WiMAXのキャッシュバック全比較!最もお得なプロバイダが判明!

WiMAX2+は高額なキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダが多いからこそ、できるだけお得なプロバイダを選びたいですよね。ですが、キャッシュバック金額だけで選ぶと失敗する可能性があることを知っているでしょうか。

今回はWiMAX2+プロバイダを全比較して、最もお得なキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダを紹介したり、キャッシュバック金額だけで選んだときに起こってしまう失敗などについて説明していきます。

今回の記事を読むだけで、WiMAX2+を安く安全に契約できるようになるため、ぜひ参考にしてください。

WiMAXプロバイダの最新キャッシュバック比較!

2020年11月現在、WiMAX2+プロバイダの数は非常に多くなっています。なので、1人でどこのプロバイダがお得なのか調べることは難しいでしょう。そこで、ここではWiMAX2+の主要プロバイダの最新キャッシュバックを比較していきます。まずは下記の表をご覧ください。

下記の表は月額料金×3年間+端末代-キャッシュバックで計算しています。

プロバイダ名 キャンペーン種別 3年間の実質月額 3年間の実質総額
GMOとくとくBB 31,000円キャッシュバック 3,389円 125,423円
DTI WiMAX 1~2ヶ月目無料
3ヶ月目1,180円割引
3,423円 126,670円
Broad WiMAX 1~2ヶ月目1.285円割引
3~24ヶ月目600円割引
3,476円 128,626円
ASAHIネットWiMAX 初月無料
1~12ヶ月目1,560円割引
13~36ヶ月目560円割引
3,876円 143,440円
So-net WiMAX 1~12ヶ月目1,499円割引
13~36ヶ月目500円割引
4,055円 150,035円
BIGLOBE WiMAX 15,000円キャッシュバック 4,093円 151,460円
UQ WiMAX なし 3,880円 160,060円

上記の表がWiMAX2+の主要プロバイダのキャッシュバックキャンペーン、月額料金割引キャンペーンを適用した場合の3年間の実質月額、実質総額になります。2020年11月現在は、31,000円キャッシュバックキャンペーンを行っているGMOとくとくBBが最もお得なプロバイダです。

GMOとくとくBB以外にキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダは、BIGLOBE WiMAXがあります。ですが、キャッシュバックされる金額が15,000円しかないことと、端末代が発生してしまうことから他のプロバイダよりお得度では劣ってしまいます。

キャッシュバックと月額料金割引はどちらがお得?

キャッシュバックキャンペーンと、月額料金割引キャンペーンは、GMOとくとくBBを選ぶのであればキャッシュバックキャンペーンの方がお得です。3年間の実質月額、3年間の実質総額がGMOとくとくBBは全プロバイダの中で最もお得なので、できるだけお得にWiMAX2+を契約したいという人はGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを利用しましょう。

ただし、キャッシュバックキャンペーンは手続きを行わないと受け取れないため、手続きを忘れてしまうとお得ではなくなってしまいます。キャッシュバックキャンペーンの手続きを忘れそうな人、手続きが面倒だと感じる人は若干お得度は下がりますが、DTI WiMAXを選ぶという選択肢もおすすめです。

WiMAXのキャッシュバックの注意点

ここからはWiMAX2+のキャッシュバックキャンペーンを利用するときの注意点について説明していきます。今回紹介する注意点は以下の2つです。

  • 手続きを忘れるとキャッシュバックは受け取れない
  • キャッシュバックの案内は見落としやすい
  • 受け取り忘れると他のキャンペーンの方がお得になる

キャッシュバックの注意点について一つずつ解説していくので見ていきましょう。

手続きを忘れるとキャッシュバックは受け取れない

GMOとくとくBBやBIGLOBE WiMAXのキャッシュバックキャンペーンは手続きを忘れてしまうと振り込まれません。なので、必ずキャッシュバックを受け取る手続きを忘れないようにしましょう。

