モバイルルーターを徹底比較して分かったおすすめはここ!

モバイルルーターは自宅だけでなく外出先でもインターネットを使いたい人にピッタリのサービスです。ですが、モバイルルーターは数が多いですし、契約期間が定められているため気軽に試しにくいですよね。

そこで今回はモバイルルーターのおすすめを紹介していきます。また大手モバイルルーターを比較した表や、選ぶときのポイントなども解説していきます。

どこのモバイルルーターを選べばよいか分からない、おすすめのモバイルルーターが知りたいという人はぜひ参考にしてください。

2020年最もおすすめのモバイルルーターはWiMAXのW06

詳細は後から説明していきますが、最後まで読むのが面倒だという人は、WiMAX2+のW06というモバイルルーターを選びましょう。2020年11月現在、さまざまなモバイルルーターが選べますが、その中でもWiMAX2+のW06はスペック、コストパフォーマンスの両方で優れたモバイルルーターです。

WiMAX2+のW06をおすすめする理由は主に下記の5つです。

  • 最高通信速度が速い
  • 実効通信速度が速い
  • WiMAX2+のモバイルルーターは容量無制限
  • 初めての人でも操作しやすい
  • 端末代が0円になる

上記がWiMAX2+のW06をおすすめする5つの理由です。本当に上記の理由は正しいのか、WiMAX2+のW06と他のモバイルルーターを比較していくので見ていきましょう。

モバイルルーターを提供している5社を比較

まずは、モバイルルーターを利用できる5社を例に紹介します。

今回例として挙げたWiMAX2+・Y!mobile・THE WiFi・ゼウスWiFi・Mugen WiFiの比較表をご覧ください。

モバイルルーター提供社 月額料金 月間データ容量 下り実効通信速度
※全国平均
速度制限
WiMAX2+ 2,726円~ 無制限 47.5Mbps
※モバイルルーター:W06
3日間で10GB以上使った場合最大1Mbpsに制限
Y!mobile 7GBプラン:3,696円
上限なしプラン:4,380円
※端末代が追加で発生
7GB or 無制限 34.2Mbps
※モバイルルーター:603HW
7GB以上使った場合最大1Mbpsに制限(7GBプラン)
3日間で10GB以上使った場合最大1Mbpsに制限(上限なしプラン)
THE WiFi 4,280円~ 124GB
(1日4GB)
6.91Mbps 1日4GB以上使った場合最大128kbpsに制限
ゼウスWiFi 20GBプラン:1,980円
40GBプラン:2,680円
100GBプラン:1~3ヶ月目2,980円
4ヶ月目以降3,480円
20GB or 40GB or 100GB 16.96Mbps 20GB以上使った場合最大128kbpsに制限(20GBプラン)
40GB以上使った場合最大128kbpsに制限(40GBプラン)
100GB以上使った場合最大128kbpsに制限(100GBプラン)
Mugen WiFi 3,150円~ 100GB 16.17Mbps 100GB以上使った場合最大128kbpsに制限

下り実効通信速度というものは、私たちが実際に使う時に出ている通信速度のことで、本当に使っている人たちが通信速度を測定した平均値を記載しています。より詳しく下り実効通信速度が見たいという人は、通信速度の測定結果が載っている「みんなのネット回線速度」というサイトをご覧ください。

上記の表をご覧いただけると分かるかと思いますが、WiMAX2+のW06は、月額料金・月間データ容量・実効通信速度・速度制限のすべてが他のモバイルルーターよりも優れています。

つまり、WiMAX2+のW06は最もコストパフォーマンスが良いモバイルルーターなのです。

WiMAXのモバイルルーターを比較!

WiMAX2+のW06はコストパフォーマンス抜群の優れたモバイルルーターだということが分かりました。ですが、WiMAX2+ではW06以外にも複数のモバイルルーターが提供されています。そこで、WiMAX2+で提供されている他のモバイルルーターとW06を比較してみたのでご覧ください。

W06 WX06 W05 WX05
下り実効通信速度 47.5Mbps 22.59Mbps 44.22Mbps 27.27Mbps
連続通信時間 約430分 約500分 約390分 約8.1時間
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)
IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)
IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz対応)
IEEE802.11ac/11n/11a (5GHz帯)
IEEE802.11n/11g/11b (2.4GHz帯)
サイズ 約128×64×11.9mm 約111×62×13.3mm 約130×55×12.6mm 約111(W)×62(H)×13.3(D)mm
重さ 125g 127g 131g 128g
発売日 2019年1月 2020年1月 2018年1月 2018年11月

2020年11月現在、WiMAX2+で購入できるモバイルルーターの比較表が上記になります。

W06は2019年1月に発売されたモバイルルーターなので、良く知らないままだと2020年1月に発売されたWX06の方が優れているのではないかと思ってしまいがちです。

ですが、WX06は通信速度が優れているわけではなく、5GHz/2.4GHzを同時接続できることが特徴的なモバイルルーターなので、通信速度に関してはW06の方が優れています。

使っているスマホやPCが5GHz/2.4GHzで分かれている場合はWX06の方が便利ですが、5GHzの機器しか使っていない場合や2.4GHzの機器しか使っていない場合など、多くの場合はW06の方がおすすめです。

WiMAXのプロバイダはGMOとくとくBBが最もお得!

