Try WiMAXはWiMAXが完全無料でお試しできる!申し込み手順と注意点を紹介

WiMAXはモバイルWi-Fiの中でも通信速度が速いためおすすめです。

しかし「試しに使ってから契約を検討したい」という方もいるのではないでしょうか。

そういう方は完全無料で15日間お試しできる「Try WiMAX」に申し込むことをおすすめします。

この記事ではTry WiMAXの申し込み方法と、WiMAXが気に入った場合にお得に申し込めるWiMAXのおすすめ契約先を紹介します。

詳しいTry WiMAXの内容と損しない申し込み先を紹介するので、「WiMAXを試したい」という方は参考にしてください。

WiMAXがお試しで使える完全無料の「Try WiMAX」とは?

WiMAXがお試しで使える完全無料の「Try WiMAX」とは?

WiMAXを実際に利用して試してみたい方は「Try WiMAX」を活用しましょう。

Try WiMAXの内容について、以下で詳しく紹介します。

Try WiMAXの概要と申し込み条件

「Try WiMAX」とは、UQ WiMAXから15日間完全無料でWiMAXの実機がレンタルできるサービスです。

UQ WiMAXの公式サイトを参照して申し込み条件を以下に記載しました。

【Try WiMAXの申し込み条件】

  • 日本国内に在住の20歳以上の方(実際にご利用される方も20歳以上であること)
  • お申し込み者ご本人様名義のクレジットカードをご登録いただける方(デビットカードはご利用いただけません)
  • 過去180日間以内に本サービスのご利用履歴がない方、また貸出機器の未返却履歴のない方
  • その他「本サービス利用規約」に同意いただける方

出典:Try WiMAX ルーターを無料お試し|UQ WiMAX(ルーター)【公式】

上記のように、基本的には20歳以上かつクレジットカードを持っている方であれば利用できるサービスです。

Try WiMAX申し込み前にエリア確認

Try WiMAXに申し込む前に、まずは自分が住んでいる場所がWiMAXを使えるエリアかどうかチェックしましょう。

チェック方法は大きく分けて「住所から検索する方法」と「Googleマップで確認する方法」があります。

UQ WiMAX公式サイトの「エリアマップ」にアクセスし、住所で検索する場合は下記の箇所を操作し、自宅の住所を検索しましょう。

ピンポイント判定

出典:WiMAX(ルーター)のサービスエリアマップ

その下にGoogleマップが表示されているので、マップから探したい方はマップを操作して確認したいエリアを探しましょう。

マップ判定

出典:WiMAX(ルーター)のサービスエリアマップ

住所で検索する方法では、WiMAXのエリア判定として「◯」、「△」、「×」であらわされます。それぞれの記号の意味は下記のとおりです。

  • ◯=基本的に利用可能
  • △=状況によって使えない可能性あり
  • ×=エリア外

基本的には「△」や「×」と表示された場合は、一度Try WiMAXを使って試してみた方がいいでしょう。

また、「◯」判定が出ても、建物の構造などによっては電波が悪い可能性があるため、いずれにしろTry WiMAXで使い心地を試してみることをおすすめします。

Try WiMAX申し込み前に用意するもの

Try WiMAXへ申し込みに必要なものは下記の3つです。

  • 契約者のクレジットカード(デビットカードは不可)
  • 連絡先メールアドレス
  • SMS対応の電話番号、またはキャリアメールアドレス

上記のものを用意したうえでUQ WiMAXの公式サイトから申し込みましょう。

Try WiMAXの申し込み手順

Try WiMAX申し込みから利用〜返却までの流れを紹介すると下記のとおりです。

  1. サービス提供エリアの確認
  2. Try WiMAX申し込みサイトで仮登録
  3. 仮登録完了メールに記載のURLからアクセス
  4. 申し込みフォームに入力
  5. 申し込み完了
  6. 自宅にWiMAXが届く
  7. いろんな場所で試す
  8. 15日内に返却

上記のように、申し込みはそれほど難しいものではありません。WiMAXを試してみたい方はTry WiMAXを活用しましょう。

Try WiMAXの返却手順

Try WiMAXは使い心地を気に入っても、そのまま使い続けることができず、一度返却する必要があります。

返却の方法は下記のとおりです。

  1. 到着時の段ボールにWiMAX端末など7点を梱包
  2. 同封されている「配送伝票」を段ボールに貼る
  3. ヤマト運輸に集荷の申し込み
  4. 返却完了

