学割で安く契約できる格安SIMはどこ?学生におすすめな格安SIM9選

学割を提供している格安SIMはありますが、学割キャンペーン期間が設定されており、常時開催されている格安SIMは少ないというのが現状です。

格安SIMによって異なりますが、おおよそ11月ごろから学割キャンペーンがスタートし、5月ごろに終了するのが一般的です。

お得に申し込みたい方は学割キャンペーン期間に申し込みましょう。

また、学割を利用して格安SIMへの申し込みを検討している方は、メリットだけではなく、「学割の適用条件」や「学割のデメリット」についてもよく理解しておきましょう。

この記事では学割のメリット・デメリット、注意点を含め、過去に学割が開催されたことのある格安SIM5社と、学生にとってお得な格安SIM4社をそれぞれ紹介します。

大手キャリアの月額料金に不満を持っている方は是非参考にしてください。

学割キャンペーン実績あり!おすすめ格安SIM5選

学割キャンペーンはずっと開催されているわけではなく、期間限定で開催されるのが一般的です。

格安SIMの中で学割キャンペーンを定期的に開催さいている実績があるサービスは下記の5社です。

  • Y!mobile
  • UQ-mobile
  • イオンモバイル
  • J:COM MOBILE
  • QTモバイル

それぞれについて詳しく紹介します。

Y!mobile

Y!mobile

1つ目はY!mobileです。

Y!mobileの特徴は下記のとおりです。

  • 11〜5月の期間に学割キャンペーンの実績あり
  • ソフトバンクのサブブランドで通信速度が安定しやすい
  • 2回線目の月額料金が大幅に安い
  • 街中に店舗があるのでスタッフに相談しながら契約しやすい

Y!mobileはソフトバンクのサブブランドで、前回は2020年11月〜2021年5月の期間中に18歳以下の方を対象とした学割キャンペーンを開催していました。内容は特定のプランで月額料金が13カ月間-1,100割引されるというものです。

2021年10月現在は学割キャンペーンはありませんが、2回線目の月額料金が大幅値下げされる特典があるため、家族で利用すると大幅に月額料金が安くなります。

ソフトバンクのサブブランドのため、通信速度の安定性は他社格安SIMより評判が良いため、質の良いサービスを求めている方におすすめです。

その他詳細は以下のとおりです。

項目 シンプルプラン
S M L
基本月額料金 2,178円/月 3,278円/月 4,158円/月
2回線目以降(家族割適用時) 990円/月 2,090円/月 2,970円/月
データ容量 3GB/月 15GB/月 25GB/月
くりこし あり あり あり
通話料 22円/30秒
契約解除料・違約金 無料
データ容量超過時 最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

UQ-mobile

UQ-mobile

2つ目はUQ-mobileです。

UQ-mobileの特徴は下記のとおりです。

  • 11〜5月の期間に学割キャンペーンの実績あり
  • auのサブブランドで通信速度が安定しやすい
  • au回線の格安SIMの中でも通信が安定して速い
  • auでんきやauひかりとセットで利用するとお得

UQ-mobileもY!mobileと同じく2021年5月まで18歳以下の方を対象とした学割キャンペーンを開催していた格安SIMのひとつです。

最大12カ月間は月額990円からプランを契約できると言う内容でした。

2021年10月現在は開催されていませんが、11月あたりに学割キャンペーンがスタートする可能性があります。

UQ-mobileはauのサブブランドのため、Y!mobileと同じく他社格安SIMに比べて通信速度が安定しやすいと言う特徴があります。

なお、現在では「自宅セット割」という特典があり、auでんきやauひかりと一緒に契約すると月額料金が990円〜になる特典があります。

その他詳細は以下のとおりです。

くりこしプラン
S M L
基本月額料金 1,628円/月 2,728円/月 3,828円/月
データ容量 3GB/月 15GB/月 25GB/月
くりこし あり あり あり
通話料 22円/30秒
契約解除料・違約金 無料
データ容量超過時 最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

