マンションで光回線は使える?確認方法や導入手順・工事の流れを解説

「光回線を導入するには工事が必要だけど、マンションの場合はどうするの?」

マンションに住んでいる方やマンションに引っ越す予定の方は、こういった疑問を持っていませんか。すでに光回線が導入されていたり、無料でネットが使えたりと、建物によってネット環境が異なってきます。

この記事ではマンションに光回線を導入するための手順や工事の流れ、光回線が導入されているかどうかの調べ方などを解説していきます。

光回線を導入すれば、通信量を気にすることなく、モバイル回線よりも格段に速いネット環境を実現できますよ。

マンションに光回線を導入する手順

すでにマンションに光回線が導入されている場合とされていない場合では、必要な手続きが変わってきます。とくに導入されていない場合は工事が必要になるので、申し込んですぐにインターネットが使えるようにはなりません。

光回線が導入されているマンションの場合

すでにマンションに光回線が導入されている場合でも、工事が必要な場合とそうでない場合の2パターンがあります。1つはマンションの共用部分まで回線引いている場合と、もう1つは共用部分から、さらに各部屋まで回線を引いている場合です。

各部屋まで回線が引いてある場合は、申し込んで機器を繋げばすぐにインターネットが利用できます。

共用部分まで回線が引いてある場合は、そこから各部屋まで回線を繋ぐ工事をすれば利用できるようになります。工事は申し込んでから2週間~1ヶ月後に行うため、すぐインターネットが使えるわけではないので注意してください。

共有部分まで回線が引いてある 各部屋まで回線が引いてある
工事が必要 工事不要

いずれの場合もすでにマンションまで引かれている回線を使うので、基本的には回線を選べません。

しかしどうしても別の光回線を使用したい場合、業者によっては戸建てプランで対応しています。マンションに引かれている回線を使わず、新たに工事を行えば契約可能です。

ただし別の回線を引いてもいいかはマンションによって異なるので、申し込む前に管理会社や大家さんに確認しましょう。断られた場合別の光回線は使えないので、導入されている光回線を使うことになります。

光回線が導入されていないマンションの場合

マンションに光回線が導入されていない場合は、新たに工事をして光回線を引く必要があります。電柱から建物まで光回線のケーブルを引っ張ってくる工事が必要なため、少し大掛かりな工事が必要です。

そのため管理会社や大家さん、分譲マンションの場合は管理組合の許可も必要なので、導入できるかはマンションによります。許可が取れなかった場合は光回線は使えないので、申し込む前に確認しましょう。

許可が取れた場合は申し込んでから約1~2か月後に工事を行い、部屋まで回線を引いたらインターネットが利用できます。工事費用は10,000~20,000円ほどです。

マンションが光回線に対応しているか確認する

今住んでいるマンションが光回線を導入できるかは、以下の3つの方法で確認できます。

  • ネットで確認
  • 物件の設備情報で確認
  • 管理会社、大家さんに連絡

管理会社や大家さんに聞く場合は、どこの光回線業者を使っているか、もし別の回線を使いたい場合は可能かどうかを連絡して聞きましょう。

ここではネットで確認する場合の方法と、物件の情報を見る場合の注意点を紹介します。

ネットで光回線の導入状況を確認

光回線を導入できるかは、各光回線業者のサイトから確認できます。現在、主に導入されている光回線は以下の3つです。

  • auひかり
  • NURO光
  • フレッツ光

いずれも公式サイトの提供エリア確認から、住所や郵便番号を入力するとマンション名が出てくるので、そこで対応しているか確認できます。

auひかり NUNRO光 フレッツ光
au公式サイト NURO光公式サイト NTT西日本公式サイトNTT東日本公式サイト

少しややこしいのはフレッツ光の回線です。フレッツ光はNTTの回線ですが、NTTはこの光回線をほかの事業者にも貸す「光コラボレーション」という取り組みを行っています。

光コラボレーションとは?

光コラボレーションとはNTTの光回線をほかの事業者が借り、自社のサービスを合わせて提供する仕組みであり、これを「コラボ光」と呼んでいます。NTTの回線を使うことで日本全国に対応し、安定したサービスを提供できるようになりました。

ドコモ光やソフトバンク光、ビッグローブ光などの大手サービスもコラボ光です。

主なコラボ光サービス

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • ビッグローブ光
  • So-net光プラス
  • eo光
  • ぷらら光

これらコラボ光はNTTの回線を使っているため、フレッツ光・コラボ光導入済みのマンションであれば、工事不要でどのサービスも契約できます。(一部工事が必要な場合あり)

