光回線は何種類あるの?違いや特徴・おすすめを詳しく説明!

「光回線のことを調べてると○○光が多すぎて種類や違いがわからない…」「光回線は何種類あるのか知りたい」

このような疑問をお持ちの人は多いのではないでしょうか。インターネットで光回線のことを調べていると、ドコモ光やNURO光、ソフトバンク光などたくさん出てきますよね。

しかし、これらの光回線の違いや種類を把握している人はほとんどいません。

そこでこの記事では、光回線の種類を説明していきます。光回線の種類が気になっている人や、サービス毎にどのような違いがあるのか知りたい人はぜひ参考にしてください。

光回線の回線網を提供する会社は2種類

光回線の回線網を提供する会社は2種類

光回線は「NTTの回線網の光回線」と「電力会社の回線網の光回線」の2種類に分けられます。光回線は光ファイバーケーブルという回線のことを言いますが、この光ファイバーケーブルはNTTか電力会社のどちらかしか所有していません。

マンションやアパートに導入されている光回線は、NTTか電力会社のどちらかのケースがほとんどのため、選べる光回線が限られていることが多いです。

ただし、管理会社や大家さんが許可してくれた場合は、さまざまな光回線が契約できます。

また、戸建て物件の場合は提供エリア内であればNTTでも電力会社でも選べます。提供エリアは住んでいる地域によって異なるため、申し込み前に確認しておきましょう。

光回線の回線網を利用しているサービス4つ

回線網を提供している会社は、前述のとおり「NTT」と「電力会社」の2つですが、この回線網を使って提供しているサービスは4つあります。

  • フレッツ光・光コラボ
  • 電力会社系光回線
  • auひかり
  • NURO光

それぞれのサービスで使っている回線網が異なるため、使えるエリアや通信速度は異なります。

1つずつ特徴を紹介していくので見ていきましょう。

フレッツ光・光コラボ

フレッツ光や光コラボは、NTTの回線網を使って提供しているサービスです。NTTは、以前は日本電信電話公社という名称で日本の回線産業を支えてきたため、全国に回線網が普及しています。

光コラボは、フレッツ光が使っている回線網をそのまま借りて提供しているサービスで、フレッツ光とプロバイダがセットになっています。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • ビッグローブ光
  • So-net光
  • @nifty光
  • 楽天ひかり など

上記のサービスは、すべて光コラボに該当するため覚えておきましょう。

電力会社系光回線

電力会社系光回線は、各地域の電力会社が提供しているサービスです。各地域によって使用している回線網が異なり、選べる光回線サービスも異なります。

  • コミュファ光
  • eo光
  • ピカラ光
  • メガエッグ光
  • BBIQ光

上記のサービスは、すべて電力会社系光回線に該当します。電力会社系光回線はNTTの回線網とは異なり、それぞれの電力会社が敷いた回線網を使っているため、回線網を使うユーザー数が限られています。

そのため、NTTの回線網を使うフレッツ光・光コラボより通信速度が速く安定しやすいです。

NURO光

NURO光はNTTが敷いたダークファイバーという回線網を使って提供しているサービスです。ダークファイバーはNTTが敷いていた使っていなかった回線網のことで、現在はフレッツ光・光コラボのどちらでも使っていません。

NTTの回線網を使っているため、フレッツ光・光コラボと同じ回線網だと思ってしまうかもしれませんが、フレッツ光や光コラボとは違う回線網を使っているため勘違いしないようにしましょう。

また、電力会社系光回線と同じく、NTTのダークファイバーを使ったサービスが少ないため、通信速度は速く安定しやすくなっています。

auひかり 結論

auひかりは、NTTの回線網と電力会社の回線網のどちらも使って提供しているサービスです。ただしNTTの回線網はフレッツ光や光コラボが使っているケーブルとは異なり、ダークファイバーのケーブルを利用しているため、フレッツ光・光コラボより通信速度が速く安定しやすいです。