イオンモバイル

イオンモバイル

3つ目はイオンモバイルです。

イオンモバイルの特徴は下記のとおりです。

  • 1〜5月の期間に学割キャンペーンの実績あり
  • 全国のイオン店頭で即日契約できる
  • プラン0.5GB〜50GBまでと幅広い

イオンモバイルでは2021年1月〜5月の間に25歳以下を対象とした学割キャンペーンが開催されていました。「3年間データ容量1GBプレゼント」、「月額料金3カ月割引」、「10分かけ放題3カ月割引」、「WAONポイントプレゼント」というような内容です。

イオンモバイルはイオン店頭で申し込める格安SIMなので、近くにイオンがあれば即日契約・即日受取も可能な便利な格安SIMです。

プランの幅も0.5〜50GBと格安SIMの中でも最大クラスに幅が広いので、自分に合ったプランを選べます。

その他詳細は以下のとおりです。

項目 内容
データ通信SIM 1GB〜50GB/月 528円〜6,138円/月
音声通話SIM 0.5GB〜50GB/月 1,023円〜6,578円/月
やさしいプラン
(60歳以上限定)
0.2GB〜8GB/月
※データ通信SIMは0.2GBなし
データ通信SIM:638円〜1,188円/月
音声通話SIM:968円〜1,628円/月
音声通話
※音声通話SIMのみ
22円/30秒
契約解除料・違約金 無料
制限時通信速度 最大200Kbps

J:COM MOBILE

J:COM MOBILE

4つ目はJ:COM MOBILEです。

J:COM MOBILEの特徴は下記のとおりです。

  • 過去に「U26学割」というキャンペーンの実績あり
  • プラン改正で大幅に月額料金お得になった
  • 最低利用期間なし、いつでも自由に解約可能

J:COM MOBILEは過去に「U26学割」という26歳以下の方を対象とした学割キャンペーンを開催していました。内容は、プランによって1年間月額最大2,200円割引というものでした。

現在では、プラン料金が大幅に改正され、通常料金が学割キャンペーンを適用した時と変わらないほどか、もしくはそれ以下の値段になっています。

次回も開催されるかは不明ですが、過去に学割キャンペーンが行われている格安SIMの中では比較的適用できる年齢の幅が広いのが特徴的です。

その他詳細は下記をご覧ください。

項目 内容
音声通話SIM 1GB〜20GB/月 1,078円〜2,728円/月
音声通話
※音声通話SIMのみ
22円/30秒
契約解除料・違約金 無料
制限時通信速度 1〜5GBプラン:最大200Kbps
10〜20GBプラン:最大1Mbps

QTモバイル

QTモバイル

5つ目はQTモバイルです。

QTモバイルの特徴は以下をご覧ください。

  • 12〜5月の期間中に学割キャンペーンの実績あり
  • ソフトバンク回線は契約から6カ月間は割引特典がある
    (ただしソフトバンク回線は料金が高め)
  • 3大キャリアから回線を選べる

QTモバイルは2020年12月〜2021年5月の間に20歳以下の方を対象とした学割キャンペーンを開催していました。内容は、端末を一緒に購入すると「端末価格の割引」もしくは「キャッシュバック」のどちらかが選べるというものでした。

QTモバイルは3大キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)から回線を選べるため、どのキャリアを使っていても乗り換えやすい格安SIMです。

また、ソフトバンク回線では契約から半年間割引が適用されるという特徴もあります。しかし、au回線やドコモ回線と比べて非常に月額料金が高く設定されています。

30GBで7,810円という価格は、auやドコモ回線と比べておよそ2倍以上の値段です。

契約する場合はauかドコモの回線をおすすめします。

その他詳細は以下のとおりです。

項目 内容
データ通信SIM 1GB〜30GB 770円〜6,820円/月
音声通話SIM 1GB〜30GB 990円〜7,810円/月
音声通話
※音声通話SIMのみ
22円/30秒
※専用アプリ利用時は16円/30秒
契約解除料・違約金 最大10,450円(14カ月目以降無料)
制限時通信速度 最大200Kbps