GMOとくとくBB WiMAX

ここまで、モバイルルーターを提供している5社の例、WiMAX2+のモバイルルーターを比較してきました。モバイルルーターはWiMAX2+のW06が最もコストパフォーマンスが高いことは分かっていただけたと思いますが、最後にプロバイダ選びについても説明していきます。

WiMAX2+のW06を購入するためには、販売代理店であるプロバイダを選ぶ必要があります。WiMAX+2のプロバイダは、固定回線とは異なり、どのプロバイダを選んでも通信速度は同じで、月額料金や端末代金が異なるだけです。

プロバイダ名 モバイルルーター料金
※W06
3年間の実質月額 3年間の実質総額 キャンペーン種別
GMOとくとくBB 無料 3,389円 125,423円 31,000円キャッシュバック
DTI WiMAX 無料 3,423円 126,670円 1~2ヶ月目無料
3ヶ月目1,180円割引
Broad WiMAX 実質無料 3,476円 128,626円 1~2ヶ月目1.285円割引
3~24ヶ月目600円割引
ASAHIネットWiMAX 無料 3,876円 143,440円 初月無料
1~12ヶ月目1,560円割引
13~36ヶ月目560円割引
So-net WiMAX 無料 4,055円 150,035円 1~12ヶ月目1,499円割引
13~36ヶ月目500円割引
BIGLOBE WiMAX 19,200円 4,093円 151,460円 15,000円キャッシュバック
UQ WiMAX 15,000円 3,880円 160,060円 なし

上記はWiMAX2+の主要プロバイダのモバイルルーター料金や、3年間の実質月額、キャンペーンなどを比較した表です。

WiMAX2+は光回線などと異なり、プロバイダごとに実効通信速度が変わるということはありません。WiMAX2+の実効通信速度はすべて選ぶモバイルルーター次第なので、W06さえ選べばどこのプロバイダを選んでも良いのです。

つまり、実質月額料金が安いプロバイダ選びがとても大切になります。

上記の表は3年間の実質月額料金、3年間の実質負担額が安い順番に並んでいるので、最もお得に実効通信速度が速いモバイルルーターを選びたい人はGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBは、高額キャッシュバックキャンペーンを行っているため、他のWiMAX2+プロバイダより安くW06を購入できます。また、W06のモバイルルーター代が発生しないため非常にお得です。

モバイルルーター比較時のポイント

先ほどはWiMAX2+のW06が最もコストパフォーマンスが高くおすすめのモバイルルーターだと説明しました。ここからは、より詳しくモバイルルーターを比較するときのポイントを説明していきます。

モバイルルーターを比較する時に見て欲しいポイントは以下になります。

  • 通信速度
  • 月間データ容量
  • 速度制限の有無
  • 月額料金
  • 契約期間

一つずつ説明していくので、モバイルルーターをもっと自分で比較したいという人はご覧ください。

通信速度

モバイルルーターを比較するときは、必ず通信速度を見る必要があります。また、公式ホームページなどに記載されている通信速度は最大通信速度なので、実効通信速度を見ることが大切です。最大通信速度と実効通信速度では大きな差がでることがあるため、最大通信速度だけで選ぶと通信速度が遅いモバイルルーターを選んでしまうことがあります。

大手が提供しているモバイルルーターの最大通信速度と実効通信速度を比較した表が下記になります。

プロバイダとモバイルルーター 最大通信速度 実効通信速度
WiMAX2+・W06 下り最大:1.2Gbps
上り最大:75Mbps
下り平均:47.5Mbps
上り平均: 7.18Mbps
Y!mobile・603HW 下り最大:612Mbps
上り最大:13Mbps
下り平均:34.2Mbps
上り平均:7.71Mbps
THE WiFi・U2s 下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
下り平均:6.91Mbps
上り平均:6.68Mbps
ゼウスWiFi・H01 下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
下り平均:16.96Mbps
上り平均:12.17Mbps
Mugen WiFi・U3 下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
下り平均:16.17Mbps
上り平均:9.27Mbps

