光回線コンセントについて徹底解説!開通工事が必要不要なパターンを紹介

自宅にすでに光回線コンセントがある場合、工事不要(無派遣工事)で光回線が利用できる可能性があります。

もし無派遣工事で開通可能な場合、工事費が非常に安くなるほか、電話のみで光回線が開通できるため工事の立ち会いや長期間待つ必要もありません。

ただし、確実に利用できるわけではないため、光回線コンセントの種類や場所についてはよく理解しておきましょう。

この記事では光回線コンセントがある場合、どのようなケースで工事が必要になるのか、不要になるのかなどについて紹介します。

また、光回線コンセントがある場合におすすめの光回線や、光回線コンセントが使えなかった場合でも工事費無料で契約できるおすすめの光回線を紹介するので参考にしてください。

WiFiの通信が途切れる...
そんな経験はありませんか?
WiFi通信が途切れる原因の定番が「安定した通信環境のインターネットサービスを選んでいない」です。あなたが使用しているネット環境は安定していますか?
>>安定した固定回線のサービスはこちら

>>安定したモバイル回線はこちら

光回線コンセントとは?他のコンセントとの違い

まずは「光回線とは何か?」についてと、光回線コンセントと間違えやすい「LANコンセント」や「モジュラージャック」との違いについて紹介します。

光回線コンセントとは

光回線コンセントとは、光回線を利用するために使用するコンセントのことを指します。

光回線を自宅まで繋いだ場合、光信号とデジタル信号を相互変換する役割がある「ONU(光回線終端装置)」という機械に接続することになります。

この、ONUという機械の接続差し込み口が「光回線コンセント」ということです。

光回線コンセントを設置するためには基本的に工事が必要です。

ただしここで覚えておきたいのは、NTT東西が提供する『フレッツ光』、『ソフトバンク光』や『ドコモ光』では「フレッツ光回線」という同じ回線を使用している点です。

この場合、乗り換えても同じ光回線コンセントを使いまわせる可能性があるため、新たに光回線コンセントを設置するための工事は必要ありません。

一方で、『auひかり』や『NURO光』は独自回線(フレッツ光回線以外の回線)のため、使用するためにはそれぞれの光回線コンセントを工事にて設置する必要があります。

「LANコンセント」と「モジュラージャック」との違い

自宅に光回線コンセントではなく、「LANコンセント」や「モジュラージャック」と呼ばれるコンセントが付いている場合があります。

「LANコンセント」とはLANケーブルが挿せるコンセントのことを指し、「LAN配線方式」で光回線に繋いでいるマンションやアパートに設置されていることが多いコンセントです。

「LAN配線方式」とは、マンションやアパートの共有部分に光回線を引き、そこから各住戸へLANケーブルを使って部屋まで引き込む方式のことを指します。

一方で「モジュラージャック」とは、マンションやアパートの共有部分に光回線を引き、そこから各住戸へVDSL回線という電話ケーブルを使って部屋まで引き込む方式のことを指します。

通信速度の速さやコンセントに記載されているマークは、下記のとおりです。

接続方式 通信速度 コンセント部分のマーク
光回線コンセント
(光配線方式)
他の接続方式よりも速め
LANコンセント
(LAN配線方式)
光配線方式より遅め、VDSL方式より速め LAN
モジュラージャック
(VDSL方式)
他の接続方式より遅め 記載なし

現在では光配線方式が一般的ですが、古いマンションやアパートの中にはLAN配線方式やVDSL方式を採用している場合があります。

特にVDSL方式は通信速度が遅いため、引っ越し先のマンションやアパートで光回線の利用を検討している人はよく確認しておきましょう。

光回線コンセントの設置場所は?

