アパートで光回線を契約するには?選び方のコツと注意点、オススメのお得な光回線5社

光回線のプランには「戸建てタイプ」と「マンションタイプ」の2種類があります。

「アパートタイプ」というものがないので、アパート住まいの人は光回線の契約について不明なことが多いのではないでしょうか。

結論からいうと、アパート住まいでも「戸建てタイプ」と「マンションタイプ」のどちらでも契約できることがほとんどです。

アパートで光回線を利用する際にまず確認するべきことや、契約の方法や注意点、お得でオススメな光回線をわかりやすく紹介するので参考にしてください。

アパートで考えられる光回線状況3つのパターン

アパート住まいで光回線を契約する場合、申し込む前に住んでいるアパート状況を調べることから始めましょう。

アパートにおける光回線の状況としては、下記の3つのパターンが考えられます

  • パターン①.光回線が全く導入されていない
  • パターン②.光回線設備はあるが各部屋への導入はない
  • パターン③.各部屋に光回線が導入されている

これら3つのどのパターンかによって、光回線の申し込みから利用開始までの流れが大きく変わります。

各パターンについて詳しく紹介します。

パターン①.光回線が全く導入されていない

1つ目のパターンは、住んでいるアパートに全く光回線が導入されていないパターンです。

光回線が全く導入されていない場合、利用したい光回線のホームページなどから新規契約する必要があります。

配線設備がないため工事が必要になるので、工事にあたっての管理会社や大家からの許可が必要という点が大きなポイントです。

流れとしては、まずアパートの管理会社から光回線導入に伴う工事の許可をもらい、それから光回線に申し込むという手順です。

工事は近くの電柱から光回線をアパートまで引く工事のため、開通まで時間がかかる場合があり、申し込みから2〜3週間ほどかかることが一般的です。

そのため、光回線を早く利用したい方は、早めの申込をおこないましょう。

パターン②.光回線設備はあるが各部屋への導入はない

2つ目のパターンは、アパートの光回線の設備はあるものの、部屋に回線が導入されていないパターンです。

アパートの管理会社や、他の住人によってすでにアパート共有部分に設備があれば光回線を使える可能性が高いです。

あとは共有部分から自分の部屋に配線を通すだけなので、電柱からの配線工事などが不要なため、1時間程度で工事が終わります。

別途工事が必要にならない限り管理会社などに許可を取る必要もありません。

パターン③.各部屋に光回線が導入されている

3つ目のパターンは、各部屋に光回線の配線が完了している場合です。

つまり、住んでいるアパート自体が光回線と契約しているパターンで、この場合は自分で申し込む必要がありません。

家賃に光回線の利用料も含まれていることが多く、ONUやルーターなど光回線を使うための機器さえ揃えれば使えるようになることがほとんどです。

ただし、速度が遅いなどアパートが契約している回線が気に入らない場合は、管理会社に申し出て自分で新しい回線に契約する必要があります。

自分で別の光回線に契約する場合は、それに伴う費用は実費になるので注意しましょう。

アパートで失敗しない光回線の選び方のコツ

続いてアパートで光回線を導入するにあたり、失敗しない光回線の選び方のコツを紹介します。

光回線の選び方のコツは下記のとおりです。

  • 光回線のサービス提供エリアから選ぶ
  • 通信速度の速さで選ぶ
  • 特典・キャンペーンを含めた実質料金で選ぶ

上記について、ひとつずつ詳しく解説します。

光回線のサービス提供エリアから選ぶ

光回線は提供会社によってサービス提供エリアが異なり、エリア内に住んでいなければ契約できません。

光回線で最もシェア率が高いNTT東西が提供する『フレッツ光』の回線は、ほぼ全国対応です。

一方で、『NURO光』など独自回線を提供している光回線は、サービス提供エリアが一部地域に限定されていることがあります。

また、全国対応の光回線でも、山間部など一部エリアではサービス提供エリア外になることもあるので、導入したい光回線を見つけた場合はまず自分のアパートがサービス提供エリア内かどうかを確認しておきましょう。

有名な光回線5社それぞれのサービス提供エリアを紹介すると下記のとおりです。

光回線 サービス提供エリア
ドコモ光 全国
auひかり 全国
ソフトバンク光 全国
So-net光プラス 全国
NURO光 北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、福岡、佐賀

通信速度の速さで選ぶ

サービス提供エリア内であることを確認したら、次は通信速度の速さを比較・検討しましょう。

光回線において、通信速度が速いとされているのは独自回線を提供している光回線です!