学割がなくてもお得!学生におすすめな格安SIM4選

学割がなくてもお得!学生におすすめな格安SIM4選

学割キャンペーンが開催されている期間は限られているため、もし開催されていない期間に格安SIMを契約する方は、下記の4社を検討してみてください。

学生にとってメリットが多い格安SIMです。

  • BIGLOBEモバイル
  • LINEMO
  • 楽天モバイル
  • OCN モバイル ONE

それぞれの学生にとってのメリットを詳しく紹介します。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのメリットは以下のとおりです。

  • 「エンタメフリー」でYouTubeなどが無制限視聴可能
  • 音声通話SIMはエンタメフリーが半年間無料
  • データ容量のプランは最大30GB

BIGLOBEモバイルは「エンタメフリー」というオプションをつけると、YouTubeやU-NEXT利用時のデータ容量消費が0になるというメリットがあります。

「エンタメフリー」には他にも下記のようなサービスが対象となっています。

エンタメフリー・オプション 内容
利用プラン 音声通話+データSIM 308円/月
※初回申込のみ6ヶ月無料
データSIM 980円/月
対象SNS 動画配信サイト YouTube/ABEMA/U-NEXT/YouTube Kids
音楽・ラジオ配信サイト Google Play Music/YouTube Music/Apple Music/Spotify/AWA/Amazon Music/LINE MUSIC/radiko/らじる★らじる/dヒッツ/RecMusic/楽天ミュージック
電子書籍配信サイト dマガジン/dブック/楽天マガジン/楽天Kobo
その他アプリ Facebook Messenger/au PAY マーケット
オプション加入条件 3GB以上のプラン

そのため「スマホでYouTubeなどの動画サイトを長時間視聴する!」という学生の方には、BIGLOBEモバイルがおすすめです。

その他詳細は以下をご覧ください。

項目 内容
データ通信SIM 3GB〜30GB 990〜7,425円/月
音声通話SIM 1GB〜30GB 1,078〜8,195円/月
音声通話
※音声通話SIMのみ
22円/30秒
※専用アプリ利用時は9.9円/30秒
契約解除料・違約金 12カ月未満の解約で1,000円
制限時通信速度 最大200Kbps

LINEMO

LINEMO

LINEMOの特徴は以下のとおりです。

  • LINE通話・メッセージはデータ消費0
  • 20GBプランは大容量で月額2,738円
  • ソフトバンクの回線かつ5G対応
  • スマホプランはLINEスタンプが使い放題

LINEMOはLINEのメッセージやりとりや、LINE通話などを利用しているときのデータ消費が0になるというメリットがある格安SIMです。

友達や家族との連絡手段がLINEメインの方にとっては非常にメリットがあります。

「ミニプラン」と「スマホプラン」があり、ミニプランではクリエイターズスタンプの実質使い放題特典はありませんが、それでもLINE利用時はデータフリーで使えるので、LINEを頻繁に使う学生の方におすすめです。

その他詳細は以下をご覧ください。

項目 内容
ミニプラン 3GBまで 990円/月
スマホプラン 20GBまで 2,728円/月
音声通話
※音声通話SIMのみ
22円/30秒
契約解除料・違約金 無料
制限時通信速度 ミニプラン:最大300Kbps
スマホプラン:最大1Mbps

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルの特徴は以下のとおりです。

  • データ通信量1GB未満なら誰でも0円
  • どれだけ使っても1回線あたり最大3,278円
  • 楽天回線エリアでは無制限使い放題

楽天モバイルは従量制の月額料金で、まったく使わないのであれば月額0円ですが、どれだけ使っても最大で3,278円です。楽天回線エリアであれば、速度制限なく使えるのも魅力のひとつとしてあります。