マンションやアパートなどにはすでに光回線コンセントが設置されている場合があります。

光回線コンセントがある場合、光回線サービスに申し込み、開通手続きをすれば立ち会い工事なしで光回線を利用できるようになる可能性があります。

主な光回線コンセントの設置場所は下記のとおりです。

  • 電話コンセントの近く
  • テレビアンテナコンセントの近く
  • エアコンダクトの近く

光回線コンセントには「光」というマークが記載されているため、設置されている場合は見つけやすいでしょう。

もし見当たらない場合、他のコンセント周りを探してみたり、光回線コンセントが設置されていないかどうか管理会社に問い合わせてみましょう。

なお、まだ光回線コンセントが設置されていない住戸の場合は、光回線サービスに申し込んだ時に工事にて設置してもらうことになります。

光回線コンセントがあれば工事不要?必要?

光回線コンセントが自宅に設置されていれば、開通工事が不要になるケースがあります。

ただし、場合によっては工事が必要になるケースもあるため、それぞれの違いについては理解しておきましょう。

工事が不要なケース

以前使用していた光回線コンセントが残っている場合や、マンションやアパートにて光回線コンセントが設置されているのであれば基本的に使い回すことができます。

特にNTT東西が提供しているフレッツ光回線は光回線コンセントを使い回すことが可能な場合が多くなっています。

ただし、回線が撤去されていたり、回線がトラブルによって切断している場合などは、再度新しく開通工事が必要になると覚えておきましょう。

すでに光回線コンセントが設置されており、申し込んだ光回線にて配線工事不要と判断されれば「無派遣工事」となり、工事費が大幅に安くなります。

工事が必要なケース

一方で工事が必要なケースは下記のとおりです。

  • そもそも光回線コンセントがない
  • 光回線コンセントはあるが回線が撤去されている
  • 光回線コンセントはあるが使用する回線が異なる

上記の中でも特に「光回線コンセントがあるが、契約する回線と光回線コンセントの回線が異なる」という場合は工事が必要なので注意しましょう。

例えば、フレッツ光回線は『フレッツ光』や『ドコモ光』、『ソフトバンク光』、『So-net 光 プラス』、『楽天ひかり』など多くの光回線サービスで使われている回線です。

前の住人が契約し、すでに光回線コンセントがある場合はフレッツ光回線を使用する光回線サービスに契約すると工事が必要になる可能性が高いでしょう。

しかし、「光回線コンセントはあるけど、『NURO光』に契約する」といった場合は工事が必要になるため注意が必要です。

光回線サービスの中にはフレッツ光回線を使用せず、独自の回線を提供している『auひかり』や『NURO光』などがあります。

独自回線の場合、基本的には新規開通工事が必要になるため覚えておきましょう。

なお、新規開通工事のおおまかな流れは下記のとおりです。

タイプ 工事の流れ
戸建
  1. 賃貸の場合は管理会社に工事許可をもらう
  2. 光回線サービスに申し込む
  3. 工事日の日程調整
  4. 開通工事(立ち会い)
  5. 光回線開通
マンション・アパート
  1. マンション・アパートの管理会社に工事許可をもらう
  2. 光回線サービスに申し込む
  3. 工事日の日程調整
  4. 開通工事(立ち会い)
  5. 光回線開通

独自回線では屋外工事と屋内工事の2回の工事が必要になる場合や、マンションやアパートでは接続方式などによって工事方法が異なる場合あります。

具体的な流れは光回線サービスに申し込んだ後、案内が来るため従いましょう。

引っ越し先の光回線コンセントの有無はどうすれば確認できる?

