格安SIMに乗り換えたらメールアドレスはどうなる?無料でメールを使う方法も解説

「格安SIMってメールアドレスはもらえるの?」「格安SIMに乗り換えるとメールアドレスってどうなるの?」このような疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、格安SIMでメールアドレスはもらえるのか、メールアドレスがもらえる格安SIMはどこなのかを説明していきます。

格安SIMへの乗り換えを検討しているものの、メールアドレスがどうなるのかわからずに困っている方はぜひ参考にしてください。

格安SIMでメールアドレスはもらえる?

格安SIMは、一部の格安SIMを除きメールアドレスはもらえません。

また現在、docomo・au・Softbankなどで使っているキャリアメールは、格安SIMに乗り換えると使えなくなります。

キャリアメールとは「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」などのメールアドレスを指します。

これらのキャリアメールは、docomoなどを契約した際にもらえるメールアドレスですが、格安SIMに乗り換える場合は一切使えなくなってしまうため注意しましょう。

メールアドレスがもらえる格安SIM

メールアドレスがもらえる格安SIMは、「楽天モバイル・Y!mobile・UQモバイル・mineo・BIGLOBEモバイル・OCN モバイル ONE・Jcom Mobile」です。

格安SIM メールアドレス利用料金
楽天モバイル 無料
Y!mobile 無料
UQモバイル 月額料金220円
mineo 無料
BIGLOBEモバイル 無料
OCN モバイル ONE 無料
Jcom Mobile 無料

ほとんどの格安SIMは、メールアドレスを無料で付与してくれますが、UQモバイルは月額料金220円が発生してしまいます。

申し込み時に220円が発生するのではなく毎月220円が発生するため、勘違いしないように注意しましょう。

格安SIMでメールアドレスを取得する方法

格安SIMでメールアドレスを使う方法は以下の2つです。

  • フリーメールを取得する
  • メールアドレスを提供している格安SIMに乗り換える

メールアドレスを取得する方法を知っておくことで、キャリアから安心して乗り換えられるため1つずつ見ていきましょう。

フリーメールを取得する

フリーメールは、どこの格安SIMを選んでも取得できるメールアドレスのため、格安SIMユーザーが利用しやすいです。

フリーメールとは「Gmail・Yahoo!メール」などが知名度が高く利用者が多くなっています。

フリーメールは月額料金が発生せずに誰でも登録できるメールアドレスで、今後他の格安SIMに乗り換えても使い続けられるメリットがあります。

これからも格安SIMを使い続ける場合は、フリーメールを取得しておいたほうが、毎回メールアドレス変更を伝える手間などがかからなくなるためおすすめです。

メールアドレスを提供している格安SIMに乗り換える

「楽天モバイル・Y!mobile・UQモバイル・mineo・BIGLOBEモバイル・OCN モバイル ONE・Jcom Mobile」はメールアドレスを提供しているため、これらの格安SIMに乗り換えるとメールアドレスがもらえます。

そのためメールアドレスを提供している格安SIMに乗り換えるという方法でもメールアドレスは取得できます。

ただし、この方法でメールアドレスを取得すると、今後他の格安SIMに乗り換えるときに再度メールアドレスを取得しなければいけません。

今後乗り換えるつもりがない方であれば問題ありませんが、乗り換える予定がある場合はフリーメールを取得しておいたほうが手続きが楽になるでしょう。

フリーメールと格安SIMのメールアドレスを比較!

格安SIMでメールアドレスを使うためには、フリーメールでメールアドレスを取得する方法と格安SIMが発行するメールアドレスを使う方法の2種類あります。

それぞれのメリットやデメリットなどを表で比較するため、どちらが自分に合っているのか判断するためにご覧ください。

格安SIMで使えるメール メリット デメリット
フリーメール 月額料金が発生しない
複数のデバイスで使える
他の格安SIMに乗り換えても使える
迷惑メールに振り分けられることがある
格安SIMのメールアドレスと比べると信頼性が低いことがある
広告が表示されることがある
格安SIMのメールアドレス フリーメールより信頼性が高い
フリーメールをログインアカウントとして使用できないサイト登録に使用できる
広告が表示されない
選べる格安SIMが限られる
他の格安SIMに乗り換えると使えなくなる
有料オプションになる可能性がある

