データ通信容量上限なし!「限界突破WiFi」の口コミ・評判から第三者評価まで大調査

「限界突破WiFiって他のモバイルWiFiと比較してどう?」

 

「限界突破WiFiの速度って遅め?」

 

「限界突破WiFiの店舗で直接端末を使ってみたい」

 

 

など、『限界突破WiFi』について知りたいことはありませんか?

 

限界突破WiFiとは、「データ容量無制限で速度制限なし」「期間に関係なくずっと月額3,500円」で使えるモバイルWiFiです。

 

歌手の氷川きよしさんがイメージキャラクターということで、認知度も高まっていますが、果たして使いやすいのでしょうか?

 

このページでは、そんな限界突破WiFiについて、以下の点をお伝えします。

 

・月額料金や通信速度

・メリットとデメリット

・実店舗

・口コミ・評判

・申込みから解約の流れ

・オススメしたい人しない人

 

それでは、早速解説していきましょう!

 

限界突破WiFiとは?運営会社や料金などの基本情報

 

まず、限界突破WiFiとは、このようなサービスです。

 

・運営会社:エックスモバイル株式会社(2013年10月設立)

・月額料金:3,500円(税抜)

・事務手数料(初回のみ):無料

・通信速度:下り最大150Mbps・上り最大50Mbps

・データ容量無制限・通信制限なし

・日本国内だけでなく海外でも使える

・期間に関係なく、ずっと月額3,500円

 

運営元の「エックスモバイル株式会社」は、限界突破WiFi以外にも、格安携帯(SIM)などの通信サービスを展開しています。

 

また、限界突破WiFiは「モバイルWiFiのイメージ調査」にて、5部門で1位に輝いています。(ゼネラルリサーチ調べ 調査期間:2019年12月17日~20日)

 

限界突破WiFiについてさらに詳しく見ていきましょう。

 

限界突破WiFiの月額料金・データ容量・通信速度は?他のモバイルWiFiと比較検証!

 

限界突破WiFiと他のモバイルWiFiを比較しました。

 

  限界突破WiFi どんなときも Mugen WiFi めっちゃWiFi
月額料金 3,500円 ・3,480円(クレジットカード)
・3,980円(口座振替)
・「MUGENアドバンスプラン」:3,880円

・「MUGEN格安プラン」:3,280円

 

 

3,480円

事務手数料・登録料(初回のみ) 無料 3,000円  

3,000円

 

3,000円

データ容量 無制限 無制限  

無制限

 

無制限

通信速度 ・下り最大150Mbps
・上り最大50Mbps
・下り最大150Mbps
・上り最大50Mbps
・下り最大150Mbps
・上り最大50Mbps
・下り最大150Mbps
・上り最大50Mbps
特徴 ・無制限で使える
・期間に関係なく同じ料金

・海外(107ヶ国)も使える

・無制限で使える
・プランがシンプル
・海外(131ヶ国)も使える
・無制限で使える
・翻訳機能や地図機能がつくプランあり

・海外(134ヶ国)も使える

・無制限で使える

・期間に関係なく同じ料金

・海外(100ヶ国以上)も使える

(それぞれの月額料金は、基本料金から割引、期間の縛りなどを除いて記載しています。)

(調査した時点での情報です。)

 

どこも同じような感じですが、限界突破WiFiは「事務手数料がかからない」特徴がありますね。初期費用0円は大きいです。

 

そのため、一定期間のトータルで見ると、他のモバイルWiFiより限界突破WiFiが安くすみます。

 

では、限界突破WiFiにどんなメリットがあるのかも見ていきましょう。

 

限界突破WiFiはずっと月額3,500円で実店舗もある!メリットと特徴7つ解説

 

限界突破WiFiで、注目すべきメリットと特徴を7つ解説します。

 

・ データ容量無制限で速度制限もなくネットが使える

・ 期間に関係なくずっと月額3,500円のまま

・ 海外(107ヶ国)でも使える!料金も地域によって1日/300MBで380円と安め

・ 事務手数料は0円!初期費用がかからない

・ 端末に便利な機能が搭載!バッテリーも強い

・ 申込方法は2通り。Webからだけでなく店舗からでもOK

・ 端末は買取!レンタルではないので解約時に返却しなくてOK

 

それぞれ見ていきましょう。

 

データ容量無制限で速度制限もなくネットが使える

 

限界突破WiFiは、データ容量無制限で速度制限もなくネットが使えます。

 

従来では「1日1GB、2GBまで」「3日間で10GB超えると速度制限がかかる」などありましたよね?