日本国内の光回線としては、NTT東西が提供する『フレッツ光』が約65%のシェア率を占めています。

ユーザー数が多いので信頼できるという面があるものの、フレッツ光は利用者が多いため回線が混雑しやすく速度が低下するということがあります。

一方で独自回線では、その会社が提供する独自の回線のため、混雑しにくく安定した通信速度が出ます。

光回線における独自回線提供会社として有名なのは『auひかり』や『NURO光』または各地方の大手電力会社の光回線サービスが挙げられます。

速度を求めるのであれば、独自回線を提供している会社から選ぶことをおすすめします。

特典・キャンペーンを含めた実質料金で選ぶ

通信速度がそれほど必要ではない方は、月額料金を比較して選ぶと思います。

しかし、光回線は月額料金ではなく”実質料金”で比較して選びましょう!

実質料金とは、月額料金だけではなく特典やキャンペーンも考慮した総合の金額のことを指します。

ただし、全ての光回線の実質料金を比較していると大変なので、ここでは大手5社の実質料金を表でまとめました。

※2021年4月時点の内容です

光回線 実質料金 月額料金 契約期間 初期費用 キャッシュバック・割引
※()内は申込窓口
ドコモ光 5,024円 5,720円 2年 事務手数料:3,300円
工事費用:0円
20,000円
(ネットナビ)
auひかり 3,896円 5,610円〜 3年 事務手数料:3,300円
工事費用:0円
65,000円
(NEXT)
ソフトバンク光 5,458円 5,720円 2年 事務手数料:3,300円
工事費用:26,400円
36,000円
(NEXT)
So-net光プラス 3,918円 6,578円 3年 事務手数料:3,300円
工事費用:0円
2年間:月額2,798円割引
NURO光 3,480円 5,217円 2年 事務手数料:3,300円
工事費用:0円
45,000円
(公式特設ページ)

上記のように、月額料金だけでみるとSo-net光プラスが高いですが、特典を含めるとソフトバンク光が最も高いという結果になります。

キャッシュバックキャンペーンで45,000円が還元されるNURO光の”実質料金”が最も安くなっていることがわかります。

月額料金だけで判断すると損をする可能性があるので注意しましょう。

スマホセット割

もう一つ重要なのが『スマホセット割』です。

スマホセット割とは、光回線に対応したスマホキャリアを一緒に利用することで、スマホの月額料金が割引になるサービスを指します。

有名光回線5社のそれぞれで適用できるスマホセット割は下記のとおりです。

光回線 キャリア 割引金額
ドコモ光 ドコモ 最大1,100円×利用台数分
auひかり au 最大1,100円×利用台数分
ソフトバンク光 ソフトバンク 最大1,100円×利用台数分
※月額550円のオプション加入が必要
So-net光プラス au 最大1,100円×利用台数分
NURO光 ソフトバンク 最大1,100円×利用台数分
※月額550円のオプション加入が必要

基本月額料金が他社より高くても、自分が利用しているスマホキャリアに合わせて光回線を選ぶとお得に契約できる可能性が高くなります。

スマホセット割は家族まで適用になるため、例えば家族4人でスマホセット割を適用すれば最大4,400円割引ということなります。

格安SIM・格安スマホの場合はスマホセット割が適用できない場合が多いため、その場合はシンプルに実質料金が安い光回線を選びましょう。

【最新版】アパートでオススメの光回線5社を徹底紹介!