それぞれ特徴が異なるものの、月額料金0円で気軽に使いたい方や今後も他の格安SIMに乗り換える可能性がある方はフリーメール、選びたい格安SIMがメールアドレスを付与してくれる場合は格安SIMのメールアドレスを選ぶと良いでしょう。

また、キャリアメールや独自ドメインでなければ登録できないサイトのアカウントをお持ちの場合、メールアドレスを付与してくれる格安SIMを選びましょう。

おすすめのフリーメール2選

ここからは、格安SIMで使う際におすすめのフリーメール2つを紹介します。

  • Gmail
  • Yahoo!メール

それぞれの特徴やポイントを紹介していくためご覧ください。

Gmail

Gmailは世界的な大企業のGoogleが提供するフリーメールです。Googleアカウントを取得するときに作成するため、いつの間にか取得している人も多いでしょう。

Gmail 内容
ドメイン @gmail.com
保存容量 15GB

Gmailは無料で利用できるメールアドレスですが、保存容量が15GBと大きいことも特徴です。

スマホだけでなくパソコンからでも利用できるため、多くの方にGmailはおすすめできます。

Gmailは上記のページからアカウントを作成できるため、Googleアカウントを取得していない方は上記から登録してください。

Yahoo!メール

Yahoo!メールは国内で有名なYahoo!が提供するフリーメールです。国内の企業が作成しているため、日本人がわかりやすく使いやすい作りとなっています。

Yahoo!メール 内容
ドメイン @yahoo.co.jp
保存容量 10GB

Yahoo!メールもGmailと同じく無料で利用できますが、容量が10GBと若干少なくなっています。

ですが、ほとんどの人には問題ないデータ容量ですし、メールを保護することも可能なため安心してください。

Yahoo!メールのアカウントは上記のページから作成できます。

メールアドレスがもらえるおすすめの格安SIM2選

フリーメールより、メールアドレスがもらえる格安SIMを選びたい方は以下の格安SIMをおすすめします。

  • Y!mobile
  • UQモバイル

それぞれの月額料金や特徴を紹介、メールアドレス利用時の料金などを説明します。

Y!mobile

 

Y!mobileはキャリア用として使える「@ymobile.ne.jp」のメールアドレスが使える格安SIMです。キャリアメールと同等のサービスのため、申し込み不要、月額料金無料で絵文字などを送信できます。

Y!mobileプラン シンプルS シンプルM シンプルL
月額料金 2,178円
2回線目以降990円
3,278円
2回線目以降2,090円
4,158円
2回線目以降2,970円
月間データ容量 3GB 15GB 30GB
データ容量超過時の通信速度 データ容量超過時の通信速度300kbps データ容量超過時の通信速度1Mbps データ容量超過時の通信速度1Mbps
メールアドレス利用料金 無料

Y!mobileで使えるメールアドレスは、キャリアメールとほとんど変わらないため迷惑メールに振り分けられる心配もほとんどありません。

キャリアと同じ使い心地のメールアドレスが欲しい場合はY!mobileを選ぶと良いでしょう。

またY!mobileは、2回線目以降の契約だと月額料金が大幅に安くなります。そのため家族全員で格安SIMへの乗り換えを検討しているときにもおすすめです。

UQモバイル

UQモバイルは「@uqmobile.jp」のメールアドレスが使える格安SIMです。キャリアメールと同等のサービスとなりますが、月額料金220円が発生してしまいます。

UQモバイルプラン くりこしプランS+5G くりこしプランM+5G くりこしプランL+5G
月額料金 1,628円 2,728円 3,828円
月間データ容量 3GB 15GB 30GB
データ容量超過時の通信速度 データ容量超過時の通信速度300kbps データ容量超過時の通信速度1Mbps データ容量超過時の通信速度1Mbps
メールアドレス利用料金 月額料金220円

UQモバイルの月額料金をまとめた表が上記になります。

先ほど紹介したY!mobileと比べると、1人で契約した場合でも月額料金が安く抑えられていることが特徴です。

UQモバイルでメールアドレスを発行してもらうためには、毎月220円の料金が発生してしまいますが、メールアドレスを発行してもらっても1人で契約する場合はUQモバイルのほうが安く抑えられます。

そのため、1人で格安SIMへの乗り換えを検討している場合はUQモバイルをおすすめします。

格安SIMのメールアドレスに関する良くある質問

ここからは、格安SIMのメールアドレスに関する良くある質問に回答していきます。

メールアドレスに関することでわからないことがある場合は参考にしてください。

キャリアメールとは?

