【初心者必見】WiMAXとは?ポケットWiFiの違いや特徴・メリットを徹底解説

ポケットWiFiを契約しようとすると「WiMAX」というサービスを目にすると思いますが、ポケットWiFiとWiMAXの違いがわからず混乱する方も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、WiMAXとはauのサブブランドの会社が提供しているポケットWiFiの一種です。

WiMAXはポケットWiFiの中でも通信速度が安定していると評判で、さまざまなメリットがあるほか、契約する際には注意点などもあります。

とくにWiMAXはポケットWiFiの中でもプロバイダが多く、契約先によって月額料金や特典が異なるため注意しましょう。

契約にあたり「WiMAXってなに?」と混乱している方や「お得なWiMAXプロバイダで契約したい」という方は、この記事を参考にしてください。

WiMAX(ワイマックス)とは?

WiMAXとは「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略で、無線通信技術規格のひとつです。

日本国内においてはUQ WiMAXが提供しているモバイルWiFi(ポケットWiFi)が有名なため、「WiMAX」がポケットWiFiのことを指す意味で使われることが多くなっています。

WiMAXとポケットWiFiの違いとは?

前述のとおりWiMAXは基本的にポケットWiFiの一種です。

しかし、ポケットWiFiの中に「Pocket WiFi」と呼ばれるサービスがあるため、少しややこしくなっています。

WiMAX、ポケットWiFi、Pocket WiFiの違いを簡潔に紹介すると下記のとおりです。

名称 概要
WiMAX UQ WiMAXが提供元のモバイルWiFi。「WiMAX」と呼ばれるホームルーターも提供している
ポケットWiFi 持ち運び可能なWiFi(モバイルWiFi)全般を指す名称のこと
Pocket WiFi ワイモバイルが提供するポケットWiFiの一つ

上記のように、厳密にはそれぞれ意味が違います。

現在では「ポケットWiFi」と呼ぶときには、WiMAXやPocket WiFiを含めた持ち運び可能なWiFiサービスのことを指します。

例えば、iPhoneを「スマホ」、Androidも「スマホ」と呼ぶように、WiMAXも「ポケットWiFi」、Pocket WiFiも「ポケットWiFi」と呼ぶということです。

少しややこしいですが、サービスを比較する際に混乱する可能性があるため覚えておきましょう。

WiMAXとモバイル回線の違いとは?

WiMAXで使われる回線はKDDIの子会社が提供している「WiMAX回線」であり、モバイル回線はドコモ、au、ソフトバンクなど大手スマホキャリアが提供するそれぞれの回線を利用しています。

モバイル回線は主に携帯電話に向けた回線のため、音声通話の質を高めることが重視されていますが、WiMAXの場合はデータ通信に特化している規格という特徴があります。

しかし、技術の進歩により通信の質についてはほとんど違いがなくなってきています。

WiMAXとWiMAX+2の違いとは?

「WiMAX2+」とは、従来の通信技術規格である「WiMAX」の後継サービスで、WiMAXよりも最大通信速度や通信の質が改善されています。

「WiMAX」は2020年3月にサービスが終了し、現在では「WiMAX2+」もしくは「WiMAX+5G」というサービスが一般的です。

しかし、「WiMAX」「WiMAX2+」「WiMAX+5G」はすべて総称して「WiMAX」と呼ばれることが一般的です。

つまり、2021年12月時点での「WiMAX」は「WiMAX2+」もしくは「WiMAX+5G」と捉えられることが一般的です。

WiMAXの特徴やメリットとは?