続いては、アパートで契約する場合におすすめの光回線5社を紹介します。

前述のとおり、光回線は基本的に利用しているスマホキャリアに合わせて選ぶとお得な光回線が見つかります。

その他、各社の特徴も合わせて紹介していきます。

ドコモユーザーなら『ドコモ光』

ドコモ光は、ドコモユーザーにおすすめの光回線です。

ドコモ光の特徴は下記のとおりです。

  • v6プラス対応で混雑時にも安定した通信速度
  • 高性能なルーターを無料でレンタルできる
  • ドコモのスマホとのセット割が利用できる
  • サービス提供エリアが全国
  • 最大10Gbpsの超高速プランあり

ドコモ光はNTT東西の『フレッツ光』回線を提供する光コラボサービスで、全国どこでも申し込むことができます。

基本月額料金は5,720円と光回線としては一般的な価格ですが、ドコモのスマホとのセット割が適用できるため、ドコモユーザーであれば他の光回線よりもお得に契約することができます。

項目 内容
契約期間 2年間
※「契約期間なし」も選択可能
回線速度 最大1Gbps
※10Gbpsプランあり
月額基本料金 ■戸建てプラン
5,720円
■マンションプラン
4,400円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
工事費用 ■戸建てプラン
19,800円
■マンションプラン
16,500円
契約解除料 ■戸建てプラン
14,300円
■マンションプラン
8,800円
キャンペーン(公式) ・工事費無料
・dポイント10,000pt
お得な申込窓口
キャンペーン(ネットナビ)
・工事費無料
・20,000円キャッシュバック
・dポイント2,000プレゼント
・Wi-Fiレンタル無料
スマホセット割り 最大1,100円/月×利用台数割引

ドコモ光の一般プランの実測値は、実際のユーザーが投稿している「みんなのネット回線速度(みんそく)」を参照にして紹介すると下記のとおりです。

ネットを快適に利用するための通信速度は十分に出ていることがわかります。

時間帯 Ping 下り 上り
20.93ms 307.11Mbps 203.59Mbps
22.75ms 278.22Mbps 201.02Mbps
夕方 23.1ms 245.0Mbps 191.65Mbps
25.93ms 204.52Mbps 179.64Mbps
深夜 21.15ms 296.3Mbps 203.45Mbps

auユーザーなら『auひかり』

auユーザーであれば『auひかり』がおすすめです。

auひかりの特徴を紹介すると下記のとおりです。

  • 独自回線のため通信が安定しやすい
  • auのスマホとのセット割が利用できる
  • サービス提供エリアが全国
  • 乗り換えで最大121,000円のキャッシュバック特典
  • 最大10Gbpsの超高速プランあり

auひかりは、auのスマホセット割である『auスマートバリュー』が適用になり、最大1,100×利用台数分のスマホ代金が割引になります。

月額料金は戸建てプランで5,610円ですが、auユーザーであればスマホセット割でお得になるので、他社光回線よりおすすめです。

また、auひかりはフレッツ光ではなくKDDIが提供する独自回線のため、通信速度が安定して速いことにも定評があります。

項目 内容
契約期間 3年間
※マンションプランは2年
回線速度 最大1Gbps
※10Gbpsプランあり
月額料金 ■戸建てプラン
5,610円
■マンションプラン
4,180円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
工事費用 ■戸建てプラン
41,250円
■マンションプラン
33,000円
契約解除料 ■戸建てプラン
最大16,500円
■マンションプラン
最大10,450円
キャンペーン(25) ・工事費無料
・他サービスと同時加入で割引・キャッシュバックなど
・乗り換えで最大121,000円キャッシュバック
キャンペーン(NEXT) ・工事費無料
・60,000円キャッシュバック
・乗り換え違約金最大50,000円分キャッシュバック
スマホセット割り 550円〜1,100円/月×利用台数割引

auひかりの通信速度実測値を「みんなのネット回線速度(みんそく)」から参照すると下記のとおりです。

光コラボの実測値が200〜300Mbpsなのに対し、auひかりは独自回線のため400Mbps前後という速い通信速度を記録していることがわかります。

安定して速い通信速度を求める方にもおすすめな光回線です。

時間帯 Ping 下り 上り
17.16ms 480.35Mbps 394.15Mbps
18.81ms 436.97Mbps 362.19Mbps
夕方 17.07ms 399.24Mbps 356.82Mbps
18.16ms 372.05Mbps 313.45Mbps
深夜 16.09ms 487.77Mbps 409.11Mbps

