光回線とは何?初心者でもわかりやすく解説!

「光回線の契約を考えているけど光回線とはどんな仕組みなの?」「光回線が速いって聞くけどなんでなの?」

このような疑問をお持ちの人は多いのではないでしょうか。

光回線は通信速度の速さが魅力的なネット回線ですが、他のネット回線と比べてなぜ通信速度が速いのか知らない人は多いと思います。

そこでこの記事では光回線とは何なのかや、光回線のメリット・デメリットなどを紹介していきます。

光回線とは何か気になっている人や、光回線について詳しく知りたい人はぜひ参考にしてください。

WiFiの通信が途切れる...
そんな経験はありませんか?
WiFi通信が途切れる原因の定番が「安定した通信環境のインターネットサービスを選んでいない」です。あなたが使用しているネット環境は安定していますか?
>>安定した固定回線のサービスはこちら

>>安定したモバイル回線はこちら

光回線とは?

光回線とは、光ファイバーを使ってデータを送受信する通信回線のことです。

光回線は電磁波の影響を受けないため、通信速度が安定して速い特徴があります。

ポケットWiFiなどは電磁波の影響を受けるとネットが急につながらなくなったり、通信が途切れたりしますが、光回線はこれらが起こりにくいネット回線です。

固定回線には、電話回線を使ったADSL回線もありますが、この回線は光回線とは異なる仕組みをしています。

電話回線を経験した人は固定回線が遅いと思っていることがありますが、光回線になり使っているケーブルも変わっているため、通信速度は大幅に向上していると覚えておきましょう。