WiMAXのメリットには下記のようなものがあります。

  • ポケットWiFiの中でも通信速度が速い
  • 無制限プランがある
  • auのLTE回線にも接続可能
  • 5G対応プランがある
  • 工事不要ですぐに使い始められる
  • 1台で複数のデバイスに接続可能
  • プロバイダが多く選択肢が多い

それぞれについて詳しく紹介します。

ポケットWiFiの中でも通信速度が速い

WiMAXはポケットWiFiの中でも通信速度が安定して速いと評判です。

他社のポケットWi-FiとWiMAXの通信速度を「みんなのネット回線速度(みんそく)」を参照して紹介すると下記のとおりです。

※2021年12月時点の直近3ヶ月の平均速度

サービス Ping 下り 上り
WiMAX(WiMAX2+) 56.89ms 49.12Mbps 9.47Mbps
WiMAX(5G) 44.82ms 58.03Mbps 14.82Mbps
Mugen WiFi 58.67ms 10.87Mbps 6.92Mbps
Rakuten WiFi Pocket 48.08ms 20.86Mbps 16.0Mbps
Pocket WiFi
※端末:Pocket WiFi 803ZT
43.23ms 45.53Mbps 5.57Mbps

出典:みんなのネット回線速度(みんそく)

上記のとおり、ポケットWiFiの中でもWiMAXは目立って通信速度が速いため、安定した通信速度を求めるならWiMAXでの契約をおすすめします。

無制限プランがある

2021年12月現在、ポケットWiFiの中でデータ容量無制限のプランがあるのはWiMAXのみです。

従来のプランでは「3日間に10GB以上の利用で速度制限」、5Gプランでは「3日間に15GB以上の利用で速度制限」というルールがあるものの、2時〜18時の間には解除されるため「データ容量の上限を気にせずネットを使いたい」という方はWiMAXがおすすめです。

auのLTE回線にも接続可能

WiMAXはauのサブブランドであるUQ WiMAXが提供元であり、WiMAXでもauのLTE回線が利用できます。

ただし、利用にあたりオプション料金が必要な場合や、ひと月のデータ容量上限があるほか、LTE回線でデータ容量の上限(7GBもしくは15GB)に達すると、WiFi回線でも速度制限がかかるため注意しましょう。

回線を切り替えられることにより「WiMAX回線の電波が悪い」という場合に活用できて便利です。

5G対応プランがある

WiMAXでは、従来の「WiMAX2+」から徐々に「WiMAX+5G」という5G回線対応プランに移行していっています。

他社ポケットWi-Fiではまだ5Gに対応していない場合も多いですが、WiMAXでは5G回線が利用できるようにサービスが整備されています。

5Gプランに契約するメリットは従来よりも高速通信が可能になるという点です。

ただし、5G回線を使用するには「5G対応端末」と「対応エリアに住んでいること」が必要な点には注意しましょう。

5Gが利用できるエリアについては、WiMAXの公式サイト「WiMAX(ルーター)のサービスエリア」にて確認できます。

赤い場所が5G回線の利用可能エリアとなっているため、契約前にチェックしておきましょう。

工事不要ですぐに使い始められる

WiMAXを含め、持ち運び可能なポケットWiFiは利用にあたり、光回線のように開通工事をする必要がありません。

WiMAXルーターが届けば電源を入れることですぐにWiFiに接続できるため、「今すぐWiFiを使いたい」「家に光回線を開通できない」「出張先でWiFiを使いたい」などをいう方に便利なサービスです。

WiMAXの端末はUSBで充電も可能なので、モバイルバッテリーと一緒に持ち歩けばアウトドアなどでも活躍します。

1台で複数のデバイスに接続可能

WiMAXではルーター1台で最大16台までの端末(デバイス)に接続できます。

そのため、外出中に友達にWiFi通信をシェアしたり、メイン端末とサブ端末、スマホとPCなど複数台の使用ができて便利です。

ただし、多くのデバイスに接続し、同時にデータ通信を行うと負荷がかかり通信が遅くなる可能性があるため注意しましょう。

プロバイダが多く選択肢が多い

WiMAXの提供元はauのサブブランドであるUQ WiMAXですが、WiMAXを提供している会社はUQ WiMAX以外にも多くあります。

一例を紹介すると下記のとおりです。

  • GMOとくとくBB WiMAX
  • カシモWiMAX
  • Broad WiMAX
  • Vision WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX

