ポケットWiFiが繋がらない・遅い7個の原因と対処方法を合わせて解説!

「ポケットWiFiにうまく繋がらない」「ポケットWiFiに繋いでるのに動画の読み込みが遅い…」このようなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

ポケットWiFiは手軽に使えるものの、うまくインターネットに接続できないことがあり、困ってしまうケースが目立ちます。

そこでこの記事では、ポケットWiFiに繋がらないときに確認する7個のことや対処方法を解説していきます。

この記事を読むことでスムーズにポケットWiFiに繋がるようになる可能性が高いため、繋がらないで困っている方はぜひ参考にしてください。

ポケットWiFiが繋がらないときに確認する7個のこと

ポケットWiFiが繋がらないときに確認する7個のこと

ポケットWiFiに繋がらないときは、以下の原因に当てはまっている可能性があります。

  • ポケットWiFiの充電を確認
  • スマホが機内モードに設定されていないか確認
  • 接続デバイスの受信設定を確認
  • 電池パックやSIMカードが正しくセッティングされているか確認
  • 料金の支払いが完了しているか確認
  • 速度制限にかかっていないか確認
  • 接続台数が上限に達していないか確認

それぞれ具体的な確認方法を説明していくので、1つずつご覧ください。

ポケットWiFiの充電を確認

急にインターネットに繋がらなくなった場合は、ポケットWiFiの充電がなくなってしまった可能性があります。ポケットWiFiの充電が切れてしまった場合は、画面やボタンを操作しても反応しないため確認してみましょう。

ポケットWiFiはルーターの種類によって充電の持ち時間が変わりますが、12時間程度で切れることがほとんどです。

そのため、朝から使い続けている場合は夜になると充電切れを起こす可能性が高いです。外出先などで使う場合は、省電力設定や電源オフなどを行うと長時間ポケットWiFiが使い続けられるため、あらかじめ設定しておくと良いでしょう。

スマホが機内モードに設定されていないか確認

ポケットWiFiやスマホなどの電子機器は、機内モードという通信を遮断するシステムが搭載されています。機内モードがオンになっていると、ポケットWiFiやスマホは電波を送受信しなくなるため、インターネットに接続できなくなります。

機内モードはいつの間にか設定していることがあるため、機内モードにした記憶がなくても確認しておいたほうが良いです。また、機内モードのオン・オフの切替で繋がることもあるため、機内モードの切替も試してみましょう。

接続デバイスの受信設定を確認

パソコンやスマホなどの接続デバイスでWiFiの設定がオフになっている場合は、ポケットWiFiに繋がりません。設定画面からWiFi設定は確認できるため、繋がらないときは確認しておきましょう。

WiFi設定がオンになっていても、OSのバージョンアップデートが行われていない場合繋がらないことがあります。OSやデバイスのアップデートは忘れずに行っておくと良いです。

また受信設定がオンになっていても、外出先では自分のポケットWiFiではなく、フリーWiFiに接続されてしまっている場合があります。フリーWiFiは速度が遅い場合などがあり、繋がりにくさを感じるかもしれません。

そのため、フリーWiFiではなく自分のポケットWiFiに接続したい場合も受信の設定を確認してください。

電池パックやSIMカードが正しくセッティングされているか確認

ポケットWiFiを新しく購入した場合、電池パックやSIMカードなどのセッティングが正しく行われていない可能性があります。

電池パックやSIMカードには表裏や上下があるため、指定された通りにセットできているか確認してみましょう。一度取り外して再度セットすると繋がることもあります。

料金の支払いが完了しているか確認

ポケットWiFiなどのインターネット回線は、月額料金の支払いが滞ると利用が停止されてしまいます。クレジットカードの残高不足や口座の残高不足が原因で料金が引き落とされていない可能性があるため、念の為確認してみましょう。

料金の支払いができていなかった場合は、契約中のポケットWiFi会社に問合せを行ってください。支払いができていない場合、メールなどで連絡が来ている可能性があるため事前に確認すると良いでしょう。

速度制限にかかっていないか確認

ポケットWiFiなどのネット回線は、繋がってはいるものの、通信速度が遅すぎて繋がらないと感じてしまうことがあります。

通信速度があまりにも遅すぎる場合、繋がらないわけではなく、速度制限にかかっている可能性があります。

速度制限の条件は契約中のポケットWiFiによって異なるため、契約中のポケットWiFiで確認してみましょう。速度制限にかかっている場合、プランによってはデータ容量を買い足すことで速度制限を解除できます。

ポケットWiFiによっては速度制限が解除されるまで待つしかありません。急ぎの場合などは新しいポケットWiFiを用意することになるため、確認しておきましょう。

接続台数が上限に達していないか確認

ポケットWiFiは使っている機種によって同時に接続できる台数が定められています。そのため接続台数が上限に達している場合は、それ以上スマホやパソコンなどの端末を接続しようとしても繋がりません。

