認する

この記事でWiFiルーターの規格について繰り返し説明してきましたが、新しくWiFiルーターを購入する場合は必ず規格を確認してください。

WiFiルーターのことをよく分かっていない場合、安いWiFiルーターを選んでしまうこともありますが、WiFiルーターは少し高くても最新の規格を採用したものを選んだほうが安全です。

安いWiFiルーターを購入してしまうと古い規格を採用していることが多く、光回線の通信速度を活かしきれない可能性があるだけでなく、セキュリティ面でも不安が残ります。

2021年6月時点の最新規格
無線規格 IEEE 802.11ax
有線規格 10GBASE-TX
セキュリティ規格 WPA3 Personal

2021年6月現在の最新規格をまとめた表は上記のとおりです。上記すべてに対応したWiFiルーターであれば、数年間安心して使える可能性が高いためおすすめです。

ただし、使っている光回線の最大通信速度が10Gbpsではなく、1Gbpsの場合は上記の無線規格と有線規格より若干劣る規格を選んでも問題ありません。

ですが、今後10Gbpsプランを契約したい人や、契約する予定がある人は上記の規格を選んでおきましょう。

メッシュWiFi機能を確認する

2021年6月現在、メッシュWiFiという言葉も以前より知られるようになりました。メッシュWiFiは、今までは企業や軍地基地などで使用されていましたが、2021年現在は一般家庭でも使用可能になっています。

従来のWiFiルーターは、ひとつの場所から電波を送信していたため、受信する端末の位置によっては通信速度が遅くなったり通信が安定しないことがありました。

ですが、メッシュWiFiはONUと接続するメインルーターの他に、サテライトルーターを設置することで、電波が届かない場所を減らしています。

サテライトルーターはメインルーターと同じ働きをするため、1階のリビングにメインルーターを置いていても、2階にサテライトルーターが置いてあれば、電波が弱くなることなくインターネットに接続できます。

ちなみに、メッシュWiFiに似た仕組みに中継機がありますが、中継機はメインルーターと同じ働きをするわけではありません。電波が届く範囲を広げる働きは同じですが、接続の安定性などはメッシュWiFiに劣ります。

機能面が優れているか確認する

2021年現在、WiFiルーターには様々な機能があります。多機能なWiFiルーターほど価格は高くなりますが、その分安定した通信が見込めるため、電波がつながりにくいと感じている人は機能面も確認してみましょう。

機能 特徴
ビームフォーミング WiFiに接続している端末の場所や距離を検知して、見合った電波強度を発信する
MU-MIMO 複数の端末をつなげたときに、複数の端末に同時に電波を発信するため通信速度の低下を防ぐ
バンドステアリング 1番快適に利用できる周波数帯を自動的に選んで接続してくれる
IPv6 IPv6接続を可能にする

WiFiルーターを新しく購入する場合は、上記の機能が搭載されているか確認してみましょう。

一人暮らしの場合や自室でしか使わないWiFiルーターであれば問題ありませんが、リビングに設置して複数人で接続する場合などは、上記の機能がある方が安定します。

また、表の1番下にあるIPv6は、光回線の通信速度を速くするために必須に近い機能のため、対応しているWiFiルーターを選びましょう。

【2021年6月】寿命が切れたときにおすすめのWiFiルーター

ここからは、WiFiルーターの寿命が切れて、新しく購入しようと考えている人におすすめのWiFiルーターをおすすめします。

  • BUFFALO AirStation WSR-5400AX6S-MB
  • NEC Aterm WX3600HP PA-WX3600HP

この記事で紹介するWiFiルーターは、上記の2つです。それぞれのスペックや特徴を紹介していくので見ていきましょう。

BUFFALO AirStation WSR-5400AX6S-MB

BUFFALO AirStation WSR-5400AX6S-MBは、無線の最新規格「IEEE802.11ax」に対応したWiFiルーターになります。無線規格が最新なだけでなく、複数の便利機能が搭載されていることもおすすめする理由です。

BUFFALO AirStation WSR-5400AX6S-MB スペック
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
周波数 2.4/5GHz
アンテナ数 5GHz:4本/2.4GHz:2本
ストリーム数 5GHz:4ストリーム/2.4GHz:2ストリーム
セキュリティ規格 WPA
WPA2
WPA3
WEP
有線LAN(HUB)速度 10/100/1000Mbps
有線LAN(HUB)ポート数 4
その他機能 IPv6
ビームフォーミング
MU-MIMO
MIMO
中継機能
バンドステアリング
DFS
メッシュWiFi
VPNパススルー
ゲストポート
引越し機能

BUFFALO AirStation WSR-5400AX6S-MBのスペック表は上記のとおりです。

BUFFALO AirStation WSR-5400AX6S-MBは2021年6月に発売された最新のWiFiルーターなので、安全に快適に使えるWiFiルーターが欲しい人におすすめします。