上記の他にも家電量販店などもプロバイダになっていることもあり「どこで契約したら良いのかわからない」と混乱する方もいるかもしれませが、プロバイダが多いことにより契約先の選択肢が広がるという点ではメリットです。

どのプロバイダでもWiMAX回線を使用するため通信の質は変わりませんが、月額料金、特典、契約期間などが異なります。

おすすめでお得なプロバイダは後述しているため、WiMAXのプロバイダ選びに迷った方は参考にしてください。

WiMAXを契約する際の注意点

WiMAXを契約するにあたって注意するべき点をまとめると下記のとおりです。

  • 店舗ではキャンペーンが適用されない場合が多い
  • 無制限プランでも速度制限のルールがある
  • サービス提供エリア外では使えない
  • 建物や場所によっては電波が悪い
  • 5Gプランは接続条件がある

それぞれについて以下で詳しく紹介します。

店舗ではキャンペーンが適用されない場合が多い

WiMAXはプロバイダごとにインターネット上の公式サイトで契約できますが、サービスによって店舗(店頭)で契約できる場合もあります。

店舗ではスタッフが在中しているため、WiMAXの性能や契約内容について質問しながら契約できたり、トラブルがあれば相談できるというメリットがあります。

しかし、新規入会特典・キャンペーンとして用意されている「キャッシュバック特典」や「端末代金無料特典」などの特典は、基本的にインターネットからの申し込み限定です。

店舗で申し込むとお得な特典・キャンペーンが適用されないことがあるため注意しましょう。

お得に契約したいのであれば、基本的にはインターネット経由での申し込みがおすすめです。

無制限プランでも速度制限のルールがある

WiMAXには無制限プランが用意されています。

他社ポケットWi-Fiではデータ容量に上限があるため「データ容量を気にせず使いたい」という方は、WiMAXがおすすめです。

ただし、WiMAXの無制限プランは完全無制限ではないため注意しましょう。

WiMAXでは下記のような条件のもと、速度制限がかかることがあります。

プラン WiMAX+5G WiMAX2+
(ギガ放題プランの場合)
通常時 3日間に15GB以上の利用で速度制限
※WiMAX+5Gとau LTEの合計
3日間に10GB以上の利用で速度制限
※WiMAX2+とau LTEの合計
ハイスピードプラスエリアモード 15GBまで 7GBまで
制限時の速度 概ね1Mbps 概ね1Mbps
制限時間帯 上限を超えた日の翌日18時〜2時 上限を超えた日の翌日18時〜2時

このような仕様や、データ容量の上限に達すると速度制限がかかるといったルールはポケットWiFi全般にあり、2021年12月時点で完全無制限(速度低下なし、データ容量上限なし)のポケットWiFiはありません。