光回線の種類

光回線は光ファイバーケーブルを使ったネット回線です。しかし、その中でもさらに以下の3種類に分類されます。

  • フレッツ光・光コラボ
  • 独自回線
  • 電力会社が提供する回線

それぞれ違いを説明していきます。

フレッツ光・光コラボ

NTTが敷いた回線網を利用している光回線が、フレッツ光や光コラボです。

十年程度前までは、光回線といえばフレッツ光でしたが、数年前からNTTが回線の卸売を開始して光コラボが誕生しました。

ドコモ光やソフトバンク光が代表的な光コラボで、プロバイダとセットになった料金プランのため人気があります。

またフレッツ光と光コラボは同じ回線網を共有しているため、乗り換えが簡単にできる特徴があります。

日本国内の光ファイバーケーブルはほとんどがNTT保有のもののため提供エリアが非常に広く、ほとんどの地域でフレッツ光・光コラボなら選べる可能性が高いです。

しかし、フレッツ光・光コラボはユーザー数が多すぎることが影響して、時間帯や地域によっては通信速度が低下しやすいデメリットも持っています。

独自回線

NURO光やauひかりは、フレッツ光・光コラボとは異なる独自回線の光回線です。

新しく回線網を構築しているため、選べるエリアが限られますが速い通信速度で人気を誇っています。

先ほど紹介したフレッツ光・光コラボと比べると、選べるエリアが限られている分通信速度は勝ることが多いです。

しかし、2021年12月現在は選べないエリアのほうが多いため、申し込みを行っても断られやすいデメリットもあります。

電力会社が提供する回線

地域の電力会社も光回線を提供しています。ただし、すべての地域で提供しているわけではありません。

選べるエリアの場合は、電気代とのセット割引などが用意されているため、地域密着系の光回線だと考えて良いでしょう。

電力会社が提供する回線は、フレッツ光・光コラボやNURO光・auひかりとは異なります。

そのため混雑しにくく通信速度が低下しにくい特徴があります。

電力会社が提供する光回線 提供エリア
コミュファ光 東海
eo光 関西
メガエッグ光 中国
ピカラ光 四国
BBIQ光 九州

電力会社が提供する光回線は上記のとおりです。

提供エリアに住んでいる場合は選べる可能性があるため、一度調べてみると良いでしょう。

光回線とモバイルWiFiやホームルーター・ケーブルテレビとの違い

光回線と似たサービスとして、モバイルWiFiやホームルーター・ケーブルテレビがあります。

これらはすべてインターネットにつなぐネット回線ですが、それぞれ特徴が異なります。

ネット回線 特徴 メリット デメリット
光回線 光ファイバーケーブルを使った回線
最大通信速度1~10Gbps
通信速度が速く安定している 工事をしないと使えない
モバイルWiFi 外出中も使える無線電波を使った回線
最大通信速度100~2Gbps
工事不要で外出中も使える 通信速度が安定せず速度制限がある
上り通信速度が遅い
ホームルーター 自宅で使う無線電波を使った回線
最大通信速度100~2Gbps
工事不要で使える
モバイルWiFiより通信速度が安定しやすい
光回線と比べると通信速度が安定しにくい
上り通信速度が遅い
ケーブルテレビ 光ファイバーと同軸ケーブルを組み合わせた回線
最大通信速度200Mbps~
テレビと同時に契約できる 月額料金が高い
通信速度が遅い
ADSL 電話回線を使った回線
最大通信速度10~50Mbps
月額料金が安い 通信速度が遅い

ネット回線ごとの特徴・メリット・デメリットをまとめた表が上記になります。

ネット回線には複数の種類がありますが、通信速度の安定性が最も優れているものが光回線です。

ただし、工事が必要になるため、状況によってはモバイルWiFiやホームルーターなどを選ぶケースもあります。

光回線のメリット

光回線を契約するメリットは以下のとおりです。

  • 通信速度が速い
  • 通信速度が安定している
  • 月額料金が固定されている
  • 大容量のデータを使える

それぞれ詳しく説明していきます。

通信速度が速い

光回線は他のネット回線と比べて通信速度が速いメリットがあります。

通信速度が速いと、動画の読み込みがスムーズだったり、アプリやファイルのダウンロードが素早く終わるなどのメリットが受けられます。

YouTubeなどの動画配信サービスやオンラインゲームなどを利用する人にとっては、通信速度は非常に大切な要素の1つです。

またこれらを利用しない人でも、スマホの写真のアップロードやスマホアプリのダウンロード時間が短くなるなど恩恵自体は大きいです。

他にもテレワークや在宅勤務が増えて、ビデオ会議の機会が増えた方も安定して会議に接続できるメリットがあります。

ビデオ会議を行っていて通信が途切れがちな人は、光回線に変更することで快適に会議が行えるでしょう。

通信速度が安定している

光回線は通信速度が速いだけでなく、安定している特徴があります。

最大通信速度だけで比較するとモバイルWiFiやホームルーターと変わらないことも多いですが、光回線はモバイルWiFiやホームルーターより通信速度が安定しています。

光回線の通信速度が安定している理由は、光ファイバーケーブルを自宅まで敷いて通信しているからです。

モバイルWiFiやホームルーターなどは、基地局から出る電波を受信して通信しています。基地局から自宅までの間で建物や雨・雷などの影響を受けてしまうため通信速度が乱れやすいのです。

