光回線の工事はどんな内容?工事費を抑えるコツや注意点を解説!

「光回線の工事内容が気になる」「光回線は工事によっては壁に穴をあけたりするのかな」

このような疑問・お悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

光回線はほとんどの場合、工事を行わないとインターネットが使えないネット回線です。

工事が必要だという情報はよく見かけますが、工事内容まで説明していることは少ないですよね。

そこで、この記事では光回線の工事内容や注意点などを解説していきます。

光回線の工事内容が心配な方や、工事内容を把握して光回線を契約したい方はぜひ参考にしてください。

WiFiの通信が途切れる...
そんな経験はありませんか?
WiFi通信が途切れる原因の定番が「安定した通信環境のインターネットサービスを選んでいない」です。あなたが使用しているネット環境は安定していますか?
>>安定した固定回線のサービスはこちら

>>安定したモバイル回線はこちら

光回線の工事を行う前に知っておくポイント

光回線の工事を行う前に知っておくポイントは以下の3つです。

  • 光回線を使うときは工事は必須
  • 光回線の工事ができないこともある
  • 光回線の工事は立ち会いが必要なことが多い

それぞれポイントを詳しく説明していきます。

光回線を使うときは工事は必須

光回線の工事は、光回線を使うときに必ず行わなければいけません。

光回線は光ファイバーケーブルを使わないとインターネットに接続できないため、工事を行わないとインターネットに接続できないからです。

そのため、光回線では光ファイバーケーブルを自宅まで引き込む工事が行われます。

光回線の工事ができないこともある

光回線は電柱から物件に光ファイバーケーブルを引き込みます。

しかし、電柱の位置が遠い場合や、住宅の構造上光ファイバーケーブルを引き込めない場合などは開通工事を行えません。

開通工事が行えない場合は、光回線が利用できないため申し込んでもキャンセルになると覚えておきましょう。

光回線の工事は立ち会いが必要なことが多い

光回線の工事を行う場合、ほとんどの場合は立ち会いが必要になります。

ただし、光回線の工事が完了している物件の場合は立ち会いが必要なくなることがあります。

立ち会い工事が必要なケース 光ファイバーケーブルが引き込まれていないとき
室内に光コンセントが設置されていないとき
立ち会い工事が不要なケース 光ファイバーケーブルが引き込まれており光コンセントが設置済みのとき
事業者変更・転用を行うとき