エリア内なら地方限定の光回線もオススメ

auひかりは一応全国対応の光回線ですが、独自回線のためかNTT東西が提供するフレッツ光と比べると、利用できるエリアは広くありません。

そのため、一部地域ではサービス提供エリア外となる可能性もあります。

その場合は、下記のようにauスマホセット割が適用できる地域限定の光回線を検討してみましょう。

光回線 エリア 下り平均通信速度
コミュファ光 愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県 506.81Mbps
eo光 大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・福井県 413.37Mbps
MEGA EGG光 広島県・岡山県・山口県・島根県・鳥取県 315.6Mbps
Pikara光 香川県・愛媛県・徳島県・高知県 353.34Mbps
BBIQ光 福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県 314.93Mbps
auひかりちゅら 沖縄県 305.43Mbps

上記の光回線では、全ての会社でauスマホセット割が適用できます。

地域密着型の回線は通信速度が安定しやすく、サポートが丁寧と評判なため、サービス提供エリア内に住んでいるのであればおすすめです。

auのスマホセット割は、上記のように複数他社でも適用できるので、auひかりにこだわる必要はないというメリットがあります。

ソフトバンクユーザーなら『ソフトバンク光』

ソフトバンクユーザーなら、ソフトバンクのスマホセット割である「おうち割」が適用できる『ソフトバンク光』がおすすめです。

ソフトバンク光の特徴は下記のとおりです。

  • Pv6高速ハイブリッドでネットの混雑を避けられる
  • ソフトバンクのスマホとのセット割が利用できる
  • サービス提供エリアが全国
  • 最大10Gbpsの超高速プランあり

ドコモ光やauひかりと同じ理由で、ソフトバンクユーザーはスマホセット割が適用できるため、他社光回線よりもお得に契約することができます。

ただし、他社光回線では新規申し込みで工事費用が実質無料になるキャンペーンがありますが、ソフトバンク光は乗り換えの方限定で工事費用無料なのがちょっと残念ですね。

この後に紹介する『NURO光』でもソフトバンクのスマホセット割があるうえ、NURO光の方が通信速度も速いため、まずはNURO光を検討してみましょう。

自分の住んでいるアパートがNURO光のサービス提供エリア外だった場合は、全国対応のソフトバンク光を検討しましょう。

項目 内容
契約期間 2年間
回線速度 最大1Gbps
※10Gbpsプランあり
月額基本料金 ■戸建てプラン
5,780円
■マンションプラン
4,180円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
工事費用 26,400円
契約解除料 ■戸建てプラン
最大16,500円
■マンションプラン
最大10,450円
キャンペーン(公式) ・最大24,000円キャッシュバック
・乗り換え時の違約金満額負担
キャンペーン(エヌズカンパニー) ・36,000円キャッシュバック
スマホセット割り 550円〜1,100円/月×利用台数割引

ソフトバンク光もドコモ光と同じく『フレッツ光』回線を利用した光コラボのため、通信速度は200〜300Mbpsほどです。

auひかりのような独自回線ほどのスピードではありませんが、余程のことがなければ通信速度で困ることはないでしょう。

時間帯 Ping 下り 上り
18.99ms 324.38Mbps 185.76Mbps
20.13ms 295.4Mbps 178.93Mbps
夕方 18.54ms 283.2Mbps 181.88Mbps
21.61ms 249.88Mbps 171.13Mbps
深夜 18.51ms 310.93Mbps 189.43Mbps