光回線は通信速度がほとんど一定となりますが、モバイルWiFiやホームルーターは速くなったり遅くなったりするため安定しにくいです。

また光回線は急にネットが途切れることはほとんどありませんが、モバイルWiFiやホームルーターは急に途切れることも多いです。

月額料金が固定されている

光回線は、使ったデータ容量分料金が課金されるわけではありません。

あらかじめ決まっている月額料金しか発生しないため、たくさんデータ容量を使っても月額料金は高くなりません。

従量制のプランを採用している光回線もありますが、ほとんどの光回線は固定のプランとなっているため安心してください。

また光回線を契約することで、スマホの料金プランを少ないデータ容量に変更できることがあります。

低容量プランは月額料金が安く設定されているため、光回線を契約したほうがスマホ代と合わせても、毎月の料金が安くなることもあります。

大容量のデータを使える

光回線は基本的にはデータ容量無制限で利用できます。

一部上りデータ容量に制限が入る光回線もありますが、膨大なデータ容量を消費しなければいけないため、悪質な使い方をしない限り問題ありません。

一日に長時間インターネットを使う場合や複数人でインターネットを使う場合でも、光回線なら速度制限にはまずかかりません。

一方でモバイルWiFiやホームルーターはデータ容量に上限が定められていたり、3日間で10GBまでなどの条件が定められていることがあります。

モバイルWiFiやホームルーターは「月間データ容量」自体は無制限のこともありますが、「速度制限」自体は存在しているため勘違いしないように注意しましょう。

光回線のデメリット

光回線を契約するデメリットは以下のとおりです。

  • ADSLと比べると料金が高くなる
  • 工事費が発生することがある
  • 外出中に利用できない
  • ネットの乗り換えが面倒

デメリットについて詳しく説明していきます。

ADSLと比べると料金が高くなる

光回線はADSLと比べると月額料金が高くなってしまいます。

ADSLは3,000円程度が相場でしたが、光回線はマンションだと3,500円程度、戸建てだと4,000円程度が相場になります。

ただし、光回線の月額料金はモバイルWiFiやホームルーターとはほとんど変わりません。

モバイルWiFiやホームルーターで端末代金が発生する場合は、光回線のほうが安くなることも多いです。

工事費が発生することがある

光回線は開通工事を行わないと使えないことが一般的です。

また開通工事を行う場合は工事費が発生することがあるため、負担額が高くなってしまうことがあります。

しかし2021年12月現在、ほとんどの光回線は工事費無料や工事費実質無料キャンペーンを行っているため、工事費が発生しないことがほとんどです。

工事費無料は工事費が一切発生しないキャンペーンですが、工事費実質無料は若干仕組みが異なります。

工事費実質無料は、工事費を分割払いにして分割払い分の料金を毎月割引するため、長期間使い続けることで工事費が無料になる仕組みです。短期間で解約する場合は、工事費が発生してしまうため注意しましょう。

住んでいる物件がマンションやアパートの場合、前の住人が工事を行っていた場合は工事不要になることがあります。

光回線業者に確認すると工事不要か確認できるため、気になる場合は確認してみると良いでしょう。

外出中に利用できない

光回線は自宅でのみ使えるネット回線です。外出中に使う機会が多い人や使いたい人は、光回線だと使えません。

ただし、外出中にネットにつなぎたい場合は、使うデータ容量によってはモバイルWiFiすら必要ないこともあります。

使う内容やデータ容量によっては、テザリングだけで十分な可能性が高いため、どれくらいのデータ容量が必要なのか確認しておきましょう。

ネットの乗り換えが面倒

結論
光回線は他のネット回線に乗り換えるときに工事の立ち会いが必要になったり、違約金が発生したりします。

違約金はモバイルWiFiやホームルーターでも発生しますが、工事の立ち会いは光回線に限られたデメリットです。

ただし、フレッツ光や光コラボを使っている場合、転用を行うことで工事の立ち会いが不要になることがあります。

転用とはフレッツ光や光コラボから他の光コラボに乗り換えることをいいます。フレッツ光・光コラボは使っている回線網が同じのため、工事不要で乗り換えられるということです。

また違約金なしで乗り換えるためにも、契約前や解約前に光回線の契約期間はしっかりと確認しておきましょう。

おすすめの光回線3選

おすすめの光回線は以下の3つです。

・NURO光
・auひかり
・ドコモ光

それぞれ月額料金や特徴を紹介していきます。

NURO光

NURO光

NURO光は通信速度が速く有名な光回線です。

フレッツ光・光コラボとは異なる回線網を使っており、混雑しにくいことも影響しています。

またソフトバンクスマホとのセット割引もあるため、ソフトバンクユーザーならNURO光を契約することで、スマホの月額料金が安く抑えられます。

NURO光
月額料金 戸建て5,200円(3年契約)
マンション2,090円~2,750円(2年自動更新)
キャッシュバック 戸建て43,000円
マンション25,000円
工事費 実質無料
スマホセット割引 ソフトバンク
おすすめ申し込み窓口 NURO光公式サイト

