WiMAXの5Gプロバイダを徹底比較!おすすめの申し込み先や注意点を解説!

「WiMAXの5Gプランっておすすめ?」「WiMAXの5Gは今までのWiMAXと何が違うの?」このような疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

この記事では5Gプランを提供しているWiMAXプロバイダや、WiMAXの5Gプランと従来の料金プランの違いを解説していきます。

WiMAXの5Gプランの契約を検討している方やWiMAXの5Gプランが気になっている方はぜひ参考にしてください。

5GプランがあるおすすめのWiMAXプロバイダ

早速5GプランがあるおすすめのWiMAXプロバイダを紹介していきます。

  • GMOとくとくBB
  • カシモWiMAX
  • VisionWiMAX
  • Broad WiMAX
  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX

それぞれの月額料金や特徴を解説していくので、1つずつ見ていきましょう。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、キャッシュバックキャンペーンなどは行っていませんが、月額料金が安く抑えられているため負担を抑えて5Gプランが契約できます。

GMOとくとくBB 内容
月額料金 発送月4,158円の日割り
1~24カ月目4,158円
25カ月目以降4,708円
平均通信速度 下り:55.35Mbps
上り:13.68Mbps
※端末 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
契約事務手数料 3,300円
端末価格 0円
契約期間 3年間
キャンペーン 2年間月額料金割引
端末価格無料

平均通信速度参照:みんなのネット回線速度

GMOとくとくBBは、端末価格が無料になっているため、端末代金が発生せずに負担額を抑えられます。また2年間は月額料金が割引されるため、2年間の契約を希望する方におすすめです。

ただし、GMOとくとくBBの契約期間は3年間となっており、1年間は月額料金が4,708円になるという注意点があります。

そのため、GMOとくとくBBを最も安く使うためには、2年間使い続けた後に違約金負担がある他のネット回線に乗り換えなければいけません。

負担額を抑えるためには、2年後に他社に乗り換える必要がありますが、手続きさえ面倒でなければ安く利用できるためおすすめです。

カシモWiMAX

カシモWiMAX

カシモWiMAXは、シンプルな料金プランで提供しているWiMAXプロバイダです。端末代金も0円で抑えられるため、毎月の負担額を抑えたい人におすすめです。

カシモWiMAX 内容
月額料金 利用開始月1,408円
1カ月目以降4,455円
平均通信速度 下り:55.35Mbps
上り:13.68Mbps
※端末 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
契約事務手数料 3,300円
端末価格 0円
契約期間 3年
キャンペーン 初月割引
端末価格無料

平均通信速度参照:みんなのネット回線速度

カシモWiMAXは、利用開始月の月額料金が安く抑えられるだけでなく、1カ月目以降の月額料金が4,455円のまま変わらない特徴を持っています。

先ほど紹介したGMOとくとくBBとは異なり、2年目以降も月額料金が変わらないため長期間使い続けたい方におすすめです。

3年間WiMAXを契約したい方や、3年目以降もWiMAXを使い続けたい場合は、カシモWiMAXだと負担額が安く抑えられるため、カシモWiMAXを選びましょう。

VisionWiMAX

VisionWiMAX

VisionWiMAXは、5Gプランを契約した人全員に5,000円キャッシュバックを行っているWiMAXプロバイダです。

月額料金はGMOとくとくBBやカシモWiMAXより少し高くなっていますが、キャッシュバックを受け取りたい人におすすめです。

Vision WiMAX 内容
月額料金 初月2,980円
1~24カ月目4,980円
25カ月目以降5,313円
平均通信速度 下り:55.35Mbps
上り:13.68Mbps
※端末 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
契約事務手数料 3,300円
端末価格 0円
契約期間 3年
キャンペーン 初月割引
端末価格無料
5,000円キャッシュバック