(参考:みんなのネット回線速度

上記は「みんなのネット回線速度」でユーザーが測定した大手モバイルルーター提供会社の最大通信速度と実効通信速度です。上記の表を見ると、最大通信速度と実効通信速度に大きな違いがあることが分かるかと思います。

動画やオンラインゲームなどを楽しむときに必要な通信速度は画質やゲームの種類にもよって変わりますがYouTubeの4K画質が20Mbps程度なので、最大通信速度だけ見るとどこを選んでも問題ないように感じる人が多いでしょう。

参考:You Tube システム要件

ですが、実際に確認しなければいけないものは、最大通信速度の数値ではなく実効通信速度の数値です。実効通信速度を見ると20Mbps以上出ているモバイルルーターは、WiMAX2+のW06とY!mobileの603HWの2つだけです。

このように最大通信速度だけ見てモバイルルーターを選んでしまうと、思っていたより通信速度が遅い、快適に動画が視聴できないということがあるため、モバイルルーターを選ぶときは必ず実効通信速度で比較してください。

月間データ容量

モバイルルーターを比較する時に見て欲しいポイントの2つ目が月間データ容量です。月間データ容量とは、1ヶ月で使えるデータ容量のことで、例えばYouTubeを5分視聴したりTwitterなどのSNSを見ている時に消費していきます。

月間データ容量は多ければ多いほど自由にインターネットが使えるため、基本的には月間データ容量が多いモバイルルーターを選ぶことが大切です。大手が提供しているモバイルルーターの月間データ容量をご覧ください。

プロバイダとモバイルルーター 月間データ容量
WiMAX2+・W06 無制限 or 7GB
Y!mobile・603HW 無制限 or 7GB
THE WiFi・U2s 124GB
(1日4GB)
ゼウスWiFi・H01 20GB or 40GB or 100GB
Mugen WiFi・U3 100GB

上記の表が大手が提供しているモバイルルーターの月間データ容量です。WiMAX2+とY!mobileは月間データ容量無制限のプランが用意されていますが、他は1ヶ月に使えるデータ容量が定められています。

毎月使っているデータ容量を把握している人であれば、データ容量が決められたモバイルルーターを選んでも問題ありませんが、使うデータ容量が月ごとに変わることもありますし、急に在宅ワークに変わることもあり得るため、基本的には月間データ容量無制限のモバイルルーターがおすすめです。

ちなみに、HuluなどのVODサービスは1時間に250MB~1.8GBを消費します。

参考:ストリーミングのデータ通信量は、1時間あたりどのくらいですか?

最低画質であれば250MB、最高画質では1.8GB消費するということなので、月間データ容量が100GBのモバイルルーターを選んだ場合、Huluを最高画質で視聴すると5時間程度でデータ容量を使い切ってしまうということです。

2020年はVODサービスやYou Tubeなどが普及してきているため、100GB程度では足らない人も多いでしょう。なので、できるだけ月間データ容量は無制限のモバイルルーターを選んだほうが安全です。

速度制限の有無

モバイルルーターを比較する時に見て欲しいポイントの3つ目が速度制限の有無です。速度制限とはモバイルルーターごとに条件が違いますが、特定のデータ容量を消費してしまうと最大通信速度が極端に遅くなるというものです。

実効通信速度は、最大通信速度が上限となるため、最大通信速度に制限がかかった時点で実効通信速度も遅くなってしまいます。では大手が提供しているモバイルルーターの速度制限の表をご覧ください。

プロバイダとモバイルルーター 短期の速度制限 月間の速度制限
WiMAX2+・W06 3日間で10GBを超えると最大1Mbpsに制限 なし
Y!mobile・603HW 3日間で10GBを超えると最大1Mbpsに制限 なし
THE WiFi・U2s なし 1日4GB以上使った場合最大128kbpsに制限
ゼウスWiFi・H01 なし 20GB以上使った場合最大128kbpsに制限(20GBプラン)
40GB以上使った場合最大128kbpsに制限(40GBプラン)
100GB以上使った場合最大128kbpsに制限(100GBプラン)
Mugen WiFi・U3 なし 100GB以上使った場合最大128kbpsに制限

上記の表は大手が提供しているモバイルルーターごとの短期・月間の速度制限についてまとめたものです。

WiMAX2+のW06、Y!mobileの603HWは、3日間で10GBを超えると最大1Mbpsに制限というものがありますが、月間データ容量は無制限なので、月間の速度制限はありません。