また接続台数が上限に近づくほど通信は不安定になりやすいです。使っていない端末が接続されている場合は、接続を切ると改善される可能性があるため試してみてください。

ポケットWiFiが繋がらないときの対処方法5個

ポケットWiFiが繋がらないときの対処方法5個

先ほど説明した確認点を調べてみてもポケットWiFiに繋がらないときは、ここから説明する対処方法を実践してください。

  • ポケットWiFi・接続デバイスの再起動
  • 周波数帯の変更
  • セキュリティソフトを解除
  • ポケットWiFiの設置位置を変更
  • ポケットWiFiの通信障害状況を確認

ポケットWiFiが繋がらないときの対処方法は上記の5つです。それぞれ詳しく解説していくので見ていきましょう。

ポケットWiFi・接続デバイスの再起動

ポケットWiFi本体や、パソコン・スマホなどの接続デバイスは、長時間電源を入れ続けている場合エラーが発生することがあります。

ログの蓄積やソフトウェアトラブルが起こることで発生するため、ルーター本体と接続デバイスのどちらも再起動しましょう。

デバイス 再起動方法
ポケットWiFi ルーター本体についている電源ボタンを長押しして電源を落とし再度電源ボタンを押す
パソコン Windowsボタン、MACボタンをクリックして再起動をクリック
スマホ 本体についている電源ボタンを長押しして再起動をタップ

デバイスごとの再起動方法は上記のとおりです。再起動を行うことで、ポケットWiFiに繋がるようになる可能性があるため、忘れずに試してください。

周波数帯の変更

ポケットWiFiには5Ghzと2.4Ghzの2つの周波数帯があり、それぞれ特徴が異なります。

周波数帯 特徴
5Ghz 電波を安定して高速で届けられる、遮蔽物に弱く距離が遠いと通信速度が遅くなりやすい
2.4Ghz 遮蔽物に強く電波を遠くまで届けられる、通信速度が遅くなりやすく他の電子機器と干渉しやすい

基本的には5Ghzにしたほうが通信速度は速くなりやすいですが、使う場所やポケットWiFiとデバイスとの距離によっては2.4Ghzのほうが速くなるケースもあるため、一度変更してみて速い周波数帯を選びましょう。

周波数帯の切り替えは、ポケットWiFiルーター本体で行なえます。変更方法はポケットWiFiの機種によって変わるため、公式サイトや取扱説明書などで確認してみましょう。

セキュリティソフトを解除

パソコンやスマホにインストールされているセキュリティソフトが、WiFi接続をブロックしており、ポケットWiFiに接続できないことがあります。

セキュリティソフトはウイルス対策のために必要ですが、アップデート次第でWiFi接続までブロックすることがあるため注意しましょう。

セキュリティソフトは、アンインストールしなくても一時的に解除できるため、まずは削除する前に一時的に動作を止めてください。

解除して直った場合はセキュリティソフトが原因のため、セキュリティソフトの開発会社に問い合わせたり、他のセキュリティソフトに乗り換えましょう。

一時的に解除して直らなかった場合は、他の原因だと考えられるためすぐにセキュリティソフトの設定を直すことを忘れないでください。

ポケットWiFiの設置位置を変更

ポケットWiFiは、電波塔から送られてきた電波をルーターで受信して、受信した電波をデバイスに送ることでインターネットに接続しています。

電波塔から送られてきた電波をきちんと受信できていない場合は、繋がりにくくなったり通信速度が遅くなったりします。

ポケットWiFiは、窓際の高めの位置に設置すると電波を受信しやすくなりますし、ポケットWiFiとデバイスの間に遮蔽物がないほど、デバイスに安定して接続しやすくなります。

そのため、上記のどちらも満たす位置にポケットWiFiを設置してみてください。

またクレードルと言われるポケットWiFiを設置する装置を使うことで、電波塔から送られてくる電波を受信しやすくすることも可能です。ポケットWiFiによっては専用のクレードルが用意されているため、気になる方は確認してみましょう。

ポケットWiFiの通信障害状況を確認

ポケットWiFiなどのネット回線は、回線提供元でトラブルが発生して通信障害が起こる可能性があります。また、一時的に利用者が急増した場合なども繋がりにくくなります。

通信障害の状況は公式サイトやマイページなどでアナウンスされることが多いため、急にポケットWiFiに繋がらなくなった場合は確認してみてください。

また、通信障害が発生したタイミングによってはアナウンスが遅くなることがあります。深夜などの場合はアナウンスが遅いケースがあるため、Twitterなどで検索してみて同じ状況で悩んでいる人がいないか探してみても良いでしょう。

ポケットWiFiの速度が遅くて繋がらないときは乗り換えがおすすめ!