平均通信速度参照:みんなのネット回線速度

VisionWiMAXは、5,000円キャッシュバックがあるため、実質的な負担額を抑えられるWiMAXプロバイダです。

他にも、VisionWiMAXの窓口を経由して光回線や他のネット回線に乗り換える場合は違約金が無料になったり、解約時に使っていた端末を下取りにだしたりできるため、サービス面も充実しています。

GMOとくとくBBやカシモWiMAXと比べると月額料金自体は高くなりますが、料金以外のサービスの充実具合を求める場合はVisionWiMAXがおすすめです。

Broad WiMAX

Broad WiMAX

Broad WiMAXは、月額料金が非常に安く抑えられている5GプランがあるWiMAXプロバイダです。

3年間の月額料金が非常に安く抑えられているため、3年間使い続けたい方におすすめします。

Broad WiMAX 内容
月額料金 利用開始月2,090円の日割り
1~2カ月目2,090円
3~36カ月目以降3,894円
37カ月目以降4,708円
平均通信速度 下り:55.35Mbps
上り:13.68Mbps
※端末 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
契約事務手数料 3,300円
端末価格 0円
契約期間 3年
キャンペーン 他社違約金最大19,000円キャッシュバック
3年間月額料金割引
初期費用20,743円割引

平均通信速度参照:みんなのネット回線速度

Broad WiMAXの月額料金やキャンペーンをまとめた表が上記になります。

他の5GプランがあるWiMAXプロバイダと比べても月額料金が安く抑えられていますし、他社違約金を最大19,000円キャッシュバックしてくれるキャンペーンも開催しています。

WiMAXは同じプロバイダ内で4Gプランから5Gプランに変更する際、4Gプランを解約して5Gプランを契約するという手続きになるため、4Gプランの違約金が発生するデメリットがありました。

ですが、Broad WiMAXに乗り換えることで、契約中のWiMAXプロバイダで発生する違約金を負担してもらえるため、気軽に5Gプランへ変更できます。

また、Broad WiMAXは契約後通信速度などに満足できなかった場合、Broad WiMAXが指定するネット回線に乗り換えることで違約金を無料にするキャンペーンも開催しています。

いつでも解約サポート 内容
乗り換え可能ネット回線 SoftBank Air
モバレコAir
SoftBank光
ビッグローブ光
auひかり
ドコモ光
So-net光

Broad WiMAXの窓口を通して上記のネット回線に乗り換える場合は、Broad WiMAXで違約金は発生しません。

月額料金も安く抑えられますし、他社違約金負担キャンペーンやいつでも解約サポートがあるため、Broad WiMAXは幅広い方におすすめできるWiMAXプロバイダです。

UQ WiMAX

UQ WiMAXは他のWiMAXプロバイダと比べると、端末代金が発生してしまうため負担額自体は高くなってしまうプロバイダです。

しかし、契約期間が1年間と短くなっていることや契約期間内に解約した際に発生する違約金が1,100円のため、短期間のみ利用したい方におすすめです。

UQ WiMAX 内容
月額料金 25カ月間4,268円
26カ月目以降4,818円
平均通信速度 下り:55.35Mbps
上り:13.68Mbps
※端末 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
契約事務手数料 3,300円
端末価格 21,780円
契約期間 1年
キャンペーン 最大10,000円キャッシュバック
2年間月額料金割引

平均通信速度参照:みんなのネット回線速度

UQ WiMAXの基本的な情報は上記のとおりです。

端末代金が発生してしまうデメリットがありますが、最大10,000キャッシュバックを受け取ることで端末代金を実質12,000円程度に抑えられます。

また、月額料金自体は他のWiMAXプロバイダとほとんど変わらないため、契約期間が短いプロバイダを探している方におすすめです。

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXは、先ほど紹介したUQ WiMAXと同じく契約期間が1年間と短いWiMAXプロバイダです。UQ WiMAXと同じく契約期間が短いプロバイダが良い方におすすめです。