後ほど詳しく紹介しますが、レンタル期間は「返送を含めて15日間」なので、余裕を持って返却しましょう。

WiMAXのお試しサービス「Try WiMAX」の注意点

WiMAXのお試しサービス「Try WiMAX」の注意点

Try WiMAXは完全無料でWiMAXが試せるため、契約を迷っている方に強くおすすめできるサービスです。

しかし、Try WiMAXの利用にあたり、下記のポイントは注意しておきましょう。

  • 実質利用できるのは10日前後
  • 返却遅延や破損で違約金がかかる
  • 同封の広告から申し込むと割高になる
  • 最新の端末がレンタルできるとは限らない

上記の注意点について、ひとつずつ詳しく紹介します。

実質利用できるのは10日前後

Try WiMAXの無料期間は「郵送含めて15日間」です。

たとえば、Try WiMAXに申し込み、自宅に届くまで2日かかり、返送にも2日かかるとすると、実質的に自宅でWiMAXが使える期間は11日程度です。

このあとに紹介しますが、返却が遅れると違約金が発生するため、期限内に返却することを意識して利用期間を考えましょう。

返却遅延や破損で違約金がかかる

レンタル期間が過ぎても返却しなかった場合や、レンタル機器を壊してしまった場合などには下記の違約金が発生します。

レンタル機器の種類 違約金(不課税)
Wi-Fi ルータ(クレードル無し) 22,000円
UIM カード 3,300円

返却が必要なレンタル品は下記の一式です。

  1. WiMAX端末

  2. 取扱説明書(つなぎ方ガイド)

  3. ACアダプタ/USBケーブル

  4. Try WiMAXご返却方法のカード

  5. SIM

  6. SIM用ケース

  7. ナイロンバッグ/緩衝材

上記のように、緩衝材やWiMAXが入った外箱まで返却が必要なため、捨てないように注意しましょう。

同封の広告からの申し込むと割高になる

Try WiMAXをレンタルすると、中にWiMAXの広告が同封されています。WiMAXの使い心地が良く、気に入ったとしてもその広告から申し込むことはおすすめしません。

なぜなら、同封された広告から申し込むと、サービスや割引などの特典なしで『UQ WiMAX』と契約することになるからです。

WiMAXのプロバイダは複数ありますが、『UQ WiMAX』はその中でも月額料金が高めで割引特典がなく、損する可能性があります。

WiMAXの使い心地が気に入った場合は、一度返却したあと、お得なプロバイダから申し込みましょう。

お得なプロバイダについては後述しています。

最新の端末がレンタルできるとは限らない

Try WiMAXでは、レンタルする端末を選べます。

しかし、最新の端末は在庫切れしている確率が高いので注意しましょう。在庫状況はUQ WiMAXの公式ページで確認できるため、事前に確認してください。

なお2021年10月現在、レンタルできる機種は下記のとおりです。

種類 最大速度
Speed Wi-Fi HOME 5G L11 ホームルーター(5G対応) 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi モバイルルーター(5G対応) 下り:2.2Gbps
上り:183Mbps
WiMAX Speed Wi-Fi HOME L01S ホームルーター 下り:440Mbps
上り:75Mbps
WiMAX Speed Wi-Fi HOME L02 ホームルーター 下り:1Gbps
上り:75Mbps
Speed Wi-Fi NEXT W06 モバイルルーター 下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
Speed Wi-Fi NEXT WX05 モバイルルーター 下り:440Mbps
上り:75Mbps

モバイルルーターであれば「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」もしくは「Speed Wi-Fi NEXT W06」がおすすめです。

契約を決めたらここ!WiMAXでおすすめのプロバイダ5選!

契約を決めたらここ!WiMAXでおすすめのプロバイダ5選!