 

しかし、限界突破WiFiではそんな縛りもなく、好きなようにネットが使えます。(ただし、他の利用者に影響が出る大容量の通信、不正利用などがあった場合、速度制限されることがあります。)

 

H4 クラウドWiFiのおかげで、トリプルキャリアのLTE回線が使用可能

 

こういった「データ容量無制限で速度制限もなし」を実現できるのは、「クラウドWiFi」のおかげです。

 

クラウドWiFiとは、クラウド上にSIM情報を保管しており、そのSIM情報を自由に取り出して使える技術のこと。

 

今までは、モバイルWiFiを使うにも、専用のSIMカードをモバイルWiFi端末に入れる必要がありました。そして、そのSIMカードのキャリアの回線しか使えなかったのですね。

 

クラウドWiFiだと、クラウド上にSIM情報が保管して使えるため、1つの回線に縛られません。ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアの回線に対応して使えます。

 

期間に関係なくずっと月額3,500円のまま

 

限界突破WiFiでは、「2年目以降に料金アップ」など、期間に関係なく、ずっと月額3,500円で使えます。

 

しかも、料金プランは月額3,500円の1プランのみ。複雑なプランはないので、悩まずに申し込めます。

 

!ポイント!

初月は日割りで使えます。開始月からいきなり月額料金を請求されることはありません。

 

海外(107ヶ国)でも使える!料金も地域によって300MB/1日で380円と安め

 

限界突破WiFiは、海外(107ヶ国)でも簡単に使えます。そのまま海外に持って行けるのでとても便利。

 

一部抜粋すると、限界突破WiFiでは、アジアの一部の国々で380円(300MB/1日)で使えます。

 

 国・地域 300MB/1日 1GB/7日 3GB/30日
中国・香港・台湾・韓国・マレーシア・ベトナム・インドネシア・タイ 380円 980円  

 

1,880円

マカオ・フィリピン 380円 980円  

2,980円

シンガポール 380円 1,480円  

2,980円

 

海外での料金の詳細は、こちらでご確認ください。

■【公式】エックスモバイル – X-mobile_限界突破WiFi

https://genkaitoppa.xmobile.ne.jp/

 

他のモバイルWiFiの安いプランで比較すると、このようになっています。

 

  限界突破WiFi めっちゃWiFi どんなときもWiFi
料金 一部のアジアの国々:380円(300MB/1日) 東南アジア:850円(3GB/1日) アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米:1,280円(1GB/1日)

 

限界突破WiFiは、この中でも一番安いですね!

 

ちなみに、環境や使い方もありますが、海外でも1日300MBは意外と大丈夫。

 

こちらのページ(容量プランの選び方 | 【公式】海外WiFiならグローバルWiFi https://townwifi.com/fairuse/)を見るとわかりますが、実は思いのほかできることが多めです。

 

大量に使わない限り、1日300MBでもそんなに困ることはないでしょう。

 

事務手数料は0円!初期費用がかからない

 

比較表で紹介した他のモバイルWiFiだと、いずれも事務手数料3,000円が必要でした。しかし、限界突破WiFiだと、はじめの事務手数料0円で、初期費用不要で使えます。

 

他と比べて、安くはじめられるモバイルWiFiです。

 

端末に便利な機能が搭載!バッテリーも強い

 

限界突破WiFiの端末は「jetfon P6」という端末を使っています。この「jetfon P6」は、そもそもスマートフォンで、AndroidをモバイルWiFi用に作り変えたもの。

 

以下の機能が搭載されています。

 

・ バッテリーが最大15時間

・ 地図アプリや翻訳アプリ

・ モバイルバッテリー

・ 端末の同時接続台数8台

・  5.7インチの大きな画面

 