立ち会い工事が必要なときと不要なときの状況をまとめた表が上記になります。

初めて光回線を契約する物件や、今まで使っていた光回線とは異なる設備が必要な際は、立ち会い工事が必要になると覚えておくと良いでしょう。

光回線の戸建て物件の工事内容

戸建て物件で光回線を契約するときは、電柱から住宅に光ファイバーケーブルを引き込む工事を行います。

  1. 電柱から光ファイバーケーブルを住宅内に引き込む
  2. 光コンセントを設置する
  3. ONUやホームゲートウェイを設置する

光回線の戸建て物件の工事は上記の手順で行われます。

工事内容を詳しく説明していくのでご覧ください。

電柱から光ファイバーケーブルを住宅内に引き込む

戸建て物件の場合は、住宅の近くにある電柱から光ファイバーケーブルを住宅内に引き込む工事を行います。

光ファイバーケーブルは、エアコンダクトや電話線の配管を使って引き込むことがほとんどです。しかし、住宅の状況によっては壁に10mm程度の穴をあけることもあります。

壁に穴をあけなければいけない場合、工事業者から相談されるため勝手に穴をあけられることはありません。

他にもエアコンダクトなどを使って光ファイバーケーブルを引き込む場合、光ファイバーケーブルを固定するために外壁にビス止めを行うことがあります。

ビス止めを行う場合も工事業者に相談されることがほとんどですが、念の為事前に伝えてほしいと言っておきましょう。

光コンセントを設置する

光ファイバーケーブルを自宅まで引き込んだあとは、室内に光コンセントを設置します。

光コンセントは壁に設置する一体型と、壁からケーブルを出して繋ぐ分離型の2種類用意されています。

設置する場所や状況に合わせて設置する光コンセントは決められるため、種類を希望することはできません。

ONUやホームゲートウェイを設置する

光コンセントを設置したあとは、ONUやホームゲートウェイなどの接続機器を設置します。

光コンセントは直接ルーターやパソコンにつないでもインターネットに接続できないため、ONUやホームゲートウェイと接続しなければいけません。

ONUやホームゲートウェイは、工事業者が工事の際に持ってきたり、工事日前に送られてきたりします。

契約する光回線や工事状況によって異なるため、不安な場合は事前に確認しておきましょう。

光回線の集合住宅の工事内容

集合住宅で光回線を使うときは、戸建て物件とは工事の内容が若干異なります。

また、集合住宅の設備状況によっても工事の内容が異なるため説明していきます。

集合住宅に光回線の設備があるときの工事内容

すでに光回線の設備が導入されている場合、導入済みの設備によって工事内容が若干異なります。

  • 光配線方式
  • VDSL方式
  • LAN配線方式

それぞれ分けて説明していきます。

光配線方式

集合住宅の場合、MDF室というマンションの共有部分まで光ファイバーケーブルが引き込まれています。

光配線方式は、MDF室から自室まで光ファイバーケーブルで接続する配線方式のことです。

住んでいるマンション・アパートが光配線方式の場合は、部屋に光コンセントを設置する工事を行います。

VDSL方式

VDSL方式の場合は、MDF室までは光ファイバーケーブルが引き込まれています。

しかし自室までは電話回線を使って回線を引き込むため、光コンセントは設置しません。

VDSL方式の場合は部屋にあるモジュラージャックをホームゲートウェイやONUと接続するため、光コンセントの設置工事より工事時間は短くなります。

LAN配線方式

LAN配線方式の場合も、VDSL方式と同じくMDF室までは光ファイバーケーブルが引き込まれています。

ただし、LAN配線方式はMDF室から部屋まではLANケーブルを使って接続します。

LAN配線方式の設備がある場合、既設のEthernet(イーサネット)を使うため、工事時間は短いことがほとんどです。

集合住宅に光回線の設備がないときの工事内容

集合住宅に希望する光回線の設備がないときは、すでに設備が導入されている光回線を契約するか、新しくマンションタイプ・戸建てタイプが契約できる光回線を契約する必要があります。

設備が導入されている光回線を選ぶ場合は、MDF室まで光ファイバーケーブルを引き込む工事は完了しているため手間がかかりません。

しかし、光回線の設備がない物件や、導入されていない光回線を契約する場合は、電柱からMDF室まで光ファイバーケーブルを引き込む工事が必要になります。

管理会社の許可がないと工事できないため、光回線を申し込む前に許可を取っておきましょう。

光回線の工事費

光回線の工事費は、住んでいる物件によって異なります。

そのため、戸建て物件と集合集宅の工事費をそれぞれ分けて説明していきます。

戸建て物件の光回線の工事費

まずは戸建て物件の光回線の工事費から紹介していきます。

光回線 工事費
フレッツ光 東日本 屋内配線の工程あり、19,800円
屋内配線の工程なし、8,360円
派遣工事なし、2,200円
フレッツ光 西日本 屋内配線の工程あり、19,800円
屋内配線の工程なし、8,360円
派遣工事なし、2,200円
ドコモ光 屋内配線の工程あり、19,800円
屋内配線の工程なし、8,360円
派遣工事なし、2,200円
※キャンペーン開催中のため工事費無料
ソフトバンク光 屋内配線の工程あり、26,400円
屋内配線の工程なし、10,560円
派遣工事なし、2,200円
※キャンペーン開催中のため工事費実質無料
auひかり 41,250円
※キャンペーン開催中のため工事費実質無料
NURO光 44,000円
※キャンペーン開催中のため工事費実質無料

光回線の戸建て物件の工事費が上記になります。

主要光回線のほとんどがキャンペーンを開催しているため、工事費は無料になったり実質無料になったりしています。

フレッツ光を契約する場合のみ、工事費は通常通り発生するため注意してください。

集合住宅の光回線の工事費

次は集合住宅の光回線の工事費を紹介していきます。

光回線 工事費
フレッツ光 東日本 屋内配線の工程あり、16,500円
屋内配線の工程なし、8,360円
派遣工事なし、2,200円
フレッツ光 西日本 屋内配線の工程あり、16,500円
屋内配線の工程なし、8,360円
派遣工事なし、2,200円
ドコモ光 屋内配線の工程あり、16,500円
屋内配線の工程なし、8,360円
派遣工事なし、2,200円
※キャンペーン開催中のため工事費無料
ソフトバンク光 屋内配線の工程あり、26,400円
屋内配線の工程なし、10,560円
派遣工事なし、2,200円
※キャンペーン開催中のため工事費実質無料
auひかり 33,000円
※キャンペーン開催中のため工事費実質無料
NURO光 44,000円
※キャンペーン開催中のため工事費実質無料