とは言え、キャッシュバックの手続きは、WiMAX2+に申し込みをしたタイミングではできません。

  • GMOとくとくBB:契約して11ヶ月後
  • BIGLOBE WiMAX:契約して1ヶ月後

キャッシュバックキャンペーンを行っている2つのプロバイダの手続き開始時期は上記になります。ご覧いただくと分かるように、契約するタイミングや契約時点では手続きができません。

BIGLOBE WiMAXであれば契約して1ヶ月後なので、手続きを忘れにくくはありますが、GMOとくとくBBは契約して11ヶ月後にしか手続きができないので、忘れる可能性が高くなっています。

キャッシュバックの手続きを忘れてしまうと、GMOとくとくBBやBIGLOBE WiMAXはお得ではなくなってしまうため注意しましょう。

キャッシュバックの案内は見落としやすい

まずはGMOとくとくBBとBIGLOBE WiMAXのキャッシュバック手続きを開始する方法をご覧ください。

  • GMOとくとくBB:契約して11ヶ月後にGMOとくとくBB専用メールアドレスに届くメールから手続きを行う
  • BIGLOBE WiMAX:契約して1ヶ月後にマイページから手続きを行う(契約して1ヶ月後に手続き可能になったとメールが届く)

BIGLOBE WiMAXの場合は、契約して1ヶ月後にマイページを確認するだけでキャッシュバックの手続きが可能なことが分かりますが、GMOとくとくBBは専用メールアドレスを11ヶ月後に確認しないと手続きができるのか分かりません。

また、GMOとくとくBBの場合は、普段使っているメールアドレスにメールが届くのではなく、GMOとくとくBBに契約したときに作成される専用のメールアドレスにメールが届くので、見落とす可能性が高いのです。

受け取り忘れると他のキャンペーンの方がお得になる

GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンを利用することで、最もお得なプロバイダになりますが、キャッシュバックを受け取り忘れると全くお得ではなくなってしまいます。GMOとくとくBBとBIGLOBE WiMAXで手続きを忘れてしまった場合の料金の比較表が以下になります。

プロバイダ名 3年間の実質月額 3年間の実質総額
GMOとくとくBB
(キャッシュバック適用時)
3,389円 125,423円
GMOとくとくBB
(キャッシュバック手続きを忘れた場合)
4,227円 156,423円
BIGLOBE WiMAX
(キャッシュバック適用時)
4,093円 151,460円
BIGLOBE WiMAX
(キャッシュバック手続きを忘れた場合)
4,498円 166,460円
DTI WiMAX
(月額料金割引※手続き不要)
3,423円 126,670円
Broad WiMAX
(月額料金割引※手続き不要)
3,476円 128,626円

表をご覧いただけると分かりますが、手続きがいらない月額料金割引キャンペーンのDTI WiMAXやBroad WiMAXは3年間の実質負担額は13万円弱ですが、GMOとくとくBBやBIGLOBE WiMAXで手続きを忘れてしまうと実質負担額は15万~17万弱となってしまいます。

手続きを忘れなければGMOとくとくBBは最もお得なWiMAX2+プロバイダですが、手続きを忘れると他のWiMAX2+プロバイダの方がお得になってしまうため注意しましょう。

WiMAXのお得なキャッシュバックキャンペーンの見極め方

 

ここからは、WiMAX2+のお得なキャッシュバックキャンペーンの見極め方を説明していきます。WiMAX2+のキャッシュバックキャンペーンを選ぶときに見て欲しいポイントは以下の2つです。

  • 端末代が発生しないか確認する
  • 最新の端末がキャッシュバック対象か確認する

なぜ上記2つの確認が大切なのか説明していくのでご覧ください。

端末代が発生しないか確認する

WiMAX2+のキャッシュバックキャンペーンを見るときは、キャッシュバックキャンペーンだけでなく端末代にも注意しましょう。

WiMAX2+は、端末代が発生するプロバイダ、端末代が発生しないプロバイダに分かれているため、端末代が発生するプロバイダの場合はキャッシュバックキャンペーンが適用されても料金的にはお得ではないことが多いです。主要WiMAX2+プロバイダの端末代は以下になります。