NURO光の基本情報は上記のとおりです。

マンションプランは月額料金が安く設定されていますが、NURO光の設備が導入されたマンションでしか利用できません。

マンションやアパートでも戸建てプランの契約になることが多い点には注意してください。

NURO光は複数の窓口から申し込める光回線ですが、最もおすすめの窓口がNURO光公式サイトです。

NURO光公式サイトからの申し込みでは最大43,000円の高額キャッシュバックや、工事費実質無料キャンペーンが適用されます。

他の窓口から申し込んでも適用されるキャンペーンはほとんど変わらないため、窓口が1つで済むNURO光公式サイトからの申し込みをおすすめします。

auひかり

auひかり

auひかりは、NURO光に次いで通信速度が速いことで知られている光回線です。

NURO光より若干通信速度は遅くなりますが、選べるエリアが広いメリットがあります。auひかりは、auスマホとのセット割引があるため、auユーザーが選ぶことで毎月のスマホ代を節約できます。

auひかり
月額料金 戸建て6,160円(3年自動更新)
マンション4,455円(マンションギガ)
キャッシュバック 最大52,000円
工事費 実質無料
スマホセット割引 au
おすすめ申し込み窓口 代理店NEXT

auひかりの基本情報は上記のとおりです。

戸建てプランは契約期間の長さ、マンションプランはマンションの設備状況によってプランが変わってきます。

住んでいる物件などによってプランが異なるため、契約前にしっかりと確認してから申し込みましょう。

またauひかりの場合も、申し込み窓口が複数あり、それぞれキャンペーン内容が異なります。

最もおすすめの申し込み窓口は代理店NEXTです。

代理店NEXTは、電話時に振込先口座を伝えるだけで翌月末に最大52,000円のキャッシュバックが振り込まれます。

工事費実質無料キャンペーンや、他社違約金負担キャンペーンも利用できるため、公式からの申し込みよりお得です。

ドコモ光

ドコモ光

ドコモ光は光コラボの一つです。フレッツ光と同じ回線網を使っているため、全国で選べる光回線です。

NURO光やauひかりと比べると通信速度は遅くなりますが、選べるエリアが広くドコモスマホとのセット割引があるメリットがあります。

ドコモ光
月額料金 戸建て5,720円(2年契約)
マンション4,400円(2年契約)
キャッシュバック 20,000円
工事費 無料
スマホセット割引 docomo
おすすめ申し込み窓口 GMOとくとくBB

ドコモ光の基本情報は上記のとおりです。

ドコモ光は契約期間が選べますが、2年契約だと月額料金が安く抑えられます。

またNURO光やauひかりとは異なり、工事費が実質無料ではなく無料になっていることもポイントです。

工事費実質無料の場合、解約するタイミングによっては工事費の残債を支払う必要があります。しかし、ドコモ光は工事費が無料のため、いつ解約しても工事費を支払う必要はありません。

ドコモ光は公式サイトからの申し込みではなく、GMOとくとくBBからの申し込みがおすすめです。

GMOとくとくBBから申し込む場合、キャッシュバック最大20,000円や工事開通までWiFiレンタル、工事完了後はWiFi6対応のWiFiルーター無料レンタルなどのキャンペーンが受けられます。

ドコモ光公式が行っている工事費無料などのキャンペーンも適用されるため、ドコモ光はGMOとくとくBBから申し込みましょう。

[ドコモ光×GMOとくとくBB]

光回線を契約する流れ

光回線を契約する流れは以下のとおりです。

  1. 光回線の提供エリアを確認する
  2. アパートやマンションの場合は大家さんや管理会社へ連絡する
  3. 光回線に申し込みを行う
  4. 工事に立ち会う
  5. プロバイダの設定やパソコン・スマホの設定を行い完了

1つずつ流れを解説していきます。

1.光回線の提供エリアを確認する

住んでいるエリアによって、選べる光回線・選べない光回線は分かれます。

ほとんどのエリアでフレッツ光や光コラボは選べますが、NURO光やauひかりは選べるエリアが限られているため、申し込む前に提供エリアか確認しておきましょう。

光回線 提供エリア確認ページ
フレッツ光西 エリア確認はこちら
フレッツ光東 エリア確認はこちら
NURO光 エリア確認はこちら
auひかり エリア確認はこちら

主要光回線の提供エリア確認ページは上記のとおりです。

フレッツ光もエリアや物件によっては選べないことがあるため、必ず確認しておきましょう。

またフレッツ光は西日本と東日本でエリア確認ページが異なることも注意してください。

2.アパートやマンションの場合は大家さんや管理会社へ連絡する

光回線は工事の内容によっては壁に穴を開けることがあります。そのためアパートやマンションに住んでいる場合は、大家さんや管理会社に光回線を契約して工事が発生することを伝えましょう。