またauひかりは、一部の地域では旧TEPCOひかり(現東京電力)が敷いた回線網を利用しています。

NTTのダークファイバーと、電力会社の回線網を利用しているため、エリアによって使う回線網が異なります。

どちらの回線網を使っているのか調べるには、申し込み時に「auホーム」「auホームs」のどちらが表示されているか確認してください。

「auホーム」と表示された場合は旧TEPCOひかり(現東京電力)が敷いた回線網、「auホームs」がNTTのダークファイバーを使っていると覚えておきましょう。

光回線サービスの選び方

光回線サービスの選び方

光回線の選び方を紹介していきます。

  • スマホセット割を確認
  • 月額料金の安さを確認
  • 通信速度の速さを確認
  • 対応エリアを確認

選び方を知っておくことで、契約後に後悔しなくて済むため、1つずつ見ていきましょう。

①スマホセット割を確認

光回線サービスは、提供会社によってスマホとのセット割引を行っています。

スマホとのセット割引を受けることで、毎月のスマホ代か光回線の月額料金が安く抑えられるため、セット割引が受けられる光回線サービスを選んだほうがお得です。

光回線サービス 対応スマホ
ドコモ光 docomo
auひかり au
ソフトバンク光 Softbank、Y!mobile
NURO光 Softbank
ビッグローブ光 au
BIGLOBEモバイル
OCN光 OCN モバイル ONE
DTI光 DTI SIM
IIJmioひかり IIJmio

スマホセット割引がある主要光回線は上記のとおりです。

人気の光回線サービスは、ほとんどの場合スマホセット割引が用意されているため、契約中のスマホに合わせて光回線を選んでも良いでしょう。

ただし、docomo・au・Softbankの最新プラン「ahamo・povo・LINEMO」はセット割引の対象外となります。これらの料金プランを契約している人は、スマホセット割引は受けられないため、月額料金やキャンペーンで光回線を選びましょう。

②月額料金の安さを確認

光回線サービスは、各社月額料金が異なるため安い光回線サービスを選ぶこともおすすめです。ただし月額料金だけを確認するのではなく「キャッシュバック金額」「工事費」も含めて確認しなければいけません。

月額料金を比較するときは、「月額料金+工事費-キャッシュバック」で比較すると、本当にお得な光回線を判断できます。

つまり、月額料金だけでなく、工事費がいくら発生するのか、キャッシュバックがいくら貰えるのかも含めて検討する必要があるということです。

月額料金だけで比較したり、キャッシュバックだけで比較したりすると、損をする可能性があるため注意しましょう。

③通信速度の速さを確認

光回線サービスは、最大通信速度は1~10Gbpsと変わらないものの、実行通信速度は提供サービスによって異なるため、契約前に利用者がどれくらいの通信速度が出ているのか確認しておきましょう。

光回線サービス 実行通信速度
フレッツ光 平均ダウンロード速度: 266.01Mbps
平均アップロード速度: 200.97Mbps
ドコモ光 平均ダウンロード速度: 254.93Mbps
平均アップロード速度: 199.36Mbps
ソフトバンク光 平均ダウンロード速度: 301.97Mbps
平均アップロード速度: 201.24Mbps
ビッグローブ光 平均ダウンロード速度: 257.79Mbps
平均アップロード速度: 205.69Mbps
コミュファ光 平均ダウンロード速度: 468.28Mbps
平均アップロード速度: 286.73Mbps
eo光 平均ダウンロード速度: 456.17Mbps
平均アップロード速度: 313.55Mbps
ピカラ光 平均ダウンロード速度: 340.85Mbps
平均アップロード速度: 222.84Mbps
メガエッグ光 平均ダウンロード速度: 359.14Mbps
平均アップロード速度: 220.11Mbps
BBIQ光 平均ダウンロード速度: 334.55Mbps
平均アップロード速度: 212.84Mbps
NURO光 平均ダウンロード速度: 486.04Mbps
平均アップロード速度: 430.77Mbps
auひかり 平均ダウンロード速度: 388.82Mbps
平均アップロード速度: 322.91Mbps

(通信速度の参考:みんなのネット回線速度

上記は、この記事で紹介する光回線サービスの実行通信速度をまとめた表です。

比較的速い光回線のみ紹介していますが、NTTが敷いたケーブルを使っているフレッツ光・光コラボはユーザー数が多すぎるため、他と比べると通信速度が遅い傾向にあります。

電力会社が敷いたケーブルを使っている光回線サービスや、NTTのダークファイバーを使っている光回線サービスは、通信速度が速い傾向にあるため、通信速度を重要視する場合はこれらから選ぶと良いでしょう。

④対応エリアを確認

光回線は選べるエリアが異なるため、料金などを確認したあとは対応エリアを調べることも必要です。

提供されている都道府県だと表示されていても、住所や物件によっては選べないことも多いため注意してください。

光回線サービス 実行通信速度
フレッツ光 東日本のエリア確認ページ
西日本のエリア確認ページ
ドコモ光
ソフトバンク光
ビッグローブ光
コミュファ光 エリア確認ページ
eo光 エリア確認ページ
ピカラ光 エリア確認ページ
メガエッグ光 エリア確認ページ
BBIQ光 エリア確認ページ
NURO光 エリア確認ページ
auひかり エリア確認ページ