完全無制限でWiFiを使用できるのは、基本的に光回線のみになるため注意しましょう。

なお、速度制限時には完全にネットが使用できなくなるわけではなく、おおむね1Mbpsの通信速度になります。

1MbpsではYouTubeを標準画質で視聴できる速度であり、ネットでのブログ閲覧など重くない通信であれば問題なく可能です。

サービス提供エリア外では使えない

WiMAXではサービス提供エリアが設定されており、エリア外に出ると通信が不安定になったり、通信ができなくなったりするため注意しましょう。

WiMAXのサービス提供エリアについては前述のとおり「WiMAX(ルーター)のサービスエリア」にて確認できます。

WiMAX回線自体のエリアは広いですが、山間部や一部地域ではエリア外の場合があるため、確実に安定した通信を行いたい場合は事前に確認しておきましょう。

建物や場所によっては電波が悪い

WiMAXは基本的に無線による通信のため、場所によっては電波が悪くなることがあります。

例えば、WiMAXのサービス提供エリアで使用していたとしても、トンネルや地下室、厚いコンクリートに囲まれた部屋などでは電波が届きにくくなる場合があります。

そのため、自分がよく利用するであろう場所の環境をチェックしておきましょう。

とくに、コンクリートで覆われている建物や、開口部(窓)がない建物は電波が届きにくいため注意が必要です。

5Gプランは接続条件がある

WiMAXでは5G回線が使用できるプランがありますが、5G回線を使う際には下記の条件を満たしている必要があります。

  • 5G対応の端末であること
  • 5G回線の対応エリアにいること

もしWiMAXの5Gプランを契約したとしても、5G対応の端末を持っていなかったり、5G回線の提供エリア外にいる場合には使用できません。

とくに5G回線は現在普及段階であり、対応エリアは広くないため事前にサービス提供エリアは確認しておくことが大切です。

5G回線を使用することを前提とするのであれば「5G対応の端末」「5G回線の提供」に注意して、事前に用意・確認しておきましょう。

WiMAXの契約先を選ぶ際のポイント

WiMAXはプロバイダが多いため、契約先に迷う方も多いと思います。

続いてはプロバイダを選ぶ際のポイントについて紹介するので、契約の際の参考にしてください。

【前提】WiMAXの性能自体はどこのプロバイダでも同じ

まず前提として覚えておいてほしいのは「プロバイダによってWiMAXの性能は変わらない」という点です。

WiMAXの提供元はUQ WiMAXですが、その他のプロバイダである「GMOとくとくBB WiMAX」や「Broad WiMAX」、「カシモWiMAX」などで契約できるWiMAXもUQ WiMAXと同じ性能を持っています。

通信の質や端末の性能はどこで契約しても変わりはないため、その点に関しては心配する必要はありません。

プロバイダによって異なるのは主に下記のような点です。

  • 月額料金
  • 特典・キャンペーン
  • 契約期間

これらに着目し、自分にとってお得なプロバイダを契約しましょう。

月額料金で選ぶ

1つ目の選ぶ基準は、月額料金です。

前述のとおりWiMAX自体の性能は変わらないため、基本的に月額料金が安いプロバイダがおすすめですが、WiMAXでは利用する月によって月額料金が変化するものが多くなっています。

プロバイダ 月額料金
Broad WiMAX 1〜2ヶ月目:2,090円
3〜36ヶ月目以降:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
GMOとくとくBB WiMAX 1〜2ヶ月目:2,079円
3〜36ヶ月目以降:4,389円
37ヶ月目以降:4,444円
カシモWiMAX 初月:1,408円
1ヶ月目以降:4,455円
BIGLOBE WiMAX 4,378円/月
UQ WiMAX 1〜24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,818円

基本的に契約から1〜3年は月額料金が安いプロバイダは、それ移行の月額料金が高い傾向にあります。

2021年12年時点で月額料金がお得なのは「GMOとくとくBB WiMAX」もしくは「BIGLOBE WiMAX」です。

これに含め、後述する特典・キャンペーンを踏まえて選ぶと良いでしょう。

特典・キャンペーンで選ぶ

2つ目の基準は、特典やキャンペーンです。

各社プロバイダでは、キャッシュバックや端末代金無料、月額料金割引などの新規入会キャンペーンを開催していることがあります。

キャッシュバックの金額や端末代金無料特典の有無、月額料金割引の金額などは時期によって異なる場合があるため、どのプロバイダがお得というのは時期(開催されている特典やキャンペーン)によって変わります。

特典・キャンペーンを含めると月額料金が少し高めでも他社より「実質料金」がお得になるケースがあるため、申し込む前には月額料金を含めて考えると良いでしょう。

契約期間で選ぶ

3つ目の基準は、契約期間です。

プロバイダ 契約期間 違約金
Broad WiMAX 2年もしくは3年 12ヶ月以内:20,900円
13~24ヶ月以内:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円
※3年プランの場合
GMOとくとくBB WiMAX 3年 1~12ヶ月以内:20,900円
13~24ヶ月以内:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円
※3年プランの場合
カシモWiMAX 2年もしくは3年 0~12ヶ月以内:20,900円
13~24ヶ月以内:15,400円
25~36ヶ月目以降:10,450円
※3年プランの場合
BIGLOBE WiMAX 1年 12ヶ月以内:1,100円
13ヶ月以降:無料
UQ WiMAX 2年 1,100円