物件情報の設備から確認する

物件情報の設備欄には、建物がインターネットに対応しているかが記載されています。書き方によって意味が違ってくるので注意してください。

マンションにインターネット設備が導入されている場合は、以下のように記載されています。

  • インターネット完備
  • インターネット対応
  • 光ファイバー対応

書き方が統一されていないので、ほかにも「光回線完備」「フレッツ光対応」などいろいろあるので気をつけてください。

光ファイバー対応

光回線が共用部分まで引かれているので、契約して部屋まで引く工事をすれば、光回線のインターネットが利用できます。

インターネット対応

光回線かADSLが導入されています。ADSLだった場合は、新たに光回線を導入する工事が必要です。

インターネット完備

マンション単位で光回線・プロバイダと契約しており、各部屋まで配線も引いてあります。この場合は契約などの手続きが必要ないので、入居してすぐにインターネットを利用できるのがメリットです。

ただし回線やプロバイダは選べないので注意してください。また家賃はインターネット料金込みの金額になっています。

インターネット非対応マンション

インターネット非対応マンションは、新たにインターネット設備を導入できない建物です。この場合、光回線は利用できません。自宅で光回線を利用したいのであれば、物件を選ぶ際に確認しておきましょう。

光回線にこだわらなければ、ホームルーターを設置するなどして、インターネットの利用は可能です。

マンションの光回線契約から開通までの流れ

マンションも戸建ても、大まかな流れは同じです。ただし光回線未導入のマンションは、管理会社や大家さんに光回線を導入してもいいか確認してください。

  1. 光回線・プロバイダに申し込む
  2. 工事を行う
  3. 機器の設置

光回線・プロバイダに申し込む

契約する光回線が決まったら、まずは申し込みをします。

申し込みの際のポイントは同じ回線・プランでも、申し込み窓口によって特典が違うところです。光回線の申し込みはさまざまな代理店、家電量販店などでも行っていますが、キャッシュバックや割引きに差があります。

お得に契約するためには、いくつかの窓口を比べて選びましょう。実店舗は人件費などの固定費がかかるため、Webのほうが特典は良い傾向にあります。

申し込み時に工事の日程を決めますが、部屋への引き込みは立ち合いが必要なので、自宅にいる日を選ぶ必要があります。また申し込んでから2週間~1ヶ月ほどかかるので、そのつもりで日程を組みましょう。

工事を行う

多くのマンションではすでに光回線が使われているので、共用部分までは回線が引いてあります。その場合は共用部分から部屋まで回線を引く工事が必要です。

工事は1時間程度で終わります。ただし部屋に入ってもらって光コンセントを設置するため、立ち合いが必要です。すでに部屋まで回線が引かれている場合は、工事が必要ないので機器の設置だけでインターネットが利用できます。

機器の設置

工事が終わったらONU(光回線終端装置)とルーターを設置します。ONUとは光回線から送られてくる光信号を、デジタル信号に変換する装置です。従来のADSL回線で使われていた、モデムと同じ役割を担っています。

ONUだけでもインターネットは利用できますが、基本的にLANポートが一つしかなく不便なので、多くの場合はルーターを使うことになるでしょう。

ONUは回線事業者から、専用の物を借りて使用するのが一般的です。ルーターもレンタルできますが、使用目的に合わせて自分で購入する場合もあります。

ひかり電話やテレビなどのオプションサービスに申し込むと、ONUとルーターが一体になった製品を使ったり、ルーターを無料でレンタルできる場合もあるので、購入する前に確認してみましょう。

マンションで光回線を使うための仕組みと工事内容

ここまでの説明でも出てきましたが、マンションで光回線を使うには、共用部分を通して部屋まで回線を引く必要があります。そのため部屋まで導入済みだったり、共用部分までは導入済みだったりと、建物によってバラバラなのがややこしいポイントです。

仕組みとしてはそれほど難しくないシンプルな構造なので把握しておきましょう。

マンションで光回線が利用できる仕組み

まず光回線を利用するためには、近くの電柱から建物まで光ファイバーケーブルを引き込む必要があります。ケーブルは一旦共用部分まで引き込まれ、利用したい入居者は、そこから自分の部屋まで回線を引き込むという仕組みです。

マンションに引き込まれた光回線は、そこから各部屋までいくつかの方法で配線されます。

  • VDSL方式・・・電話回線
  • 光配線方式・・・光ファイバーケーブル
  • LAN配線方式・・・LANケーブル

主に使われている上記3つの配線方式で、純粋に光ファイバーケーブルだけを使っているのは光配線方式だけです。そのため通信速度に差が出てきます。

光配線方式とLAN配線方式は最大1Gbpsですが、VDSL方式は最大100Mbpsと、10分の1程度の回線速度です。

VDSL方式から光配線方式へは「オーナーからの許可」と「回線業者の基準以上の契約数」があれば変更できます。ただしマンション全体にかかわる少し大掛かりな工事になるため、許可が得られない可能性も高いです。

