私のモバイルWiFi事情(専業ライター・30代 男性)

私は仕事柄外でPCでの作業をすることが多いため、据え置き型のWiFiステーションではなく、持ち運びできるモバイルWiFiルーター(WiMAX)を契約している。確かに持ち運びできるのは便利なのだが、100%満足な使い勝手とはいかないのが悩みだ。それは突発的に発生するギガ不足である。

オンライン業務の悩みは大容量通信

私は取材や編集で生計を立てている。PCで取材記事を書いたりネットに記事をあげたり、いわゆるライターとしての仕事が日々の営みだ。固定のオフィスに出勤の必要がなく、PCさえあれば自宅でも外出先でもすぐにオフィスと化すことができる。

「PCを使うとはいっても文章を書くだけなんだから、そんなにギガ不足になる程データ容量使わないんじゃない?」と思う方もいるかもしれない。いやいやどうして、これがなかなか容量を食うのである。

例えば写真。みなさんも日々インターネットで様々なネット上の記事をご覧になるはずだ。こう言った記事に挿入するために写真をインターネット上にアップロードしたり、さらに写真素材サイトからダウンロードするのもデータ通信量を消費する。1枚や2枚ならまだしも、数十枚をダウンロード・アップロードするような日には、2GB程度なら軽く消費してしまう。

これが動画であればもっと事態は深刻だ。例えば記事を書くにあたって指定の動画を見ないといけないことがある。もしくは動画データをオンライン上で受け取ったり送ったりしなければいけないこともある。こういった業務が重なるとあっという間に5GB程度消費してしまうのだ。

一番使いたい時間帯に通信速度が遅くなる可能性も

現在筆者が使用しているWiMAXは、3日間で10GBに通信料が達すると速度制限が発生するタイプだ。大容量の通信を行う業務は数日間継続するケースが多いので、気がついたら10GBだったことは多い。

通信量が10GBに達すると明らかに速度が遅くなり、インターネットのサイトを開くだけでもかなり時間を要する。この通信制限が当日18時から翌日1時まで課せられてしまうのだ。

会社勤めをしている人なら帰宅して休んでいる時間なので、最悪ネットサーフィンやYou Tubeを見るのを我慢すればいいかもしれない。しかし、筆者はむしろ夜の時間帯に仕事をしていることが多いため、この時間の通信制限は痛手だ。

ネットを使用して情報収集をするのには通信制限は大きなストレスになる。最近のwebサイトは写真や動画などが埋め込まれて容量が大きくなっているものが多く、通信制限がかかるとなかなかサイトを読み込めない。情報収拾が進まず仕事の進捗に支障をきたすのだ。

通信制限について考えること自体がストレスに

もちろん、筆者は仕事のためだけにモバイルWiFiルーターを使用しているわけではない。You Tubeも見るしスマホゲームでも遊ぶしInstagramもAmazon Primeも利用する。しかし、通信制限があることで「今使っちゃうと明日あたりヤバイかも…」と気になり始め、純粋に楽しめなくなる。ましてやたくさん使って本当に通信制限がかかり、仕事に支障をきたした日には自己嫌悪すら覚えてしまう。

かといっていわゆる街で解放されているFree WiFiはそもそもの速度が遅いことが多いため、利用する気が全く起こらない。早く通信制限なく、安く利用できるモバイルWiFiはないものか…。通信制限を食らうたびにため息をつきながら考えたものだ。

「どんなときもWiFi」ならストレスがなくなる

そんな筆者にとって待望のサービスに思えたのが「どんなときもWiFi」だ。このサービスは「月額3,480円の定額制」「通信制限なし」の安くてストレスのない内容となっている。

特徴としては購入ではなくレンタルであること。これにより従来であれば発生した機種購入代金を抑えることが可能になっている。しかも、日本の大手通信キャリア3社のソフトバンク/ドコモ/auのLTE回線を、周囲の電波状況に応じて切り替えながら使用することが可能だ。キャリアがリリースしているモバイルWiFiルーターの場合、そのキャリアの電波障害が発生したり電波が弱いエリアでは役に立たなくなってしまうので、その問題が発生しないのは大きな強みと言える。

そして自動で通信を切り替えることを可能にしているのが「クラウドWiFi」の技術だ。クラウドWiFiではその場所での最適な通信を選んで通信を行ってくれるが、この複数回線を使える強みが「通信制限なし」も実現している。一つの回線だけでなく複数の通信回線を利用できるので、データ量がパンクする心配がないというわけだ。

「どんなときもWiFi」にもデメリットはある。初月だけ契約事務手数料3,000円がかかることと、あくまでレンタルのため自分のものにはならないことだ。しかし、手元に通信制限なしのモバイルWiFiを手にできることは変わらない。

筆者は今使用しているモバイルWiFiルーターの契約期間が終了したら「どんなときもWiFi」に乗り換えるつもりだ。通信制限のないストレスのない毎日が待ち遠しい。