格安SIMユーザーなら『NURO光』

スマホセット割が適用できない格安SIMを使っている人や、ソフトバンクユーザーの方は『NURO光』がおすすめです。

NURO光は下記のような特徴があります。

  • 最大通信速度が2Gbpsと高速
  • 月額料金が他社光回線に比べて安い
  • 4万円以上のキャッシュバックなどの特典がある
  • 独自回線で混雑時にも安定した通信が可能
  • 最大10Gbpsの超高速プランあり
  • ソフトバンクとのスマホセット割が利用できる

NURO光は独自回線のため通信速度が安定していることで有名で、45,000円のキャッシュバック特典や1年間980円の月額料金などが好評の光回線です。

ソフトバンクのスマホセット割の適用できるので、ソフトバンクユーザーにもおすすめで、特典を含めた実質料金もお得なためスマホセット割が利用できない格安SIMユーザーにもおすすめです。

ただし、NURO光は全国対応ではなく一部エリア限定の光回線のため、サービス提供エリア外に住んでいる場合は他社を検討しなければならなりません。

サービス提供エリア内に住んでいるなら、通信速度も料金も優秀なお得な光回線です。

項目 内容
契約期間 2年間
回線速度 最大2Gbps
※10Gbpsプランあり
月額基本料金 ■戸建て・マンションプラン
5,217円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
工事費用 ■戸建て・マンションプラン
44,000円
※割引により実質無料
契約解除料 10,450円
キャンペーン(公式) ・工事費無料
・45,000円キャッシュバック
・1年間月額980円
・3ヶ月お試しキャンペーン
スマホセット割り 550円〜1,100円/月×利用台数割引

通信速度の実測値を「みんなのネット回線速度(みんそく)」から参照すると下記のとおりです。

常に400Mbps以上のスピードが出ているため、ネット上でも「NURO光の通信速度は爆速」と好評です。

ただし、独自回線の配線にともなう工事に時間がかかることがあるため、NURO光は早めの申し込みがおすすめです。

時間帯 Ping 下り 上り
12.06ms 479.76Mbps 412.69Mbps
11.68ms 496.05Mbps 432.99Mbps
夕方 12.2ms 471.77Mbps 418.84Mbps
13.36ms 462.43Mbps 385.98Mbps
深夜 12.11ms 508.22Mbps 433.91Mbps

NURO光が対応エリア外なら『So-net光プラス』

住んでいるアパートがNURO光のサービス提供エリア外かつ、格安SIMユーザーの方は月額料金が安めな『So-net光プラス』がおすすめです。

So-net光プラスの特徴は下記のとおりです。

  • 最大2年間2,798円/月の割引
  • 工事費用実質無料
  • 月額400円の無線ルーターが無料レンタル可能
  • auのスマホとセットで500〜1,000円×利用台数割引

So-net光プラスの特徴は、契約から2年間は月額料金が2,798円割引になり、月額3,780円(戸建てタイプ)という低価格で光回線が利用できる点です。

月額3,780円は光回線の中でも最安値クラスで、スマホセット割が適用できない格安SIMユーザーにおすすめです。

また、So-net光プラスはauスマホセット割も適用できるため、auユーザーにもおすすめです。

ただし、割引は2年間で終了し、3年目以降は月額料金は他社光回線よりも高くなるので長期利用は注意しましょう。

項目 内容
契約期間 2年間
※「契約期間なし」も選択可能
回線速度 最大1Gbps
※10Gbpsプランあり
月額基本料金 ■戸建てプラン
3,780円〜6,138円
■マンションプラン
2,780円〜4,928円
初期費用
(事務手数料)
3,300円
工事費用 ■戸建て・マンションプラン
26,400円
契約解除料 ■戸建て・マンションプラン
22,000円
キャンペーン(公式) ・月額料金割引
・工事費実質無料
・無線ルーター貸し出し
キャンペーン(ライフサポート) ・工事費無料
・70,000円キャッシュバック
スマホセット割り 550円〜1,100円/月×利用台数割引