もし引っ越し先で光回線の利用を考えている場合、光回線コンセントがあった方が比較的短期間で開通できるため便利です。

そのため、引っ越し前には下記の方法で光回線コンセントがあるかどうかチェックしておきましょう。

  • 管理会社や大家さんに問い合わせる
  • ホームページや物件検索サイトで光回線の有無を確認する
  • 物件選びの際に内見などでチェックする

なお、賃貸の場合は管理会社が光回線を導入している可能性もありますが、新築で自宅を立てた場合には基本的に光回線コンセントはないため工事が必要になります。

また、上記の管理会社などから「光回線コンセントはある」という回答をもらっても、VDSL方式など通信速度が遅いタイプの可能性がある点も注意が必要です。

光回線コンセントが使いまわせるかどうかを含め、内見にて自分の目でチェックしてみることをおすすめします。

光回線コンセントがある場合のおすすめ光回線3選

もし自宅に光回線コンセントがある場合、多くは「フレッツ光回線」の可能性が高いためフレッツ光回線を利用している下記の3つをおすすめします。

  • ドコモ光
  • So-net 光 プラス
  • 楽天ひかり

光回線コンセントが「フレッツ光回線」であることを確認できたら、上記3つのサービスの中から自分にとってメリットの大きいサービスを選びましょう。

ドコモ光

ドコモ光

ドコモ光は、携帯キャリアとしても有名なドコモがNTT東西のフレッツ光回線を使って提供している光回線サービスです。

特徴は下記のとおりです。

  • 光回線コンセントが使い回せるなら工事費2,200円
  • もし工事が必要でも工事費無料特典あり
  • ドコモのスマホとのセット割あり
  • 全国対応で申し込みやすい
  • プロバイダの選択肢が多い

フレッツ光回線の特徴ですが、もし光回線コンセントが使いまわせるなら電話するだけで開通工事が完了する「無派遣工事」になるため、工事費は2,200円と格安になります。

また、もし光回線コンセントが何かしらのトラブルで使用できない場合でも、ドコモ光なら新規入会特典として工事費無料特典があるため、工事費を気にすることなく申し込むことができるでしょう。

ahamoのような格安プランを除きますが、ドコモとのスマホセット割があり、550円〜1,100円/月×利用台数の割引が適用になるため家族でドコモユーザーの方などにもおすすめです。

項目 内容
※1ギガ Aタイプの場合
契約期間 2年間
※「契約期間なし」も選択可能
回線速度 最大1Gbps
※10Gbpsプランあり
月額基本料金 戸建てプラン:5,720円
マンションプラン:4,400円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
工事費用 ■通常工事費
戸建てプラン:19,800円
マンションプラン:16,500円
■派遣工事なしの場合
2,200円
契約解除料 戸建てプラン:14,300円
マンションプラン:8,800円
公式キャンペーン ・工事費無料
・新規or事業者変更でdポイント10,000pt
スマホセット割 ドコモ:550円〜1,100円/月×利用台数割引

So-net 光 プラス

So-net 光 プラス

So-net 光 プラスは特典が多い光回線サービスで、特徴は下記のとおりです。

  • 光回線コンセントが使い回せるなら工事費2,200円
  • 工事費が必要な場合でも毎月の料金から割引で実質無料
  • 最大60,000円のキャッシュバック特典あり
  • ルーター永年無料でレンタル可能
  • auやUQモバイルスマホとのセット割あり
  • 全国対応で申し込みやすい

So-net 光 プラスもフレッツ光回線を利用しているため、もしフレッツ光回線の光回線コンセントがあるのならば無派遣工事にて格安で光回線を開通できます。

So-net 光 プラス自体の月額料金は他社に比べて少し高めですが、2022年1月現在では新規入会特典として最大60,000円のキャッシュバック特典などがあるため”総額”で見た時にはお得になりやすいです。

また、auスマホとのセット割があるほか、UQモバイルのような格安SIMとのセット割もあるため、auユーザー・UQモバイルユーザーの方におすすめです。

項目 内容
契約期間 2年間
※「契約期間なし」も選択可能
回線速度 最大1Gbps
※10Gbpsプランあり
月額基本料金 戸建てプラン:6,138円
マンションプラン:4,928円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
工事費用 ■通常工事費
26,400円
■派遣工事なしの場合
2,200円
契約解除料 20,000円
公式キャンペーン ・工事費相当の割引
・最大60,000円のキャッシュバック
・v6プラス対応ルーター永年無料レンタル
スマホセット割 au:550円〜1,100円/月×利用台数割引
UQモバイル:最大858円/月割引