プロバイダ名 端末代
GMOとくとくBB 無料
DTI WiMAX 無料
Broad WiMAX 実質無料
ASAHIネットWiMAX 無料
So-net WiMAX 無料
BIGLOBE WiMAX 19,200円
UQ WiMAX 15,000円

31,000円キャッシュバックキャンペーンがあるGMOとくとくBBは端末代が無料ですが、15,000円キャッシュバックキャンペーンがあるBIGLOBE WiMAX2+は端末代が19,200円発生してしまいます。

BIGLOBE WiMAX2+は契約期間が1年しかないというメリットもありますが、端末代が発生しますしキャッシュバック金額も少ないため、15,000円キャッシュバックだけが目的で契約することは止めましょう。

最新の端末がキャッシュバック対象か確認する

WiMAX2+のキャッシュバックキャンペーンは、端末によってキャッシュバック金額が変わってくることがあります。BIGLOBE WiMAXはどの端末を選んでもキャッシュバック金額は変わりませんが、その分端末代が必ず発生します。

GMOとくとくBBは、最新の端末もキャッシュバック対象ですが、選ぶ端末によってキャッシュバック金額は変わってきます。端末ごとのキャッシュバック金額は以下の表をご覧ください。

GMOとくとくBBの端末 キャッシュバック金額
W06 30,000円
HOME 02 31,000円
WX06 本体のみ30,000円
クレードルセット26,000円
HOME L02 31,000円

GMOとくとくBBのキャッシュバック対象端末は最新のものが含まれていますが、ホーム用ルーターのほうが高いキャッシュバック金額で、持ち運び可能なモバイルルーターは最大30,000円のキャッシュバックとなります。

GMOとくとくBBの場合は、古い端末しかキャッシュバック対象だということはありませんが、選ぶ端末によってキャッシュバック金額が変わるため覚えておきましょう。

また、他のWiMAX2+プロバイダがキャッシュバックキャンペーンを開始した場合は、必ず端末ごとのキャッシュバック金額を確認することを忘れないでください。

キャッシュバックが最もお得なWiMAX2+はGMOとくとくBB

ここからはキャッシュバック金額が高く、最もお得に使えるWiMAX2+プロバイダのGMOとくとくBBについて説明していきます。まずはGMOとくとくBBの基本的な情報を見ていきましょう。

GMOとくとくBB 内容
契約期間 3年
初期費用 3,000円
端末代金 0円
月額料金 ギガ放題 1〜2ヶ月目
3,609円
3ヶ月目以降
4,263円
7GBプラン 3,609円
キャッシュバック 最大31,000円
3年間の実質月額
(ギガ放題プラン)
3,389円
3年間の総額
(ギガ放題プラン)
125,423円
契約解除料 1~12ヶ月以内
19,000円
13~24ヶ月以内
14,000円
25ヶ月目以降更新月以外
9,500円

GMOとくとくBBの基本情報は上記になります。

WiMAX2+プロバイダは基本的に契約期間が3年間であることが多く、GMOとくとくBBも3年契約となっています。3年間使う場合は問題ありませんが、短期間で解約する場合は契約解除料が発生するため注意しましょう。

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取る手順

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取る手順は以下になります。

  1. GMOとくとくBBから11ヶ月後に申込時に作成されるGMOとくとくBB専用メールアドレス宛に案内メールが届く
  2. メールが届いた日の翌月末までに受け取り口座を登録する
  3. 口座を登録した翌月末日(営業日)にキャッシュバック金額が振り込まれる

注意しなければいけないポイントは、GMOとくとくBBに契約して端末が届いてから11ヶ月後にメールが届くこと、メールが届いた日から翌月末までに振込口座を登録しなければいけないことです。