通信速度を「みんなのネット回線速度(みんそく)」から参照して紹介すると下記のとおりです。

auひかりやNURO光ほど速くはないですが、フレッツ光回線を提供している光コラボ系(ドコモ光やソフトバンク光)と同じ程度の速度という感じです。

これは、So-net光プラスもフレッツ光回線を提供している光コラボの一種なためですね。

いずれにしろネット利用には問題ないスピードですね。

時間帯 Ping 下り 上り
22.41ms 349.56Mbps 211.11Mbps
20.29ms 351.12Mbps 219.7Mbps
夕方 20.28ms 305.36Mbps 212.99Mbps
21.02ms 252.58Mbps 197.32Mbps
深夜 21.66ms 330.89Mbps 222.24Mbps

アパートで光回線を引く際の注意点

続いてアパートで光回線を引く際の注意点について簡単に紹介します。

光回線の契約を検討している方はチェックしておきましょう。

大家・管理会社から工事許可をもらう

現在住んでいるアパートに光回線の配線設備がなく、新規設置にともなう工事が必要な場合は、アパートの管理会社に許可をもらっておきましょう。

管理会社に電話して「光回線を契約したいんですが、工事の許可をください」と伝えればOKです。

無許可で工事をした場合、損害賠償などの可能性もあるので確実に事前承認を得ておきましょう。

もし何か特別な理由により、許可が下りない場合は諦めてポケットWi-Fiやホームルーターなどの工事不要の通信機器を使うしかないことも心得ておきましょう。

契約を検討している光回線の提供エリアを確認する

光回線があったとしても、まずは自宅のアパートがサービス提供エリア内かどうかを確認しておきましょう。

お得な光回線だとしても提供エリア外だった場合は契約できません。

この記事で紹介している光回線5社は、NURO光以外基本的に全国対応の光回線ですが、山間部など住んでいる場所によっては対象エリア外と判定される可能性もあります。

各社の公式サイトでサービス提供エリアは確認できるので、申し込む前に一度検索しておきましょう。

光回線 サービス提供エリア検索ページ
ドコモ光 東日本:こちらから
西日本:こちらから
auひかり こちらから
ソフトバンク光 東日本:こちらから
西日本:こちらから
NURO光 こちらから
So-net光プラス こちらから

工事も考慮して申し込む

光回線は申し込んだその日にすぐ使うことはできず、工事が必要なことも理解しておきましょう。

特にアパートに光回線の配線設備がなく、新規工事が必要な場合は申し込みから利用開始まで2週間〜3週間程度の時間がかかります。

引っ越しが多くなる4月など、申し込みが混雑するタイミングによっては開通まで数ヶ月かかることがあります。

特に2021年4月現在は、テレワークの普及もありどの光回線も工事までの時間がかかっているようです。

マンションプランと戸建てプランの特徴を理解しておく

光回線には一般的に『戸建てプラン(タイプ)』と『マンションプラン(タイプ)』があります。

どちらのプランになるかは、住んでいるアパートや契約する光回線によって異なるため明言できませんが、一般的には選べることが多いです。

それぞれのプラン(タイプ)の特徴を簡単に紹介すると下記のとおりです。

プラン(タイプ) 特徴
戸建てプラン ・回線を直接部屋に引くため回線を独占できる
・混雑する時間帯でも安定した速度が出やすい
・マンションプランより月額料金が少し高い
マンションプラン ・回線を共有部分から部屋に引くため回線を他の住居者と共有する
・混雑する時間帯は通信が遅くなることがある
・戸建てプランより月額料金が少し安い

つまり、戸建てプランは電柱から直接自分の部屋に回線を引き、マンションプランでは一度アパートの共有部分を経て自分の部屋に回線を引くということです。

回線を独占できるのは戸建てプランのため、確実に安定した通信を求めるのであれば戸建てプランがおすすめです。

各プランの特徴を理解し、自分にあったプランを選びましょう。

【Q&A】アパートに光回線を引く際によくある質問

最後にアパートに光回線を引く際によくある質問について、一問一答形式で紹介します。

Q1.アパートでも確実に光回線は契約できる?