WiMAXのおすすめプロバイダは下記の5社です。

  • GMOとくとくBB WiMAX2+
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX2+
  • カシモWiMAX
  • UQ WiMAX

それぞれ同じWiMAXを提供していますが、プロバイダによって月額料金や契約期間、プランなどが異なります。

それぞれの料金や特徴について紹介します。

GMOとくとくBB WiMAX2+

1つ目はGMOとくとくBB WiMAX2+です。

GMOとくとくBB WiMAX2+の特徴は下記のとおりです。

  • キャッシュバック特典が高額
  • ルーター端末代金0円で契約可能
  • 申し込みから最短即日発送
  • 20日以内なら違約金なしでキャンセルOK
  • auスマホ、UQ-mobileセット割りがある

GMOとくとくBB WiMAX2+の特徴は、入会特典のキャッシュバックが高額な点です。キャッシュバック金額は時期によって異なりますが、おおむね30,000円前後のキャッシュバックキャンペーンがおこなわれています。

また、申し込みにあたり、端末代金も0円なので、初期費用も安く抑えられるというメリットがあります。

さらにauスマホユーザーであればスマホ代が最大月額1,100円割引、UQ-mobileユーザーであれば最大月額550円のスマホセット割も適用可能です。

契約期間は3年と長いですが、長期利用前提の方であればお得に契約できるためおすすめできます。

項目 内容
契約期間 3年
初期費用 3,300円
端末代金 0円
月額基本料金 ギガ放題 1〜2カ月目:3,969円
3カ月目以降:4,688円
7GBプラン 3,969円
速度制限の条件 ギガ放題 3日間で10GB以上利用
7GBプラン 月間7GB以上利用
速度制限の速度 ギガ放題  1Mbps
7GBプラン  128Kbps
キャッシュバック 最大27,500円
(2021年9月時点)
契約解除料
(解約月以外での解約)
24カ月以内:27,280円
25カ月目以降:10,450円

Broad WiMAX

Broad WiMAX

2つ目はBroad WiMAXです。

Broad WiMAXの特徴は以下のとおりです。

  • 1〜24カ月目までの料金が安い
  • auとのスマホセットで最大1,100円割引
  • 特典により端末料金実質無料(適用条件あり)
  • 他社からの乗り換え時違約金負担特典あり
  • 5G対応プランあり

Broad WiMAXは「WEBからの申し込み」、「月額最安プラン」、「クレジットカード払い」、「指定オプション加入」という条件を満たせば、端末代金にあたる費用が0円になる特典があります。

「指定オプション」とは、安心サポートプラスという月額605円、My Broadサポートという月額998円のサービスです。

つまり、通常月額料金に+1,603円されるので、かなりのデメリットに思われるかもしれません。

しかし、このオプションは契約後すぐに解約しても問題ないので、結果的にお得に端末代金相当の費用を0円にできます。

また、他社からの乗り換えの方に対しては、最大19,000円分の違約金負担特典があるため、乗り換えを検討している方にもおすすめです。

さらに5G対応のプランもあるため、高速な通信を求めている方にもおすすめできます。

項目 内容
契約期間 3年
初期費用(事務手数料) 3,300円
端末代金 20,743円
※WEB割(条件:有料オプション加入+クレジットカード払い)適用時は無料
月額基本料金 ギガ放題プラスプラン(5G対応) 初月:4,763円
1〜24カ月目:4,763円
25カ月目以降:5,313円
ギガ放題 1〜2カ月目:2,999円
3〜24カ月目:3,753円
25カ月目以降:4,413円
7GBプラン(ライトプラン) 1〜24カ月目:2,999円
25カ月目以降:3,659円
速度制限の条件 ギガ放題プラスプラン 3日間で15GB以上利用
ギガ放題 3日間で10GB以上利用
7GBプラン 月間7GB以上利用
速度制限の速度 ギガ放題プラスプラン 1Mbps
ギガ放題 1Mbps
7GBプラン 128Kbps
キャッシュバック なし
(月額料金割引あり)
契約解除料
(解約月以外での解約)
ギガ放題・ライトプラン 12ヵ月以内:20,900円
13〜24カ月以内:15,400円
25カ月以降:10,450円
ギガ放題プラスプラン 12ヵ月以内:28,050円
13〜24カ月以内:21,450円
25カ月以降:14,300円

BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE WiMAX2+

3つ目はBIGLOBE WiMAX2+です。

BIGLOBE WiMAX2+の特徴としては以下のようなものがあります。

  • 契約期間が1年と短い
  • 1年未満の解約でも違約金は1,100円
  • 2年目以降は違約金なし
  • auスマホ、UQ-mobileとのセット割あり
  • 5G対応プランあり