工事内容や物件・管理会社によっては光回線の工事が断られることもあります。光回線の工事を断られた場合は、ホームルーターやモバイルWiFiを検討しましょう。

ただし、物件によっては光回線がすでに導入されていることもあるため、一度確認しておくことをおすすめします。

3.光回線に申し込みを行う

提供エリアの確認と、工事の許可がおりたあとは光回線に申し込みを行いましょう。

おすすめの光回線 おすすめの申し込み窓口
NURO光 NURO光公式サイト
auひかり 代理店NEXT
ドコモ光 GMOとくとくBB

この記事で紹介したおすすめの光回線の、おすすめ申し込み窓口は上記のとおりです。

上記の申し込み窓口は「高額キャッシュバック」「手続きが簡単」という特徴があるため、上記の光回線を申し込む場合は上記窓口を利用しましょう。

4.工事に立ち会う

光回線の申し込みが終わったあとは、光回線から派遣される業者の到着を待ちましょう。申し込み後に光回線側から電話がくるため、都合がよい日を伝えてください。

工事のほとんどは立ち会いが必要になるため、空いている日に予定を入れましょう。

ただし、すでに回線網が通っている部屋の場合は、機器が送られてくるだけのため立ち会う必要はありません。

5.プロバイダの設定やパソコン・スマホの設定を行い完了

工事が完了したあとはプロバイダの設定やパソコン・スマホの設定を行い完了です。

プロバイダの設定などは工事業者は行ってくれないため、基本的に自分で行う必要があります。

設定面が心配な場合は、訪問サポートや遠隔サポートがある光回線を選ぶと良いでしょう。

光回線の選び方

自分にあった光回線を契約するためには、以下の選び方を抑えておきましょう。

  • 通信速度の速さを確認する
  • お得なキャンペーンがあるか確認する
  • スマホとのセット割引を確認する

それぞれ詳しく説明していきます。

通信速度の速さを確認する

光回線はADSLやモバイルWiFiと比べると速い通信速度が出ます。しかし、光回線の中でも速い光回線と遅い光回線に分けられるため、できるだけ速い光回線を選びましょう。

光回線 平均通信速度
フレッツ光 下り:275.62Mbps
上り:206.59Mbps
Ping:22.29ms
ドコモ光 下り:269.5Mbps
上り:209.4Mbps
Ping:21.34ms
auひかり 下り:422.89Mbps
上り:363.03Mbps
Ping:16.23ms
NURO光 下り:502.7Mbps
上り:447.56Mbps
Ping:12.13ms

(参考:みんなのネット回線速度

この記事で紹介した光回線の2021年12月から直近3カ月以内の平均通信速度は上記のとおりです。

独自回線のauひかり・NURO光の通信速度が速くなっているため、通信速度を優先する場合はこれらを選ぶと良いでしょう。

お得なキャンペーンがあるか確認する

光回線は「高額キャッシュバック」「他社の違約金負担」「工事費無料」「WiFiルータープレゼント」などさまざまなキャンペーンを開催しています。

複数のキャンペーンを適用できるほどお得になるため、気になる光回線が見つかった場合はキャンペーンの内容も確認してみましょう。

ただし、高額キャッシュバックキャンペーンに関しては条件面もしっかりと確認してください。

キャッシュバック金額が高額になっている場合、有料オプションの加入が条件になっていることがあるからです。

不要な有料オプションへの加入が条件の場合は、少しキャッシュバック金額が安いキャンペーンのほうがトータルでお得になる可能性があります。

スマホとのセット割引を確認する

契約する光回線によっては、スマホとのセット割引が受けられることがあります。

セット割引は、毎月のスマホ代を安く抑える割引制度です。そのため、家族全員が同じキャリアを使っている場合は、スマホセット割引がある光回線を選んだほうが良いでしょう。

ただし、キャリアの格安プラン(ahamo・povo・LINEMO)はセット割引の対象外となります。格安プランを契約している場合は、セット割引を意識する必要がありません。

また格安SIMの一部もセット割引が受けられる光回線があります。しかし、格安SIMのセット割引は割引額が少ないため、月額料金が安い光回線やキャッシュバックが多い光回線を選んだほうがお得です。

光回線に関するよくある質問

光回線に関するよくある質問に回答します。

光回線のことでわからない点がまだある人や、より詳しく光回線について知りたい人はご覧ください。

光回線でも通信速度が遅くなることはある?