工事ができない場合があるので「確実にできる」とはいえません。

工事不可と判断される具体的な理由として、下記のようなものがあります。

  • 配線が近隣の住宅に干渉する
  • 管理会社からの許可が下りない
  • 河川や国道などをまたく工事が必要
    (国からの許可が降りない)
  • 近くに電柱がない

どうしても光回線の工事ができない場合は、工事不要で利用できるホームルーターやポケットWi-Fiなどを検討しましょう。

Q2.アパートでも戸建てプランに契約できる?

アパートでも戸建てプランに契約することができます。

マンションによっては指定の光回線を使わなければいけないこともありますが、基本的には戸建てプランに契約できることが多くなっています。

戸建てプランに契約する場合、直接電柱から住戸へ回線を引く工事があるため、管理会社や大家に工事許可をもらっておきましょう。

Q3.アパートだと月額料金は安くなる?

アパートだからといって、月額料金が安くなったり高くなったりすることはありません。

マンションプランと戸建てプランでは月額料金が変わりますが、あくまでもプランによって変わるのであって、アパートだからという理由で月額料金が変わることはありません。

Q4.アパートだと工事費用は安くなる?

アパートという理由で工事費用が安くなることはありません。

工事は各光回線が定める一定の金額が請求されます。

また、状況に合わせて別途特別な工事が必要な場合、別途料金がかかることがあります。

「アパートだから」という理由で安くなったり高くなったりはしません。

Q5.アパートだと通信速度は遅くなる?

電波の状況によって速度が遅くなることがありますが、「アパートだから」という理由で質の低い回線になるということはありません。

ただしマンションプランの場合は同じアパート内の人と回線を共有することになるため、混雑する時間帯によっては速度が遅くなる可能性はあります。

Q6.古いアパートでも光回線は導入できる?

配線設備が設置できるのであれば光回線の導入は可能です。

配線設備を設置できるスペースと管理会社からの許可、配線経路の確保があれば可能です。

Q7.管理会社から工事の許可が下りなかったらどうすればいい?

工事の許可が降りなかった場合は、ポケットWi-Fiやホームルーターを使うか、引っ越すしかありません。

許可が下りなかったからといって勝手に工事はできません。

アパートで光回線が導入できなかったときのオススメWi-Fi

ポケットWiFiと光回線・ホームルーター!おすすめはどれ?

もしアパートで光回線が導入できなかった場合、ポケットWi-Fiかホームルーターを検討しましょう。

ポケットWi-Fiのおすすめは『WiMAX2+』、ホームルーターのおすすめは『ソフトバンクエアー』です。

ポケットWi-Fiの『WiMAX2+』

ポケットWi-Fiを検討するなら、その中でも月額料金がお得で通信速度も比較的安定している『WiMAX2+』がおすすめです。

WiMAX2+の特徴は下記のとおりです。

  • 工事不要でWi-Fiが使える
  • 外出先でも通信が可能
  • 他社ポケットWi-Fiに比べて速度が速い
  • プロバイダが充実していて特典がお得
  • 月額料金は3,500円〜4,500円

WiMAX2+の運営元はauのサブブランドである『UQモバイル』ですが、多数のプロバイダがありプロバイダ経由で申し込むとお得な特典とともに契約することができます。

WiMAX2+は『GMOとくとくBB』から申し込むと最大30,000円前後のキャッシュバック特典があるため、WiMAX2+を申し込むならGMOとくとくBB経由での申し込みがおすすめです。