光回線を導入するための工事内容

光回線が導入されていないマンションの場合「電柱からマンション」までと「共用部分から部屋」までの、2段階の工事が必要です。

電柱からマンションまで光回線を引いた場合、建物の外壁にケーブルを引き込む穴をあける必要がでてきます。そのため管理会社や大家さんの許可は必須です。

共用部分まで回線を引いたら、そこから部屋まで配線し、コンセント部分を交換して機器を接続します。

工事まで1~2ヶ月ほどですが、大掛かりな工事になるため、場合によっては数か月かかる可能性もあるでしょう。

マンションにおすすめの光回線5社!

マンションは自分の使いたい回線が使えるとは限りません。インターネットを使うのは当たり前になっているので、多くのマンションではすでに光回線を導入しています。

しかしNURO光やauひかりなどの独自回線は品質が高く、コラボ光であれば事業者は選べるので、選択肢は少なくありません。ここで紹介する光回線であれば、どこを選んでも大きな不満なく利用できるでしょう。

so-net光プラス

引用:so-net公式サイト

so-net光プラスはNTTの回線を使用している光コラボレーション事業者のため、全国に対応し安定したサービスを提供しています。

so-net光プラスの最大の特徴は、月額料金が業界最安値クラスなところです。とくに最初2年間のマンションタイプの料金は月額2,480円と、かなり安く設定されています。

通常マンションの光回線は3,000~4,000円が相場なので、他社よりも圧倒的にお得に利用できます。

契約期間は3年で2年目以降の料金は4,480円に上がりますが、それを差し引いても3年間のトータルで見ると、多くの他社回線よりも安い料金設定です。

1~24ヶ月 25ヶ月~
月額料金 2,480円 4,480円

auユーザーの方であればauスマートバリューが適用されるため、auのスマホやタブレット1台ごとに500~1,000円の割引が受けられます。

その場合オプションであるソネット光電話(500円/月)に加入しなければいけませんが、それでも家族にau利用者が複数人いれば、料金を大幅に安くできるでしょう。

また次世代通信であるIPv6(IPoE)に対応しているため、回線が混雑していても影響を受けづらいです。

NURO光

引用:NURO光公式サイト

NURO光は光回線の中でも、とくに通信速度が速い回線です。他社の光回線では最大1Gbpsの回線速度ですが、NURO光では最大2Gbpsを通常のプランで提供しています。

実測値でも平均して300~400Mbpsの速度がでており、ほかの回線と比べてもトップの回線速度です。300~400Mbpsの速度が出ていれば、ほとんどの場合で不便を感じることなく利用できるでしょう。

下り平均速度 上り平均速度
NURO光 434.13Mbps 428.33Mbps

参照:みんなのネット回線速度

月額料金は4,743円と、マンションとしては少し高めの料金設定です。しかしNURO光は公式でお得な特典を付けており、月額料金を安くできます。

NURO光の選べる特典

特典 1年間 980円 NUROでんきセット割引 ひかりTVセット割引
月額料金 1年間980円 1年間100円 1年間1,500円

電気やひかりTVの申し込みなど条件はありますが、大幅に月額料金が割引されます。ほかには43,000円のキャッシュバックもあり、これらの特典から好きなものを選んで契約が可能です。

さらにNURO光では、どの特典を選んでも工事費40,000円が実質0円になるため、初期費用も少なく済みます。

またソフトバンクのスマホやタブレットを持っている場合は、1回線ごとに500円か1,000円の割引が適用されるため、ソフトバンクユーザーはとくにおすすめです。

ただしNTT回線ではなく独自回線のため、工事が必要になる可能性は高いです。

サービス提供エリアもまだ少ないため、利用できないマンションも多いので注意してください。

auひかり

引用:au公式サイト

auひかりはauユーザーにおすすめの光回線です。auユーザーの方はauスマートバリューが適用されるため、スマホ1台につき500~1,000円が割引されます。

auひかりもNTT回線ではなく独自回線のため、工事が必要になる可能性は高いです。しかし独自回線の場合は、NTT回線が混雑していても影響を受けないので、安定した通信と回線速度で快適に利用できるメリットがあります。