光回線でも夕方以降の混雑する時間帯に通信速度が遅くなることはあります。

ただし、IPv6というオプションに対応している場合は通信速度が低下しにくいです。またNURO光・auひかり・ドコモ光はIPv6に対応しているため、通信速度は遅くなりにくい傾向にあります。

光回線 ドコモ光 auひかり NURO光

(5時~8時59分)
下り:355.56Mbps
上り:233.77Mbps
下り:510.15Mbps
上り:391.1Mbps
下り:532.0Mbps
上り:452.53Mbps

(12時~12時59分)
下り:331.03Mbps
上り:234.35Mbps
下り:521.46Mbps
上り:403.32Mbps
下り:556.68Mbps
上り:493.93Mbps
夕方
(16時~18時59分)
下り:296.99Mbps
上り:223.29Mbps
下り:455.55Mbps
上り:407.91Mbps
下り:529.26Mbps
上り:462.24Mbps

(20時~22時59分)
下り:245.0Mbps
上り:207.33Mbps
下り:393.04Mbps
上り:365.44Mbps
下り:482.61Mbps
上り:433.03Mbps
深夜
(0時~4時59分)
下り:339.82Mbps
上り:235.63Mbps
下り:503.31Mbps
上り:405.16Mbps
下り:553.39Mbps
上り:473.25Mbps

(参考:みんなのネット回線速度

上記はこの記事で紹介したドコモ光・auひかり・NURO光の時間帯別通信速度の平均値です。

どの光回線を見ても、夕方や夜の時間帯は若干通信速度が遅くなっていることがわかります。

使い勝手が悪くなるほど遅くなっている光回線はありませんが、その他の光回線はさらに遅くなることもあるため注意してください。

光回線の新規契約・転用・事業者変更ってなに?

光回線の新規契約・転用・事業者変更とは以下のことをいいます。

  • 新規契約:自宅に光回線の設備が開通しておらず開通工事を行う契約のこと
  • 転用:フレッツ光から光コラボに乗り換えること
  • 事業者変更:光コラボから他の光コラボに乗り換えること

どの名称もフレッツ光や光コラボに関するもののため、NURO光やauひかりの場合は関係ありません。

光回線の契約をおすすめできる人

光回線の契約は、以下に当てはまる人におすすめです。

  • 通信速度が速くて安定しているネット回線を探している
  • テレビ会議やWEB会議の機会が多い
  • テレワークや在宅勤務が多い

光回線の最大の魅力は「通信速度が速くて安定している」点です。

通信速度が必要なネットサービスは多くありませんが、動画視聴やオンラインゲームなどが趣味の人は速いほど快適に楽しめます。

またテレビ会議やWEB会議も通信速度の安定性が求められるため、ホームルーターやモバイルWiFiだとプツプツ途切れてしまいがちです。

光回線は月間データ容量が無制限なだけでなく、速度制限がほとんどない特徴があります。

2021年に入りテレワークや在宅勤務が増えた人は、ホームルーターやモバイルWiFiだと速度制限にかかる可能性があるため注意してください。

まとめ

この記事では光回線とは何か、光回線は他のネット回線と比べてどんな特徴があるのか紹介してきました。

2021年現在光回線以外にもモバイルWiFiやホームルーターなど、さまざまなインターネット回線が用意されています。

その中でも光回線は、自宅まで光ファイバーケーブルを敷くため通信速度が安定して速い特徴を持っています。

動画視聴・オンラインゲーム・テレビ会議・WEB会議などは、通信速度の安定性が求められるため、これらを利用する人は光回線がおすすめです。

ただし、光回線の中でも通信速度の速い・遅いの違いが出てくるため、この記事で紹介したドコモ光・auひかり・NURO光の中から選ぶことをおすすめします。

>@nifty光|最大76,970円キャッシュバック!

@nifty光|最大76,970円キャッシュバック!

高速通信IPv6接続(IPoE方式)※1に対応しているので、地域や時間帯の影響も少なく、快適!

CTR IMG