メールの確認を忘れてしまって、受け取り口座の登録が完了しない場合は、キャッシュバックが受け取れないため、絶対に忘れないようにしましょう。

また、キャッシュバックキャンペーンの適用条件を満たしていない場合も、キャッシュバックは受け取れません。

  • 過去にGMOとくとくBBを契約していた場合は対象外
  • 振り込み時期までに解約または他のインターネットサービスへ乗り換えると対象外
  • 料金未納によるサービスの一時停止や強制解約の場合は対象外
  • メール送信日から翌月末までに振込口座の登録が完了しない場合は対象外
  • その他GMOとくとくBBが対応困難だと認める場合は対象外

以上の場合はキャッシュバックが受け取れないので注意しましょう。

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取り忘れないポイント

GMOとくとくBBは高額キャッシュバックが魅力的なWiMAX2+プロバイダですが、キャッシュバックの受け取り手続きを忘れやすいという注意点があります。そこで、できるだけキャッシュバック手続きを忘れないためのポイントをまとめていきます。

  • スマホでリマインダー設定を行う
  • GMOとくとくBB専用メールアドレスから普段使うメールアドレスへ転送設定を行う

キャッシュバックの受け取り忘れを防ぐためには、上記2つとも、もしくはスマホでリマインダーの設定は忘れずに行いましょう。

1つ目の方法は、スマホのカレンダーやグーグルカレンダーを使って、端末が届いた11ヶ月後にアラームが鳴る設定を行うというものです。キャッシュバックの手続きが可能になったタイミングでアラームが鳴るため、忘れる可能性が減ります。

2つ目の方法は、普段から確認するメールアドレスに、GMOとくとくBB専用メールアドレスに届くメールが転送される設定を行うというものです。こちらの方法の場合は、普段興味がないメールが届いてしまうため、大切なキャッシュバックメールを見落とす可能性もあります。

なので、どちらか1つの設定だけを行う場合は、スマホでリマインダー設定を行っておき、念には念を入れたい人はリマインダー設定+メールの転送設定も行っておきましょう。

BIGLOBE WiMAXは1年契約でもキャッシュバックが受け取れる

ここからは、15,000円キャッシュバックキャンペーンを行っているBIGLOBE WiMAX2+について説明していきます。まずはBIGLOBE WiMAX2+の基本情報をご覧ください。

BIGLOBE WiMAX2+ 内容
契約期間 1年
初期費用(事務手数料) 3,000円
端末代金 19,200円(800円×24回)
※口座振替の場合一括払い
月額基本料金 3,980円
キャッシュバック 15,000円
3年間の実質月額 4,093円
3年間の総額 151,460円
契約解除料 12ヵ月以内
1,000円
13ヵ月以降
0円

BIGLOBE WiMAX2+はキャッシュバックキャンペーンで15,000円が貰えますが、端末代金を支払う必要があるプロバイダのため、負担額はそこまでお得になりません。

ですが、BIGLOBE WiMAX2+の契約期間は1年間となっていて、他のWiMAX2+プロバイダより短い期間で解約が可能です。また、1年以内に解約した場合でも契約解除料が1,000円しか発生しません。

なので、BIGLOBE WiMAX2+を契約してみたものの通信速度が遅かったという場合や、長期間WiMAX2+を使う予定がないというときにBIGLOBE WiMAX2+はおすすめです。

ただし、端末を分割払いにしていて1年で解約する場合は、端末代の残債を一括で支払う必要があることを覚えておきましょう。

BIGLOBE WiMAXでキャッシュバックを受け取る手順

BIGLOBE WiMAX2+でキャッシュバックを受け取る手順は以下になります。

  1. マイページの「特典一覧」でキャッシュバックの条件を確認する
  2. BIGLOBE WiMAX2+を契約して1ヶ月後に「【重要】【BIGLOBE】送金受取手続きのご案内」というタイトルのメールが届く
  3. メールのURLまたはBIGLOBE WiMAX2+のマイページからキャッシュバックの受け取り手続きを行う
  4. 手続完了の当日~数日後に15,000円が振り込まれる

BIGLOBE WiMAX2+のキャッシュバックは、契約して1ヶ月後から手続きが可能です。メールを確認しなくてもマイページから手続きが可能なので、契約して1ヶ月が経過した段階でマイページを確認するようにしましょう。