光回線の集合住宅の工事費は上記のとおりです。

集合住宅の場合も主要光回線の多くは、工事費無料や実質無料になります。

工事費が0円になると負担額はグッと抑えられるため、できるだけ工事費無料や実質無料の光回線を選ぶと良いでしょう。

光回線の工事を行う前に確認すること

光回線の工事前に以下の4点を確認しておきましょう。

  • 光回線の提供エリア内か確認する
  • 利用住所で光回線を使っていたか確認する
  • 管理会社の許可をもらう
  • 機器の設置場所を決めておく

ひとつずつ確認してほしいポイントを説明していきます。

光回線の提供エリア内か確認する

光回線は提供エリアが定められており、提供エリア外の場合は申し込みを行っても工事ができないため契約できません。

また提供できる都道府県の場合でも、住んでいるエリアによっては工事できないことがあるため事前に確認しておきましょう。

光回線 エリア確認ページ
フレッツ光 東日本 エリア確認ページはこちら
フレッツ光 西日本 エリア確認ページはこちら
auひかり エリア確認ページはこちら
NURO光 エリア確認ページはこちら

主要光回線のエリア確認ページは上記のとおりです。

ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボは、フレッツ光と同じ回線網を使っているため、フレッツ光のエリア確認ページで確認できます。