上記は、この記事で紹介する光回線サービスのエリア確認ページをまとめたものです。

エリア確認ページにアクセスして、郵便番号や住所を入力することで対象エリア内か判断できるため、契約したい光回線サービスが見つかった場合は必ず確認しておきましょう。

光回線の種類ごとのおすすめ

光回線の種類ごとのおすすめ

光回線の種類ごとにおすすめの光回線サービスを紹介します。

  • フレッツ光・光コラボのおすすめ光回線サービス
  • 電力会社系のおすすめ光回線サービス
  • ダークファイバーのおすすめ光回線サービス

上記の種類に分けて、おすすめの光回線サービスを紹介していくため、1つずつ見ていきましょう。

フレッツ光・光コラボのおすすめ光回線サービス

フレッツ光・光コラボのおすすめ光回線サービスは、ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光の3つです。

ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光は、光コラボサービスの中でも通信速度が安定して速くなっています。また、それぞれ対応するスマホセット割引も異なるため、契約中のスマホに合わせて選びやすいです。

光回線サービス 月額料金 おすすめ申し込み窓口 おすすめする理由
ドコモ光 戸建て 5,720円~
マンション 4,400円~
GMOとくとくBB docomoスマホとのセット割引がある
20,000円キャッシュバック+WiFiルーター無料レンタル
(GMOとくとくBBからの申し込み時)
ソフトバンク光 戸建て 5,170円~
マンション 4,180円
アイネットサポート ソフトバンクスマホとのセット割引がある
38,000円キャッシュバック
(アイネットサポートからの申し込み時)
ビッグローブ光 戸建て5,478円~
マンション3,980円~
アウンカンパニー auスマホとのセット割引がある
BIGLOBEモバイルとのセット割引がある
最大62,000円キャッシュバック
(アウンカンパニーからの申し込み時)

ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光の月額料金や申し込み窓口をまとめた表が上記になります。

それぞれの光回線サービスが、3大スマホキャリアとのセット割引があるため、契約中のスマホに合わせて選ぶと良いでしょう。

また、ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光のいずれも、申し込み窓口が複数用意されており、申し込み窓口によってキャッシュバック金額や条件が異なります。

上記の表で紹介した申し込み窓口は「キャッシュバック金額が高額」「キャッシュバックの条件がない、非常に緩い」の条件に当てはまっているため、申し込み時は上記の窓口から手続きを行いましょう。

電力会社系のおすすめ光回線サービス

電力会社系の光回線サービスは、住んでいる地域によって選べるものが異なるため、住んでいる地域に合わせて選びましょう。

光回線サービス 月額料金 対象エリア
コミュファ光 戸建て 5,500円~
マンション 3,800円~
長野、静岡、愛知、岐阜、三重
eo光 戸建て 3,248円~
マンション 3,876円~
大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、福井
ピカラ光 戸建て 5,720円
マンション 4,400円
徳島県、香川県、愛媛、高知
メガエッグ光 戸建て 4,620円
マンション 3,520円
広島、岡山、鳥取、島根、山口
BBIQ光 戸建て 4,070円~
マンション 3,410円~
福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島

電力会社系の光回線サービスの月額料金と対象エリアをまとめた表が上記になります。

繰り返しになりますが、電力会社系の光回線サービスは、住んでいる地域によって選べる・選べないが変わってきます。

そのため、月額料金やキャッシュバックだけではなく、対象エリアに含まれているのか確認しましょう。

通信速度に関しては、多少差が出ることもありますが、基本的に電力会社系の光回線サービスは安定した通信速度が出るため安心してください。

ダークファイバーのおすすめ光回線サービス

ダークファイバーの光回線サービスは、住んでいるエリアによって選べる・選べないが変わるため、自分が住んでいる地域で選べるものを選びましょう。

光回線サービス 月額料金 おすすめ申し込み窓口 対象エリア
NURO光 戸建て 5,720円~
マンション 4,400円~
NURO光 公式サイト
■最大45,000円キャッシュバック
■工事費実質無料
北海道
関東(東京都、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨木)
東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
関西(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良)
中国(広島、岡山)
九州(福岡、佐賀)
auひかり 戸建て 5,170円~
マンション 4,180円
代理店NEXT
■最大65,000円キャッシュバック(ひかり電話加入が条件)
■工事費実質無料
北海道
東北(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)
関東(東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨木、栃木)
甲信越(新潟、山梨)
北陸(石川、富山、福井)
中国(鳥取、岡山、島根、広島、山口)
四国(香川、徳島、愛媛、高知)
九州(福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島)