BIGLOBE WiMAX 内容
月額料金 24カ月間4,378円
26カ月目以降4,928円
平均通信速度 下り:55.35Mbps
上り:13.68Mbps
※端末 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
契約事務手数料 3,300円
端末価格 21,912円
契約期間 1年
キャンペーン 最大10,000円キャッシュバック
2年間月額料金割引
U-NEXTが1カ月無料

平均通信速度参照:みんなのネット回線速度

BIGLOBE WiMAXは端末代金が発生してしまうため、負担額自体は高くなってしまいます。

しかしキャッシュバックが受け取れたり、U-NEXTが1カ月無料で利用できたりするなどのメリットもあります。

契約期間が短いプロバイダが良い方で、U-NEXTの利用を検討している方だとお得に使えるためBIGLOBE WiMAXを選ぶと良いでしょう。

WiMAXの5Gプランと従来のプランの違い

ここからは、WiMAXの5Gプランと従来のWiMAXの料金プランの違いを説明します。

  • 最大通信速度が速い
  • 速度制限の条件が緩和された
  • au回線の月間データ容量が15GBになった

5Gプランと従来の料金プランは上記の3つです。それぞれ違いを詳しく解説していくのでご覧ください。

最大通信速度が速い

WiMAXの5Gプランは従来の料金プランと比べて最大通信速度が速くなっています。5Gプランは5G回線を利用しており、従来のプランは4G回線を利用しているため最大通信速度が異なるのです。

ただしWiMAXの通信速度は、端末によって異なるためすべての端末で同じ最大通信速度になるわけではありません。

端末名 プラン 最大通信速度
Speed Wi-Fi 5G X11 5Gプラン 下り最大速度2.7Gbps
Speed Wi-Fi HOME 5G L12 5Gプラン 下り最大速度2.7Gbps
Speed Wi-Fi HOME 5G L11 5Gプラン 下り最大速度2.7Gbps
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi 5Gプラン 下り最大速度2.2Gbps
Speed Wi-Fi NEXT W06 4Gプラン 下り最大速度1.2Gbps
Speed Wi-Fi HOME L02 4Gプラン 下り最大速度1.0Gbps

WiMAXで利用できる端末ごとの最大通信速度は上記のとおりです。

4Gプランで利用できる端末は下り最大速度1~1.2Gbpsとなっていますが、5Gプランで利用できる端末は下り最大速度2.2~2.7Gbpsと、およそ2倍以上の最大通信速度が出ています。

下り最大速度が速いほど、私たちが使うときに速い通信速度が出やすくなるため、WiMAXの5Gプランは従来のプランより速い通信速度が出やすいと覚えておきましょう。

速度制限の条件が緩和された

従来の料金プランは3日間で10GB以上のデータ容量を使った場合、翌日の18時~2時ごろまでの最大通信速度が1Mpbsに制限されていました。そのため、速度制限にかからないように使うためには、1日に消費するデータ容量を3.3GB程度に抑える必要がありました。

しかし、WiMAXの5Gプランの速度制限の条件は3日間で10GBから、3日間で15GBに緩和されたため使い勝手が大幅に向上します。

5Gプラン 従来のプラン
速度制限の条件 3日間15GB 3日間10GB
速度制限にかからないで使えるデータ容量 およそ150GB およそ100GB

5Gプランと従来のプランの速度制限の条件を比較した表が上記になります。

5Gプランであれば、1日に5GB以内に抑えていれば速度制限にかからなくなりました。また、速度制限にかからないで毎月150GB程度使えるようになったため、従来のプランで速度制限に悩まされていた方にもおすすめです。

au回線の月間データ容量が15GBになった

WiMAXの従来の料金プランはau回線を利用した場合、月に7GBまでしか使えませんでした。

また月に7GB使ってしまうとWiMAX回線も月末まで速度制限にかかってしまったため、使い勝手が非常に悪かったです。

しかし、5Gプランはau回線の月間データ容量が15GBとなり、au回線の月間データ容量を消費してもWiMAX回線は速度制限にかからなくなったため使い勝手が大幅に良くなりました。