ただし、フレッツ光は東日本と西日本でエリア確認ページが異なるため、間違えないように注意してください。

利用住所で光回線を使っていたか確認する

住んでいる物件によっては、以前の住人が光回線を契約していた可能性があります。

光回線を契約していた場合、引き込み工事が必要なくなるため工事費が安く抑えられる可能性があります。

光コンセントが設置されている場合は光回線を契約していた可能性が高いです。

また光コンセントがなくて判断できない場合は、戸建住宅は住宅の不動産会社、集合住宅は管理会社に問い合わせると確認できます。

管理会社の許可をもらう

集合住宅に住んでいる場合、光回線の開通工事を行う前に管理会社に許可をもらっておきましょう。

許可をもらわなくても申し込みは可能ですが、工事の際に止められてしまう可能性があります。

管理会社に許可をもらう場合は、建物に穴をあけることはない(※)などを伝えると許可がおりやすいため伝えておくと良いでしょう。

※穴をけないかどうか、業社への確認が必要

機器の設置場所を決めておく

光回線の機器を設置する場所をあらかじめ決めておくと、工事業者が来た際にスムーズに工事が進められます。

機器を設置する場所は光コンセントの場所になるため、光コンセントを設置して欲しい場所を考えておきましょう。

パソコンを使う部屋やリビングなどに設置すると使い勝手がよくなるでしょう。

光回線の工事が終わったあとに行う作業

光回線は工事が終わったあとに以下の作業を行う必要があります。

  • パソコンと通信機器の設定
  • Wi-Fiルーターの設定

それぞれの作業内容を紹介していきます。

パソコンと通信機器の設定

光回線の工事が完了したあとは、ホームゲートウェイやONUとパソコンの接続設定を行う必要があります。

これらの設定は工事業者は行ってくれないため、自分で行わなければいけません。

また、接続設定の内容は契約する光回線によって異なります。ただし、接続設定自体は難しいものではないため光回線の契約が初めての方でも安心してください。

接続設定には、申し込み完了後に送られてくる書類が必要になるため事前に準備しておきましょう。

Wi-Fiルーターの設定

光回線を複数の端末で接続したいときや、無線接続を行いたいときはWi-Fiルーターの設定も必要になることがあります。

一部のホームゲートウェイはWi-Fiルーターの機能を搭載しているため、Wi-Fiルーターの設定が必要になるのかも事前に確認しておきましょう。

Wi-Fiルーターの設定自体は、ホームゲートウェイやONUと接続し、パソコンやスマホでIDとパスワードを入力するだけで完了します。

難しい設定ではありませんが、自分で行う必要があるため忘れないように注意しましょう。

光回線の工事にかかる期間や工事時間

ここからは光回線の工事にかかる期間や、工事時間などを説明していきます。

工事までにかかる期間と工事期間を分けて説明していくため、ひとつずつご覧ください。

光回線の工事までにかかる期間の目安

契約する光回線によって工事までにかかる期間は異なります。基本的に、申し込み完了後、2週間~1カ月程度で工事が行われることが多いです。

光回線 工事にかかる期間の目安
フレッツ光東日本 1カ月
フレッツ光西日本 1カ月
ドコモ光 2週間~1カ月
ソフトバンク光 2週間以上
auひかり 1~2カ月
NURO光 戸建て1~3カ月
マンション1~4カ月

主要光回線の工事にかかる期間の目安は上記のとおりです。

ただし、あくまでも上記の表は目安でしかありません。

そのため、光回線の申し込みが多くなる2~4月辺りや、8~10月辺りは上記の目安より工事までに期間がかかってしまいます。

混雑する可能性がある時期に申し込む場合は、少し早めに申し込むなどの対策を行いましょう。

光回線の工事にかかる時間

光回線の工事にかかる時間は作業内容によっても異なりますが、30分~2時間程度で完了します。

光コンセントの設置などが必要になる場合は、2時間程度かかる可能性があると覚えておきましょう。

反対にVDSL方式の工事やLAN配線方式の工事の場合は、比較的工事は素早く終わります。

ただし、立ち会い工事になるため、ある程度時間に余裕がある日に工事を行ったほうが良いでしょう。

光回線の工事内容に関する注意点

光回線の工事内容によっては、注意してほしい点が複数あります。

  • 派遣工事は立ち会いが必要になる
  • 繁忙期は工事が遅れやすい
  • 工事日によっては工事費が追加される

光回線の工事に関する注意点は上記の3つです。注意点をそれぞれ説明していきます。

派遣工事は立ち会いが必要になる

光回線の工事は、ほとんどの場合に派遣工事が必要です。

派遣工事の場合は立ち会い工事になるため、30分~数時間程度自宅にいる必要があります。

立ち会い工事だからといって、特別なことを行う必要はありません。

しかし、派遣工事だと工事に時間がかかる可能性が高いため、時間に余裕がある日を指定したほうが良いです。

繁忙期は工事が遅れやすい

光回線は引っ越しが多い3~4月の時期などは、申し込み者が多くなりやすいです。そのためこれらの時期に申し込みを行うと開通工事を行うまで時間がかかる可能性があります。

可能であれば引っ越しが多い時期以外に光回線に申し込んだほうが良いでしょう。

しかし、引っ越し後に光回線を申し込みたい場合などは時期をずらせません。そのため、少しでも工事を早く行うために、光回線への申し込みを素早く行うことが大切です。

早めに申し込むことで工事が早く行えるため、引っ越し日が決まっている場合は、引っ越し前などに申し込むこともおすすめです。

工事日によっては工事費が追加される

光回線は工事日を指定できますが、工事日を土日祝日にした場合は追加で3,300円が発生します。

また工事を行う時間帯も指定できますが、時間帯を指定する場合も追加費用が発生するため注意しましょう。

とくに工事の時間帯指定は高額な費用を請求されることがあるため、都合が良い日だけを指定して時間は業者にまかせることをおすすめします。

工事日や工事時間を指定する場合は、工事費無料キャンペーンの対象外となることが多いため注意しましょう。

工事費無料のおすすめ光回線

ここからは工事費無料、工事費実質無料のおすすめ光回線を紹介していきます。

この記事で紹介する光回線は以下の3つです。

  • NURO光
  • auひかり
  • ドコモ光

それぞれの月額料金やポイントを詳しく説明していきます。

NURO光

NURO光

NURO光は独自回線を使っている光回線です。フレッツ光や光コラボとは異なる回線網を使っているため、通信速度が速い特徴があります。

そんなNURO光の基本情報は以下のとおりです。

NURO光
月額料金 戸建て5,200円(3年契約)
マンション2,090円~2,750円(2年自動更新)
キャッシュバック 戸建て43,000円
マンション25,000円
平均通信速度 下り:502.72Mbps
上り:445.08Mbps
工事費 実質無料
スマホセット割引 Softbank、nuro mobile
おすすめ申し込み窓口 NURO光公式サイト