実際に回線速度の平均値は、NURO光に次いで2番目に速いです。

下り平均速度 上り平均速度
auひかり 358.7Mbps 322.68Mbps

参照:みんなのネット回線速度

マンションの月額料金は約3,400~5,000円の間で、マンションタイプによって変わります。

プロバイダが8社から選べるため、特典や料金から好きなところを選びましょう。ただし建物によっては選べないプロバイダもあります

なかでもとくにお得なのがGMOとくとくBBです。マンションの場合、最大51,000円のキャッシュバックが受けられ、工事費も実質無料になるためお得に契約できます。

ソフトバンク光

引用:SoftBank公式サイト

ソフトバンク光はソフトバンクスマホとの割引「おうち割 光セット」が適用されるため、ソフトバンクユーザにおすすめです。おうち割 光セットが適用される回線はソフトバンク光とNURO光だけなので、ソフトバンクユーザーはそのどちらかを選べばお得に利用できます。

ただソフトバンク光のマンション料金は3,800円なので、NURO光よりも1,000円ほど安いです。

またNURO光は独自回線のため対応エリアは限られていますが、ソフトバンク光はNTT回線を使っているコラボ光のため、全国に対応しています。

ソフトバンク光では次世代通信のIPv6に対応しているため、回線が混雑していても影響を受けづらいです。IPv6通信を利用するには、月額467円の光BBユニットをレンタルして接続しなければいけません。

ただ光BBユニットは「おうち割 光セット」の申し込み条件にも入っているため、ソフトバンクユーザーであれば申し込むことになります。そのため実質無料で、IPv6通信を利用できるのです。

ドコモ光

引用:ドコモ公式サイト

ドコモのスマホを使っていれば、1台あたり最大1,000円割引されるため、ドコモユーザーにおすすめの光回線です。ドコモのスマホが割引されるのはドコモ光だけなので、実質ドコモユーザーはドコモ光一択です。

ドコモ光もNTTの光コラボレーションのため、全国で利用できて安定した通信を提供しています。NTT回線なのですでに導入されているマンションも多いでしょう。

月額料金は3,800~4,200円までの間で、契約期間なしの場合プラス1,000円がかかります。

ドコモ光は24社のプロバイダから選べますが、とくにおすすめなのはGMOとくとくBBです。GMOとくとくBBでは、高額なキャッシュバックが受け取れ、さらに高性能なルーターをレンタルできます。

キャッシュバックは20,000円と、ドコモ光の中では最高水準です。dポイントも2,000ポイントもらえる上、2年ごとの契約更新のたびにさらに3,000ポイントがもらえるので、ドコモユーザーの方はお得に契約できます。

マンションの光回線は速度が遅い?

回線速度が遅くなる理由はいくつか考えられます。回線のスペックやプロバイダの処理能力、ルーターの性能、利用者が増えたことによる回線の混雑など、要因はさまざまです。

利用者が多いと回線が混雑して遅くなる

マンションは建物まで引き込まれた光ファイバーケーブルを利用者全員で共有する形になるので、利用者が多ければその分通信速度は遅くなります。利用者が多い夜間や休日ほど、通信速度が落ちるのはこのためです。

また地域の中で同じプロバイダを利用している人が多い場合も、回線が混雑して遅くなります。

改善策としては、IPv6(IPoE)という接続方式に変えれば通信速度の向上が見込めるでしょう。

IPv6(IPoE)とは簡単に言うと、混雑しているところを避けて通れる接続方式です。ネットワーク終端装置という混雑が起こる部分を通らないので、通信速度の低下が起こりづらくなります。

ソフトバンク光やビッグローブ光、so-net光プラスなど、大手プロバイダであれば対応しているので、速度が遅い場合は検討してみましょう。

VDSL方式は速度が遅い

VDSL方式はADSLと同じアナログの電話回線なので、たとえマンションまで光回線が引いてあったとしても、通信速度が落ちてしまいます。

電話線は光回線のようなノイズ対策が施されていません。そのため周囲の電磁波の影響を受けやすく、インターネットに接続できなくなったり、極端に遅くなったリする場合もあります。

しかしVDSL方式から光回線にするには大掛かりな工事が必要なため、オーナーの許可も下りづらくあまり現実的ではありません。ただマンションタイプの契約では許可が下りなくても、戸建てプランの場合は許可が下りる可能性はあります

マンションでも戸建てのプランは契約可能で、その場合マンション全体には工事が及びません。そのため戸建てプランならば許可が下りるケースはあります。

戸建てプランならば回線を共有するのではなく、自分専用に引き込むことになるので、マンションでのインターネット利用者が増えても影響を受けません。

ただし戸建てプランの場合は料金が少し高くなったり、退去するときに原状復帰が必要になることもあるので注意が必要です。

機器の不具合・性能不足

ONUやルーターなどの機器が原因で、通信速度が出ない場合もあります。不具合が起きて繋がりづらかったり、性能が足りなくて速度が出ないこともあるので、まずは機器の確認をしてみましょう。