BIGLOBE WiMAX2+の特徴は、他のWiMAXプロバイダと比べて契約期間が短い点です。

他のWiMAXプロバイダでは契約期間3年間が一般的ですが、BIGLOBE WiMAX2+は1年で、12カ月目以降の違約金もたった1,000円です。

ただし、端末代金の割引特典がない点には注意しましょう。

このような特徴から、BIGLOBE WiMAX2+は1年程度の短期利用を考えている方におすすめのWiMAXプロバイダです。

項目 内容
契約期間 1年
初期費用(事務手数料) 3,300円
端末代金 5G対応プラン:21,912円(913円×24回)
ギガ放題プラン:21,120円
※口座振替の場合一括払い
月額基本料金 5G対応プラン 1〜24カ月目:4,378円
25カ月目以降:4,928円
ギガ放題 4,378円
7GBプラン なし
速度制限の条件 ギガ放題プラスプラン 3日間で15GB以上利用
ギガ放題 3日間で10GB以上利用
速度制限の速度 ギガ放題プラスプラン 1Mbps
ギガ放題 1Mbps
キャッシュバック 17,000円
(2021年10月現在)
契約解除料
(解約月以外での解約)
■12ヵ月以内
1,100円
■13ヵ月以降
0円

カシモWiMAX

カシモWiMAX

続いてはカシモをご紹介します。

特徴は以下のとおりです。

  • 提供プランは5G対応プランのみ
  • 初月1,408円と業界最安値クラス
  • 1カ月目以降もずっと毎月割引あり
  • 月額料金が他社WiMAXより安め
  • 端末代金が特典により無料

カシモWiMAXはすでに「ギガ放題」と「7GB」の新規募集を終了し、5G対応プランのみの受付をおこなっているWiMAXです。

そのため、契約にあたっては、自分が使っているスマホ端末などが5Gに対応しているかどうかチェックしてから契約しましょう。

料金プランは初月が1,408円と安く、それ以降は4,455円で一定なので他社のような変動がなく、わかりやすいプランとなっています。

5Gプランでも他社と比べると約500円安いうえ、端末代金も入会特典により0円になるので初期費用もかかりません。

5Gプランを検討している方におすすめのWiMAXです。

項目 内容
契約期間 3年
初期費用 3,300円
端末代金 22,000円
※特典により無料
月額基本料金 WiMAX+5Gギガ放題プラス 初月:1,408円
1カ月目以降:4,455円
ギガ放題
7GBプラン
速度制限の条件 WiMAX+5Gギガ放題プラス 3日間で15GB以上利用
速度制限の速度 WiMAX+5Gギガ放題プラス 1Mbps
キャッシュバック なし
契約解除料
(解約月以外での解約)
12ヵ月以内:20,900円
13〜24カ月以内:15,400円
25カ月以降:10,450円

UQ WiMAX

UQ WiMAX

5つ目はUQ WiMAXです。

UQ WiMAXの特徴は下記のとおりです。

  • WiMAXの運営元でサポート体制が充実
  • 街中に店舗がありスタッフに質問・相談可能
  • 途中解約の違約金が1,100円と安い

UQ WiMAXはWiMAXの提供元で、Try WiMAXもUQ WiMAXが提供しています。

他社のような入会特典がなく、月額料金も高めなため、お得に契約したい場合は基本的にUQ WiMAXでの契約はおすすめしません

しかし、UQ WiMAXは提供元というだけあり、サポートが丁寧と評判で、かつ街中に店舗があるためスタッフに直接質問・相談をしながら契約できるといったメリットがあります。

また、契約期間中の解約に伴う違約金も1,100円と安いため、「転勤が多いのでいつ解約するかわからない」というような方におすすめです。

提供プランは5G対応の「ギガ放題プラス」と、無制限プランの「ギガ放題」があります。

項目 内容
契約期間 2年
初期費用(事務手数料) 3,300円
端末代金 16,500円
月額基本料金 ギガ放題プラス(5G対応プラン) 25カ月間:4,268円
26カ月目以降:4,818円
ギガ放題 4,268円
7GBプラン
キャッシュバック なし
速度制限の条件 ギガ放題プラス(5G対応プラン) 3日間で15GB以上利用
ギガ放題 3日間で10GB以上利用
7GBプラン
速度制限の速度 ギガ放題プラス(5G対応プラン) 1Mbps
ギガ放題 1Mbps
7GBプラン
契約解除料
(解約月以外での解約)
1,100円