通信速度は光回線に比べてかなり劣るため、オンラインゲームや高画質での動画視聴には向きませんが、簡単なネット利用であればWiMAX2+でも問題ありません。

利用回線 Ping 下り 上り
WiMAX2+ 71.29ms 38.3Mbps 6.16Mbps

その他WiMAX2+の詳細は下記のとおりです。

※下記はGMOとくとくBBで契約した場合です
※キャンペーンや特典によって内容が異なることがあります

項目 内容
契約期間 3年
初期費用 3,000円
端末代金 0円
月額基本料金 ギガ放題 ■1〜2ヶ月目
3,969円
■3ヶ月目以降
4,688円
7GBプラン 3,969円
キャッシュバック 最大30,000円
契約解除料
(解約月以外での解約)
■1~12ヶ月以内
20,900円
■13~24ヶ月以内
15,400円
■25ヶ月目以降更新月以外
10,450円

ホームルーターの『ソフトバンクエアー』

持ち運ぶ必要がなく、自宅でのネット利用ならホームルーターの『ソフトバンクエアー』がおすすめです。

ソフトバンクエアーの特徴は下記のとおりです。

  • 工事不要ですぐに使える
  • 最大65台まで接続可能
  • ソフトバンクスマホとのセット割あり
  • データ容量無制限
  • 速度制限なし
    ※混雑時など一時的な速度制限はあり

通信速度は光回線に劣りますが、ポケットWi-Fiの比べて若干速いうえ速度制限がないので、継続的なネット利用をするのであればポケットWi-Fiよりもソフトバンクエアーがおすすめです。

ApexのようなFPS系の通信速度が必要なオンラインゲームには向いていませんが、動画視聴など一般的なネット利用では問題ありません。

利用回線 Ping 下り 上り
Airターミナル4 54.42ms 45.62Mbps 6.17Mbps

その他ソフトバンクエアーの詳細は下記のとおりです。

項目 料金
ソフトバンクエアーのみ利用時 スマホセット割適用時
基本月額料金 5,368円/月
契約事務手数料 3,300円
月月割(36回) -1,650円/月
Softbank Airスタート割(12ヶ月) -1,188円/月 -638円/月
Airターミナル賦払金(36回分割)
(59,400円÷36回)
1,650円/月(36ヶ月)
合計/月 12ヶ月目まで 4,180円/月 4,730円/月
13ヶ月目以降 5,368円/月

ソフトバンクエアーは『モバレコAir』という代理店から申し込むと、公式サイトよりもお得な値段で契約できるため、ソフトバンクエアーを検討している方はモバレコAirからの申し込みをおすすめします。

項目 1〜2ヶ月目 3〜12ヶ月目 13〜24ヶ月目 25ヶ月以降
基本月額料金 5,368円
モバレコ限定
月額キャンペーン
-3,201円 -1,689円 -1,689円 0円
合計 2,167円 3,679円 3,679円 5,368円

まとめ

アパートで光回線を契約する場合、まずやるべきことはアパートの光回線状況を調べることです!

状況 対応
光回線の配線設備がない アパートの管理会社に工事許可をもらい、光回線を導入する
光回線の配線設備はあるが自宅まで配線されていない 光回線に申し込み、自宅に配線してもらう
光回線の配線設備はあり自宅まで配線されている ルーターなどを用意して光回線を利用する

アパートがすでに光回線を導入していれば楽ですが、そうでない場合は自分で管理会社に許可を取ったり、契約する光回線を選ぶ必要があります。

おすすめの光回線は、自分が利用しているスマホを元に選ぶ方法です!

スマホキャリア別の対応光回線は下記のとおりです。

※格安SIMなどスマホセット割がない場合は、NURO光もしはSo-net光プラスがおすすめです

光回線 キャリア 割引金額
ドコモ光 ドコモ 最大1,100円×利用台数分
auひかり au 最大1,100円×利用台数分
ソフトバンク光 ソフトバンク 最大1,100円×利用台数分
※月額550円のオプション加入が必要
So-net光プラス au 最大1,100円×利用台数分
NURO光 ソフトバンク 最大1,100円×利用台数分
※月額550円のオプション加入が必要