(通信速度参考:NURO光の通信速度レポート

NURO光は戸建て5,200円、マンション2,090~2,750円で利用できる光回線です。

マンションプランは設備導入済みの物件でのみ選べるプランのため、マンションでも戸建てプランの契約になることがあります。

またSoftbankスマホ・nuro mobileスマホとのセット割引があり、これらのスマホを使っている方におすすめです。

NURO光は本来、44,000円の工事費が発生しますが、2022年2月現在は工事費実質無料キャンペーンを開催しています。

工事費実質無料キャンペーンは、44,000円の工事費を36回の分割払いにして、36カ月間分割払い相当の割引を受けることで工事費を無料にします。

工事費が完全に無料になるキャンペーンではなく、実質無料になるキャンペーンのため、36カ月以内にNURO光を解約すると工事費の残債を一括で支払わなければいけません。

NURO光は公式サイトから申し込むことで戸建て43,000円キャッシュバック、工事費実質無料などのキャンペーンが受けられます。

代理店から申し込んでも受け取れるキャッシュバック金額は変わりませんし、手続きも公式サイトからのほうが簡単です。

そのため、NURO光は公式サイトから申し込みを行いましょう。

auひかり

auひかり

auひかりは、先ほど紹介したNURO光と同じく独自回線を使っている光回線です。そのため、フレッツ光・光コラボより通信速度が速い特徴があります。

また、auスマホとのセット割引が用意されているため、auスマホを使っている人にもおすすめです。

auひかりの基本情報は以下のとおりです。

auひかり
月額料金 戸建て6,160円(3年自動更新)
マンション4,455円(マンションギガ)
キャッシュバック 最大52,000円
平均通信速度 下り:429.92Mbps
上り:364.74Mbps
工事費 実質無料
スマホセット割引 au
おすすめ申し込み窓口 代理店NEXT

(通信速度参考:auひかりの通信速度レポート

auひかりは戸建て6,160円、マンション4,455円で利用できる光回線です。

ただし、マンションは物件によって選択されるプランが異なるため、月額料金が上記の表とは異なる可能性があります。

auひかりのマンションタイプごとの月額料金は「auひかり マンション」で確認できるため、こちらを参考にしてください。

auひかりも先ほど紹介したNURO光と同じく、工事費が実質無料になる光回線です。

通常であれば戸建てだと41,250円の工事費が発生しますが、36カ月間継続して使うことで、毎月工事費の分割払い相当の割引が受けられる仕組みです。

そのため、auひかりの場合も工事費を支払っている途中で解約すると、工事費が無料ではなくなるため注意してください。

auひかりは複数の申し込み窓口がありますが、最もおすすめの申し込み窓口が代理店NEXTです。

  • 最大52,000円キャッシュバック
  • 公式サイトのキャンペーンが受けられる(工事費無料やauスマホセット割引など)
  • 最短1カ月後に現金でキャッシュバックが振り込まれる
  • キャッシュバック手続きが契約の電話の際に完了する

代理店NEXTは上記4つの特徴がある窓口です。高額なキャッシュバックが簡単な手続きで受け取れるため、auひかりを申し込みたい方は代理店NEXTから申し込みましょう。

ドコモ光

ドコモ光

3つ目に紹介する光回線がドコモ光です。

ドコモ光はフレッツ光の回線網を使っている光コラボという光回線になります。フレッツ光の回線網を使っているため、利用できる地域が多く、ほとんどの方が選べる光回線です。

ただし、NURO光やauひかりなどの独自回線の光回線と比べると、若干通信速度の面では劣っています。

そんなドコモ光の基本情報は以下のとおりです。

ドコモ光
月額料金 戸建て5,720円(2年契約)
マンション4,400円(2年契約)
キャッシュバック 20,000円
平均通信速度 下り:268.0Mbps
上り:205.25Mbps
工事費 無料
スマホセット割引 docomo
おすすめ申し込み窓口 GMOとくとくBB