楽天ひかり

楽天ひかり

楽天ひかりは楽天モバイルユーザーにとって圧倒的にメリットが多い光回線サービスです。

  • 光回線コンセントが使い回せるなら工事費2,200円
  • 楽天モバイルユーザー月額料金1年間無料
  • 楽天モバイルユーザー以外は1年間2,200円割引
  • 初期費用と月額料金が安め
  • 全国どこからでも申し込みやすい

楽天ひかりもフレッツ光回線を使用した光回線サービスですが、最大の特徴は楽天モバイルの『Rakuten UN-LIMIT VI』というプランに契約していると月額料金が1年間無料になるというメリットがあります。

例えば、戸建プランでは通常月額料金が5,280円なので、約63,360円がタダになる計算となります。

1年使ってみて不満があれば違約金(契約解除料)10,450円で解約できるため、それでも53,000円ほどお得です。

また、楽天モバイルユーザーではなくても1年目は2,200円割引になるので「はじめて光回線を使うが、できるだけ安く使いたい」という方におすすめです。

項目 内容
契約期間 3年間
回線速度 最大1Gbps
月額基本料金 戸建て:5,280円
マンションプラン:4,180円
初期費用
(事務手数料)
880円
工事費用 ■通常工事費
戸建て:19,800円
マンションプラン:16,500円
■派遣工事なしの場合
2,200円
契約解除料 10,450円
公式キャンペーン ・楽天モバイルユーザー月額料金1年間無料
・楽天モバイルユーザー以外は1年間2,200円割引
スマホセット割 楽天モバイル:月額料金1年間無料

光回線コンセントがない場合のおすすめ光回線2選

光回線コンセントがない場合や光回線コンセントが使えない場合、光回線コンセントはあるが独自回線(フレッツ光回線以外)を契約したい場合は、新規開設工事が必要になります。

開通工事が必要になるなら、下記のような通信速度が速い光回線がおすすめです。

  • auひかり
  • NURO光

それぞれの光回線の特徴を紹介します。

auひかり

auひかり

auひかりは携帯大手キャリアのauが運営する光回線で、特徴は下記のとおりです。

  • 独自回線で通信速度が安定して速い
  • 電話サービス同時加入で工事費相当分割引
  • プロバイダが多く高額キャッシュバック特典もあり
  • auとのスマホセット割がある
  • 中部、関西、沖縄など一部は対応エリア外

auひかりはKDDIが提供する独自回線のため通信速度が速く、かつ安定していると評判です。

サービスはほぼ全国ですが、中部、関西、沖縄など一部では契約できないので注意しましょう。(ただし、中部、関西、沖縄では対応する独自回線サービスあり)

また、マンションプランは基本的にすでにauひかりの設備が導入されていることが前提になっていることや、戸建プランでは階数制限があるなど導入には少しハードルがあることはauひかりのデメリットかもしれません。

しかし、auひかりは代理店も多く、中には10万円を超えるキャッシュバック特典を提供している場合もあります。

お得に契約したい場合はau公式より代理店経由での契約がおすすめです。

「通信速度が速い光回線を探している」「キャッシュバック特典などでお得に契約したい」という方のほか、auスマホセット割もあるためauユーザーの方はauひかりを検討してみてください。

項目 内容
契約期間 3年間
※マンションプランは2年
回線速度 最大1Gbps
※10Gbpsプランあり
月額料金 戸建てプラン:5,610円
マンションプラン:4,180円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
工事費用 戸建てプラン:41,250円
マンションプラン:33,000円
契約解除料 戸建てプラン:最大16,500円
マンションプラン:最大10,450円
公式キャンペーン ・電話サービス同時加入で工事費相当分割引
・乗り換え時違約金最大30,000円負担
スマホセット割 au:550円〜1,100円/月×利用台数割引

NURO光

NURO光

NURO光はSONYの子会社が提供する独自回線を使った光回線サービスで、特徴は下記のとおりです。

  • 最大通信速度2Gbpsと超高速
  • 新規入会特典で工事費無料
  • お得な特典が充実
  • ソフトバンクスマホとのセット割あり
  • サービス提供エリアは限られている
  • 工事が2回に分けられている