5Gプラン 従来のプラン
月間データ容量 15GB 7GB
月間データ容量超過時に速度制限がかかるモード プラスエリアモードのみ(au回線) ハイスピードモード(WiMAX回線)
プラスエリアモード(au回線)

5Gプランと従来のプランの違いをまとめた表が上記になります。

au回線を利用するプラスエリアモードは、WiMAX回線のみと比べて繋がるエリアが広い特徴がありましたが、月間データ容量を超過しないように使う必要がありました。

ですが、5Gプランであればau回線を使った通信を行っても、WiMAX回線には影響がなくなったため、出張などで新幹線によく乗る方なども使いやすいでしょう。

WiMAXの5Gプランの注意点

ここからは、契約前に知っておいて欲しいWiMAXの5Gプランの注意点を紹介します。

  • 5G回線が使えないエリアが多い
  • 従来の端末より端末代金が高くなった
  • 従来より月額料金が高くなる可能性がある

注意点を把握しておかないと、5Gプランを契約した後に後悔することがあるため、事前に確認していきましょう。

5G回線が使えないエリアが多い

2021年10月現在、WiMAXの5G回線は繋がらないエリアが多いです。

5G回線が繋がらないエリアでは4G回線での通信となるため、5G回線の通信速度を活かしきれない可能性があります。

そのため、5G回線目的でWiMAXの5Gプランを契約する場合は、事前に利用場所が5G対応エリアか確認しておきましょう。

WiMAXの5Gエリアは上記のページで確認できます。5Gエリア外の場合は、5Gプランを契約した場合でも4G回線での通信となるため覚えておきましょう。

従来の端末より端末代金が高くなった

5Gプランで使える端末は、従来の4Gプランで使っていた端末より端末代金が高くなっています。

従来の端末は4G回線にのみ対応できれば問題ありませんでしたが、5G用端末は5G回線と4G回線のどちらにも対応しなければいけないため、端末価格が高くなっているのだと思われます。

端末名 端末代金
Speed Wi-Fi 5G X11 21,780円
Speed Wi-Fi HOME 5G L11 21,780円
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi 21,780円
Speed Wi-Fi NEXT W06 16,500円
Speed Wi-Fi HOME L02 16,500円

上記は5Gプラン用端末と4Gプラン用端末の端末代金をまとめた表です。

従来の4Gプラン用端末と比べると5Gプラン用端末は5,000円程度、端末代金が高くなっていることがわかります。

端末代金に関しては、端末代金無料のプロバイダを選ぶことで負担額を減らせるため、できるだけ端末代金無料のプロバイダを選ぶことをおすすめします。

従来より月額料金が高くなる可能性がある

従来の4Gプランと比べて5Gプランは月額料金が若干高くなっています。

UQ WiMAX 5Gプラン 4Gプラン
月額料金 25カ月間4,268円
26カ月目以降4,818円
4,268円

上記はUQ WiMAXの5Gプランと4Gプランを比較した表です。

25カ月間は5Gプランと4Gプランの月額料金は同じですが、26カ月目以降は5Gプランのほうが月額料金が高くなっています。

5Gプランの月額料金は、2021年10月現在はキャンペーンが開催されているため安くなっています。そのため、キャンペーンが終了した後は26カ月目以降の月額料金が基本になる可能性が高いです。

しかし、キャンペーン開催中の契約しておけば4Gプランと同じ月額料金で利用できますし、2年後には月額料金自体が見直されている可能性もあります。

キャンペーン開催中に契約しておけば損することはないため、できるだけ5Gプランの月額料金が割引されている間に契約しておくことをおすすめします。

WiMAXプロバイダの5Gプランを比較!