ポケットWiFiの速度が遅くて繋がらないときは乗り換えがおすすめ!

ポケットWiFiの通信速度が遅くて繋がらないと感じている場合は、他のネット回線への乗り換えがおすすめです。

使用用途や使い方によって、おすすめの乗り換え先が異なるため、ご自身に合ったネット回線を選びましょう。

NURO光

NURO光

NURO光は通信速度が速い光回線です。ポケットWiFiとは異なり、自宅まで光ファイバーケーブルを敷くため、安定した通信が行えます。

工事を行う必要があるものの、自宅でしかポケットWiFiを使わない人であれば、安定して速い速度で繋がるNURO光がおすすめです。

NURO光 内容
月額料金 戸建て 5,217円~
マンション 2,090円~
平均通信速度 下り:499.55Mbps
上り:437.27Mbps
契約事務手数料 3,300円
工事費 44,000円
※24~36カ月間の分割払い時実質無料
キャンペーン 43,000円キャッシュバック
工事費実質無料
おすすめの申し込み窓口 NURO光 公式サイト

通信速度参照:NURO光の通信速度レポート

NURO光の基本的な情報は上記のとおりです。通信速度が非常に速い光回線のため、平均下り通信速度は500Mbps程度出ています。

通信速度が速いため快適に利用できる光回線ですが、さらに43,000円キャッシュバックなどのキャンペーンも開催しています。

複数の窓口から申し込めますが、申し込みが最も手続きが簡単で、キャッシュバックも高額のNURO光公式サイトからの申し込みがおすすめです。

ドコモhome5G

ドコモhome5G

ドコモのhome5Gは5G通信が可能なホームルーターです。4G回線にも対応しているため、5G回線エリア外の人でも利用できます。

工事不要で高速な通信が行えるため、工事ができない物件に住んでいる人におすすめです。

ドコモhome5G 内容
月額料金 4,950円
平均通信速度 下り:154.22Mbps
上り:17.96Mbps
契約事務手数料 3,300円(店舗での申し込み時のみ)
端末価格 39,600円
※36カ月間の分割払い時実質0円
キャンペーン 現金15,000円キャッシュバック
おすすめの申し込み窓口 代理店アイ・ティー・エックス

通信速度参照:ドコモ home 5Gの通信速度レポート

ドコモhome5Gの基本的な情報は上記のとおりです。5G通信が可能なホームルーターのため、下り平均通信速度が100Mbpsを超えています。

ホームルーターですが、光回線並みの通信速度が出ているため、ポケットWiFiより安定した通信が見込めるでしょう。

また、ドコモhome5Gは窓口が複数ありますが、代理店アイ・ティー・エックスからの申し込みが最もおすすめです。他の窓口から申し込むとキャッシュバックは受け取れるものの、現金ではなくAmazonギフト券やdポイントでの還元となってしまいます。

代理店アイ・ティー・エックスからの申し込み時のみ現金でのキャッシュバックとなるため、代理店アイ・ティー・エックスからの申し込みがおすすめです。

Broad WiMAX

Broad WiMAX

Broad WiMAXは5G対応プランを提供しており、5G回線エリア内であれば通信速度が速くなります。また持ち運び可能なポケットWiFiも選べるため、自宅だけでなく外出中にも利用したい人におすすめです。

Broad WiMAX 内容
月額料金 利用開始月 4,763円
1~24カ月目 4,763円
25カ月目以降 5,313円
平均通信速度 下り:55.35Mbps
上り:13.68Mbps
※端末 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
契約事務手数料 3,300円
端末価格 21,780円
キャンペーン 初期費用20,743円無料
最大35,530円月額料金割引
他社からの乗り換え時に発生する違約金最大19,000円キャッシュバック

通信速度参照:Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01の通信速度レポート

Broad WiMAXの5Gプランの基本的な情報は上記のとおりです。Broad WiMAXは、WiMAXのためポケットWiFiを使い続けられます。

また5G回線に対応しているため、今までのポケットWiFiより通信速度が安定して速くなる可能性が高いです。

光回線やドコモhome5Gと比べると通信速度は若干遅くなりますが、外出先での利用が多い方はBroad WiMAXの5Gプランをおすすめします。

ポケットWiFiが繋がらない・遅い理由を特定して改善を目指そう!

この記事では、ポケットWiFiが繋がらないときに確認することや、繋がらないときの対処方法を説明してきました。

ポケットWiFiが繋がらないときは、原因によって対処方法が異なるため原因を特定することが大切です。

またポケットWiFiの通信速度が遅くて繋がりにくいと感じていた場合は、現在使っているポケットWiFiから他のネット回線への乗り換えをおすすめします。

光回線ならNURO光、ホームルーターならドコモhome5G、同じポケットWiFiが良いならBroad WiMAXを選ぶと、安定して繋がりやすくなるためおすすめです。