ただし、忘れる可能性もあるため、BIGLOBE WiMAX2+を契約した後に、スマホのカレンダーで1ヶ月後にアラームが鳴る設定をしておいた方が安全です。

また、キャッシュバックの手続きが可能になってから45日以内に手続きを完了させなかった場合は、キャッシュバックが振り込まれないため注意しましょう。

キャッシュバックの手続きが面倒な人はBroad WiMAXがおすすめ

ここまではキャッシュバックキャンペーンがある、GMOとくとくBBとBIGLOBE WiMAX2+について説明してきましたが、キャッシュバックの受け取り手続きが面倒だと感じた人も多いでしょう。

キャッシュバックの手続きが面倒だと感じ人、キャッシュバックを受け取り忘れそうだと感じた人は、Broad WiMAXがおすすめです。まずはBroad WiMAXの基本情報をご覧ください。

Broad WiMAX 内容
契約期間 3年
初期費用(事務手数料) 3,000円+18,857円
3,000円+18,857円
※有料オプション加入+
クレジットカード払い
18,857円無料
端末代金 0円
月額料金 ギガ放題 1〜2ヶ月目
2,726円
3〜24ヶ月目
3,411円
25ヶ月目以降
4,011円
7GBプラン 1〜24ヶ月目
2,726円
25ヶ月目以降
3,326円
キャッシュバック 1~2ヶ月目1.285円割引
3~24ヶ月目600円割引
3年間の実質月額
(ギガ放題プラン)
3,476円
3年間の総額
(ギガ放題プラン)
128,626円
契約解除料 1~12ヶ月以内
19,000円
13~24ヶ月以内
14,000円
25ヶ月目以降更新月以外
9,500円
Web割キャンペーン違約金(24ヶ月以内)
9,500円

Broad WiMAXは、月額料金割引キャンペーンを行っているWiMAX2+の中でお得度だけ見ると2位ですが、その他のキャンペーンが多く開催されているためおすすめのWiMAX2+プロバイダです。

Broad WiMAXが現在行っているキャンペーンは以下になります。

  • 初期費用0円キャンペーン
  • 他社から乗り換え時の違約金負担キャンペーン
  • 端末0円キャンペーン
  • 2台同時申し込みで10,000円キャッシュバック

Broad WiMAXは、初期費用が0円になりますし、端末代も0円です。また、他社から乗り換えるときの違約金を負担してくれるため、現在何らかのインターネット回線を契約していて、WiMAX2+へ乗り換えたいと考えているときにはお得になります。

いつでも解約サポートで違約金0円で乗り換えが可能

Broad WiMAXには、いつでも解約サポートというサービスがあります。このサービスは、Broad WiMAXの窓口を通して他社のインターネット回線を契約することで、違約金が0円になるというものです。

Broad WiMAXの違約金は、9,500~19,000円が発生しますが、すべて無料で乗り換えられるため、通信速度が満足できなかった場合や、電波が繋がりにくかった場合でも安心して乗り換えられます。

  • Softbank光
  • auひかり
  • So-net光コラボレーション
  • ビッグローブ光
  • Broad光 with NTT東日本
  • Broad光 with NTT西日本
  • YahooBB
  • BroadLTE

上記のインターネット回線には違約金なしで乗り換えられるので、固定回線が必要になった場合でも安心です。

WiMAXのキャッシュバックに関するQ&A

ここからはWiMAX2+のキャッシュバックで良くあるQ&Aや疑問点に答えていきます。WiMAX2+のキャッシュバックで良くあるQ&Aは以下の3つです。

  • 振り込み時期はいつ?
  • 2回目でもキャッシュバックは受け取れる?
  • キャッシュバックを受け取る前に解約しても良い?

一つずつQ&Aに答えていくので、分からない部分をご覧ください。

振り込み時期はいつ?