反対にTHE WiFiのU2s、ゼウスWiFiのH01、Mugen wifiのU3は短期間の速度制限はありませんが、月間データ容量を超えた段階で翌月末まで速度制限になってしまいます。

ユーザー側からすると短期、月間のどちらも速度制限がないことが理想ですが、2020年11月現在では完全に制限のないモバイルルーターはありません。

ただし、WiMAX2+のW06、Y!mobileの603HWは、速度制限状態でも最大1Mbpsなのに対して、THE WiFiのU2s、ゼウスWiFiのH01、Mugen wifiのU3は速度制限時は最大128kbpsになります。

1000kbps=1Mbpsなので、速度制限状態でもWiMAX2+のW06、Y!mobileの603HWの方が10倍程度、速い通信速度が出ています。

また、WiMAX2+のW06、Y!mobileの603HWは、3日間で10GB以内に収まった段階で速度制限が解除されるため、制限が緩く使いやすい人は多いでしょう。

月額料金

モバイルルーターを比較する時に見て欲しいポイントの4つ目が月額料金です。モバイルルーターは、モバイルルーター代だけではなく、月額料金を支払わないとインターネットに繋がりません。毎月かかるものなので、月額料金はできるだけ安く抑えたいところです。

ですが、月額料金は公式ホームページに記載されている料金を見るだけでなく、キャッシュバックなどのキャンペーンが適用された場合の金額で考えましょう。まずは、大手が提供しているモバイルルーターの月額料金の表をご覧ください。

プロバイダとモバイルルーター 月額料金 キャンペーン 実質月額料金
WiMAX2+・W06
(GMOとくとくBB)
1〜2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
※ギガ放題プラン
最大31,000円キャッシュバック
端末0円キャンペーン
20日間返金保証
3,389円
Y!mobile・603HW 7GBプラン:3,696円
上限なしプラン:4,380円
※端末代が追加で発生
なし 3,696~4,380円+端末代(10,800円)
端末代は一括or36回払い
THE WiFi・U2s 4,280円 12ヶ月10GBプレゼントキャンペーン 4,280円
ゼウスWiFi・H01 1,980円(20GB
2,680円(40GB)
1~3ヶ月目:2,980円
4ヶ月目以降:3,480円(100GB)
なし 1,980~3,480円
Mugen WiFi・U3 3,150円 30日間全額返金キャンペーン 3,150円

上記の表は大手が提供しているモバイルルーターの月額料金、キャンペーン、キャンペーン適用時の実質月額をまとめたものです。

キャンペーンが適用されないときの月額料金を見るとWiMAX2+のW06はそこまで安くありませんが、最大31,000円キャッシュバックキャンペーンが適用されると実質月額はかなりお得になります。

WiMAX2+のW06より安いモバイルルーターは、ゼウスWiFiのH01、Mugen wifiのU3の2つですが、どちらも通信速度、月間データ容量ではWiMAX2+のW06より劣ってしまいます。

このように一見安く見える月額料金でも、キャンペーンの適用があるかどうかで実際の負担額は変わってくるため、キャンペーン適用時の月額料金で比較していきましょう。

契約期間

モバイルルーターを比較する時に見て欲しいポイントの5つ目が契約期間です。モバイルルーターを契約するときは、1~3年程度の契約期間が定められていることがほとんどです。契約期間内に解約する場合は、解約金が発生してしまうため、予め短い期間しか使わないと分かっている場合は短い契約期間のものを選ぶ必要があります。

では大手が提供しているモバイルルーターの契約期間の表をご覧ください。

プロバイダとモバイルルーター 契約期間 契約期間内の解約金 解約時に利用できるキャンペーン
WiMAX2+・W06
(GMOとくとくBB)
3年(自動更新) キャッシュバックキャンペーン:9,500~19,000円
月額料金割引キャンペーン:9,500~24,800円
20日間返金保証
Y!mobile・603HW なし or 2~3年(自動更新)
※なしは月額料金がかなり高くなる
さんねんプラン:9,500円
バリューセット:10,600~39,400円
バリューセットライト:10,200~26,400円
なし
THE WiFi・U2s 2年(自動更新なし) 9,800円 なし
ゼウスWiFi・H01 なし or 2年(自動更新なし)or 2年(自動更新あり)
※契約期間なし、自動更新なしは月額料金が高くなる
9,500円 なし
Mugen WiFi・U3 2年(自動更新なし) 1年未満:9,000円
1~2年未満:5,000円
30日間全額返金キャンペーン