5GプランがあるWiMAXプロバイダの比較表を作成します。

この記事でおすすめしたWiMAXプロバイダを比較していくため、ひと目で料金プランを比較したい方はご覧ください。

プロバイダ 月額料金 端末代金 キャンペーン
UQ WiMAX 25カ月間4,268円
26カ月目以降4,818円
21,780円 最大10,000円キャッシュバック
2年間月額料金割引
Broad WiMAX 利用開始月2,090円の日割り
1~2カ月目2,090円
3~36カ月目以降3,894円
37カ月目以降4,708円
0円 他社違約金最大19,000円キャッシュバック
3年間月額料金割引
初期費用20,743円割引
GMOとくとくBB 発送月4,158円の日割り
1~24カ月目4,158円
25カ月目以降4,708円
0円 2年間月額料金割引
端末価格無料
カシモWiMAX 利用開始月1,408円
1カ月目以降4,455円
0円 初月割引
端末価格無料
BIGLOBE WiMAX 1~24カ月目4,378円
25カ月目以降4,928円
21,912円 10,000円キャッシュバック
2年間月額料金割引
U-NEXTが1カ月無料
Vision WiMAX 初月2,980円
1~24カ月目4,980円
25カ月目以降5,313円
0円 初月割引
端末価格無料
5,000円キャッシュバック

上記は5Gプランがある主要WiMAXプロバイダをまとめた表です。

端末代金が発生するプロバイダはUQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXの2つですが、どちらも最大10,000円キャッシュバックキャンペーンを開催しており、月額料金も割引されます。

しかし端末代金が20,000円を超えるため、最大10,000円の高額キャッシュバックを受け取るより、端末代金が0円で月額料金割引があるプロバイダのほうがお得です。

基本的にはこの記事で紹介した「GMOとくとくBB」「カシモWiMAX」「Vision WiMAX」がお得ですが、契約したい有料オプションがある場合などはBroad WiMAXを選んでも良いでしょう。

従来のWiMAXプランから5Gプランへ乗り換えるときの費用

すでにWiMAXを契約していて、5Gプランへ乗り換えを検討している人は、乗り換えるときに発生する費用を把握しておきましょう。

乗り換えるときに発生する費用、発生する可能性がある費用は以下の3つです。

  • 契約事務手数料
  • 違約金(更新月以外での乗り換え時)
  • 端末代金の残債(端末を分割払いで購入時)

具体的にプロバイダ毎に発生する費用を表にまとめたのでご覧ください。

プロバイダ 契約事務手数料 違約金 端末代金
UQ WiMAX 3,300円 1,100円 残債が発生する可能性あり
Broad WiMAX 3,300円 10,450~20,900円 なし
GMOとくとくBB 3,300円 10,450~27,280円 なし
カシモWiMAX 3,300円 10,450~20,900円 なし
BIGLOBE WiMAX 3,300円 1,100円 残債が発生する可能性あり
Vision WiMAX 3,300円 10,450~20,900円 なし

すでにWiMAXの4Gプランを契約しており、同じプロバイダで5Gプランへ変更する場合は、上記の費用が発生してしまいます。

プラン変更なのに違約金が発生すると言われると困惑するかもしれませんが、手続き上は4Gプランを解約して5Gプランを契約することになるため、契約事務手数料や違約金が発生してしまうのです。

他にもUQ WiMAXやBIGLOBE WiMAXを契約して4Gプラン用端末を分割払いで購入していた場合は、端末代金の残債を支払う必要もあります。

同じWiMAXプロバイダで4Gプランから5Gプランへ変更すると、かなりの費用が発生する可能性があると覚えておきましょう。

4Gプランを契約中の人は5Gプランがあるプロバイダへの乗り換えがおすすめ

先ほども説明しましたが、4Gプランを契約しているWiMAXプロバイダの5Gプランへ乗り換える場合は「契約事務手数料」「違約金」「端末代金の残債」の3つが発生する可能性があります。

同じプロバイダ内でのプラン変更でも高額な費用が発生してしまうため、月額料金が高額な場合はこの記事で紹介した月額料金が安いWiMAXプロバイダへの乗り換えがおすすめです。