Try WiMAX以外でWiMAXをお試し利用する方法

WiMAXを試すのであれば「Try WiMAX」の利用がおすすめですが、それ以外にもWiMAXを自宅で試す方法はいくつかあります。

その内容について詳しく紹介します。

どのWiMAXでも8日以内であれば返却可能

結論から言うと、ここまで紹介した5社のプロバイダを含め、どのサービスでも「8日間以内」であれば違約金なしで返却(キャンセル)が可能です。

これは、各社の特典の話ではなく「改正電気通信事業法令」により、契約から8日間であればキャンセルできることが決められているためです。

Broad WiMAXはこの制度をホームページで大きく記載していますが、他のプロバイダは記載していません。

しかし前述した理由があるためBroad WiMAXだけではなく、どのプロバイダでも8日以内であればキャンセルは可能です。

GMOとくとくBBは20日間以内なら違約金なし

GMOとくとくBBは20日間以内なら違約金なし

『GMOとくとくBB WiMAX2+』は前述の8日以内キャンセルの他、20日以内であれば違約金なしでキャンセルできるという独自のサービスを提供しています。

しかし、あくまでも「20日以内であれば違約金なしでキャンセル可能」という内容なので、返送に伴う送料や使った日にち分の料金は発生する点には注意しましょう。

完全無料はTry WiMAXだけ

ここまで紹介したとおり、無料でWiMAXを試す方法は以下の3つです。

  • Try WiMAXで15日間試す
  • WiMAXを契約し8日以内にキャンセルする
  • GMOとくとくBBで20日以内にキャンセルする

これらの特徴をわかりやすく表にすると以下のとおりです。

項目 Try WiMAX Broad WiMAX含めたその他のプロバイダ GMOとくとくBB WiMAX2+
試す方法 レンタル 一度契約 一度契約
お試し期間 15日間 8日間 8日もしくは20日間
費用 完全無料 ・初期手数料(3,300円)
・返送料
・初期手数料(3,300円)
・返送料
・月額料金(8日以上利用の場合)
継続利用 不可、返却が必要 可能 可能

上記のように、完全無料でWiMAXが試せるのは「Try WiMAX」です。返却期限が遅れたり破損すると違約金が発生しますが、ルールを守れば完全無料で利用できるためおすすめです。

WiMAX以外のお試し可能なモバイルWi-Fi

WiMAX以外でモバイルWi-Fiを試したい場合は「Mugen WiFi」か「Air-WiFi」がおすすめです。

【30日間お試し】Mugen WiFi

【30日間お試し】Mugen WiFi

Mugen WiFiの特徴は下記のとおりです。

  • 縛りプランに限り30日間お試しあり
  • 100GBまで速度制限なし
  • 端末代金0円
  • キャッシュバック13,500円
  • 午前12時までのお申し込みで最短翌日から使える

Mugen WiFiは無制限プランはありませんが、100GBなど大容量のモバイルWi-Fiを提供しているサービスです。

2年間の縛りありのプランであれば、30日間お試しでモバイルWi-Fiを使えます。

WiMAX以外のモバイルWi-Fiを試してみたい方におすすめです。

項目 内容
契約期間 2年
初期費用(事務手数料) 3,300円
端末代金 0円
月額基本料金 3,718円
キャッシュバック 13,500円
契約解除料
(解約月以外での解約)
初月~12ヶ月:9,900円
13~24ヶ月:5,500円
25ヶ月以降:0円