上記の表は大手が提供しているモバイルルーターの契約期間・契約期間内の解約金・解約時に利用可能なキャンペーンをまとめたものです。

Y!mobileの603HW、ゼウスWiFiのH01は契約期間なしで契約できますが、月額料金が跳ね上がってしまうというデメリットがあります。最初から短い期間しか必要ないという場合は、短期間だけモバイルルーターをレンタルできるサービスを利用したほうがお得です。

WiMAX2+のW06は契約期間が3年と長いものの、通信速度が遅い・電波の繋がりが悪いというときは20日以内であれば返金してもらえますし、1年程度利用して固定回線などに乗り換えたい場合は、キャッシュバックキャンペーンの31,000円を使って解約することで解約金の負担を減らせます。

1年契約が良いという場合は負担額は高くなってしまいますが、WiMAX2+のW06が1年契約できるBIGLOBE WiMAX2+を選び、1年以上の契約期間で問題ないという場合はWiMAX2+のW06をGMOとくとくBBで契約すると最もお得です。

モバイルルーターの良くある疑問

ここからは、モバイルルーターについての良くある疑問に答えていきたいと思います。モバイルルーターのことで良く質問されることは以下の3つです。

  • モバイルルーターとポケットWiFiの違いは?
  • モバイルルーターの使い方は?
  • モバイルルーターだけ購入してSIMカードを別で購入することは可能?

上記の質問に一つずつ答えていくので、分からないことがある場合は見ていきましょう。

モバイルルーターとポケットWiFiの違いは?

モバイルルーターと良く似た言葉にポケットWiFiというものがあります。モバイルルーターとポケットWiFiは同じ言葉だと考えている人も多いですが、実は細かい違いがあります。

  • モバイルルーター:工事無しで利用できる持ち運び可能なルーター
  • ポケットWiFi:Y!mobile(旧イーモバイル)の商品名

モバイルルーターとポケットWiFiの違いは上記です。最初はポケットWiFiは、Y!mobileの商品名だったのですが、知名度が高くなっったことでポケットWiFiとモバイルルーターを混同して使用されるようになりました。

当サイトや他サイトでもモバイルルーターのことをポケットWiFiだと説明することも多いため、2020年現在ではモバイルルーターとポケットWiFiはほとんど同じ意味だと考えて問題ありません。

モバイルルーターの使い方は?

モバイルルーターの使い方は非常に簡単で、今回紹介した大手が提供しているモバイルルーターであれば、モバイルルーターが届いたら電源を入れるだけで使えるようになります。モバイルルーターの電源を入れて、スマホやPCの無線LAN設定を開き、モバイルルーターのSSIDを選びパスコードを入力するだけでインターネットに接続できます。

SSIDやパスコードは契約したモバイルルーターによって変わってくるため、送られてきた用紙をなくさないようにしましょう。

ただし、モバイルルーターだけ購入してSIMカードを別で購入する場合は、モバイルルーターとSIMカードを別で購入する場合はSIMカードをセットする必要があります。モバイルルーターとSIMカードを別々で購入する場合は、SIMカードの購入先から送られてくるSSIDやパスコードが必要になるため覚えておいてください。

モバイルルーターだけ購入してSIMカードを別で購入することは可能?

今回紹介した大手が提供しているモバイルルーターは、すべてモバイルルーターとSIMカードがセットになっています。ですが、モバイルルーターだけをAmazonや家電量販店で購入して、SIMカードを格安SIMなどで契約するということも可能です。

ただし、格安SIMをモバイルルーターで使う場合は、通信速度が遅くなる可能性がありますし、モバイルルーターとSIMカードがセットになっているより設定が面倒になってしまいます。

なので、始めてモバイルルーターを使うという人は、できるだけモバイルルーターとSIMカードがセットになっているものを選びましょう。

まとめ

この記事では大手が提供しているモバイルルーターを徹底比較してきました。モバイルルーターの数は非常に多くなっていますが、その中でもWiMAX2+のW06はコストパフォーマンス抜群で最もおすすめのモバイルルーターです。

  • 最高通信速度が速い
  • 実効通信速度が速い
  • WiMAX2+のモバイルルーターは容量無制限
  • 初めての人でも操作しやすい
  • 端末代が0円になる

WiMAX2+のW06をおすすめする理由は上記の5つです。WiMAX2+のW06以上の通信速度を求める場合は固定回線しか選択肢がありません。なので、快適に使えるモバイルルーターを探している人はWiMAX2+のW06をおすすめします。

また、自分でモバイルルーターを比較して選びたいという人は、必ず以下の5つを確認しましょう。

  • 通信速度
  • 月間データ容量
  • 速度制限の有無
  • 月額料金
  • 契約期間

上記のポイントをすべて確認することで、自分に合ったモバイルルーター、満足できるモバイルルーターが見つけられます。