NURO光・auひかりの月額料金・申し込み窓口をまとめた表が上記になります。

どちらの光回線サービスを選べる地域もありますが、どちらか一方しか選べない地域も多いため、まずはどちらが対象エリアか調べましょう。

どちらか一方しか選べなかった場合は、選べる光回線サービスを選び、どちらも選べる場合は使っているスマホに合わせて選ぶことをおすすめします。

ソフトバンクスマホユーザーはNURO光、auスマホユーザーはauひかりだとセット割引が受けられるからです。

ドコモユーザーや格安SIMユーザーの場合や、ソフトバンクやauの最新プラン(LINEMO・povo)を契約している場合は、通信速度が非常に速いNURO光を選ぶと良いでしょう。

光回線の種類に関するよくある質問

光回線の種類に関する良くある質問

最後に光回線の種類に関するよくある質問に回答していきます。光回線の種類でわからないことがある人は、最後まで読んで解決していきましょう。

ケーブルテレビ回線は光回線なの?

ケーブルテレビ回線で使われるケーブルは、同軸ケーブルというテレビのアンテナ線です。銅線を使ったケーブルのため光ファイバーケーブルとは異なるため、光回線ではありません。

厳密には光ファイバーケーブルは途中まで使われているものの、途中から同軸ケーブルを利用するため、自宅や部屋まで光ファイバーケーブルは届きません。

途中から同軸ケーブルになることが影響して、光回線より最大通信速度や実行通信速度は低下してしまうため注意しましょう。

VDSL方式やLAN配線方式は光回線なの?

VDSL方式やLAN配線方式は、マンションやアパートで採用されることがある配線方式です。

配線方式には光配線方式・VDSL方式・LAN配線方式の3つがありますが、自室まで光ファイバーケーブルが届く配線方式は光配線方式だけです。

フレッツ光の公式サイトには以下のような説明が記載されています。

棟内共用スペースに設置した回線終端装置から各戸までは、既存の電話回線用ケーブルを利用します。各戸には電話回線用モジュラージャックを経由して「VDSL宅内装置」を設置します。(3)のVDSL宅内装置の設置はNTT東日本が実施いたします。(工事の種類によってはお客さまにてVDSL宅内装置の設置を実施していただく場合があります。)

引用:集合住宅の導入工事と配線方式について

上記の記載を見ると、VDSL方式は途中から電話線を使い、LAN配線方式は途中からLANケーブルに切り替わっていることがわかります。どちらの場合も光ファイバーケーブルが部屋まで届かないため、光配線方式と比べてVDSL方式・LAN配線方式は最大通信速度が遅くなってしまいます。

  • 光配線方式の最大通信速度:1Gbps~10Gbps
  • VDSL方式の最大通信速度;100Mbps
  • LAN配線方式の最大通信速度:100Mbps

1,000Mbps=1Gbpsのため、光配線方式のほうが10倍以上速い通信速度が出ることになります。

光回線サービスを申し込んだ場合でも、VDSL方式・LAN配線方式になることもあるため、申し込み時にしっかりと確認しておきましょう。

光回線の料金が戸建てとマンションで違う理由は?

戸建ての場合は光ファイバーケーブルを自宅まで引きますが、マンションの場合は同じ建物の住人で光ファイバーケーブルを分け合って使います。そのため、導入が簡単に行えることが料金の違いに影響しています。

料金だけ見るとマンションプランのほうが良く感じるかもしれませんが、戸建ては光ファイバーケーブルを専有できるため混雑しにくく安定しやすいメリットがあります。

残念ながら戸建て物件でマンションプランを選ぶことはできないため、できるだけ安い戸建てプランがある光回線サービスを選ぶと良いでしょう。

マンションやアパートに住んでいる場合は、住んでいる物件によっては戸建てプランが選べることがあります。物件や光回線サービスによって選べるか変わるため、戸建てプランを契約したい人は光回線サービスに問い合わせてください。

光回線の種類を把握して自分に合ったものを選ぼう

この記事では光回線の種類を説明してきました。

光回線には「NTTの回線網の光回線」と「電力会社の回線網の光回線」の2種類あります。

  • フレッツ光・光コラボ:NTTの回線網を使った光回線サービス
  • NURO光:NTTの回線網(ダークファイバー)を使った光回線サービス
  • auひかり:NTTの回線網(ダークファイバー)と電力会社の回線網を使った光回線サービス
  • 電力会社系光回線サービス:電力会社の回線網を使った光回線サービス

先ほど説明した2種類の回線網を使った光回線サービスは、上記の4つに分けられます。

フレッツ光・光コラボは、ユーザー数が多いNTTの回線網を使っているため、他の光回線サービスと比べると通信速度が低下しやすいです。

速い光回線サービスを選びたい人は、NURO光・auひかり・電力会社系光回線サービスの中から選ぶことをおすすめします。