「スマホはほとんど使わない」という方から「データ容量無制限で使える格安SIMが欲しい」という方までおすすめの格安SIMです。

その他詳細は以下をご覧ください。

項目 内容
月額料金
(音声通話SIMのみ)
〜1GB:0円
〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
20G超:3,278円
データ容量 パートナー回線エリア 5GB/月
楽天回線エリア 無制限
※20GB超過後は最大1Mbps
音声通話

Rakuten Linkアプリからの電話

無料
通常 20円/30秒
契約解除料・違約金 なし
制限時通信速度 最大1Mbps

OCN モバイル ONEOCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEの特徴は下記のとおりです。

  • 音声対応SIMで770円と安い
  • MUSICカウントフリーで音楽サイトがデータ消費0
  • 余ったデータは翌月に繰越できる

OCN モバイル ONEは「MUSICカウントフリー」という音楽サイトでのデータ消費が0になるオプションサービスを無料で使えます。

対象サイトは下記のとおりです。

オプション利用料金 無料
※契約後に申し込みが必要
対象サイト ・Amazon Music(Prime Music、Amazon Music Unlimited)
・ANiUTa
・AWA
・dヒッツ
・LINE MUSIC
・RecMusic
・Spotify
・ひかりTVミュージック

そのため、「音楽サイトで毎月のデータを消費してしまう」という学生の方におすすめの格安SIMです。

スマホとのセット購入もできるので「格安SIMに乗り換えるついでにスマホも変えたい」という学生の方にもおすすめします。

その他詳細は以下のとおりです。

項目 内容
データ通信SIM 3GB〜10GB 858〜1,628円/月
音声通話SIM 1GB〜10GB 770〜1,760円/月
音声通話
※音声通話SIMのみ
22円/30秒
※専用アプリ利用時は11円/30秒
契約解除料・違約金 無料
制限時通信速度 最大200Kbps

格安SIMで学割を適用するメリット

格安SIMで学割を適用するメリット

続いては、格安SIMで学割を適用するメリットについて詳しく紹介します。

スマホ料金が大手キャリアより安くなる

格安SIMはそもそも月額料金が安いですが、学割が適用できればさらに安くなります。

大手キャリアからの乗り換えであれば、大幅に毎月のスマホ代を安くできる可能性あります。

自分に合ったプランから選べる

格安SIMにはデータ容量ごとに複数のプランがあります。

さらに電話機能が使える「音声通話SIM」、ネット通信のみができる「データ通信SIM」など、SIMのタイプも選ぶことが可能です。

大手キャリアでは音声通話SIMのみで、プランの幅も狭いですが、格安SIMは自分の用途に合わせて自由に選べるというメリットがあります。

フィルタリング機能がある

格安SIMには子どもが危険なサイトにアクセスしないようにブロックする「フィルタリング機能」が使えるケースがほとんどです。

子どもがスマホをもつことで、有害なサイトにアクセスしないか、犯罪に巻き込まれないかなどの心配がある保護者の方でも、安心して子どもにスマホを持たせられます。

格安SIMで学割を適用するデメリット

格安SIMで学割を適用するデメリット

一方で、格安SIMで学割を適用するデメリットについても紹介します。

メリットと合わせて理解しておきましょう。

プランが限定される可能性がある

学割は適用するために一定の条件が決められていることがほとんどです。

特定のプランに限定される可能性があり、一番安いプランなどは学割の対象外であることが多くなっています。

学割を適用する時は条件をよく確認しましょう。

データ通信速度が大手キャリアよりも遅め

学割が適用できるSIMに限ったことではないですが、格安SIMは大手キャリアから回線を一部レンタルして提供しているため、混雑する時間帯などは通信速度が遅くなるケースが多くあります。

通信速度は大手キャリアより遅めで不安定ということは理解しておきましょう。

キャリアサービスが利用できない

格安SIMではキャリア独自アドレスやキャリア決済といったキャリアサービスが使えません。

とくに現在大手キャリアでキャリアメールを使用している方は、格安SIMに乗り換える際には注意が必要です。

大事なメールがキャリアメールアドレスに届くようにしている場合は、「Gmail」や「Yahoo!メール」などのアカウントを取得し、そちらに送信されるように設定しておきましょう。