キャリアメールとは「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」などのメールアドレスのことです。

大手携帯会社のdocomo・au・Softbankが発行しているメールアドレスのことだと思っていただくとわかりやすいでしょう。

ただし、楽天モバイルに関しては2021年10月現在キャリアメールの提供は行っていません。楽天モバイルだけは当てはまらないと覚えておきましょう。

キャリアメールとフリーメール・格安SIMのメールアドレスは何が違う?

キャリアメールとフリーメール・格安SIMのメールアドレスの最大の違いは信頼性です。

格安SIMのメールアドレスは比較的信頼性が高くなっていますが、キャリアメールと比べると低いです。フリーメールは、誰でも簡単に取得できることから信頼性は低くなっています。

信頼性が低い場合は、友人や知人などにメールを送信した際に迷惑メールに振り分けられてしまう可能性があります。

2021年現在はフリーメールが普及してきたため迷惑メールに振り分けられにくくなってきていますが、キャリアメールと比べると振り分けられる可能性は高いです。

他にもキャリアメールは、契約中のスマホ端末でしか使えない特徴があります。フリーメールはパソコンやタブレットからでも利用できますが、キャリアメールパソコンなどからは利用できません。

格安SIMはフリーメール以外にアプリの使用もおすすめ

格安SIMでは、フリーメール以外にアプリを使ったやり取りもおすすめです。コミュニケーションツールとして最適なアプリは以下の2つです。

  • LINE
  • Messenger

それぞれの特徴を説明していくため、フリーメール以外を用いたコミュニケーション方法を知りたい方はご覧ください。

LINE

LINEは国内のユーザーが非常に多いアプリです。気軽に送信できるチャット機能だけでなく、音声通話・ビデオ通話・。グループ通話などにも対応しています。

LINEは月額料金無料で使えるため、格安SIMユーザー以外にもおすすめです。

2021年現在、メールアドレスを用いたメールより、LINEを使ったチャットでのやり取りのほうが多い人も増えています。

登録しておいて損はないサービスのため、まだ使ったことがない場合は格安SIM乗り換え時にアカウントを作成しておきましょう。

Messenger

MessengerはSNSで有名なFacebookが提供しているアプリです。Facebookユーザー同士がメッセージや通話を行えるため、Facebookを登録している人におすすめです。

またMessengerはFacebookだけでなく、Instagramでも利用できます。Facebookを登録していない人でもInstagramさえ利用していれば、連絡が送れるため使い勝手は良いでしょう。

MessengerもLINEと同じく月額料金が無料のアプリのため、FacebookやInstagramを登録している人はインストールしておきましょう。

フリーメールやアプリを使うと格安SIMでも快適!

この記事では格安SIMでキャリアメールは使えるのか、メールアドレスを発行してくれる格安SIMはあるのかなどを説明してきました。

格安SIMではキャリアメールは使えませんが、Gmailなどのフリーメールやメールアドレスを発行してくれる格安SIMを選ぶことでメールは利用できます。

フリーメールは月額料金なども発生せずに使えるメールアドレスのため、とくにこだわりがない場合はフリーメールがおすすめです。

格安SIMで発行されたメールアドレスが使いたい場合は、Y!mobileかUQモバイルのどちらかをおすすめします。

Y!mobileは複数人で利用するときに月額料金が安く抑えられる格安SIMで、UQモバイルは1人で契約するときでも月額料金が安く抑えられます。

人によってどちらを選ぶべきか変わるため、ご自身に合わせて選んでください。