キャッシュバックの振り込み時期は、契約するプロバイダによって変わってきます。キャッシュバックキャンペーンがあるWiMAX2+プロバイダは、GMOとくとくBBとBIGLOBE WiMAX2+なので、それぞれの振り込み時期を紹介していきます。

プロバイダ 振り込み時期
GMOとくとくBB 契約して12ヶ月後
BIGLOBE WiMAX2+ 契約して1ヶ月後

GMOとくとくBBは契約して11ヶ月後にキャッシュバックの受け取り手続きを行い、翌月に振り込まれる形です。BIGLOBE WiMAX2+は1ヶ月後にキャッシュバックの受け取り手続きを行った段階で振り込まれます。

BIGLOBE WiMAX2+の方がキャッシュバックの受け取り手続きを行って振り込まれるまでが短いと覚えておきましょう。

2回目でもキャッシュバックは受け取れる?

2回目でもキャッシュバックを受け取れるかどうかは、契約するプロバイダによって変わります。

プロバイダ 2回目でもキャッシュバック対象になるのか
GMOとくとくBB キャッシュバック不可能
BIGLOBE WiMAX2+ キャッシュバック可能

GMOとくとくBBは、1回目の契約でしかキャッシュバックが受け取れませんが、BIGLOBE WiMAX2+は2回目以降の契約でもキャッシュバックが受け取れます。

ですが、GMOとくとくBBでも1回目の契約と2回目の契約の名義を変更することでキャッシュバックを受け取ることは可能です。ただし、GMOとくとくBBに申し込むときの名義だけでなく、クレジットカードなどの支払い情報の名義も変える必要があるため、ほとんどの人は1回しかキャッシュバックが受け取れません。

結論
キャッシュバックキャンペーンは1回目の利用時しか適用されないことを説明する。どうしても利用したい場合は名義を変更する必要があるが、振込先名義も変更しなければいけないため難しい。

キャッシュバックを受け取る前に解約しても良い?

GMOとくとくBBの場合でも、BIGLOBE WiMAX2+の場合でも、キャッシュバックを受け取る前に解約時代は可能です。ただし、キャッシュバックを受け取る前に解約してしまうと、キャッシュバックの受け取り手続きができないため、キャッシュバックは受け取れません。

どうしても解約したい場合でもキャッシュバックを受け取ってから解約したほうが、違約金の負担が抑えられるため、できるだけキャッシュバックを受け取ってから解約したほうが良いです。

また、GMOとくとくBBかBIGLOBE WiMAX2+に関わらず、料金未納や口座情報に不備があった場合などもキャッシュバックが受け取れないため注意しましょう。

まとめ

2020年11月現在、キャッシュバックキャンペーンを行っているWiMAX2+プロバイダは「GMOとくとくBB」「BIGLOBE WiMAX2+」の2つです。

BIGLOBE WiMAX2+に関しては、キャッシュバックキャンペーンが適用されたとしても、他社プロバイダに負担額で劣るので、契約期間が短いWiMAX2+プロバイダを探しているという人が選びましょう。

GMOとくとくBBは、最大31,000円キャッシュバックキャンペーンを行っているので、できるだけ安くWiMAX2+を契約したいという人におすすめです。ただし、キャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまうと、お得ではなくなるので手続きだけ忘れないように注意してください。

キャッシュバックキャンペーンがあるWiMAX2+プロバイダを見て、自分には合わないと感じた人や手続きなしで安く抑えたいという人はBroad WiMAXがおすすめです。

Broad WiMAXは、月額料金割引キャンペーンなので、手続きなどが一切不要でお得になります。また、他社から乗り換え時の違約金負担、他社に乗り換える時に違約金0円で乗り換えられるキャンペーンを行っていることもおすすめの理由です。

  • 最もお得にWiMAX2+を契約したい:GMOとくとくBB
  • 1年契約でお得にWiMAX2+を契約したい:BIGLOBE WiMAX2+
  • 手続き不要でお得にWiMAX2+を契約したい:Broad WiMAX

上記の選び方を参考にして、WiMAX2+プロバイダを決めると失敗しにくいので参考にしてください。