2年プラン3年プランに分かれている場合は、プランごとに違約金が異なるほか、月額料金も違うため注意しましょう。上記のようにプロバイダによって契約期間が異なり、契約期間中の解約による違約金も異なる場合があります。

基本的に3年プランの方が月額料金は安めです。

契約更新月での解約ではどのプロバイダでも違約金は発生しないため、自分が想定する利用期間に合わせて選ぶと良いでしょう。

おすすめのWiMAXサービス5社を紹介

WiMAXのプロバイダは十数社ありますが、その中でもおすすめの下記5社を紹介します。

  • Broad WiMAX
  • GMOとくとくBB WiMAX
  • カシモWiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX

それぞれの月額料金や特徴について紹介します。

Broad WiMAX

Broad WiMAX

1つ目はBroad WiMAXで、特徴は下記のとおりです。

  • 2ヶ月目までの料金が安い
  • 36ヶ月目まで4,000円以下で利用可能
  • 初期費用20,743円は条件を満たすと無料
  • 他社から乗り換えで違約金最大19,000円負担

Broad WiMAXは、最初の3年間の月額料金がお得なほか、他社からの乗り換えでは最大19,000円分の違約金の負担があるプロバイダで、契約しやすいのが特徴的です。

注意点としては端末代金無料特典がない点と、初期費用として20,743円が発生するという点です。

初期費用20,743円は「クレジットカード払い」+「指定オプション2つへの加入」という条件を満たすと無料にできるため、お得に契約したい場合は条件を満たして申し込みましょう。

指定オプションとは「安心サポートプラス」「MyBroadサポート」という2つで、合計すると1,603円/月が基本月額料金にプラスされるため注意が必要ですが、契約後すぐに解約できます。

解約しても初期費用20,743円は無料になるため、不要と感じたのであればオプションは加入後すぐの解約がおすすめです。

項目 内容
※3年プランの場合
契約期間 3年間
月額基本料金 1〜2ヶ月目:2,090円
3〜36ヶ月目以降:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
端末代金 21,780円
初期費用 事務手数料:3,300円
初期費用:20,743円
契約解除料 12ヶ月以内:20,900円
13~24ヶ月以内:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円
速度制限の条件 直近3日間に通信量合計15GB以上で1Mbpsに制限

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX

2つ目はGMOとくとくBB WiMAXで、特徴は下記のとおりです。

  • 月額機の料金がずっと安い※2021年12月時点
  • 端末代金無料特典あり
  • 高額キャッシュバックキャンペーンあり

GMOとくとくBB WiMAXは、従来の「WiMAX2+」から高額キャッシュバックキャンペーンがあり、お得に契約できると評判のプロバイダです。

5G対応プランに移行した現在でもキャッシュバックキャンペーンが健在で、2021年12月時点では最大13,000円のキャッシュバックキャンペーンを開催しています。

また、新規入会特典として端末代金が無料のほか、通常5,302円の月額料金がずっと4,444円という特典もあるためおすすめです。

特典の内容は時期によって変わることがあるため、契約するのであればお得に契約できるタイミングを見計らって申し込みましょう。

項目 内容
契約期間 3年間
月額基本料金 1〜2ヶ月目:2,079円
3〜36ヶ月目以降:4,389円
37ヶ月目以降:4,444円
端末代金 0円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
契約解除料 1~12ヶ月以内:20,900円
13~24ヶ月以内:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円
速度制限の条件 直近3日間に通信量合計15GB以上で1Mbpsに制限