ONUは回線業者から専用の物を借りるため、一般的なインターネットの利用に不便を感じるほど、スペックが不足しているということは考えづらいです。ただし熱によって不具合が起きることはあるので、インターネットにつながりづらい場合は、一度電源を切ってリセットしてみましょう。

ルーターは自分で購入する方も多いため、性能が足りてない可能性も考えられます。まずは契約した通信速度に対応しているか確認してみてください。またルーターも熱による不具合が起きるので、繋がりづらい場合は電源をリセットしてみましょう。

レンタルしたルーターは性能が良くなかったり、いろんなところで使ったものを整備して貸し出しているので、不具合が起きることもあります。

光回線を導入できないマンションはどうすればいい?

インターネット非対応マンションやオーナーに断られた場合は、光回線の導入はできません。ただ光回線にこだわりがなければ、インターネット自体は利用できます。

  • ホームルーター
  • モバイルWi-Fiルーター

これらの性能も年々上がっているので、Webサイトの閲覧や動画鑑賞など、一般的な使い方をする分には事足りるでしょう。

ホームルーターを設置する

ホームルータとはコンセントに接続するだけで利用できる、据え置きタイプのモバイル回線機器です。固定回線ではなく、スマホなどと同じ大手キャリアのLTE回線やWiMAX2+などの回線で接続するため、工事の必要はありません。

ホームルーターには以下のようなメリットがあります。

  • 工事不要ですぐ使える
  • 固定回線よりも料金が安い
  • 通信が安定している
  • 同時接続できる数が多い
  • 安価で手に入る

ホームルーターは固定回線よりも料金が安く、さらに本体も安価で手に入ります。スマホと同じようにSIMを交換すれば使えるため、フリマアプリなどの中古市場にも多く出回っており、自分の欲しいスペックのものを簡単に購入できるでしょう。

光回線と比べれば通信速度は劣りますが、モバイルWi-Fiルーターと比べると、ホームルーターのほうが安定して利用できます。同時に数十台の端末を接続できる製品もあるほどなので、家族や友人と同時に接続しても問題はありません。

またコンセントに挿すだけで簡単に使えるため、引っ越した際もエリア内であれば、面倒な手続きの必要なく利用できます。

家の中で使えればいいという方には、モバイルWi-Fiルーターよりもおすすめです。

モバイルWi-Fiルーターを利用する

モバイルWi-Fiルーターとは、持ち運びができる小型のWi-Fi通信端末です。こちらもホームルーターと同じ大手キャリア回線やWiMAX回線を利用しているため、同じ回線を利用しているスマホが使えれば、そのエリアでは利用できます。

モバイルWi-Fiルーターのメリットは以下の通りです。

  • 持ち運びができる
  • スマホの料金を安くできる
  • スマホの通信量を節約できる
  • 固定回線よりも料金が安い

モバイルWi-Fiルーターも光回線より料金は安いです。またスマホのプランを安くするなど、スマホと組み合わせて使えばトータルの料金を安くすることもできます。

ホームルーターとの大きな違いは、持ち運びができるため家でも外でも使えるところです。対応エリア内であればスマホの回線と同じように使えるので、とくに不便もなく使えるでしょう。

これまでスマホだけでは月末近くに通信制限がかかってしまった方でも、モバイルWi-Fiルーターと切り替えながら使えば、たっぷりインターネット利用できます。

ホームルーターよりも若干安定性に欠けますが、よほど重い作業をしなければ、モバイルWi-Fiルーターでも十分足りるでしょう。

まとめ

マンションに光回線を導入する前に、まずはマンションに光回線が導入済みかどうかを確認しましょう。導入されていなければ引き込み工事を行わなければいけませんが、導入されている場合でも、工事が必要な場合と必要でない場合があります。

  • 共用部分まで回線が引かれている→工事が必要
  • 部屋まで回線が引かれている→工事は不要

またマンションに引かれている回線がフレッツ光・コラボ光だった場合は、同じNTT回線を利用しているコラボ光は、引き込み工事なしで利用できます。

光回線が導入されているマンションは多いので、独自回線でなければ引き込み工事なしで利用できる可能性も高いです。

いずれにしてもマンションの場合は、管理会社やオーナー、管理組合などに許可を取る必要があるので、申し込む前に工事が可能か、確認を忘れないようにしましょう。