他のモバイルWiFiだと、バッテリーは12時間のところもある中、強いバッテリーですね。

 

端末で地図アプリや翻訳アプリを使っても、別途料金発生しませんし、大きな画面で見やすいのも魅力。

 

後ほど口コミでも触れますが、「モバイルバッテリーとして助かっている」という声もあります。

 

申込方法は2通り。Webからだけでなく店舗からでもOK

 

限界突破WiFiは実店舗からでも申込みOK。実店舗からだと直接話も聞けますし、端末の使用感も確認できるので、安心感があります。

 

ぜひ、直接説明を聞きたい方は、限界突破WiFiの実店舗に足を運ぶことをオススメします。

 

実店舗の一覧はこちら。

 

■店舗一覧 | Xmobile

https://xmobile.ne.jp/shop/

 

端末は買取!レンタルではないので解約時に返却しなくてOK

 

限界突破WiFiの端末はレンタルではなく、買取りです。解約時に返却しなくていいため、とても楽です。

 

こういった無制限かつ事務手数料0円のモバイルWiFiで、返却しなくていいのは、かなりお得といえるでしょう。実際、紛失したり壊したりすると、賠償金で2万円近く請求されるモバイルWiFiもあるほどです。

 

多少キズが付いても大丈夫ですし、返却時のプレッシャーもなく使えて楽ですね。

 

!注意!

限界突破WiFiは、月額500円(税抜)で「端末補償オプション」をつけることもできます。ただし、紛失は補償対象外です。端末代は18,000円(税抜)なので、紛失には注意しましょう。

 

限界突破WiFiは速度が遅い?デメリットと注意点4つ解説

 

この章では、限界突破WiFiのデメリットと注意点もお伝えします。

 

・ 「接続が不安定になりやすい」「速度が遅い」の口コミもちらほら

・ 2年間の縛り期間、1年間の縛り期間がある。更新月もややわかりづらい

・ 端末が「大きい」「重い」などのいくつか不満の声もある

・ 支払方法はクレジットカード払いだけ。口座振替に対応していない

 

それぞれ見ていきましょう。

 

「接続が不安定になりやすい」「速度が遅い」の口コミもちらほら

 

口コミでも登場しますが、限界突破WiFiは、「接続が不安定になりやすい」「速度が遅い」といった声がいくつか見られます。

 

一方で、端末や環境によっても異なるようで、「問題なく使えている」という声もあります。

 

ただ、こういった環境による差や個体差は、限界突破WiFiに限らず、他のモバイルWiFiでもよく見られること。

 

ある程度、「環境や個体差があるんだ」と、知っておいた方がいいでしょう。

 

H4 定期的な「アップデート」で改善される仕組み

 

限界突破WiFiは、定期的にアップデートもされています。実際に「アップデート後は調子がいい」という口コミがありました。

 

アップデートは定期的にされるので、気になる方はアップデート後に様子を見るといいでしょう。

 

!ポイント!

どうしても接続が不安定な方には「初期契約解除」もあります。利用開始日から数えて8日までに連絡すれば、違約金なしで解除できます。

 

2年間の縛り期間、1年間の縛り期間がある。更新月もややわかりづらい

 

限界突破WiFiは、「2年間の契約期間 → 更新月 → 1年間の契約期間」があります。ちょっとわかりづらいですよね?

 

解約違約金について、他のモバイルWiFiと比較しました。

 

  限界突破WiFi どんなときもWiFi めっちゃWiFi
解約違約金 ・1ヶ月目~24ヶ月目以内: 18,000円

・更新月(25ヶ月目~27ヶ月目以内):0円

・28ヶ月目~36ヶ月目以内:5,000円

・12ヶ月以内:19,000円

・13~24ヶ月以内:14,000円

・更新月(25ヶ月目):0円

・26ヶ月目以降:9,500円

・1ヶ月目~24ヶ月目以内:9,800円

・25ヶ月目以降:0円

(それぞれ税抜です。)

 

つまり、限界突破WiFiは、

 