カシモWiMAX

カシモWiMAX

3つ目はカシモWiMAXで、特徴は下記のとおりです。

  • 月額料金に変動が少なくわかりやすい
  • 端末代金無料特典あり
  • 2年契約か3年契約かを選べる

カシモWiMAXは、他のプロバイダのような料金変動はなく、月額料金が一目でわかりやすくなっています。

初月の月額料金が安いほか、端末代金も無料のため、申し込みやすいのもカシモWiMAXの魅力の一つです。

プランは2年契約と3年契約が選べますが、2年契約にすると基本月額料金が300円ほど高くなるため、基本的には3年契約がおすすめです。

「ごちゃごちゃした料金形態は嫌い」という方はカシモWiMAXがおすすめです。

項目 内容
※3年契約の場合
契約期間 3年間
月額基本料金 初月:1,408円
1ヶ月目以降:4,455円
端末代金 0円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
契約解除料 0~12ヶ月以内:20,900円
13~24ヶ月以内:15,400円
25~36ヶ月目以降:10,450円
速度制限の条件 直近3日間に通信量合計15GB以上で1Mbpsに制限

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX

4つ目はBIGLOBE WiMAXで、特徴は下記のとおりです。

  • 1年契約で自動更新なし
  • 高額キャッシュバック特典あり
  • 13ヶ月目以降は違約金なしで解約可能

BIGLOBE WiMAXはWiMAXプロバイダの中では珍しくたった1年という契約期間の短さです。

1年経過後に自動更新がないため13ヶ月以降はいつ解約しても違約金0円というメリットがあり、短期利用を考えている人におすすめです。

端末代金無料特典がない点は残念ですが、2021年12月現在では最大15,000円のキャッシュバック特典があります。

「少しの期間だけ利用したい」「1年以上は使うが、その後すぐに解約するかもしれない」という方は、BIGLOBE WiMAXがおすすめです。

項目 内容
契約期間 1年間
月額基本料金 24ヶ月目まで:4,378円/月
25ヶ月目以降:4,928円/月
端末代金 21,912円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
契約解除料 12ヶ月以内:1,100円
13ヶ月以降:無料
速度制限の条件 直近3日間に通信量合計15GB以上で1Mbpsに制限

UQ WiMAX

UQ WiMAX

5つ目はUQ WiMAXで、特徴は下記のとおりです。

  • WiMAXの提供元でサポートが充実
  • 街中の店舗でも契約できる
  • 違約金が1,100円で解約しやすい

UQ WiMAXはWiMAXの提供元ですが、他社に比べて月額料金面のメリットはそれほど多くありません。

しかし、UQスポットと呼ばれる街中の店舗でスタッフに相談・質問しながら契約できるほか、提供元のためサポート面でも充実していると評判です。

端末代金無料特典やキャッシュバック特典がないため、少し損に感じる方もいるかもしれませんが、契約解除料が一律で1,100円なため「いつでも好きな時に高額な違約金を払わず解約したい」という方にもおすすめです。

項目 内容
契約期間 2年間
月額基本料金 1〜24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,818円
端末代金 21,780円
初期費用 3,300円
契約解除料 1,100円
速度制限の条件 直近3日間に通信量合計15GB以上で1Mbpsに制限

まとめ

ポケットWiFiを探しているのであれば、下記のようなメリットがあるWiMAXがおすすめです。

  • ポケットWiFiの中でも通信速度が速い
  • プロバイダが多く選択肢の幅が広い
  • 5G対応プランが開始している

どのプロバイダを選んでもWiMAXの通信の品質については変わらないため、選ぶのであれば「月額料金」「特典・キャンペーン」「契約期間」を比較しながら選びましょう。

プロバイダは十数社ありますが、その中でも特典や料金がお得なプロバイダは下記のとおりです。WiMAXの契約を検討しているのであれば下記の5社の中から選んでください。

プロバイダ 月額料金 契約期間
Broad WiMAX 1〜2ヶ月目:2,090円
3〜36ヶ月目以降:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
2年もしくは3年
GMOとくとくBB WiMAX 1〜2ヶ月目:2,079円
3〜36ヶ月目以降:4,389円
37ヶ月目以降:4,444円
3年
カシモWiMAX 初月:1,408円
1ヶ月目以降:4,455円
2年もしくは3年
BIGLOBE WiMAX 4,378円/月 1年
UQ WiMAX 1〜24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,818円
2年

特典・キャンペーンについては時期によって異なるため、契約を考えている時期に開催されているものをチェックしましょう。