LINEのID検索ができない

LINE ID検索は未成年が犯罪に巻き込まれることを防止するために、使用する前に年齢確認が必要です。

格安SIMでは年齢確認の手段がなく、LINE ID検索が使えないので少し不便に感じるかもしれません。

ただし、LINEMOでは可能な他、ID検索ができない格安SIMでもQRコード検索は可能です。

格安SIMで学割を適用する際の注意点

格安SIMで学割を適用する際の注意点

最後に格安SIMで学割を適用する際に注意点について紹介します。

学割キャンペーン期間中に申し込む

学割はキャンペーン期間が限られていることが多く、常時開催されているわけではありません。

格安SIMによりますが、学割は主に毎年11月から5月の間に開催されていることが多いため、学割を利用したい方は開催されている期間中に申し込みましょう。

未成年は親の同伴や同意が必要

格安SIMは18歳以上であれば未成年でも申し込めますが、未成年の場合は親の同意や同伴が必要です。

なお、18歳未満の中学生などは、親名義で契約でき、利用者(中学生など)に持たせて使わせることができます。

学割の対象条件をよく確認しておく

「学割」という名称のため勘違いしてしまいがちですが、学生という条件だけで適用されるわけではない点には注意しましょう。

たとえば、過去にUQ-mobileで行われた学割キャンペーンの適用条件は下記のとおりです。

【UQ学割の適用条件】
<条件:①~③同時に満たすこと>
①新規契約、機種変更(SIMカードの変更を伴う機種持込みを含む)、くりこしプランへのプラン変更お申込みいずれか
②対象のくりこしプランへご加入、またはご加入いただいていること
③お申込み時点の契約者または利用者の年齢が5歳以上18歳以下の回線であること

出典:UQ学割│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】

上記のように、特定のプランに限定されていたり、年齢については小学生なども対象になっていることがあります。

もし適用条件を満たさずに申し込むと、一般プランと同じ扱いになるため、事前に適用条件は確認しておきましょう。

学割終了後の通常料金を確認しておく

学割は在学中ずっと適用ではなく、3〜12カ月間といった期間が決められているケースがほとんどです。

学割終了後は通常料金(一般プランと同じ内容)になるため、それを念頭にいれてプランを選びましょう。

学割でお得に格安SIMに乗り換えよう!

格安SIMはそもそも料金が安めなので、スマホ代を安く済ませたい方におすすめです。

学割が開催されている期間中に申し込み、適用期間や条件を満たせば、さらにお得に契約できる可能性があります。

過去の学割キャンペーンが開催されていた実績がある格安SIMは下記の5社です。

もし学割キャンペーン期間外の場合は、独特なメリットがある下記の格安SIMも学生の方におすすめです。

サービス名 特徴
BIGLOBEモバイル
  • 「エンタメフリー」でYouTubeなどが無制限視聴可能
  • 音声通話SIMはエンタメフリーが半年間無料
  • データ容量のプランは最大30GB
LINEMO
  • LINE通話・メッセージはデータ消費0
  • 20GBプランは大容量で月額2,738円
  • ソフトバンクの回線かつ5G対応
  • スマホプランはLINEスタンプが使い放題
楽天モバイル
  • データ通信量1GB未満なら誰でも0円
  • どれだけ使っても1回線あたり最大3,278円
  • 楽天回線エリアでは無制限使い放題
OCN モバイル ONE
  • 音声対応SIMで770円と安い
  • MUSICカウントフリーで音楽サイトがデータ消費0
  • 余ったデータは翌月に繰越できる

いずれの格安SIMにしても、大手キャリアの月額料金から大幅にスマホ代を下げることが期待できるため、不満がある方は乗り換えましょう!