NURO光は独自回線を利用した光回線のため、基本的に新規開設工事が必要なるうえ、工事は「屋外工事」と「屋内工事」の2回に分けておこなわれます。

一般的な光回線よりも開通まで時間がかかると思っておいた方が良いでしょう。

ただし、回線の最大速度は2Gbpsと一般的な光回線の2倍で、高額な工事費44,000円は特典により実質無料となるといったメリットがあります。

また、「1年間980円/月」や「月額料金3ヶ月無料」、「43,000円キャッシュバック」といった豪華特典の中から好きな特典を選べるのもNURO光のメリットです。

ソフトバンクスマホとのセット割もあるので、ソフトバンクユーザーにもおすすめできる光回線です。

ただ、NURO光は全国対応ではなく首都圏など一部地域限定のサービスとなっているので、申し込み前には自宅がエリア内かをチェックして申し込みましょう。

項目 内容
※NURO 光 G2T プラン
契約期間 3年間
回線速度 最大2Gbps
※10Gbpsプランあり
月額基本料金 ■戸建て・マンションプラン
5,200円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
工事費用 ■戸建て・マンションプラン
44,000円
契約解除料 10,450円
公式キャンペーン ・工事費無料
・WiFiルーター無料レンタル
・1年間980円/月
・3ヶ月無料
・43,000円キャッシュバック
・乗り換え時違約金最大60,000円負担
※併用不可なものあり
スマホセット割り ソフトバンク:550円〜1,100円/月×利用台数割引

光回線コンセントを確認して光回線に申し込もう!

自宅に光回線コンセントがある場合、工事不要(無派遣工事)で光回線に契約できる可能性があります!

無派遣工事は基本的に電話のみで完了するため、素早く光回線を開通できる可能性が高いといえます。

ただし、光回線コンセントの回線と契約する回線が同じであることが必要で、ほとんどはフレッツ光回線になる点は覚えておきましょう。

もし何らかの理由で光回線コンセントが使いまわせない場合や、そもそも光回線コンセントが無い場合はお得な光回線サービスを探し、新しく契約することをおすすめします。

光回線コンセントがあるかどうかをチェックし、状況に応じて今回おすすめした下記サービスを検討してください!

回線 サービス名 特徴
フレッツ光回線
※光回線コンセントがある場合基本的に使い回しが可能
ドコモ光
  • 光回線コンセントが使い回せるなら工事費2,200円
  • もし工事が必要でも工事費無料特典あり
  • ドコモのスマホとのセット割あり
  • 全国対応で申し込みやすい
  • プロバイダの選択肢が多い
So-net 光 プラス
  • 光回線コンセントが使い回せるなら工事費2,200円
  • 工事費が必要な場合でも毎月の料金から割引で実質無料
  • 最大60,000円のキャッシュバック特典あり
  • ルーター永年無料でレンタル可能
  • auやUQモバイルスマホとのセット割あり
  • 全国対応で申し込みやすい
楽天ひかり
  • 光回線コンセントが使い回せるなら工事費2,200円
  • 楽天モバイルユーザー月額料金1年間無料
  • 楽天モバイルユーザー以外は1年間2,200円割引
  • 初期費用と月額料金が安め
  • 全国どこからでも申し込みやすい
独自回線
※基本的に新規工事が必要
NURO光
  • 最大通信速度2Gbpsと超高速
  • 新規入会特典で工事費無料
  • お得な特典が充実
  • ソフトバンクスマホとのセット割あり
  • サービス提供エリアは限られている
  • 工事が2回に分けられている
auひかり
  • 独自回線で通信速度が安定して速い
  • 電話サービス同時加入で工事費相当分割引
  • プロバイダが多く高額キャッシュバック特典もあり
  • auとのスマホセット割がある
  • 中部、関西、沖縄など一部は対応エリア外
>@nifty光|最大76,970円キャッシュバック!

@nifty光|最大76,970円キャッシュバック!

高速通信IPv6接続(IPoE方式)※1に対応しているので、地域や時間帯の影響も少なく、快適!

CTR IMG