とくに端末代金が発生するUQ WiMAXやBIGLOBE WiMAXを契約している人の場合は、他のプロバイダに乗り換えたほうが負担額自体は抑えられます。

ただし、4Gプランを契約したばかりで高額な違約金が発生する場合や、端末を分割払いで購入したばかりの場合は、5G回線のエリア次第で違約金や残債が発生しなくなるタイミングまで待ったほうが良いでしょう。

WiMAXの5Gに関する良くある質問

最後にWiMAXの5Gに関する良くある質問に回答します。

  • 5Gとは?
  • 5Gと5GHzの違いは?
  • 5Gはどんな人におすすめ?

WiMAXの5Gプランを契約するか決めかねている方や、5Gについてわからないことがある方はぜひ参考にしてください。

5Gとは?

5Gとは第5世代移動通信システムの略称です。4G回線と比べて高速で大容量の通信が可能となっており、低遅延で接続できます。

5Gは最大通信速度が速いと思われがちですが、どちらかといえばインターネットに接続した際の遅延の少なさが魅力的です。

従来の4Gよりも低遅延になるため、VRでのスポーツ観戦がリアルタイムに経験できたり、オンラインゲームが快適になったりします。

もちろん4G回線よりも通信速度自体も速くなりますが、通信速度だけでなく遅延の少なさも特徴だと覚えておきましょう。

5Gと5GHzの違いは?

5Gと似た言葉に5Ghzがありますが、5Ghzは電波の周波数帯のことをいうため、5Gとはまったく異なる言葉です。

5Ghzの言葉を聞く機会は「WiFi接続」のときが多く、2.4Ghzと5Ghzで比較されることが多いです。

5Gはどんな人におすすめ?

VRでのスポーツ観戦を行いたい人や、光回線の工事が行えない物件に住んでいる人に5G回線はおすすめです。

とくに光回線の工事ができない物件に住んでおり、ホームルーターの通信速度に不満があった方は5GプランのWiMAXを契約すると満足度は高くなるかと思います。

ただし5G回線のエリアが広まっていなかったり、VRでのスポーツ観戦が普及していなかったりするため急ぎで契約しなくても良いでしょう。

WiMAXの5Gプランは通信速度が速く速度制限がゆるい!

この記事ではWiMAXの5Gプランについて紹介してきました。

WiMAXの5Gプランは「最大通信速度が速い」「速度制限の条件がゆるい」という特徴があります。

従来の料金プランだと通信制限に引っかかっていた方でも、5Gプランに変更することで速度制限に引っかからずに利用できたり、動画やSNSの読み込みが速くなったりするなど、非常に魅力的な料金プランです。

ですが「5Gエリアが普及しきっていない」というデメリットがあるため、お住いの地域によっては5Gプランを選ぶメリットがなくなってしまいます。

WiMAXの5Gプラン自体は優れた料金プランですが、5Gエリアが広がっていないため急いで契約する必要はありません。

5Gエリア対応エリアに住んでいる場合は、この記事で紹介した以下のWiMAXプロバイダの中からご自身に合ったものを選びましょう。

  • GMOとくとくBB(2年間の月額料金が安い)
  • カシモWiMAX(長期間使い続けても月額料金が変わらない)
  • Vision WiMAX(キャッシュバックがある)
  • Broad WiMAX(他社違約金負担があり月額料金が安い)
  • UQ WiMAX(契約期間が1年間)
  • BIGLOBE WiMAX(契約期間が1年間で1カ月のみU-NEXTが無料で利用できる)

この記事で紹介したWiMAXプロバイダは上記の6つです。それぞれ特徴が異なりますが、新規契約で負担額を抑えたい方は「カシモWiMAX」か「GMOとくとくBB」、すでにWiMAXの4Gプランを契約している方は「Broad WiMAX」をおすすめします。