・2年(1ヶ月目~24ヶ月目以内)を待たずに解約すると、違約金が発生

・28ヶ月目~36ヶ月目も違約金が発生

・25ヶ月目~27ヶ月目以内だと違約金は発生しない

 

ということです。解約するタイミングには注意しましょう。

 

端末が「大きい」「重い」などのいくつか不満の声もある

 

限界突破WiFiの端末(jetfon P6)は、「大きい」などの口コミもあります。確かに、モバイルWiFiの端末で見ると大きめです。

 

確かに、よく大きいといわれる「iPhone 8 Plus」と似たようなサイズ感なので、持ち運びしづらいかもしれません。

 

  jetfon P6 iPhone 8 Plus
・サイズ(縦×横×厚さ)

・重量

・約152.9mm×約74.2mm×(最厚部)約8.5mm

・約162g

・158.4mm×78.1mm×7.5mm

・202g

 

H4 モバイルバッテリーとして使うと消耗しやすいかもしれない

 

jetfon P6は、元々スマートフォンとして開発された端末です。

 

そのため、「モバイルバッテリーで使い続けていると、早めに劣化するかも」との口コミも見られました。

 

モバイルWiFi以外の用途で、いたずらに使わない方がいいかもしれませんね。

 

支払方法はクレジットカード払いだけ。口座振替に対応していない

 

限界突破WiFiは、クレジットカード払いのみに対応しています。クレジットカードを持っていない方は、残念ながら使えません。

 

口座振替に対応しているモバイルWiFiだと、どんなときもWiFiがあります。他のモバイルWiFiを検討するといいでしょう。

 

限界突破WiFiの店舗は80店舗。実際に足を運んだり、電話で問い合わせるのもオススメ

 

繰り返しになりますが、限界突破WiFiは実店舗もあります。デモ機で試せるため、ぜひ、近くに住んでいる方は、足を運んでみることをオススメします。

 

実際に、「X-mobile Cafe shibuya」に電話問い合わせてみたところ、丁寧に答えてもらえました。

 

【X-mobile Cafe shibuya】

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3−18−5 佐藤エステートビル 本館1F

電話番号:03-6803-8223(10:00~21:00)

 

ちなみに、公式サイトのチャットでもオペレーターはいるのですが、残念ながら何度トライしても出てきませんでした…。

 

気になる方は、ぜひ実店舗などの電話で問い合わせてみるといいでしょう!

 

店舗一覧はこちら。

 

■店舗一覧 | Xmobile

https://xmobile.ne.jp/shop/

 

限界突破WiFiの口コミ・評判を紹介!

 

この章では、限界突破WiFiの気になる口コミ・評判も集めました。気になる口コミを参考になさってください。

 

いい口コミ・評判

 

限界突破WiFiのいい口コミはこちら。

限界突破WiFiのTwitter上の口コミは「快適に使えている」などの内容がみられました。

 

また、他の口コミでも、

 

・「ずっと動画視聴やオンラインゲームをしていたけど、制限がかからなかった」

・「バッテリーとしても使っている」

・「店舗でどんな感じなのか確認できる」

・「アップデート後、調子がいい」

 

といった内容も見られました。

 

いい口コミでは、総じてきちんと使えている方が多かったですね。

 

悪い口コミ・評判

 

悪い口コミも見ていきましょう。

Twitter上の悪い口コミでは、「不安定」「制限がかかっている?」「サポートセンターの対応が悪い」といった内容が見られました。

 

とくに、Twitter上では2020年3月あたりから通信障害があったのか、集中して上記のような口コミが見られましたね。

 

また、他の口コミでは、

 

・「ほとんど、ソフトバンク回線にしかつながらない」

・「下りは悪くないけど、上りがちょっと…」

・「ネット接続が切れる」

 

といった内容が見られました。

 

ユーザーが増えたことによって、回線利用者が多くなっていることも影響しているのでしょう。今後のアップデートや、対応に期待したいところです。

 

限界突破WiFiの申込みと解約の流れは?公式サイトと店舗の両方から選べる

 

簡単に、限界突破WiFiの申込みと解約の流れもお伝えしておきますね。

 

申込みの流れ

 

限界突破WiFiの申込みの流れは、このようになっています。

 