【30日間お試し】AiR-WiFi

【30日間お試し】AiR-WiFi

AiR-WiFiを紹介の特徴は下記のとおりです。

  • 縛りありのプランで30日間お試し可能
  • 最大100GBの大容量プラン
  • +330円/月で縛りなしにできる

AiR-WiFiは1年縛りで100GBの大容量プランを提供しているモバイルWi-Fiです。縛りありのプランであれば30日間のお試し利用が可能です。

さらに、オプションで+330円すると縛りなしに変更でき、いつ解約しても違約金0円です。

月額料金も3,500円前後と安いため、試しにWiMAX以外のモバイルWi-Fiを使ってみたいという方におすすめです。

項目 内容
契約期間 1年
初期費用(事務手数料) 3,300円
端末代金 0円
月額基本料金(100GBプラン) サクっとプラン:3,278円
まるっとプラン:3,608円
らくらくプラン:3,377円
キャッシュバック
契約解除料
(解約月以外での解約)
30日間:無料
2〜12カ月目:7,700円
13カ月目以降:5,500円

WiMAXをお試しする前によくある質問

WiMAXをお試しする前によくある質問

最後にWiMAXをお試しする前によくある下記の質問について、簡潔に回答します。

  • Try WiMAXは何度でも使える?
  • Try WiMAXが気に入ればそのまま使ってもいい?
  • Try WiMAXはコンビニからでも郵送できる?
  • Try WiMAXは申込後にキャンセルはできる?
  • WiMAXの無制限プランは速度制限がない?

同じような疑問を持っている方は、契約前の参考にしてください。

Try WiMAXは何度でも使える?

Try WiMAX過去180日間以内に利用履歴がないのであれば再度申し込むことができます。

つまり、使用回数には実質制限がないため、前回利用から180日間経っていれば何度でも利用できます。

Try WiMAXが気に入ればそのまま使ってもいい?

Try WiMAXは一旦返却する必要があります。

そのままWiMAXを利用したい場合でも一度返却し、改めてサービスに申し込んでください。

Try WiMAXはコンビニからでも郵送できる?

コンビニからも郵送にて返却可能です。

Try WiMAXの返却方法は「ヤマト運輸」ですが、全国の営業所・取次店の他、コンビニでも取り扱いがあるため、梱包したTry WiMAXをコンビニに持っていけば返却が可能です。

仕事などで忙しい人はコンビニを活用しましょう。

Try WiMAXは申込後にキャンセルはできる?

Try WiMAXの申込後のキャンセルはできません。

申込後に送られてくるメールに「お問い合わせNo.」が記載されているため、配達状況を確認のうえ受取拒否をすることでそのまま返却できます。

ただし、一度利用したことになり180日間はTry WiMAXが利用できないので注意しましょう。

WiMAXの無制限プランは速度制限がない?

速度制限がないWiMAXはありません。

WiMAXは無制限プランでも「3日以内に10GB以上の利用で速度制限」といったルールがあります。

また、WiMAXに限らずモバイルWi-Fiでは完全無制限で高速通信ができるサービスはありません。

どうしても無制限で利用したい場合は、WiMAXのように持ち運びはできませんが、光回線がおすすめです。

ちなみに、Try WiMAXでは「ギガ放題プラン」が適用されています。5G対応プランではない点に注意しましょう。

WiMAXを試すなら完全無料の「Try WiMAX」がおすすめ!

結論をまとめると、WiMAXを試せる期間は一般的に8日、GMOとくとくBBなら20日、Try WiMAXなら15日です。

項目 Try WiMAX Broad WiMAX含めたその他のプロバイダ GMOとくとくBB WiMAX2+
試す方法 レンタル 一度契約 一度契約
お試し期間 15日間 8日間 8日もしくは20日間
費用 完全無料 ・初期手数料(3,300円)
・返送料
・初期手数料(3,300円)
・返送料
・月額料金(8日以上利用の場合)
継続利用 不可、返却が必要 可能 可能

この中なら、返却時の送料も含め完全無料のTry WiMAXがおすすめです!

ただし、Try WiMAXは気に入ってもそのまま使うことはできず、一度返却が必要な点は注意しましょう。

また同封されている広告から申し込むよりも、他社プロバイダから申し込んだ方がキャッシュバック特典などがあるためお得です。

今回紹介した5社のWiMAXのプロバイダは下記のとおりです。

それぞれ月額料金や契約期間、提供しているプランに違いがあるため、自分に合ったものを選びましょう。おすすめは高額キャッシュバックがある『GMOとくとくBB WiMAX2+です!

まずはTry WiMAXで試し、返却後にお得なプロバイダから契約しましょう。