NEC Aterm WX3600HP PA-WX3600HP

NEC Aterm WX3600HP PA-WX3600HPは、先ほどのWiFiルーターと同じく最新の「IEEE802.11ax」に対応しています。

NEC Aterm WX3600HP PA-WX3600HP スペック
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
周波数 2.4/5GHz
アンテナ数 4×4(5GHz帯)/4×4(2.4GHz帯)
ストリーム数 4ストリーム(5GHz帯)/4ストリーム(2.4GHz帯)
セキュリティ規格 WPA
WPA2
WPA3
有線LAN(HUB)速度 100/1000Mbps
有線LAN(HUB)ポート数 4
その他機能 IPv6
ビームフォーミング
MU-MIMO
中継機能
バンドステアリング
VPNパススルー
ゲストポート
引越し機能

Aterm WX3600HP PA-WX3600HPのスペック表は上記になります。

また、Aterm WX3600HP PA-WX3600HPは2021年5月に発売されたWiFiルーターなので、長期間使える可能性も高いです。

BUFFALO AirStation WSR-5400AX6S-MBとスペックも似ているため、好みのメーカーで選んでも良いでしょう。

WiFiルーターの寿命が切れたときは回線の乗り換えもおすすめ

WiFiルーターの寿命が切れた場合は、基本的にはWiFiルーターを買い換える必要があります。ですが、WiFiルーターを買い換えるときに、最大通信速度が速い光回線に乗り換える場合は、WiFiルーターのレンタルを検討もおすすめです。

光回線でWiFiルーターをレンタルすると、月額料金が発生すると思ってしまうかもしれませんが、2021年現在は無料でレンタル可能な光回線も増えてきています。

WiFiルーターのレンタルが可能な光回線 月額料金 WiFiルーターレンタル料金
NURO光 マンション:2,090~2,750円
(戸建ての5,217円になる可能性あり)
戸建て:5,217円
無料
BB.excite光 Fit マンション
0~30GB:2,640円
30~200GB:3,410円
200GB~:4,180円
戸建て
0~30GB:3,520円
30~200GB:4,290円
200~500GB:5,060円
500GB~:5,830円
(使ったデータ容量によって料金が異なる)
無料
ぷらら光 マンション:3,960 円
戸建て:5,280円
無料
ドコモ光 マンション:4,400円~
戸建て:5,720円~
無料
※プロバイダをGMOとくとくBBにした場合のみ
auひかり マンション:4,730円(マンションタイプG)
戸建て:6,160円
550円
※auスマートバリュー適用時無料
So-net光 マンション:2年間2,780円
2年目以降4,928円
戸建て:2年間3,780円
2年目以降:6,138円
440円
※最大2ヶ月無料
@nifty光 マンション:31ヶ月目まで:3,828円
32ヶ月目以降:4,378円
戸建て:31ヶ月目まで:5,060円
32ヶ月目以降:5,720円
550円
※最大25ヶ月無料
ソフトバンク光 マンション:4,180円
戸建て:5,720円
513円
OCN光 マンション:3,960円
戸建て:5,610円
550円

上記の表はWiFiルーターのレンタルを行っている光回線と、WiFiルーターのレンタル料金をまとめた表です。

通信速度が速いことで知られているNURO光や、光コラボの中で通信速度が安定しているBB.excite光 Fitなどが、WiFiルーターの無料レンタルを行っています。

また、auスマホユーザーであれば、auひかりもWiFiルーターを無料でレンタルできるため、選択肢は非常に多いです。

最新のWiFiルーターを購入する場合、10,000円程度の料金が発生するため、無料でレンタルできる場合は無料レンタルを利用しても良いでしょう。

まとめ

この記事では、WiFiルーターの寿命や寿命のときの症状などを説明してきました。

  • WiFiルーターの本体寿命
  • WiFiルーターの規格寿命
  • WiFiルーターのセキュリティ寿命

WiFiルーターには主に上記3つの寿命があります。通信速度や通信の安定性に関係する寿命は、本体寿命と規格寿命の2つです。ですが、セキュリティ寿命も重要なので、いずれかが寿命を迎えた段階でWiFiルーターは買い替えましょう。

また、WiFiルーターが寿命を迎えた場合は、買い替えではなくWiFiルーターのレンタルも検討しましょう。WiFiルーターを無料でレンタルする場合は、WiFiルーター代金を節約できますし、性能もある程度保証されているため安心です。

WiFiルーターを買い換える場合は以下の5つのポイントを抑えて候補を選びましょう。

  • 部屋の間取りに合わせて選ぶ
  • 接続可能台数を確認する
  • 通信規格を確認する
  • メッシュWiFi機能を確認する
  • 機能面が優れているか確認する

特にWiFiルーターを買い換えるタイミングで、部屋の間取りが変わる場合などは、現在のWiFiルーターだと満足に使えなくなる可能性もあります。

また、初めてWiFiルーターを買い換える場合などは、通信規格がいまいち分かりにくいですが、無線規格「IEEE 802.11ax」有線規格「10GBASE-TX」と書かれているWiFiルーターを選んでください。