(通信速度参考:ドコモ光の通信速度レポート

ドコモ光は戸建て5,720円、マンション4,400円の光回線です。

ドコモ光はドコモスマホとのセット割引が用意されているため、ドコモスマホを使っている方におすすめします。

またここまで紹介したNURO光、auひかりとは異なり、工事費が完全無料になるキャンペーンを開催しています。

工事費実質無料の場合は、解約するタイミングによっては工事費の残債を支払わなければいけません。

しかし、ドコモ光の場合は工事費が完全無料になるため、いつ解約しても工事費の残債は請求されません。

そのため、引っ越しが多い方や長期間使い続けるかわからない方にはドコモ光をおすすめします。

ドコモ光は公式サイトから申し込んだ場合、工事費無料やスマホセット割引などのキャンペーンしか受けられません。

キャッシュバックを受け取りたい場合は代理店から申し込む必要があります。

ドコモ光のおすすめ申し込み窓口は「GMOとくとくBB」です。

  • 最大20,000円キャッシュバック
  • v6プラス対応WiFiルーターが無料でレンタルできる

GMOとくとくBBから申し込むことで、上記のキャンペーン+工事費無料などのキャンペーンが適用されます。

公式サイトから申し込むよりもキャッシュバック分お得になるため、ドコモ光はGMOとくとくBBから申し込みましょう。

光回線の工事内容に関するよくある質問

最後に光回線の工事内容に関するよくある質問に回答します。

  • 他の光回線に乗り換えるときも工事は必要?
  • 引越し先で立ち会い工事が必要になるか確認する方法はある?
  • 立ち会い工事は契約者本人以外でも大丈夫?
  • 撤去工事は必ず行う?

この記事で回答するよくある質問は上記のとおりです。あらかじめ知っておいたほうがトラブルを避けられるため、ひとつずつ見ていきましょう。

他の光回線に乗り換えるときも工事は必要?

転用・事業者変更の場合は工事を行う必要はありません。

  • 転用:フレッツ光から光コラボに変更すること
  • 事業者変更:光コラボから他の光コラボに変更すること

転用や事業者変更は、フレッツ光の回線網を使っている光回線でのみ使われる名称です。

つまり、フレッツ光の回線網を使っている光回線から、フレッツ光の回線網を使っている光回線に乗り換えるときは工事が不要になるということです。

反対にフレッツ光の回線網を使っている光回線から、独自回線のNURO光やauひかりなどに乗り換える場合は工事が必要になります。

また独自回線のNURO光やauひかりから、フレッツ光の回線網を使っている光回線に乗り換えるときも工事が必要になると覚えておきましょう。

引越し先で立ち会い工事が必要になるか確認する方法はある?

引越し先の管理会社に光ファイバーケーブルの引き込みや光コンセントを設置しているか問い合わせてみましょう。

光ファイバーケーブルの引き込みと光コンセントの設置が完了している場合は、立ち会い工事が不要になることがあります。

また物件によってはすでに光回線が導入されていることもあるため、管理会社に問い合わせて確認してみましょう。

立ち会い工事は契約者本人以外でも大丈夫?

立ち会い工事は契約者本人以外でも問題ありません。

ただし、工事によっては壁に穴をあけることもあるため、契約者と電話などで連絡が取れる状態にしておくと良いでしょう。

撤去工事は必ず行う?

光回線の撤去工事はauひかりは必ず行う必要があります。

フレッツ光・光コラボは撤去工事を行う必要がなく、管理会社に撤去して欲しいといわれても撤去費用は発生しません。

また、NURO光は撤去工事を依頼した場合のみ撤去費用が発生します。他にも管理会社に撤去してほしいといわれた場合は、撤去工事を行わなければいけません。

光回線 撤去工事費用
NURO光 11,000円
auひかり 31,680円

NURO光は11,000円の撤去費用、auひかりは31,680円の撤去費用が発生します。

とくにauひかりは解約時に撤去費用が必ず発生してしまうため、契約前に把握しておきましょう。

まとめ

この記事では光回線の工事内容について説明してきました。

光回線は工事を行わないとインターネットが使えないため、基本的には工事が必須です。

すでに開通工事を行っていた物件の場合のみ、工事を行わなくて済みますが、戸建て物件の場合は基本的に工事が必要だと考えておきましょう。

物件によって工事内容は変わってきますが、電柱から物件に光ファイバーケーブルを引き込むという内容は変わりません。

戸建て物件の場合は、光ファイバーケーブルを引き込む際に穴をあけることがありますが、工事業者が確認してくれるため安心してください。

>AUひかり|最大64,000円キャッシュバック!

AUひかり|最大64,000円キャッシュバック!

カンタン30秒お申し込み相談

CTR IMG