1.公式サイトの「Webでお申し込み」 or 店舗から申し込む

2. Webからだと、必要事項の入力後、「本人確認資料のアップロード」をする

3.「申し込みのお礼メール」と「申込み完了のお知らせメール」が届く

4.端末が到着する

5. 端末の設定をして完了

 

Webからの申込みはこちら。

 

■【公式】エックスモバイル – X-mobile_限界突破WiFi

https://genkaitoppa.xmobile.ne.jp/

 

なお、店舗だと即日に端末を受け取れます。早く受け取りたい方は、お店に行くといいでしょう。

 

解約の流れ

 

限界突破WiFiの解約の流れは、このようになっています。

 

1. サポートデスクのメール・お客様お問い合わせフォーム・サポートデスク・店舗のいずれかから解約の旨を伝える

2. 解約完了のメールが届き、完了

 

限界突破WiFiは、返却作業がない分、圧倒的に楽ですね。

 

限界突破WiFiの解約締め切りは、毎月25日17:00まで。その日を過ぎると翌月扱いになるので注意しましょう。

 

それぞれの連絡先はこちら。

 

・サポートデスクのメールアドレス:faq@mosimosiix.jp

・お客様お問い合わせフォーム | Xmobile https://xmobile.ne.jp/inquiry-customer/

・サポートデスク:電話番号:050-1745-7355(営業時間:10:00~19:00 年中無休・年末年始はのぞく)

 

なお、サポートデスクは、基本的に利用者専用ダイヤルです。「つながりにくい」との口コミもあるので、解約が決まったら早めに連絡しましょう。

 

限界突破WiFiをオススメしたい人オススメしない人

 

ここまでお伝えしてきた内容を踏まえて、限界突破WiFiをオススメしたい人とオススメしない人もまとめました。

 

【限界突破WiFiをオススメしたい人】

・データ容量、速度無制限で使いたい

・初期費用0円ではじめたい

・一定期間以上で値上がりするのはイヤ

・海外旅行で、モバイルWiFiをレンタルするのがイヤ

・端末を返却するのがめんどう

・とりあえず2年間使ってみるつもり

 

無制限で楽しみたいだけでなく、初期費用0円がいい方や、レンタルがイヤな方は、ぜひ限界突破WiFiをオススメします!

 

一方、こういった方は限界突破WiFiをあまりオススメしません。

 

【限界突破WiFiをオススメしない人】

・確実に安定したネット環境がいい

・更新月がわかりづらいのはイヤ

・2年間使うかわからない

・端末が小さめがいい

・口座振替しかない

 

限界突破WiFiの解約違約金は、最大で18,000円。更新も、タイミングを外すと0円になりません。

 

また、どのモバイルWiFiにもいえることですが、端末に個体差があり、環境も影響を受けます。この点は、ある程度考慮しておくといいでしょう。

 

上記にあてはまる方は、他のモバイルWiFiなども検討してみることをオススメします。

 

限界突破WiFiのまとめ

 

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございました。最後に、限界突破WiFiについてまとめますね。

 

・月額料金は3,500円

・通信速度は下り最大150Mbps・上り最大50Mbps

・メリットは「ずっと月額3,500円」「初期費用0円」

・デメリットは「接続が不安定になりやすい」「縛り期間と更新月がわかりづらい」

・オススメする人は「無制限がいい」「初期費用0円ではじめたい」

・オススメしない人は「確実に安定したネット環境がいい」「更新月がわかりづらいのはイヤ」

 

限界突破WiFiは、データ容量と速度制限を受けずに使えます。さらに、解約後は返却もしなくてOK。後腐れなく使えるモバイルWiFiです。

 

そして、限界突破WiFiは、以下の点に注意しましょう。

 

・2年間と1年間の縛り

・1ヶ月目~24ヶ月目に解約すると18,000円、28ヶ月目~36ヶ月目に解約すると5,000円の違約金(25ヶ月目~27ヶ月目に解約すれば違約金は発生しない)

・端末を紛失したら、購入代として18,000円発生

 

限界突破WiFiが気になっていた方は、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょう?